« 速報レポ クリチコVSピアネタ in ドイツ | トップページ | 内山&河野ダブル 本日ゴング 他 »

速報レポ メイウェザーVSゲレロ in ラスベガス

メイウェザーVSゲレロのWBCウェルター級王座統一戦
その興行の速報レポになります。

Photo_3

WBCウェルター級王座統一戦
王者:フロイド・メイウェザーJr
×
暫定王者:ロバート・ゲレロ
試合開始前にらみ合う両者の横で
なんか言い合うそれぞれの親族
お前ら黙ってろや(笑)
それはさておき試合開始
1
ゲレロが前に出ていき、メイが迎え撃つスタート
多少の被弾はなんのそので飛び込んでくるゲレロ
メイは少し受けに回っているのかパンチがあまり出てない感じだ。
ただゲレロの攻勢をクリンチで寸断し
スウェーでかわしてくるディフェンスの上手さはさすが。
ゲレロも上は当たらなかったがボディは当たりそうだ。
2
ゲレロの強気の攻め
プレスしながらメイをコーナーまで下がらせてまずは左を一発当てる。
ここはメイが体を入れ替え追撃はかけられず
その後も攻めに出続けるゲレロ
メイはヒヤッとするようなタイミングでパンチをギリギリで避けてくる。
攻めるゲレロ、受けるメイ
相変わらずのディフェンスがうまいメイ
ロープにつまっても体を入れ替えてしまい追撃をさせない。
ヒラリヒラリとかわすメイにゲレロのパンチは届くのか?
3
追いかけ続けてプレスしてくるゲレロ
避けてはいるものの、なかなか攻撃までには手が回ってないメイ。
攻防はあるもののクリーンヒットが少なめの展開が続く。
途中から攻勢も見せ始めたメイのいきなりの右がゲレロを捉えるが
ゲレロの攻勢を止めるところにはまだ至らず
メイは受けに回る時間が長い
4
下がって避けてのメイ
愚直に出続けるゲレロ
メイが段々ゲレロの攻めに慣れてきたのか
段々といい右を当ててくるとうになってきた。
ゲレロの方はパンチを大部分をメイにあっさりかわされ
さらに出しても紙一重で避けられてと当てられない。
メイは少しずつペースアップ
段々といつものらしい戦いになってきているか?
5
追いかけるゲレロ、迎え撃つメイ
ゲレロの攻勢に大分余裕を持って対応してる感じになってるメイ
メイは時に当て、時にプレッシャーをかけ、時に下がりとやりたいようにやれている。
ゲレロは出ても当てられない、待てば打たれる、
詰めてもも逃げられてと攻勢が続かない。
ゲレロにとっては苦しい展開。
6
ゲレロ攻めに出るも当たらない。
メイは当てて動いて避けてと見せ場を作っている。
ゲレロは上へのパンチは全然当たらない。
それでもしつこく前に出て行く。
下へのパンチはなんとか当たっているものの
ほぼゲレロの攻勢は空転させられている感じだ。
こうなってくるとゲレロはメイの動きをいかに鈍らせる事ができるかだろう。
逆にメイはチョコチョコとゲレロにパンチを当てているので
いつ強めのパンチを入れてくるのかになってくるか?
7
動き回るメイ、追いかけるゲレロ
メイは時にわざと詰まってるんじゃなかろうかって位に
コーナーやロープに詰まりながらも
体を入れ替えてあっさりと脱出したりして見せ場を作る。
ゲレロは捕まえきれないと見たか
体ごとくっついてその状況からボディを殴ったりとしてくる
が、全体として攻勢をかけてもうまくいかずで
八方塞になっている状況が続く
8
メイが避ける。
ゲレロは攻勢をかけられない。
追いかけて攻めてきた為か疲労なのか
スピードが鈍ってきているように見える。
それを見たメイが攻勢をかける。
早いジャブ、いきなりの右、まっすぐ打つ右ボディストレート、追いかけながらの右フック
メイのパンチが当たる当たる。
ゲレロのダメージもあって苦しい展開になっている。
9
鼻血、左目上のカットと出血が見られるゲレロ
ラウンド開始から勝負をかけてか攻勢に出てくる。
メイはゲレロが仕掛けてきてもそれに付き合って打ち合ったりはしない。
下がって避けて、動いてかわす。
そしてゲレロの手が止まれば、すかさずそこを狙ってくる。
ゲレロはメイの右を何発も当てられ、自身の攻撃は当たらず
どうにも厳しい状況だ。
10
ゲレロが出る、メイが防ぐ。
脱出の際には右アッパーを当てるメイ。
ゲレロはパンチを出しても当たらず空転させられ続けている。
疲れもあってゲレロに勢いは感じられない。
メイはこの状況になっても無理には倒しにいこうとしない。
打たせては避けて、間があれば当ててと好きにやってる感じだ。
11
追いかけるゲレロ
とにかくしつこくし仕掛けてくる。
メイは付き合わない。
ゲレロが前に来て手を出してくるときはディフェンスに専念。
被弾を避けてくる。
そしてゲレロの手が止まれば、そこからメイが攻める。
当たるメイのパンチ。
空転させられ続けるゲレロのパンチ。
無理をしないで安全運転のメイ
それでもブーイングが起こらないのはメイの技術故か?
12
最終ラウンド
ここまではほぼ一方的な展開になってる試合だが最後の3分に何が起こるか?
とにかく出てくるゲレロ
クリンチになって密着してもそこからしつこく細かく手を出し続けてくる。
メイはあくまでも避けて避けて。
無理に自分から行くことをせずに受けに回ってくるメイ。
完全にゲレロを翻弄し続けている。
必死に出るゲレロ、あくまでもマイペースのメイ。
そして最後まで届かなかったゲレロの一発
そのまま試合終了

メイの大差だと思われるがジャッジの判断はどうか?
117-111
117-111
117-111

結果:3-0でメイウェザーがWBC王座統一

ゲレロがとったのは序盤のいくつかのラウンドと最終ラウンドかな?
終盤メイは倒そうと思えば倒せたのに無理しなかったように思えた。


メイはこれで44連勝
2008年は試合なし
復帰した2009年以降は年1試合のペースが続いているが
次の試合はいつになるのだろうか?
年内にカネロ戦は見られるのか?

一方敗れたゲレロは前WBC・Sフェザー級王者ディアスに負けて以来8年ぶり敗戦
(実際には無効試合にされた前IBFフェザー級王者オルランド・サリド戦以来7年ぶり)
差もあって完敗ではあったものの惨敗って事でもない。
復帰してまた世界戦線に絡んでくるんだろうか?
とりあえず復帰を待ちたい。









WBCフェザー級タイトルマッチ
ダニエル・ポンセ・デ・レオン
×
アブネル・マレス

2階級制覇のポンセが初防衛なるか?
マレスが3階級制覇で王座奪取なるか?
1
まず前に出てプレスをしていくのは王者デレオン
マレスは後ろに下がりながらも打ち終わりに合わせてくる。
どちらも強気な両者、積極的に大きな一発を狙ってくる。
デレオンが左を入れてくれば
マレスが左を入れてくる。
激しい試合になりそうだ。
2
追いかけてくるデレオン、応戦の形のマレス。
両者共に引かないでパンチを出してくる。
多少の被弾をしながらもマレスが前に出て体ごと叩き込んでいく。
ラウンド終了間際とところで大きな動きあり
ポンセがフェイントみたいに中途半端になったところで
マレスの左右コンビネーションが綺麗にヒット!
するとポンセがばったちりと倒れる。
ポンセとしては押しまれるシーン。
ここが時間切れ、再開と同時にゴング
3
ポンセはまだ前のラウンドのダメージが少しあるか?
気分をとくしたマレスが強気に攻めてラウンド開始。
ポンセ応戦するも少し押し込まれ気味の展開。
ラウンド終了間際にはマレスの左がヒットして
ポンセが少しグラっとする場面も
4
マレスがジワジワとプレスしながらの攻勢
一瞬の隙をついてのマレスラッシュ
この時にはきっちりとローブロー気味のボディも混ざってる。
が、ポンセはここを防ぐと反撃開始
再三の左でマレスにダメージを与えてくる。
マレスは効いたのか勢いが少しなくなったようにも見えた。
5
ポンセがまた追いかけ、マレスが動きまわる。
ポンセ前に出てるときでもなかなかマレスにパンチを届かせらない。
マレスは時に動いてパンチを避け
時に前に出てのポンセをロープに詰めてくる。
が、全体的にはポンセが支配してた時間の方が長かったか?
6
動くマレス、追うポンセ。
マレスの徹底したランニング
ポンセ射程外に下がりまくりのマレスに
なかなか接近させてもらえない。
マレスはこの自身のパンチも出さずに動きまわる。
それでもこれしかないとばかりに、しつこくと行くポンセ。
なんとかまず一発を叩き込みたい。
7
前に出て動き回るマレスに当てて行きたいポンセ
入ってこようとするポンセにパンチを合わせてきて
入り込まれるとなりふり構わず抱え込むマレス
イラっときてるポンセが抱えられた状態から荒っぽくいくと
マレスが座り込む。
ここはローブローアをピールのマレス
だがレフェリーはマレスのホールドに注意を与え
休憩の時間を与えてくれない。
再開の前に少し、ポンセにローブローの注意のレフェリー
今日のレフェリーはマレスにも優しくはなさそうだ。
8
前進して攻勢を続けるポンセ。
前半の勢いはなくなり受けに回る時間が非常に長くなったマレス
時にマレスが攻める場面もあるものの長くは続かない。
動くマレスをなかなか捕まえきれないポンセ
入っていこうとしたところに左をもらったと思ったら
ポンセは逆に左が入れマレスにお返しをしてくる。
9
マレス少し顔面が紅潮して腫れてきてるか?
動きまわるマレス、追いかけるポンセの展開がずっと続いている。
ポンセはなかなかいいパンチを当てる事ができずにイライラとしてる。
入り込んだところでもクリンチに攻勢を止められてしまう。
クリンチを強引に振りほどきにいくポンセだが
マレスは離れ際に下がりながらの右をが出ようとしたポンセ打ち抜いてくるとモロにヒット。
ポンセはこれが、この試合2度目のダウンだ。
立ち上がるポンセ、試合再開
だがここはダメージが残っている感じだ。
チャンスと見たマレスが攻勢をかける。
ポンセをロープに詰めながら右を主体にラッシュをかけていく
細かくパンチがポンセに入る。
ポンセなかなかマレスの攻勢を止められない。
この状況が続いている中マレスの右アッパーが入ったところでレフェリー試合を止める。
ポンセはなんでだって感じで納得いってない感じだがこれで試合終了

結果:マレス9ラウンドTKOで王座奪取

ポンセ初防衛ならず
マレスが3階級制覇達成
2度ダウンを奪って最後はラッシュでストップと話だけなら完勝にも聞こえるが
試合内容としては結構な苦闘

ポンセが攻め気になりすぎて中途半端になったところを
マレスがうまく合わせてきてこれがうまくはまった感じ。

ポンセとしては悔いが残る内容
逆に少し苦しくなりつつあったマレスとしては
2度目のダウンを奪った右が起死回生の一撃って感じだったように思う

ただ、この試合でまともに入れば
フェザー級でもマレスのパワーは十分通用する事が証明できたって事です。
これでフェザー級戦線にマレスが参入、ポンセは後退となりました







USBA・Sバンタム級王座決定戦
前IBFバンタム級王者:レオ・サンタクルス
×
元WBA・Sフライ級王者:アレクサンドル・ムニョス

結果:サンタクルス5ラウンドTKO勝ち

勢いの差が結果にまんま出てしまった感じ
10年一昔
ムニョスにかつての輝きはもはやなし

|

« 速報レポ クリチコVSピアネタ in ドイツ | トップページ | 内山&河野ダブル 本日ゴング 他 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

マレスが真っ当に闘って勝ったのが意外でした(笑)
階級上げてパワーが付いて良かったかもしれませんね。

メイウェザーは正に盤石。
ゲレロは全く崩せませんでしね。
序盤は少し期待させる展開でしたが、メイウェザーの対応力はやっぱり凄い。

投稿: CAMARO | 2013年5月 5日 (日) 17時30分

メイウェザーはコット戦の出来からのブランク、年齢、どうかなと思いましたがまだまだいけそうですね。

自分は流石に衰えが目立つ展開になるかと思っていましたが・・・

投稿: おごぽご | 2013年5月 5日 (日) 19時48分

メイは本当に衰えているのかってくらい反射神経が素晴らしいですね。
ロイジョーンズのような急激な落ちぶれ方はしなさそうです。
ホプキンスのようにしぶとくいくんじゃないかなって感じです。
今、44勝26KOでしたっけ?
40歳までやってるとして、50勝26KOって感じで勝ち続けそうな気がします。

投稿: ドスフロギィ | 2013年5月 5日 (日) 23時17分

途中で絶対KO決着ないなと分かっちゃうんですけど、なんだかんだ最終ラウンドまで観てしまう。
メイウェザーだから許される試合運びでしたね。
カネロ戦実現してほしいんですけどねぇ。

マレスは勝つには勝ったけど、このままフェザーで安定政権築けるのかといわれると疑問ですね。

投稿: みゆパパ | 2013年5月 6日 (月) 11時30分

自分は5ラウンド後半から見てました。
ゲレロは果敢に攻めてはいましたけどメイの技巧の前に局面を打開できそうな雰囲気は感じられなかったですね。
いつもながらメイはほんと巧い、先に右を一発入れ、すぐさまゲレロが2発3発と打ち返してきても難無くかわし切りますもんね。

投稿: ド素人の名無し | 2013年5月 6日 (月) 19時10分

やはりメイウェザーとリゴンドーの二人だけは、違う次元に達してますね。
もはや匠の世界ですよ。

投稿: 桐島条助 | 2013年5月 7日 (火) 00時46分

>>CAMAROさん
マレス自体よりも、ある意味ポンセの入れ込みすぎが原因かなー
って思ったのは管理人だけでしょうか?
メイは本当に崩れませんよねー

>>おごぽごさん
ゲレロ戦だけを見るなら衰えらしい衰え感じられませんでしたね

>>ドスフロギィさん
このまま判定王者を続けて、無敗で引退しても全く驚かない自分がいたりしますw

>>みゆパパさん
メイの試合は判定までいくのが分かってても
確かになんとなく最後まで見てしまうってのは分かりますw
マレスが安定王者になれなさそうってのは凄く納得
ドナイレやリゴンドーが上がってきた即退場とかになりそうです

>>ド素人の名無しさん
メイのディフェンスと反射神経はどうなってるんでしょうね、あれw

>>桐島条助さん
ディフェンスマスターですよねー

投稿: 管理人 | 2013年5月 7日 (火) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/51499351

この記事へのトラックバック一覧です: 速報レポ メイウェザーVSゲレロ in ラスベガス:

« 速報レポ クリチコVSピアネタ in ドイツ | トップページ | 内山&河野ダブル 本日ゴング 他 »