« WBAランキング2013年5月最新版 | トップページ | 速報レポ 週末世界戦 in イギリス »

週末の試合予定、土曜日の結果、井岡次戦? 他

週末の試合予定
土曜日の結果
井岡次戦?



Photo_4

週末の予定色々
今週はとりあえず計量失敗とかの話題はなさそうです。


5/11イギリス
WBOライト級タイトルマッチ
リッキー・バーンズ 134.5
×
ホセ・ゴンザレス 134.5


バーンズの防衛戦
昨年12月に防衛戦を予定していたものの
統一戦を浮上したためその試合はキャンセル
で、WBC王者ブローナー、IBF王者バスケスと交渉したものの
まとまらなかったり、交渉成立するも怪我やらで延期
結局ちょっとブランクを作るハメになったバーンズは
これが9ヶ月ぶりの試合となります。

Burns, Gonzalez make weight


5/11イギリス
IBFバンタム級王座決定戦
1位:ジャミー・マクドネル 117
×
3位:フリオ・セハ 117


Photo_3

前王者サンタクルスの王座返上に伴い空位になった王座の決定戦
勝者は2位&挑戦者決定戦で勝利しているブシ・マリンガとの指名戦予定
ちなみに4位にいるのは某三男だったりする。

McDonnell, Ceja make weight




5/11アメリカ
ビック・ダルチニアン
×
ハビエル・ガロ

Photo_2

山中に大差で敗れた後
昨年9月に再起戦で無敗のランカーを下し復帰したダルチニアン
その後試合が行われてませんでしたが、その間にトップランクと契約
で、今回ががトップランク選手デビューとなります。
既に37と晩年なんですけどね

Weights from Laredo, Texas





5/11メキシコ
WBCライトフライ級タイトルマッチ
エイドリアン・エルナンデス 107.8
×
ヤデル・カルドサ 107.8

Photo


エルナンデス今年2度目となる防衛戦
挑戦者はこれが世界初挑戦となる24歳のニカラグア人

Hernandez, Cardoza make weight





5/11コロンビア
元IBFライトフライ級王者カルロス・タマラ
×
相手未定

元王者タマラが再起2戦目をを予定




結果です

5/10タイ
WBOインター・バンタム級タイトルマッチ
前WBO王者プンルアン・ソー・シンリュー

×
ジュマ・フンディ

結果:プンルアン2ラウンドTKO勝ち

前WBO王者プンルアンが王座陥落から2ヶ月で早くも再起戦
TKO勝ちで再起を飾っています。




5/10タイ
ABCO・Sフライ級暫定タイトル決定戦
前々WBC王者テーパリット・ゴーキエットジム

×
ジェッカー・ブアウェ

結果:テーパリット3-0判定勝ち
119-109、110-109、119-109


昨年の大晦日に河野公平にKOで敗れ王座を追われたテーパリットが
再起2戦目を行い大差判定で勝利
これで王座陥落後2連勝となっています。









その他の話題

5/8のダブルタイトルマッチ
井岡一翔&宮崎亮のダブル防衛戦ですが

平均視聴率で関西地区18.7%で(関東地区13.5%)
井岡戦の瞬間最高で22.2%だそうです。

意外と好調で、どっかの長男の茶番劇を視聴率で上回ったみたいです。

井岡の初防衛戦 瞬間最高視聴率22・2%

視聴率はいいけどTBSは番組の作りとか実況とか
解説とかリングアナとか軒並み糞だからなぁ(・∀・)

その意味ではテレビ東京が全体的いいんだけどね



で、その井岡
次戦の相手として浮上してるのが
WBAライトフライ級暫定王者アルベルト・ロッセル

井岡パパが
「WBAから暫定王者とやるように、強制指名が掛かる可能性がある」
とのたまっているそうです。

井岡 次戦の相手に暫定王者が急浮上

ロマゴンとの指名戦は金払って回避します。
ロッセル戦は義務だから受けないと駄目です
故に・・・ロマゴン戦はできません。
何言ってんだこいつ(・∀・;)










元WBC・Sフライ級王者徳山昌守

ガソリンスタンドの店員とかを殴って傷害で逮捕されてましたが
示談が成立し、起訴猶予となったみたいです。

元世界王者の徳山、示談成立で起訴猶予に

リングの外で殴っちゃいかんよ(・∀・)

|

« WBAランキング2013年5月最新版 | トップページ | 速報レポ 週末世界戦 in イギリス »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

井岡陣営、視聴率で某家を上回ったんですね。それはいいとしてやり方まで超えちゃいそうな嫌な予感。団体に関係なく、近い階級で強者がいればやらないと認められないという時代に逆行して、某家よりになるのは勘弁だなぁ。

投稿: hanasora | 2013年5月11日 (土) 13時58分

ドネアに敗れてフライ級王座を追われたのが28か29歳くらいでしたからそんなもんの年齢でしょうね>ダルチ

「誰といつ戦い、どういう結果と内容を残したか」でボクサーとしての評価が問われるのが世界の潮流なのに
未だに世界タイトルという「ブランド」を所持してることがボクサーとして評価されると考えてる感が強い
マスコミを含めた日本ボクシング界が世界から取り残されるのは当然でしょう。
その世界タイトルというブランドだって誰と戦って獲得した、あるいは防衛したかで価値が上がるものなのにね。

あとここで何度も言ってますけど日本は1つ負けたらすぐ進退どうこう考えすぎだと思う、
井岡陣営がロマゴンを避けようとしてるものそういう一面もあるんでしょうね。
それこそ30代のテーパリットが大晦日に河野にKOで負けてから5か月で既に2試合やってるのをみると
1つ負けたくらいでどうなんよと思っちゃいますw

投稿: ド素人の名無し | 2013年5月11日 (土) 16時24分

ローマンゴンサレスが現れて…新井田選手が跳ね返され→高山選手が跳ね返されました。 そんな時に現れたのが井岡選手(^^ゞ きっと『ロマゴンを倒せるのは井岡選手しか居ないんだろなぁ~』と、あの時に考えた自分が居ます。 残念です…なんだか全てを裏切られた気持ちです(>_<) 勝手な考え方ですいませんでした。

八重樫選手ならロマゴン戦なんて喜んで戦うでしょうね\(^o^)/

投稿: マツバリ | 2013年5月11日 (土) 16時48分

まあ、あーいう番組構成でお茶の間にアピールしてあの視聴率なのでしょうから、
ボクシング人気復興のためにも、そこら辺には目をつぶることも必要かなとは思います。

ただし、情報操作で顎3兄弟が強いとかいうイメージが作られていくことには我慢できないですけどね。

投稿: みゆパパ | 2013年5月11日 (土) 17時19分

井岡さん陣営対戦回避の予防線を早くも張っていますね。陣営からの情報発信(WBA発信ではなく予測)でも実際その通りになる様に動くと思う。強いけど最強とは言えませんね。
ロマゴン戦実現にはセニョールの力が必要でしょう。
まあ、下位ランクではなく暫定王者であるだけ良心的だと思わないといけないか?
徳山チャンプ、空手もやってたんだから人を殴っちゃいかんですね(・_・;)
しかし、ガススタの店長もニュースのインタビューでニコニコして受けていたところを見ると、世界チャンプに殴られた事も時期が来ればネタとして語られそう?(・_・;)

投稿: しゅがーせい | 2013年5月11日 (土) 20時14分

>>hanasora さん
某一家の試合はもともとアンチに支えられてた部分があって
管理人みたいにもう見ない!
って感じで見てない人もいるんで
その分どんどん視聴率おちてるのかもですね

>>ド素人の名無し さん
名城とか石田とかみたいに
負けても負けても挑む姿勢は決して悪くないと思うんですよね
日本だと負けたら引退とか言う選手多いですけど

>>マツバリさん
亀とは違うんだよ、亀とは
そう考えていた時代もありました

>> みゆパパ さん
何も知らないとあの兄弟は強いと思わされちゃうんでしょうね
嫌な時代ですねー

>>しゅがーせい さん
現状だと
ロマゴン>>>>井岡
この評価を覆したければ実際に戦うしかない
・・・・でもやらないんでしょうねぇ

投稿: 管理人 | 2013年5月15日 (水) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/51584113

この記事へのトラックバック一覧です: 週末の試合予定、土曜日の結果、井岡次戦? 他:

« WBAランキング2013年5月最新版 | トップページ | 速報レポ 週末世界戦 in イギリス »