« 週末の試合結果 、動画 | トップページ | WBOランキング2013年10月 »

アラムがリゴンドーに物申す・・・ 他

旅もそろそろ終わり。
そんなタイミングなんですが本屋に行ってボクシング本探してみました。
ドイツはボクシング雑誌二種類出てて1冊はクリチコの防衛戦が表紙
まあ、これは無難なとこかな?
で、もう一冊
何故か表紙がアクセル・シュルツ・・・なんでやねん∑(゚Д゚;)

そんな今日の話題

アラム、リゴンドーに物申す

Photo

WBA/WBO・Sバンタム級王者ギレルモ・リゴンドー

アラムに苦言を呈されてます。
なんかテレビ的にもって事で
次戦ではファンフレンドリーに戦うことを望む。
とかなんとか・・・

前回のドナイレ戦でリゴンドー陣営が決まった段階で
テレビ的にもファンを楽しませるような試合を約束するって言ってたのに
実際には・・・
で、リゴンドー陣営は勝てばいいだろ的な感じなんで
もっと客受けする試合しろや

って事らしい

arum-i-want-rigondeaux-more-fan-friendly

一般受けする試合のリゴンドーとか想像できない(・∀・)


12/7
WBA/WBO・Sバンタム級タイトルマッチ
ギレルモ・リゴンドー
×
ジョセフ・アグベコ

で、そのリゴンドーと次戦で対戦するアグベコですが
復活を期してって事になるんでしょうが
ロジャー・メイウェザーの指導を受けて調整をしてるそうです。

agbeko-train-with-roger-mayweather-rigondeaux

メイスタイルのアグベコ・・・いや、なんでもない(・∀・)













WBCフェザー級タイトルマッチ
ジョニー・ゴンザレス
×
アブネル・マレス

8月の対戦で衝撃の速攻KO決着
で、再戦条項に基づき即時の年内再戦を狙いっていたマレス陣営ですが
なかなか上手くはいかないようで、即再戦は無理、再戦は来年
そんな状況らしいです。

espinoza-confirms-mares-gonzalez-ii-pushed-2014

ジョニゴンさんの返り討ちに期待(・∀・)












12/7アメリカ
WBA・Sウェルター級王座決定戦
同級暫定王者:エリスランディ・ララ
×
同級前王者:オー
スティン・トラウト

カネロがトラウト戦で王座を統一した事により
スーパー王者メイウェザー、統一王者(スーパー王者)カネロの状態で
レギュラー王者不在の状態でしたが
結局この試合で決定されることになるそうです。

lara-vs-trout-regular-wba-title-stake

ちなみにメイはカネロとやっても立場変わらず(・∀・)
WBCは新規獲得だけど

 










11/24マカオ
元6階級制覇王者
マニー・パッキャオ
×
前WBAライト級王者
ブランドン・リオス


って事で再起に向けて調整をしているパッキャオですが
スパーリングでは好調ぶりをアピールしてるそうです。

ローチ曰く非常に鋭い
との事です。

roach-says-pacquiao-looking-very-sharp-sparring




んで、そのフレディー・ローチの門下なのが
他にもいまして
それがマイク・アルバラードを攻略した
WBO・Sライト級王者ルスラン・プロボドニコフ

Photo_2



トップランクが共同でオプションを握っているって事だし
階級も近いしでパッキャオとの対戦の可能性も皆無ではないですが

そのローチは同門対決の可能性を否定しているみたいです。
アラム自体はその可能性を否定してないみたいですが・・・

roach-doubts-pacquiao-provodnikov-arum-not

ちなみにプロボドニコフには
アルバラードとの再戦の可能性も残ってるみたいです

top-rank-option-co-promote-one-provodnikov-bout

実は見てみたいかも(・∀・)














WBOウェルター級タイトルマッチ
ティモシー・ブラッドリー
×
ファン・マヌエル・マルケス


先頃行われたこの一戦
これのランダムドラッグテストに関してですが
結果が出てまして
どちらも陽性反応は出てないそうです。

Bradley, Marquez test clean














10/23オーストラリア
WBAインター・Sウェルター級タイトルマッチ
元WBA・Sミドル&Sウェルター級暫定王者
アンソニー・ムンディン
×
元世界3階級制覇王者
シェーン・モズリー


金銭的な事とかでちょっと揉めてるらしく
予定されてた会見はキャンセルされたそうな。

で、モズリーは場合によっては撤退も辞さず
なんて意向みたいです。

Mosley-Mundine press conference cancelled ? Mosley threatening to pull out of fight

試合直前にやる話じゃないよね∑(゚Д゚;)













10/21後楽園ホール
日本ミニマム級タイトルマッチ
王者:原隆二(WBO3位IBF4位WBA8位WBC14位)
×
国重隆

結果:3-0判定で原が防衛成功
95-92、96-91、96-91

世界も狙える位置まで来ている原がベテランに思わぬ苦闘
3ラウンドにダウンを奪われピンチを迎えるも
そこから盛り返し3-0の判定勝ち

陣営的にはタイトル返上、世界戦へ
って事らしいですが
本人は全然ダメと反省しきりだったそうです。

原、逆転防衛も「全然ダメ」/ボクシング





ちなみにこの興行ですが
12/6両国国技館に出場する

WBCフライ級王者八重樫東
×
日本ライトフライ級王者井上尚弥(WBC10位WBO15位)

の公開スパーも行われたそうです。

八重樫vs井上エキシビション戦に1150人

なお、その井上ですが
自身の保持していた日本王座は防衛することなく
21日付けで返上だそうです。

井上尚弥、日本ライトフライ級王座を返上


この興行のアンダーカードの結果

WBAフェザー級4位
細野悟
×
日本Sフェザー級12位
松田雄太

結果:細野1ラウンドKO勝ち


IBF・Sフライ級13位翁長吾央
×
宮森卓也

結果:翁長1ラウンドKO勝ち













アナウンスとか特になかったですが
こっそり再起戦決まってたみたいです

12/7後楽園ホール
OPBFウェルター級王座決定戦
IBF12位
亀海善寛
×
OPBF1位ティム・ハント

boxrecの試合予定に載ってました

|

« 週末の試合結果 、動画 | トップページ | WBOランキング2013年10月 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

プロボドニコフ×パッキャオは確かに面白そうですね。

そしてアルバラードは今回の試合観て、パッキャオの相手がアルバラードじゃなくて良かったと思っちゃいました。
プロボドニコフを止められないんだから、パッキャオには圧殺されちゃいますね。


ジョニゴンさんには、マレスとの再戦でしっかり稼いでもらいたいですけど、
ポカやらかしますからねぇ。次戦で・・・なんていう悪い予感もしたりして。


フェザーがやたら熱い階級になりつつありますね。
そして毎回のことながら観てみたいカードが実現しないんだろうな、というガッカリ感もいつものことですね。

投稿: みゆパパ | 2013年10月22日 (火) 09時10分

客うけする試合をやるリゴンドーですか。
それを出来る強さもうまさも十分持っていると思います。
やらないのは完全に本人の意志でしょうが、不遇のまま終わるには勿体ない選手だと感じます。
アマ歴代最強と言われるロマチェンコよりもアマ時代の実力はあったと思いますし。
アラムからしたら、すべてはおまえ次第なんだよ、って事でしょうか。

投稿: おごぽご | 2013年10月22日 (火) 09時46分

リゴンドがファン受けする試合ですかあ・・・
見る分には自分はすごい技術だと楽しんでいますがもし自分がプロモーターだと考えると・・・
最近はトップランクはゴールデンボーイにかなり押されていますからその辺もあるんですかね?

投稿: コルテス | 2013年10月22日 (火) 21時54分

>>みゆパパ さん
見たい試合が見れない大半の原因は
GBPとトップランクの確執に原因がある
その辺なんとかして欲しいですわ


>>おごぽごさん
できるポテンシャルは十分あると思うんですよね
性格的にやらなそうなだけでw


>>コルテスさん
玄人好みのテクニック合戦を楽しむそうだけじゃ
テレビ局が金を出してくれない
結局その辺につきるんじゃないでしょうか?

投稿: 管理人 | 2013年10月24日 (木) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/53682553

この記事へのトラックバック一覧です: アラムがリゴンドーに物申す・・・ 他:

« 週末の試合結果 、動画 | トップページ | WBOランキング2013年10月 »