« WBAランキング 2013年4月 | トップページ | WBCランキング 2013年4月 »

速報レポ 週末世界戦 in マカオ

マカオで行われたダブル世界タイトルマッチの速報レポになります。



Makao

日本時間深夜1時近くまで続けられた興行?
時差1時間だから0時過ぎまでやってる事になります。

とは言ってもマカオ行った時
カジノは24時間営業だからこの時間帯でも
普通に人結構いっぱいいたからおかしくはないのか?

ちなみに余談ですが
管理人はこの興行の会場のベネチアンホテルに行った事がありますが
カジノとか回ってたはずが迷子になって
気づいたら隣のフォーシーズンズホテルにいた事があります。(実話)
結構広くて入り組んでたのが原因だったりしますがw

4/6マカオ
WBO・WBAフライ級タイトルマッチ
ブライアン・ビロリア
×
ファン・エストラダ
1
ビロリアが開始早々からジワジワとプレッシャーをかけていく。
エストラダは動きながらも入ってくるビロリアにパンチを返してくる。
エストラダの遠い距離からつきあげるような左ボディとアッパーはいい感じだが
ビロリアの強打はやはり危険。
一発いいタイミングで左がヒットするだけで空気が一変する。
ただこの日のビロリアは倒してやろうと言う意識が強いのか
丁寧さがあまりなく少しばかり荒っぽいか?
2
エストラダがスピードを生かして出入りしながら
積極的にパンチを出してくる。
左のボディブローを叩き込んだと思えば、今度はそれを上に返したりと
なかなか巧者ぶりを発揮してる感じか?
ビロリアの方は少し空振りが目立ち、
エストラダのパンチをチョコチョコもらっているのが気にかかるものの
やはりパンチの威力では大きく上回る感じか?
ラウンド終了間際にはなかなかいいラッシュを見せていた。
3
エストラダが手数でビロリアを上回りいい感じで戦えている。
ただしビロリアのパンチはやはり危険。
エストラダはガードしてるものの1発もらうと
どうしてもエストラダの動きが止まってしまう。
打ち合いになるとビロリアに分がある。
ビロリアが段々とペースアップしはじめた感じか?
4
開始早々にエストラダの右が綺麗に入る。
が、すぐさまビロリアがしっかりお返し。
エストラダもパンチの振りが少し大きくなってきた。
打ち合い
大振りのビロリアのパンチが空を切る。
エストラダがいいのを当てる。
ビロリア今度はパンチを返す。
しかしどうもビロリアがパンチを貰う場面がやたら目に付く。
エストラダも時折大きいのを貰っているし
段々と消耗戦に突入しそうな気配。
5
ビロリアのボディ打ちの頻度があがってきた。
エストラダは動き回りながらビロリアが入ってくるところに
パンチをきっちりと合わせて来る。
どちらもペースを握ったと言い切れるところまではいかない展開が続く。
ラウンド終盤
ビロリアの右ストレートがヒット
一瞬エストラダの膝が硬直するも追撃は許さず。
仕切りなおして手数を出してくる。
しかしエストラダも少し効いている感じか?
6
出ていくビロリア、手数で押し戻すエストラダ。
パンチ交換が続く。
ビロリアの振り回すようなフック、ストレートがエストラダを捕らえ始める。
が、エストラダも引かない。
貰ってもズルズルと下がるのではなく
すぐに前に出て手数を返してくる。
細かい攻撃がいい感じでビロリアにヒット。
ビロリアも振り回し続けてるものあって少し疲れてきたか?
7
前に出るビロリア、エストラダは足を使って距離を保つ。
ビロリアもパンチを当てているものの
パンチが大きすぎて空振りが目立つのと
懐に入ろうとしたところでエストラダのアッパーを貰ったりで
どうにも見栄えがあまりよろしくない感じだ。
両者打って打たれてのきつい展開。
どちらも消耗してきる
8
エストラダの左ボディに合わせてビロリアが右を返す。
ビロリアの右に合わせてエストラダはアッパーを入れてくる。
一進一退、どちらも譲らない。
が、ビロリアは大分疲れてきたか?
体をくっつけて休もうとする時間が大分増えてきたように見える。
エストラダは鼻血を出しながらも手数を出してくる。
スローダウンのビロリア、これは厳しいか?
が、終盤にラッシュをかけて勝負に出たエストラダに
ビロリアは手痛い一発で反撃
エストラダも少し効いたか?
9
ビロリアやはり疲れてる。
動きが大分スローになって、大振りの変わりに細かいパンチを出してくる。
俄然勢いにのったのがエストラダ。
調子にのって攻めまくる。
が、少し調子に乗りすぎたか?
エストラダにレフェリーからローブロー
再開後もビロリアは動きが鈍い。
パンチも大分衰えた感じか?
勝負をかけたいエストラダが出る。
ビロリアはフラフラだ。
それでもただではやらせない、残り数秒のところで
ビロリアはいい右をヒット
エストラダ、最後のこれは効いたように見えた。
10
攻めるエストラダ。
必死のラッシュを見せる。
ビロリアはなかなか手が出ないで後手に回ってしまっている。
それでも要所でパンチを当てていて
一方的な展開ではさせない。
今度はビロリアがローブロー
レフェリーが両者を分けて少しタイム
そして再開
が、流れは完全にエストラダ。
ビロリアは疲労のせいかパンチが流れてしまっていた
そこをつけこまれて打たれてる感じ
ビロリアにとっては相当厳しい展開だ。
11
下がるビロリア、追うエストラダ。
ビロリアは下がりながらも手は出しているがどうにも軽い。
ビロリアは序盤戦のパワフルさが完全になくなってしまっている。
が、エストラダも決定的な一発を当てるまでには至らない。
こちらも相当消耗している感じか?
攻めるエストラダ、受けに回るビロリア
ビロリアがエストラダの攻勢をよけまくるパフォーマンス
でも、消耗はビロリアの方が上そうだ
12
序盤から打ち合いながらもダウンもなく最終ラウンドに突入
攻めこむエストラダ
ビロリアはエストラダの右をもらって足元フラフラ
ズルズルとロープの方まで後退。
そこらかロープ際でラッシュを見せるエストラダ
フラフラのビロリア、あと一押しあれば落ちそうだ
ビロリアは手が出ない、後退するばかり。
レフェリーもストップのタイミングを図る流れ。
が、ビロリア意地で耐えきる。
一番厳しい時間を耐えきったビロリア。
そこからなんとか手を出してくる。
エストラダはラッシュで疲れたかペースダウン。
それでも最後まで手数ではビロリアを圧倒したエストラダ
そして両者フラフラの状態で試合終了。
これは王者交代の可能性は十分あり得るか?
さあ、判定が待たれる。

で、判定
115-113ビロリア
116-111エストラダ
117-111エストラダ

結果:2-1判定でエストラダが新王者

昨年11月に1階級下でロマゴンに挑戦し判定で敗れているエストラダは
再起戦で世界戦のチャンスを与えられ
そのチャンスを生かしての戴冠となりました。
一方フライ級に上がってからはいい地戦いを続けてきたビロリア
まさかの番狂わせで王座陥落となってしまいました。


WBO・Sフェザー級タイトルマッチ
王者:ローマン・マルチネス
×
1位:ディエゴ・マグダレノ

結果:2-1判定でマルチネスが防衛
115-112 Mar, 116-111 Mag, 114-113 Mar

決定戦で疑惑の2-1で戴冠
初防衛戦で疑惑の0-1ドロー
2度目の防衛戦で2-1の防衛
プエルトリカンでWBO本部がプエルトリコだったかな?
なんか裏あるんじゃないかと邪推せざるを得ない










WBOインター・Sバンタム級タイトルマッチ
WBO1位:ウィルフレッド・バスケスJr
×
日本2位:石本康隆

結果:石本2-0で判定勝ち
95-95、 95-94、96-93

石本は予想を覆す番狂わせで
元王者で現世界1位のバスケスに判定勝ち








フライ級10回戦
WBO1位:ミラン・メリンド
×
トミー・セラン

結果:メリンドが4ラウンドTKO勝ち

1,2,4ラウンドと倒したメリンドが圧倒。
これで29連勝
今日勝ったエストラダとの対戦待ちになります。







北京&ロンドン五輪金メダリスト
ゾウ・シミン
×
エレアザール・バレンズエラ

結果:ゾウ3-0判定勝ち
40-36、40-36、40-36

世界戦を二つ押しのけて
メインイベントで行われた試合
片方は金メダリストといっても
デビュー戦の31歳
片方は5戦2勝1敗2分
それでいいのか?
デビュー戦でバッファーのコールでとか恵まれてるねー

判定までいったそうな
観客は軽くでもなんでもゾウのパンチが当たる度に観客大騒ぎ

|

« WBAランキング 2013年4月 | トップページ | WBCランキング 2013年4月 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

エストラーダは強いです。ロマゴン戦見て思いました。戦績、KO率ともにかなりいいですが、それを裏付ける結果を出しましたね。ビロリアVSゾウをアラムは目論んでいたと思いますが、厳しいですねえ・・・

投稿: KOKO | 2013年4月 7日 (日) 01時02分

僕的にはメインはバスケスvs石本だったんですが、まさか石本勝っちまうとは・・!
これでSバンタムでチャンスが来そうですね
こういう日本人の快挙が続いてほしいです。

投稿: 桐島条助 | 2013年4月 7日 (日) 02時13分

いつもながら細かい解説ありがとうございます。
ビロリアVSエストラーダが見ているように判りました。
フライ級が面白くなってきましたね

投稿: LEE | 2013年4月 7日 (日) 04時05分

まさかの陥落ですね!
マルチネスも早く負けたらいいのに、裏で何か力が働いてるとしか思えないような疑惑の判定連発(笑)

バスケス負けましたか〜。
普通にKO勝ちかと思ってたんで驚きです。

投稿: CAMARO | 2013年4月 7日 (日) 08時12分

ビロリア負けたか。エストラダも実力者だから大がつくほどの番狂わせではないですけどね。
2-1判定なら再戦かな?
石本は大殊勲といってもいいんじゃないですか
僅差だからこれも再戦かもしれないですけど世界挑戦のチャンスも巡ってきそうですね
しかしこの階級のWBO王者はよりによってドネア・・・

投稿: ド素人の名無し | 2013年4月 7日 (日) 14時39分

>> KOKO さん
ロマゴンが再戦で3階級制覇狙うなんて話も・・・

>>桐島条助さん
正直相当なレベルの番狂わせですよね
なんせ相手は元王者かつ現1位なんですから

>>LEE さん
個人的には見ながら感情のままに書いてたりするんで
かなり拙い感じだと思ってますが
喜んでいただけてるなら幸いです

>>CAMAROさん
どこぞの日本の亀さんと一緒ですよね、マルチネスは

>>ド素人の名無しさん
タイトルかかってないだけに再戦って
石本にとってはメリットないですけどねw

投稿: 管理人 | 2013年4月 9日 (火) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/51124837

この記事へのトラックバック一覧です: 速報レポ 週末世界戦 in マカオ:

« WBAランキング 2013年4月 | トップページ | WBCランキング 2013年4月 »