« 週末の試合予定、あらら・・・ 他 | トップページ | 週末の試合結果 、動画 »

速報レポ 週末世界戦 in ドイツ

ドイツで行われた世界戦の速報観戦レポ

夜22時半に番組スタートで
メイン開始が23時半と
視聴率ガン無視としか思えないタイムスケジュールでしたw

その割には
セミのチャール戦含めて入場は盛り上げる演出で謎なドイツ
ちなみに同局ではその試合の30分程前までバイエルンの試合放送してたので
サッカー優先になった可能性濃厚かも?
ちなみに試合終了現地時間で0時半

Photo

WBO・Sミドル級タイトルマッチ
ロバート・スティグリッツ
×
アイサック・エクポ

1

左の差し合いでいきなり優位にたったスティグリッツ
積極的に攻め込みを開始します。
世界初挑戦となるエクポはどこか動きが硬く見える。
そこを攻め込まれ少しピンチかと思われた序盤を凌いだエクポ
スティグリッツの打ち終わりを狙う形で反撃を開始。
が、そうなると何故か今度はスティグリッツの動きがおかしくなる。
何故か攻めてたはずなのに次の瞬間には抱きつきにいくスタイルにシフト
まあ、清田戦見る限りだといつもなのかもですがw
2
踏み込むぞ、踏み込むぞと脅していくスティグリッツ
動きながら張ってくるところに合わせようとするエクポ
どちらもフェイントをかけながらの焦れるような攻防
なかなかに強振してるので当たれば効きそうではあります。
が、その後が悪い。
打っては抱き合うシーンが多い
このラウンドだけで実に13回のクリンチ
ほぼ8割がたがスティグリッツが抱きつきにいってました。
3
ラウンド開始早々いいパンチを当てたのはエクポ
スティグリッツもすぐに反撃に出てくるが強振の右は当たらない。
またもフェイント合戦からの一発狙い
そしてクリンチへのコンビネーションが多用される展開に・・・
そんな嫌な展開ながらも両者手を出し合ってはいる。
終盤にはエクポがいい右を当ててスティグリッツは一瞬効いたように見えた。
が、全体的にはスティグリッツがクリンチで試合をコントロール?
エクポはパンチがあるものの少しタフネスが足りなそうか?
4
このラウンドもスティグリッツのクリンチ&右のコンビネーションが冴える∑(゚Д゚;)
いい右を当てて相手に効かせてはクリンチ
パンチをちょっともらってはクリンチ
打ちに行ってはクリンチ
結局クリンチばっかじゃねーか・・・
そんな中でもより相手に効果的にヒットさせてたのはスティグリッツ
終盤には左、そして追撃の右アッパーを綺麗にヒットさせ
エクポは足元がよろめくシーンがあった。
5
スティグリッツが攻め込む
クリンチが相変わらず多いものの
積極的に前に出て細かい連打も出てき始めた。
エクポは入ってくるスティグリッツに上手く右を何度か合わせるものの
単発で次が出てこない。
そうこうする内に抱きつかれてまた消耗
そして打ち込まれてと悪循環
ストレスの溜まる展開が続く。
6
スティグリッツがプレッシャーをかけて攻めにいき
エクポが入ってくるスティグリッツにカウンターを狙う展開
エクポはいい右を入れてるもののそれだけで
他に状況を打開する手がない。
逆にスティグリッツはボディだったり、アッパーだったり色々な角度のパンチを当ててきている。
何よりクリンチで上から圧し掛かり相手の体力もジワジワ奪えているのも大きいか?
7
ヒット&クリンチのスティグリッツ
踏み込めない、距離を取れないで、中途半端な右カウンター狙い頼りのエクポ
スティグリッツの左ボディが効果的に決まっていることもあってか
エクポはかなり消耗していりる感じだ。
スティグリッツ結構右を貰っているもののそれ程ダメージはないか?
8
攻めこむスティグリッツ、凌ぐエクポ
と、エクポがちょっとパターンをかえて入ってくるスティグリッツに右アッパー
これが綺麗にヒットし、スティグリッツは効いたか?
クリンチにいくのはパターンが一緒なものの
攻めが少し鈍った。
これでチャンスと見たかエクポも攻めてくる。
が、この展開もそれまでは長時間続かない。
エクポが失速し、終盤にはスティグリッツがいいパンチを当てていた。
9
ラウンド開始と同時にエクポ陣営は時間稼ぎ?
テーピングがとれかけていたのか
レフェリーの指示で巻きなおしのために少し時間がとられていた。
ついでにラウンド開始されてもその傾向が出る。
今度はワセリンのつけすぎ?
なんかレフェリーに顔とグローブをぬぐわれるエクポ
なんかとにかく陣営必死だな・・・的な展開。
が、攻めてクリンチして圧し掛かってのスティグリッツ有利には変わりなし。
ラウンド後半
いいパンチを決めたのを皮切りにラッシュをかけるスティグリッツ
エクポなんとか耐えたものの完全に効いている。
足元がふらつき、動きにも余裕が全くない。
そろそろダウンもしくはストップもありそうだ。
10
フェイントを交えながらジャブ、ジャブ、右ストレート。
右から左、左ボディ、右から右
なんて感じで色んなパターンで攻め込んでくるスティグリッツ。
それに対してエクポは入ってくれれば御の字の
右か左のぶん回しスイングブロー位しか打ててない状況。
ラウンドの後半にはスティグリッツのストレートで
エクポがガード越しに吹っ飛ばされるような場面も・・・
11
出て行くのはスティグリッツ
エクポは必死にガードしてクリンチして足を使って
思い出したようにカウンターを狙ってって感じで余裕がない。
一方のスティグリッツは打ちにいってはクリンチして
って感じになってて見てて決められそうな雰囲気はなくなってきたか?
このラウンドに関してはいきなりの右を綺麗に当てたのが
最大の見せ場か?
それ以外はクリンチばっかなイメージだった。
一方のエクポは終盤にいい右カウンターを当てたものの
単発では倒すに至らず。
結局後が続かなかった。
12
最終ラウンドまできてしまった試合
前に出てプレッシャーをかけていくスティグリッツ
足を使ってカウンター狙いにかけるエクポ
スティグリッツもプレッシャーをかけるもののそれだけで
パンチを効果的にヒットさせる事ができない。
終盤にはフェイントをかけて行くぞ行くぞと見せながら
あまり手を出さない少し省エネ入った戦い方をしていました。
結局終始攻めて、クリンチしてで試合をコントロールし続けたのはスティグリッツ
エクポは単発のパンチを入れた以外あまり見せ場も作れなかった感じでした。

結果:スティグリッツ3-0判定で防衛成功
118-110、118-110、119-109

こんな試合でもブーイングは起こらず
判定が出た後でも聞こえてくるのは歓声
それはドイツ主戦場のクリンチコさんもクリンチ行きまくりますわな
そう思わされた試合










WBC地域タイトル4冠戦
マヌエル・チャール
×
デニス・バクトフ

結果:チャール6ラウンドTKO勝ち

|

« 週末の試合予定、あらら・・・ 他 | トップページ | 週末の試合結果 、動画 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

と〜ってもつまらなそうな試合だというのがよく分かる速報ですね(笑)

投稿: CAMARO | 2013年10月20日 (日) 11時16分

>>CAMAROさん
仰る通りです
とーっても退屈そのものな試合でしたw

投稿: 管理人 | 2013年10月24日 (木) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/53660509

この記事へのトラックバック一覧です: 速報レポ 週末世界戦 in ドイツ:

« 週末の試合予定、あらら・・・ 他 | トップページ | 週末の試合結果 、動画 »