« 週末試合予定、これはなんとも予想外、逃げたか・・・ 他 | トップページ | 週末の試合結果&動画 他 »

速報レポ 週末世界戦 in アメリカ

アメリカで行われた世界戦とかの速報になります

試合多くて見るの大変な週末

Photo_4

12/7アメリカ・アトランティックシティ
WBA・Sバンタム級スーパータイトルマッチ
WBO・Sバンタム級タイトルマッチ
王者:ギレルモ・リゴンドー
×
元IBFバンタム級王者
ジョセフ・アグベコ

1
まず積極的に前に出てくるのはアグベコ
リゴンドは早い足とパンチで対処
ジャブはともかく左が邪魔でアグベコは
リゴンドーの懐の中になかなか入り込めない。
そして試合は早くもリゴンドーのペースになっていく。
アグベコはボディを見せていたが
これでリゴンドーの足を止められるかどうか?
2
アグベコはなかなか中に入っていく事ができずに
リゴンドーに早くもコントロールされている。
攻めるリゴンドー、受けに回るアグベコの意外な展開が続く
リゴンドはージャブで牽制しながら
早い左アッパー、左ボディで見せ場を作る。
逆にアグベコはなかなか手が出せず守りに回る展開が続く
3
動いては打ち、また動き
んでアグベコを後退させるリゴンドー
ガードを固めて前に出て行くもののなかなか手が出せず
パンチを出せばカウンターを軽くとられと
やりたい事をやらせてもらえないアグベコ
アグベコは追いかけていはいるものの
それだけで攻撃に繋げることができない。
4
右ジャブで牽制しながら左を打ち込むところ狙うリゴンドー
アグベコは中に飛び込んでいくが
パンチを打って攻勢をかけるところまでは繋げられない。
出てもリゴンドーの早い連打で止められる
早くもアグベコ打つ手がない展開
リゴンドーが試合を完全にコントロール
5
なかなか踏み込めないアグベコ
リゴンドーは余裕を持って対応
その後は右リードでコントロールしながら
たまに遠いところから左を打ってくる。
アグベコ踏み込むと合せられて
入ってくるところを待とうにも早くて対応できない
かなり厳しい状況
6
アグベコは中に入り込んでのパンチを打つ事ができず
離れた距離のまま遠くから打ち込みにいくが届かない。
リゴンドーはパンチに色々な角度をつけながら
アグベコを狙い打つ。
ラウンド終盤には左ボディストレートを5発、6発と
綺麗に当ててアグベコにダメージを与えてくる。
アグベコ動くサンドバック状態
7
出ようにも当たらず、逆に自分が打たれるばかりのアグベコ
スピード差がありすぎてアグベコ何もできていない。
リゴンドは右で突き放し
入り込んでこようとすれば強い左で止めてくる。
アグベコが何か出来る余地がどんどんなくなっていく
この日のリゴンドーはいつもにましてアグレッシブで
いい攻勢を何度となく見せている。
一方のアグベコ悔しいが何もできない状況
両者の間の技術とスピード差が非常に大きい
8
打てない、打たれる、何もやらせてもらえない
アグベコは前に出ようとするだけで本当に打たれるばかり
しかしリゴンドーも圧倒的に打ち込んでいるものの
パンチを一気にまとめたり
倒そうとするような強いパンチはなかなか打ってこず
あくまでもマイペースに戦い続ける。
コンビネーションを打ったときに珍しいとさえ思ってしまった。
観客からもいい加減倒せよ的な空気がただよってくる。
が、リゴンドーあくまでもペースはかえずに淡々と戦い続ける。
9
とにかくガムシャラに前にでてくる事しかできないアグベコ
リゴンドはーその標的を淡々と遠くから打ち込み続ける。
右リードだけならなんとかできそうだが
早くて色々な角度から出てくる右が邪魔になっていて
アグベコは踏み込みきれない。
そして距離が詰まってもリゴンドーがすぐに脱出してしまうので
前に出るアグベコ、スーッと距離をとるリゴンドー
って感じで接近戦には持ち込めない。
なんかこのまま淡々と攻めるリゴンドーの手回で終わりそうだ。
10
とにかくガードを固めて接近戦に持ち込んでいこうとするアグベコ
入ってくる相手を迎え撃つお仕事をこなしつづけるリゴンドー
パンチを掻い潜っても今度は足を使われ
アグベコにとってはやりたい事を全くやらせてもらえない展開。
出るアグベコ、動いては打つリゴンドー
あまりに一方的ながらも動きの少ない展開。
さすがに観客からもブーイングが飛ぶ
11
観客からのブーイングがやたら響く
しかしリゴンドーは淡々と同じ事をやり続ける。
アグベコもとにかく前にでるばかりで
パンチを伴っての攻勢をかけていけてない。
このまま行けば大差でのリゴンドー勝利で確定って感じなんだが
流れを変えるような攻勢をかけられず
愚直なまでに同じ事を繰り返す
そしてリゴンドーは相変わらず
ジャブ打って距離をとり
動きながら行っての距離になれば長くて早いパンチ
淡々としたラウンドが続く
12
倒しに行く素振りが見られないリゴンドー
一発逆転を狙いたいが体がついていかないアグベコ
飛び込んで距離を一気に詰めていきたいところだが
リゴンドーに足を使われてしまって接近戦に持ち込む事すらできない
打ち合いはほぼなくリゴンドーが遠くから離れて淡々と打ち込むだけ
そんな展開に観客も相当イライラしている。
そして最後までリゴンドーの牙城を突き崩せず
やられまくるだけのアグベコにとって厳しい12ラウンドは終わる

結果は多分フルマーク

120-108
120-108
120-108
結果:リゴンドーが3-0で防衛成功

早い!
上手い!
でも倒す気全然ない

そんな感じで結局いつものリゴンドーでした
そら人気には繋がらないよね
















12/7アメリカ・ニューヨーク
WBA・Sウェルター級暫定タイトルマッチ
王者:エリスランディ・ララ
×
元同級王者
オースティン・トラウト

Photo_2

1
どちらもサウスポーの両者
ボディへのストレートを多めに打ちながら距離をとるのがトラウト
ジックリと様子を見ながら左を打ち込むタイミングを測っているのがララ
まずは両者様子見か軽めのパンチの交換が多めで
それ程大きな動きはなくラウンド終了
2
トラウトがララにタイミングのいい右を当てて一瞬ララがバランスを崩す
ララはちょっと警戒を強くしたのか足をより使い始めた。
アウトボクシング気味のララ、中に入ろうとしてくるトラウト
まだここも静か目な展開
3
フェイントを交えながらジワジワと前に出てくるのがトラウト
時に足を使い、時に飛び込みながら強打を狙うララ
どちらもまだ無理な感じでは行かないので
なかなか激しい打ち合いの展開にはならない
ララのタイミングのいい右でトラウトが止まる場面が一瞬あった
4
トラウトがジャブを出しながら前に前にと出て行く
ララが入ってくるところに右を合わせたりしながら動き回る。
と、ララが攻め気にはやりすぎて距離を詰めたところで
トラウトがうまくパンチを合わせて来た。
ララ一瞬これにヒヤリとするも大勢は変わらず
5
プレッシャーをかけてくるトラウト
動き回るララ
どちらも積極的に手を出して激しくパンチ交換は行うものの
ディフェンスが固めな事もあって
なかなか有効打が増えてこない。
それでも段々と手数も増えてきて展開が動き始めてきた。
6
両者ジャブを打ちながらタイミングを測る
トラウトが先に左を当てたと思えば、すぐさまララがお返しの左
段々と両者のパンチ交換も激しくなってくる。
ララはこのラウンド何度かいいパンチを当てて見せ場を作る。
トラウトは終盤に一瞬効いたのか動きが止まる場面があった。
7
トラウトが少し攻めを強める
しかしララは動き回る事で対処
距離を長めに保ち打ち合いの距離になかなか持ち込ませてくれない。
足の使い方はララの方がより上手い感じだ。
トラウトはなかなかチャンスを作る事ができていない、
8
どちらも力がこもってたパンチを打つ場面が増えてきた。
そんな展開の中でもララが有効な左を再三に渡って当てる場面が目に付く
トラウトは少し打たれる事が多く、自分のパンチが届いてない
なんとかして展開を変えたい。
9
時に動き、時に打ち、自由な感じで戦えているララ
一方のトラウトはここまでうまく行ってないと感じているのか
愚直なファイターのように前に前にと出ながらの攻勢を仕掛けてくる。
ララはここで足を止めて付き合うようなことはしてくれない。
徹底して中間距離以上の戦いに終始
終盤少しララが足を止めていたものの
トラウトここでもあまり有効なパンチは打ち込めていなかったか?
10
出入りをしながら足を止めないララ
打ってきたと思ったら、スーッと引いていって
なかなか的を絞らせてくれない。
そんな感じで先手先手を打ってくる。
トラウトも時にララが打ってくるところに
上手くパンチを合わせてきたりしてはいるのだが
単発止まりでどうにも後が続かない。
11
軽くて早いパンチを先に当て、で、またすぐ動き回るララ
トラウトはとにかくララを捕まえるべく前に出てくるが、なかなか届かない。
そんな事もあってとにかく強引にでも前にくるトラウト
が、これが裏目に出てしまった。
不用意に飛び込んで行こうとしたところを
ララの打ち下ろしの左がカウンターのタイミングでヒット!
トラウト一瞬止まり、そこから持ちこたえられずに崩れる。
ここに来てララは改心の左でダウンを奪う形だ。
ここをなんとか立ち上がったトラウト
しかしダメージが明らかで再開後もララに追撃を貰っていた。
12
まだダメージは残っていそうなものの
なんとか状況を打開しようとしてか
ひたすら距離を詰めにくるトラウト。
勝利を確信したのかフットワークを多用し
軽めの早いパンチ主体で無理をしてこないララ
で、結局そのままララがコントロールしきって試合終了

118-109
117-110
117-110
結果:3-0判定でララが防衛成功

ララは4月まで王者だったトラウトを相手に完勝で防衛に成功
トラウトはカネロ戦に続いて連敗で再起ならず














WBC・Sミドル級タイトルマッチ
王者:サキオ・ビカ
×
アンソニー・ディレル

Photo

積極的に攻めてたビカだが
2ラウンド終盤にはディレルのいい左右を貰い
かなり効いたように見えた
3ラウンド開始早々にもディレルのいい左ボディから顔面への右の
コンビネーションを喰らい一瞬ガクッとする苦しい展開
が、そこを乗り切ると反撃再開
盛り返してラウンド終了
4ラウンド
また前へ前へとプレッシャーをかけてくるビカ
ディレルを後退させ、ロープに詰めながら再三の右を当て
チャンスを作ってくる。
ディレルはこのラウンド受けに回る時間が長くあんまり攻められてなかった。
5ラウンド
追いかけてプレッシャーをかけていくビカ
足を使い距離を取りたがるディレル
攻める時間はビカが長かったもののなかなか有効打を当てられない
逆に終盤にはワンツーのタイミングでの右を
カウンターのタイミングで貰いガクッとくるビカ
ここをクリンチで凌ごうとするも振りほどかれ、
ディレルのパンチに突き離れさつかまりきれず前のめりに倒れる
これでダウン
再開後、追撃をかけるにくるディレル
ビカはここを耐え切りゴングまで辿り着く
6ラウンド
とにかく前に出て距離を潰す事で追撃をかけさせないビカ
しつこい左右のボディを中心に良い攻勢をかけていた
結構ビカのパンチが効いていてディレルがガクッとくる場面もあったが
距離をあけるとディレルのパンチが怖い
終盤にはアッパーが綺麗に入り、ビカが一瞬止まるシーンも
7ラウンド
ビカに勢いが戻り、またプレスをかけてくる展開に
ディレル足を使い距離をキープしようとするも
詰められなかなか自分のペースを保てず後手に回る展開
ビカが終始手数で圧倒し続けていた。
8ラウンド
前半は疲れたのか手数が減り後手に回る事が多かったビカだは
ラウンドの中盤からまた前に出てパンチを出してきていたが
疲労からなのかかなり大振りでブンブン振り回すだけばかりで
的中率はかなり悪い。
かと言ってディレルも効果的なパンチを打つでもなく
受けに回る事が多くなっていた。
9ラウンド
どちらも消耗してきている
距離が詰まったところで細かくパンチを打ち合うでもなく
クリンチに行く頻度が高くなってきている。
特にディレルがそれが顕著で
カウンターを狙う以外はクリンチに自分から行くのがやたら目についた
10ラウンド
行くぞ行くぞとプレッシャーをかけながら前に出て行くビカ
入ってくるところにカウンターを狙ってくるディレル
どちらも手数少な目で疲れが伺える。
ゴング直前にディレルのいいパンチが何発かヒットしていたものの時間終了
11ラウンド
距離を詰めて下から下からしつこくくるビカ
途中ディレルが出たところでビカに迎え撃たれ倒れるも
ここはスリップの判定
ディレルはボディが効いているのか打たれると動きが止まる
そんな攻防だがレフェリーはビカにローブローを注意
やたらとローブローをアピールして弱気なディレル
攻めを強めるビカのボディを貰ったところでディレルが倒れるが
ここはローブローだったらしくビカはここで減点
その後もディレルは効いているのか動きが鈍っていた。
12ラウンド
最終ラウンドもボディを中心に良い攻めを見せるビカ
ディレルも要所要所でいいパンチを当てる事もあるものの
如何せん手数が少なく、クリンチに行ったりする事も多くて
内容的には微妙な感じ
攻めて行ったビカ、最後を流したディレルって感じで試合終了
なんかこの試合のレフェリーはビカに厳しく
ディレルに甘くって印象だったんだが気のせいだろうか?

まあ、それはともかく判定へ
114-112ビカ
116-110ディレル
113-113ドロー

結果:1-1のドローでビカが防衛成功

ダウンとローブローによる減点があったにも関わらず
ディレルはビカに勝ちきれず
結果論ではあるが最後流したのが響いた形













IBFウェルター級タイトルマッチ
王者:デボン・アレクサンダー
×
ショーン・ポーター

Photo_3

ポーターがフィジカルゴリ押し
勢いに巻き込まれてアレクサンダーもやりにくそう
2ラウンドにはカウンターでいいパンチを当てたアレクサンダーだが
多少被弾してもグイグイとくるポーターの勢いを止めきれない。
なんかやたら揉み合いが多くなる
それもあってかアレキサンダーはらしくもなく
ちょっと無理目に打ち合いに出るが
それが裏目に出たのか被弾が多い。
3ラウンドにはそれでパンチを貰って何回か効いた場面があった。
遮二無二前に出てくるポーター
アレクサンダーは後手に回りなかなか自分のペースに持ち込めない
4ラウンド終わった時点でアレクサンダーは目の横辺りを左右共にカットの状態
前に出て打ちにいくポーター
受けに回ってクリンチに行くアレキサンダー
5ラウンドの時点ではペースはポーターペース
クリンチされても手を止めないポーター
アレクサンダーはパンチを出す代わりに抱きつくばかり
6ラウンドまでの時点でアレクサンダーは全く余裕がない感じだ
前に出て攻めていくポーター
それを(抱きついて)受け止めるアレキサンダー
ポーターのパンチに力がこもり
アレキサンダーのクリンチ際の抱きつきにも力が入る
7ラウンドまでポーターの勢いは衰えてない。
止まらないポーターの攻勢
アレキサンダーはジャブが出ないからコントロールできず
カウンターを打ち込むわけでもなく無駄にクリンチに逃げてる状態が続く
8ラウンド終わった時点でアレキサンダーの顔面の流血が激しい
足を使って距離をとろうとするアレキサンダーだが
ポーターがすぐ飛び込んで距離を詰めてしまうので
なかなか自分が打てる状態にならない。
単発でたまにいいパンチを返す事もあるものも
アレキサンダーは全体的にパンチが打ててない。
ここでレフェリーが一度両者を分ける
どうもポーターの出血が激しくドクターチェックだった模様
一応ストップする程の問題はなかったようで試合再開
再開後一気に攻めを強めるポーターだがアレキサンダーも打ち返す
時間切れて終了
9ラウンドまでアレキサンダーかなり不利な状況が続く
とにかく出て打ってくるのがポーター
ひたすら揉み合いに行くのがアレキサンダー
たまに手を出してきてもきちんと当てられないで
結局またポーターが手を出し、アレキサンダーが受けに回る
10ラウンドまでポーターペース
アレキサンダーは意を決して攻めてくるのか
と、思われても結局続かない。
が、ポーターの方もさすがに疲れたか
ゴリゴリと前に行きパンチを打ちに行く事はさすができなくなってきてる
11ラウンドまで印象としてはポーターが圧倒してた感じ
抱きつくアレキさんだー
ポーターが余力とか関係ない感じでしつこく攻め込んでいく。
とにかく手数手数のポーター
顔面を流血で真っ赤に染めたアレキサンダーは
なんとかしたい姿勢だけは見せるものの
効果的なパンチを当てることができず
結局最終的には揉み合いになってしまう。
そしてそのまま試合終了のゴング
12ラウンドまでアレキサンダーのよいところはほとんど見られなかった印象

最初から最後まで攻め続けたポーター
最初から最後まだ抱きつき続けたアレキサンダー
さて採点の結果は?

115-113
116-112
116-112
結果:ポーターが3-0判定で王座奪取

結局抱きつきばかりだったアレキサンダーにがっかりした













NABFウェルター級王座決定戦
ポール・マリナッジ
×
ザブ・ジュダー

2ラウンドのスーパージュダータイム中に
ジュダーの飛び込みながらのストレートを当てて
マリナッジからダウンを奪う

が、ジュダーはそこで倒しきれずに
段々といつものジュダーさんの試合になって
スーパータイム終了
そのまま淡々とラウンドを重ねる両者
最後はジュダーが後一押しでまたダウン奪えるか?
ってシーンを作っていたがゴングがなって試合終了

で、試合終了のゴングとも共に何故か揉める両者
その元気を何故試合中に出さないの?
最終的には落ち着いて和解してたようだ?

116-111
117-110
117-110
結果:マリナッジ3-0判定勝ち

ぶっちゃけリゴンドーVSアグベコ見てたから
こっちは流し見程度で見てた

|

« 週末試合予定、これはなんとも予想外、逃げたか・・・ 他 | トップページ | 週末の試合結果&動画 他 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

アグベコが手が出ず、つまらなかった。
リゴンドーも、仕留めに行かないから、つまらない。
リゴンドーはまた、干されればいいのに。

投稿: a | 2013年12月 8日 (日) 14時52分

いい意味でも悪い意味でもリゴンドウはリゴウドウですね。
速くて圧倒的なスキルがあり負けないスタイルゆえドネアやアグベコなど実力者相手でも明白に勝てる、でも人気出ない。
まぁ、某イカサマ軍団と違い確固たる実力があるからこういうラスボス的な選手が1人くらいいてもいいとも思いますけどねw

投稿: ド素人の名無し | 2013年12月 8日 (日) 15時40分

あれだけ速くて上手くて決定力のあるパンチを持っていてつまらない選手も珍しいですよね(苦笑)

ララ 生き残りましたね。カネロやコットやることはないでしょうけど(苦笑2)

投稿: ララファン | 2013年12月 8日 (日) 18時28分

あ、リゴンドウさんのことです。もったいないですよね。まあそれも自分のスタイルなんですけど

投稿: ララファン | 2013年12月 8日 (日) 18時38分

リゴンドー、評価されたいならもっとアグレッシブになればいいのに。
金出して見たいと思わせないとプロじゃないでしょう。
また干されたらいいと思う。

投稿: CAMARO | 2013年12月 8日 (日) 18時58分

リゴンドーの試合見てないんですが、管理人さんのレポ見る限りプロモーターの頭が痛くなりそうですね・・・
本人は自分がチャンピオンだから何も変える必要は無いと言っていましたが、それはそれでいいと思います。
ただ、ファンはやはり退屈に感じる試合より華のある試合がみたいですからね。
これでまた干されても、それは自業自得と言われてもしょうがないでしょうね・・・

投稿: コルテス | 2013年12月 8日 (日) 19時21分

管理人さん、今日は本当にご苦労様ですと申し上げたいです。

よりによって、塩分濃い目の連中の試合が重なり、予想通り(以上?)
の塩加減だったのが伝わってきます。

まあ、アレクサンダーが負けたのは意外だったが、どうでもいいレベル?
ジュダーには勝って欲しかった。

投稿: S・O・B | 2013年12月 8日 (日) 20時09分

今日は早朝のドイツ興行だけはいい感じの内容でしたが、
アメリカの2興行は塩分濃度高いのばかりで、時間もひたすら長く、
放浪者さんも、さぞかしお疲れだったことでしょうw

私もVIPBOXで同時進行で観てましたけど、試合内容よりもチャットのほうが盛り上がってる有様でしたw

投稿: みゆパパ | 2013年12月 8日 (日) 21時26分

リゴンドーが速すぎて、
アグベコはガードを顔から離せなかった感じで手数が少なく、つまんなかった。
カークランドvsタピアは面白かった。

投稿: のん | 2013年12月 8日 (日) 21時38分

本日は本当にお疲れ様でした。。
試合数すごかったっすね。。

またまた感情的な物言いで僭越ですが
ジュダーさんジュダータイムを見る限りあの人のファンをやめられず、もう一花咲かせて欲しい気持ちが抑えられないです。リゴンドーは、、分かるんですけど煮え切らないというか。。もう少しリスク背負っても勝てるんじゃないか、、という気がします。。
アレクサンダーの塩分濃度は今回群を抜いていた気がします。。

投稿: マラビジャ | 2013年12月 8日 (日) 22時59分

今回のリゴンドーの戦法は、
勝ちに徹するという意味において究極
ですよね。

あれだけ高い能力を持ちながら
その戦いをされてしまっては、
唯一の弱点である打たれ弱さを突くこと
さえ困難になってしまいます。
一体、誰が彼に
勝てるというのでしょうか。

もう、スーパーバンタムに敵はいない
でしょう。

投稿: えりもら | 2013年12月 9日 (月) 10時30分

リゴンドーはアグべコとは結構体格差あるのに、遠い距離から完璧にアウトボックスしてしまうとは、やはりずば抜けてますね・・・
でもこの試合もようやく決まって、HBOもしぶしぶ放映みたいな流れだったと思うのですが、これではまた干されてしまうのでは・・・

投稿: KOKO | 2013年12月 9日 (月) 11時36分

>> aさん
普通に干されてもおかしくないのがまたなんともw

>> ド素人の名無しさん
まあキャラ的にはいてもいいけど
スタイルだけは改善して欲しいと言うかなんと言うか

>>ララファンさん
立ち位置的にはGBP版リゴンドーのララ

>> CAMAROさん
客なんか関係ない、俺のスタイルは完璧、もっと俺を評価しろ
ってんなら完璧にリゴさんのオナニープレイですからねぇ

>>コルテス さん
まあ自業自得ですw

>>S・O・Bさん
本当に終日塩分高かったですw

>>みゆパパさん
確かにシュトルムだけが熱かった感じですねー

>>マラビジャさん
確かに気持ちは分かりますが
あのスタイルは支持できない
せめて前半の戦い方をフルラウンドしてくれてれば
まだ支持できるんですけどね

>>えりもら さん
戦わずに勝つ究極の護身完成で
一人勝ちになれそうですけどね

>> KOKOさん
少なくとも有料放送メインは無理でしょうね
ビックマッチの前座とかじゃないですか?

投稿: 管理人 | 2013年12月16日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/54185017

この記事へのトラックバック一覧です: 速報レポ 週末世界戦 in アメリカ:

« 週末試合予定、これはなんとも予想外、逃げたか・・・ 他 | トップページ | 週末の試合結果&動画 他 »