« 週末の試合予定、荒れた土曜日の試合色々 他 | トップページ | 村田&三浦帰国、週末の結果と動画 他 »

速報レポ 週末世界戦 in アメリカ

ゴロブキンVSマックリンのミドル級世界戦
その速報レポになります。


Photo

6/29アメリカ
WBAミドル級タイトルマッチ
王者:ゲンナジー・ゴロブキン
×
11位:マシュー・マックリン

パナマ、カザフスタン、ドイツ、ウクライナ、モナコ、アメリカ
ジャーニーマンでいろんな所に呼ばれながらの世界戦が多いゴロブキン
ここら辺で派手に勝ってアメリカでの知名度をアップさせたいところ

一方のマックリンは過去2度の世界戦で
シュトルム、マルチネスとビッグネーム相手に善戦をしながらも
勝ちきれずに星を落としている。
今度こそ勝って3度目の正直といきたいところ

1
マックリンが先に仕掛ける。
ゴロブキンまずは様子見の構えから
ジワジワとプレッシャーをかけていく。
先に先とパンチを出していくマックリン
なんとかゴロブキンのパンチを避けているうちはいいが
パンチ力を破格のゴロブキン。
一発軽くでも入ると流れが変わる。
マックリンは後半クリンチに逃げるのに必死
ラウンド終盤にはゴロブキンの左から右を貰い
マックリンはフラフラ後退。
ロープがなければ早くもダウンか?
そんな感じの場面があった。
2
ゴロブキンが攻める、攻める
マックリン押されて下がって、前に出て抱きついて。
パンチを出すにも力が入ってない感じだ。
ゴロブキン強引にはいかずに見ながら少しずつ削っていく。
この辺相手にしてみれば逆転狙いの一発も出難く
とっても嫌な選手だと思う。
ゴロブキンは早くもペースも掴んでいる。
3
追いかけるゴロブキン、下がるマックリン
先に先にと手を出してるマックリンだが余裕はなさそうだ。
パンチもこころなし
思い切り振り回して破れかぶれな感じになってるようにも見える。
ゴロブキンの方はジワジワと迫っていく。
そしてロープのところまでズルズル下がったマックリンに
ゴロブキンの左右のアッパーから左のボディコンビネーションが炸裂。
すると、マックリンは崩れるようにダウン。
そして悶絶。
そのままマックリン立ち上がることなく試合終了。

結果:ゴロブキン3ラウンドKOで防衛成功

ゴロブキンはこれで世界戦9連続KO勝ちで8度目の防衛
善戦マンのマックリンすら一蹴
この短い時間でマックリンは左目の上をカットして流血も見られる。
ゴロブキンのパンチはどんだけ硬いんだ・・・そんな感じです。

勝ったゴロブキン圧倒的な勝利で
アメリカのファンの前でもいいアピールになったと思います。




Sミドル級
IBF5位WBO14位
トーマス・オオスツェイゼン
×
IBF10位
ブランドン・ゴンザレス

無敗の世界ランカー対決
一回り小さいゴンザレスが懐に入っていっての攻防を望み
オオスツゥイゼンが離れての攻防を望み突き放しにかかる。
互いに自分の距離にいかにするかがポイントになってた試合。

どちらもガードが低く顔面ガラ空き状態の為攻防はなかなかスリリング
オオスツゥイゼンの突き放すストレート、打ち下ろしも悪くないが
ゴンザレスの飛び込みながらのフック、突き上げるような右がいい
ショートレンジに持ち込むとゴンザレスのペース
オオスツゥイゼンは中に入り込まれるとなかなか手が出てこない。

前半戦は自分からどんどん飛び込んで
先手先手で打ち込んでいっていたゴンザレス
中盤になり少し勢いが落ちて、手数も減ったものの
要所で効果的な一撃を入れ、ペースは渡しきらない。
オオスツゥイゼンも攻めきれないで煮え切らない印象

後半はどちらも疲れが出たか
クリンチ、揉みあいも増え、どこかかみ合わない展開で
最後までダウン等の決定的な場面がないまま試合終了
印象としてはより攻めていたゴンザレスがややポイントを抑えた感じか?

そして判定へ
98-92ゴンザレス
94-96オオスツゥイゼン
95-95ドロー

結果:1-1のドローで決着つかず

|

« 週末の試合予定、荒れた土曜日の試合色々 他 | トップページ | 村田&三浦帰国、週末の結果と動画 他 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

ボクシングは相性もありますが、日本トップアマで、ハードパンチャーの佐藤に完勝したシュトゥルム、ミドル級最強、デカくて強いウィリアムズやパブリクにも完勝したマルチネスに善戦したマックリンに3Rで圧勝KOて・・・・ム、村田・・・・期待してるけど、ゴロフキン以外に挑戦になりそうですね・・・・
村田以外のミドル級は論外ですね。日本人がここに食い込むのは本当に厳しいです。
しかし、いづれ統一戦でやってほしいです。やっぱり真のチャンピオンは誰か?をちゃんと決めないと。

投稿: KOKO | 2013年6月30日 (日) 13時42分

まだ元気だったマルチネスを苦しめたマックリン相手にこの内容…
凄まじいですね。
もうちょっと見せ場も作れるかと思いましたが格が違いましたか。

投稿: CAMARO | 2013年6月30日 (日) 14時10分

試合後のインタビューでもマルチネスの名前出てましたけど、
多分実現しないでしょうね。
マルチネスはジュニア相手に一稼ぎして引退でいいと思います。
今のマルチネスにGGGを捌くだけの力はないでしょうね。


GGGの今後で心配なのは、強すぎて名前ある選手に避けられそうですよねぇ。
アメリカで人気爆発しそうな派手な勝ち方できる選手だけにもったいないことにならないでほしいですよねぇ。

投稿: みゆパパ | 2013年6月30日 (日) 14時58分

ゲンナディはスーパーミドルでも大活躍できるのでは!?

ぜひウォード、フロッチとヤってくれ!

投稿: えりもら | 2013年6月30日 (日) 18時15分

ゴロフキンはこんな圧勝するとは思いませんでした。
みんなこれとは試合したくないよなーって言う感想を毎回持ちます。

投稿: おごぽご | 2013年6月30日 (日) 19時08分

ゴロブキンは、勝った後4方に頭を下げようとしてたのが真面目そうで良かったです。
しかし、強いすなぁ。勝ち方も派手すなぁ。
次の試合も楽しみ。

投稿: ほほ | 2013年6月30日 (日) 21時48分

ゴロフキン強いですね。8連続KOで9度目の防衛も凄いけど地道に防衛ロードを突き進む姿勢が良いですね。すぐに統一戦とか複数階級制覇とか安易にやりたがる風潮が嫌いだったんで。ジョーンズみたく強すぎて無人の野を行く可能性もあるけど、この辺りのクラスはまだまだ対戦候補者は多いから今後のマッチメイクが楽しみです。

投稿: アキラ | 2013年6月30日 (日) 21時53分

ゴロフキン個人的にはミドル最強でPFPでも上位なんですが
ここまで強いんですね。人もよさそうだし、顔も可愛らしいというか
そんな好青年な感じですがほんとに怖いパンチですよね。
ちょっとこれから対戦を避けられそうな感じなのが気になりますが・・・

投稿: コルテス | 2013年6月30日 (日) 22時57分

>アキラ氏
統一戦はよくないですか?むしろ可能なら早くやるべきでは?
本来チャンピオンは一人なんですから・・・

投稿: KOKO | 2013年6月30日 (日) 23時04分

ゴロフキンの場合、自分が確固たるホームタウンも無ければ消費価値も確立していない、
世界王者になってもまだまだ下積みの状態だという現実を弁えてるだけだと思いますね。
ドイツでやった防衛戦とか酷かった。

投稿: Aprilweather | 2013年7月 1日 (月) 06時29分

>> KOKO さん
贔屓目なしで見て
日本人がゴロブキンに通用する姿が思い浮かびません

>>CAMARO さん
内容だけ見ると
淵上や石田の時とパターン一緒ですね
まず見て、当てて、弱らせて、倒す

>> みゆパパ さん
相手を一撃で失神させる派手な倒し方連発とかならもっと人気もでるんでしょうけど
強さの割りに地味なのが残念です

>>えりもらさん
通用する気もしますけど
無理して上の階級に行くって事もなさそうだし
しばらくはミドル級に留まるんじゃないですか?

>>おごぽごさん
無駄にリスク高くて
勝っても相応の報酬が得られない
さすがに嫌でしょうねw

>> アキラ さん
華麗にスルーされてる暫定王者マレーをとりあえず片付けてほしいですね
そこから統一路線期待したいところです

>>コルテスさん
リングの内と外で全然違いますからねー
リングの中だと鬼やw

>> KOKOさん
まあその辺は個人の好みなので仕方ないと思います

>> Aprilweather さん
もっていき方ひとつだと思うんですけどね
まあ、これからのプロモーション次第ですか

投稿: 管理人 | 2013年7月 2日 (火) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/52241534

この記事へのトラックバック一覧です: 速報レポ 週末世界戦 in アメリカ:

« 週末の試合予定、荒れた土曜日の試合色々 他 | トップページ | 村田&三浦帰国、週末の結果と動画 他 »