« IBFランキング 2013年8月 | トップページ | 速報レポ 衝撃のダブルタイトルマッチ in アメリカ 他 »

村田デビュー戦、久高世界挑戦 等週末試合予定

村田のデビュー戦
井上の日本タイトル戦

その他

等とやたらとてんこ盛りな感がある今週の試合予定になります

Photo_5

今週の主な週末の予定とかです

大多数の世界のボクシングファンにとっては
今週のメインとなるであろうGBP興行

8/24アメリカ
WBCフェザー級タイトルマッチ
王者:アブネル・マレス 125.5
×
元同級王者(現WBC2位)
ジョニー・ゴンザレス 125

Photo_6

ポンセ・デレオンを攻略して3階級制覇に成功したマレスの初防衛戦
相手は長谷川をKOしてベルトを日本から持ち去ったジョニゴンさん
またもマレスのち○こ打ちや反則は華麗にスルーされるのか?



WBC・Sバンタム級タイトルマッチ
王者:ビクトル・テラザス 121
×
前IBFバンタム級王者(WBC・Sバンタム級1位)
レオ・サンタクルス 121.75

Photo_7

4月にミハレスとの決定戦で微妙な採点で勝利したテラザスの初防衛戦
相手は前IBFバンタム級王者で無敗のサンタクルス
テラザス防衛なるか?
それともサンタクルスが2階級制覇なるか?













日本国内ボクシング的なメインは
村田のデビュー戦&井上の日本タイトル挑戦
これにつきるんでしょうね


8/25東京・有明コロシアム
契約ウェイト6回戦
ロンドン五輪ミドル級金メダリスト
村田諒太
×
OPBFミドル級王者
柴田明雄

Photo_10

国内で数戦したらトップランクでの海外進出らしい村田
果たして金メダリスト村田のデビュー戦の結果は?
一方柴田はプロの意地を見せられるのか?


ライト級10回戦
元2階級制覇王者
ホルヘ・リナレス
×
ベルマン・サンチェス


日本Sライト級タイトルマッチ
小原佳太
×
竹中聡


Sバンタム級8回戦
重江誉寛
×
元WBO1位
ディアル・ガブタン





8/25神奈川県座間
日本ライトフライ級タイトルマッチ
王者(WBA3位IBF11位):田口良一
×
井上直弥


Photo_11

勝てば世界挑戦って話もある田口
勝って7戦目での国内最速タイでの世界狙いらしい井上
そんな両者の対戦



8/24アルゼンチン
WBO・Sフライ級タイトルマッチ
王者:オマール・ナルバエス
×
15位:久高寛之

Photo_9

日本からの遠征での世界戦となると上山以来20数年ぶりとなる世界戦
安定王者のナルバエスにこれで4度目の世界戦となる久高が挑みます。
オフィシャルがヒスパニックばっかりとか
アウェーもアウェーの状態での挑戦となる久高
タイプ的にも攻略の難しいナルバエス相手に
倒して勝てるのか?
てか狙いすぎて手が出ない久高が攻められるのか?




8/23アメリカ
IBF・Sフェザー級タイトルマッチ
王者:アルジェニス・メンデス 130
×
13位:アラシュ・ウスマネエ 129

Photo

サルガドとの因縁の再戦に快勝して王座を獲得したメンデスの初防衛戦



WBAフェザー級暫定タイトルマッチ
2位:クラウディオ・マレーロ 126
×
4位:ヘスス・アンドレス・マルセロ・クエラル 126

前暫定王者のフォーチュナが剥奪されて空位になったベルトの決定戦
王者3人で決定戦連発してるせいか
WBAのこの階級はスカスカな感じです










8/24ドイツ
WBOインターコンチネンタル・Sミドル級王座決定戦
前WBO王者(WBO4位):アルツール・アブラハム 168
×
WBO8位:ウィルベフォルセ・シヘポ 164.9

Photo_4

スティグリッツとの再戦で予想外の惨敗を喫し王座陥落したアブラハム
今回がその再起戦となります。
復帰戦に至るまでにプロモーターやらと揉めて引退を仄めかしたりと
色々あったみたいですが世界ランカー相手に力を見せられるか?



WBOインターライトヘビー級タイトルマッチ
元WBO王者(WBC8位WBA3位現WBO1位IBF3位)
ユルゲン・ブレマー 174.2
×
ステファノ・アバタンゲロ 172.6

Photo_3

世界王座を剥奪?放棄してブランクを作ったブレマー
昨年復帰したもののなかなか世界戦のチャンスはないみたいで
地道な復帰ロードをこなしてるみたいです




IBFインターヘビー級タイトルマッチ
IBF1位:クブラット・プレフ 252.9
×
IBF4位:トニー・トンプソン 263.9

Photo_2

17戦17勝9KO不敗の世界1位プレフと
不敗だったホープのデビッド・プライスを連続KOで
ランキングを盛り返してきたトンプソンの一戦
世界上位同士ですので王者クリチコへの挑戦者決定戦的な意味合いも?






8/24ドイツ
ライト級8回戦
元WBC・Sフェザー級王者:ビタリ・タイベルト
×
マイケル・アバキヤン

来日して粟生にベルトを奪われて以降表舞台から消えているタイベルト
格下相手に調整試合となります



Sミドル級8回戦
元WBA暫定王者:ディミトリ・サルティソン
×
ベーカー・バラカット








8/24大阪
フライ級8回戦
WBC12位:レイ・ミゲルノ 113.32
×
WBC15位:李明浩 112.65

ポンサクレックに続いて元キック王者久保をKOしたミゲルノ
昨年はフェンテス、現1位のソーサに連敗したものの
敵地でのソーサ戦で内容で株を上げた感のある李
その両者による試合
なんでこのカードで8回戦なのか意味が分からない










8/24ウクライナ
WBA・Sミドル級タイトルマッチ
暫定王者:スタニスラフ・カスタノフ
×
14位:ハイメ・バルボサ

カスタノフにとっては暫定王座初防衛戦
ここ6戦で2勝4敗、戦績25戦18勝8KO7敗
こんな戦績ながらここ5戦で2度目の世界戦となる
謎の優遇されてるように見えるバルボサとの一戦




ウェルター級10回戦
元WBA王者(WBC14位WBA12位IBF12位)
ヴァチェスラフ・センチェンコ
×
カルロス・アダン・へレス

マリナッジに王座を奪われたセンチェンコの復帰2戦目

|

« IBFランキング 2013年8月 | トップページ | 速報レポ 衝撃のダブルタイトルマッチ in アメリカ 他 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

最短、最速少年は躓いてもらった方がいいと思うんですけど、村田には頑張ってもらいたいですねぇ。
いつかはゴロフキンと(笑)

投稿: CAMARO | 2013年8月24日 (土) 12時50分

マレス・・・ダーティーな選手は別に嫌いではないのですが、玉は駄目だろ玉は!って思うのでゴンザレスには是非KOしてもらいたいです。
記憶に残るローブローと言えば、昔ローブローを受けた後に執拗に相手の玉を連打した選手がいましたが、あからさますぎて全てブロックされていました。
マレスはブロックさせずに相当うまく当てているので過失とはとても思えません。

投稿: おごぽご | 2013年8月24日 (土) 13時06分

ジョニゴンさん髭似合ってますね。
やっぱ掘り深い人は羨ましいです。

自分的にはサンタクルスの試合が大注目です!
また速報よろしくお願いします。

にしてもてんこ盛りもいいとこですね(^^)

投稿: Vモンキー | 2013年8月24日 (土) 13時20分

マレスも前戦はまともだったんで、今回もクリーンファイトでイメージ払拭してもらいたいですね。
トレーニング風景の動画観たんですけど、いい笑顔でやっぱり男前なんですよね。
人気あるのも分かる気がしました。

以下、私の超希望を込めた妄想ですw
マレスがジョニゴンを退ける
 ↓
4階級制覇を目指してSフェザーへ転級
 ↓
三浦×マレス実現
 ↓
マレス、Sフェザーで初の階級の壁に阻まれる
 ↓
三浦ボンバー炸裂
 ↓
史上初、本場ラスベガスで内山×三浦の日本人同士による統一戦実現w

ちょっと妄想激しすぎてすみませんw

投稿: みゆパパ | 2013年8月24日 (土) 18時06分

アマ時代の村田がどれくらいの体重で試合してたか分からないけど
アマのミドル級はリミットが75キロとリミットが72.5キロのプロより2キロ以上重いので
今後ウェートに苦しまなければいいなと思いますね。
村田本人にミドル級への強いこだわりでもなければSミドルも視野に入れていいんじゃないでしょうか
Sミドルで世界王者になれば日本初という快挙にもなりますから悪い選択ではないと思いますけどね
もっともミドル級に負けず劣らず強い選手がひしめく階級ですけど・・・

投稿: ド素人の名無し | 2013年8月24日 (土) 22時04分

注目の8・25
この数日、急いで各選手の映像探して見ましたが
正直、両王者は期待してたものと違いました。

田口vs 井上は、ある意味ボクシングファンの期待を裏切り、あっけなく終わるような気がします。井上は何戦目で、、何て無意味な記録にこだらず、日本人向けのなんちゃってTBS 王者を蹴散らして、ローマンゴンザレスに挑戦して欲しいです。

村田選手は見れば見る程、何故アマチュア世界一になれたのか不思議です。

ボクシングの勝敗を左右する大きな要素に実力意外に『相性』と『当日のコンディション』があると思います。

個人的に面白い試合が見たいので、柴田王者の奮闘に期待します!

投稿: 元ボクシングマニア | 2013年8月25日 (日) 00時22分

>>CAMAROさん
最速狙いから敗戦を糧に這い上がって筋金を入れるってのもありだと思います。
今で言うと八重樫がまさにそんな感じなんですよね
イーグルに惨敗、そこから日本とってキャリア積んで世界奪取
井岡に統一戦で負けて、そこから這い上がって2階級制覇とか

>> おごぽご さん
これ以上ない位ジョニゴンさんがスカッとさせてくれちゃいましたねw

>> Vモンキー さん
てんこ盛り過ぎて疲れました。
アブラハムの試合まで見て休憩
サンタクルステラザス見て、ジョニゴンマレス見て、久高ナルバエスまでノンストップ
休憩して次は村田井上w

>>みゆパパ さん
大前提のマレスがジョニゴンさんに完敗しちゃいましたねぇ
ジョニゴンさん勝ったのは気分よかったりするのでいいんですが

>>ド素人の名無しさん
まあ、アマの場合大会期間中そのウェイトでなければ駄目なんで
そこまで過度の減量してないみたいなんで
一発勝負のプロになるともう少し絞ってくるのもありなのかなーって気はします
場合によってはSミドル級もありちゃありですけどねw

>>元ボクシングマニア さん
村田の場合武器はパンチ力につきるんじゃないですか?
それをもって世界選手権で準優勝
で、期待をされて重圧かかる状況の五輪で金メダルですから
勝負強さとかもあるんでしょうねぇ

投稿: 管理人 | 2013年8月25日 (日) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/53008737

この記事へのトラックバック一覧です: 村田デビュー戦、久高世界挑戦 等週末試合予定:

« IBFランキング 2013年8月 | トップページ | 速報レポ 衝撃のダブルタイトルマッチ in アメリカ 他 »