« 週末の試合予定 、いや、それは駄目だろ 他 | トップページ | 高山角谷がスパー、山中&八重樫の相手来日 他 »

速報レポと試合結果

速報レポと試合結果

Photo_3

8/3アメリカ
ヘビー級10回戦
元クルーザー級世界王者トーマス・アダメク
× 
ドミニク・グイン

1
動き回りながら攻撃を仕掛けていくアダメク
受けに回りながら距離がつまったところでパンチを返していくグイン
手数ではアダメクがグインを圧倒
体格差はあるものの小さいアダメクの方が
グインに圧力を与えている。
2
動きながら先手先手で手を出してくるアダメク
グインは自分から前に出て攻撃に回ることがなかなかできない。
後手に回って入ってきたところになんとか合わせようとする位だ
3
ラウンド開始時に少し前に圧力をかけてきたグインだがあまり続かない。
アダメクが攻撃にまわるとすぐに前に出てこなくなってしまう。
ガードの低い状態でジャブを中心に手数を多く出してくるアダメク
入ってくるアダメクになんとかカウンターを合わせたいグイン
アダメク優位でラウンドは進む。
このラウンド途中でグインが右目尻の辺りをカット
4
サイドに動いてリングを動き回りながらジャブを突きまくるアダメク
グインとしてはアダメクの足を止めたいところだが
なかなか効果パンチを当てることができない。
5
アダメク真正面から攻め込んでいく姿勢を見せるが
これだとグインも対応しやすいみたいでパンチをあわせて来る。
が、アダメクが足を使って動きつつ手数をまとめ始めると
グインは途端に後手に回ってしまう。
手数では圧倒するアダメク
一発なんとか当ててやろうとするグイン
そんな展開が続く
6
動いて左をポンポンと当ててくるアダメク
グインは防戦におわれながらの試合を余儀なくされている
先手先手で打ってくるアダメクに対して
グインはなかなか手が出てこない
7
左ジャブが中心ながら要所に右も交えて手数を出してくるアダメク
手数がほとんど出てこないものの力を込めた一発を振り回してくるグイン
婀娜めくもさすがに疲れたのか
このラウンドは不用意に何発かパンチを貰っていた。
8
ラウンド開始早々に攻め気を見せていたグイン
が、両者が交錯してバッティング
すると右目の辺りをやたら気にするそぶりを見せはじめ
また受けに回る時間が長くなってしまう。
アダメクの方も疲れてるのか大分手数が減ってきている
9
パンチをまとめてくるアダメク
グインもガードを固めながらアダメクの打ち終わりに合わせてくる。
が、余力に差があるのか
段々とアダメクが打ちまくり、グインがガード一辺倒の展開になってしまう。
攻めるアダメク、受けるグイン
このまま判定までいきそうな流れだ
10
グインが前に出てくる姿勢は見せるものの
パンチを伴わず体だけが前に出てくる場合多い
アダメクの方は無理をせずにその前進を受け流すと
逆に攻勢をかける。
そうするとグインはまた受け一辺倒で手が出てこなくなる。
ラウンド途中からはアダメク半身の体勢で歩いて見せたり
そこからパンチをまとめたりと結構好き放題やってた感じで
終盤はかなり流していたように思える。
そして試合終了
見た限りだと余裕をもってアダメクの判定勝ちだと思えたがジャッジはどう見たか?

結果:アダメク3-0判定勝ち
98-92、99-91、99-91









NABFミドル級王座決定戦
IBF6位、WBC10位 カーティス・スティーブンズ
×
サウル・ローマン

序盤はローマンが積極手を出してくる
が、スティーブンスの左が入ると流れがかわる
ふらついたローマンにスティーブンスがラッシュ
で、パンチまとめてダメージを重ねていき
反撃に出てきたローマンの打ち終わりに左でダウンを奪う
再開
必死にクリンチにいくも残り時間が1分半以上
左右フックを振り回しながら迫るスティーブンス
最後は両者の左パンチが交錯したタイミングで
スティーブンスの左がドンピシャでヒット。
するとローマンばったりと後ろに大の字
レフェリーがカウントを不要と判断するような強烈なダウン

結果:スティーブンス1ラウンドTKO勝ち


クルーザー級10回戦
元世界1位エディ・チェンバース
×
タビソ・マチュヌ

結果:マチュヌ3-0判定勝ち
97-93, 99-91, 99-91

チェンバース衰えたり







8/3後楽園
日本Sフェザー級タイトルマッチ
金子大樹
×
大村光矢

結果:金子1ラウンドKOで4度目の防衛成功

勝てば防衛と同時にリベンジ達成となる金子
ウェイトを作れず勝ってもタイトル獲得できない大村

現在の実力とかもあるんでしょうけど
この辺のモチベーションの違いもあったんじゃないかと

で、勝った金子ですが世界戦を戦いたい意向のようです

金子大樹1回KO!世界照準/ボクシング





日本ミドル級タイトルマッチ
胡朋宏
×
中川大資


結果:中川7ラウンドKO勝ちで王座奪取

中川が国内3階級制覇達成
胡は初防衛ならず

中川のKO呼んだ村田スパー/ボクシング

|

« 週末の試合予定 、いや、それは駄目だろ 他 | トップページ | 高山角谷がスパー、山中&八重樫の相手来日 他 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

アダメクvsグインは大方の予想どうりの展開だったようで・・・w
チェンバースのクルーザー級デビュー戦は、この階級で大いに暴れてくれることを期待していただけに残念でした。

投稿: つながり眉毛のチャキエフ | 2013年8月 5日 (月) 13時02分

>>つながり眉毛のチャキエフ さん
まあ見てて面白い試合内容ではなかったですねぇ

投稿: 管理人 | 2013年8月 9日 (金) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/52737319

この記事へのトラックバック一覧です: 速報レポと試合結果:

« 週末の試合予定 、いや、それは駄目だろ 他 | トップページ | 高山角谷がスパー、山中&八重樫の相手来日 他 »