« (速報レポ)週末世界戦 in アメリカ | トップページ | 週末の世界結果色々、 ホプキンス48歳、動画 他 »

速報レポ ホプキンス48歳の挑戦は?

速報レポになります

ホプさんどうなる?

Photo_2

3/9アメリカ
IBFライトヘビー級タイトルマッチ
タボリス・クラウド
×
バーナード・ホプキンス



ホプさん48歳限界への挑戦

1
前に出て距離を詰めていくのはクラウド
足を使ってリングをサークリングしながら様子見のホプキンス
両者共に様子見の感じなのか
本格的なパンチの交換がまだまだ少ない。
くっつくとすぐにクリンチに行ってしまうホプさん。
もしかしたら揉み合いの多い試合になるかもしれない。
2
クラウドがプレス、ホプさんが動く
クラウドは長丁場になるとの判断かボディが多めだ。
ホプさんはどっちかと言うと迎え撃つ戦い方か?
離れてはそんな感じ
くっ付くとクリンチのホプさん
で、揉み合いからパンチがホプさんの真骨頂
クリンチ際でもしっかり殴ってくるホプさん
クラウドも負けずに反撃
クリンチの離れ際にボディ、ボディ、顔面へのコンビでホプさんを打つ。
ラウンド終盤にホプさんがいいパンチをヒット
コンタクトが増え動き始めた試合に場内大歓声
3
巻き込むようにしてフックを打ってくるホプさん
そのままくっ付いてクリンチに行こうとするも
クラウドが迎撃して接近を許さない。
クラウドはホプさんのとのクリンチを拒否する展開か?
クラウドはジャブとボディ、ホプさんはフックがいい感じ?
ゴング際の攻防からの流れで両者ゴング後の加撃
ちょっと荒れた展開になるかもしれない。
4
くっ付きにいくホプさん
押し返してクリンチ拒否のクラウド
クリンチにいく振りをしてホプさんのボディ
いくと見せての右ストレート
実にホプキンスらしい戦いになっている。
クラウドもクリンチでの攻防は避けてハンドスピードで対抗。
中間距離ではいい戦いをしてくる。
後半にはクラウドの左フックがホプさんの顔面をまともにヒット
クリンチ狙いで頭が下がるところを狙われたか?
それでも一貫して戦い方を変えないホプさん
ラウンド終盤にはホプさんのいいラッシュもあった。
5
迫るクラウド
動くホプさん
クラウドもホプさんの動きに慣れたのか
クリンチ際の攻防でもいい動きをするようになてきた。
段々とヒートアップする両者
中間距離での激しい攻防が増えてきた。
6
クラウド大分感情が入っているのかパンチの振りが大きい。
なにやらレフェリーに肘がどうことうのアピールする場面も・・・
どうも左眉尻をカットしたようで、これが肘だって事のようだ。
一方のホプさんはこのラウンド戦い方が少し受身になってる気がする。
一度ドクターチェックが入るも続行
クラウドはまずいと見たか攻勢を見せるが
ホプキンス冷静に対処。
ビデオで見る限りはカットしたのはホプキンスの右パンチくさい
7
クラウド勝負を急ぐのか圧力を強める
ホプキンスは付き合わないで動いてクラウドの攻勢をいなす。
体がくっ付くところで上から頭を打ち落とすところとか
ダーティな部分は昔ながらのホプキンススタイル
途中で観客へのアピールとかさすがにベテランの味か?
攻め込むクラウドだが有効なクリーンヒットに関しては
正直ホプキンスの方が上?
クラウドはホプキンスの老獪さとダーティさに難儀している
8
攻め込んでいきたいクラウド
受けては流し、いなすホプさん
ロープを利用してかわしたりしながら
細かく細かく打っていくホプさん
見た目が派手な分クラウドの方が攻め込んでるが
有効打ではホプキンスが上回る展開が続く
クラウドとしてはダメージが残るような一撃をもっと打ち込みたい。
ヒット数で下回ってるように思える。
9
前に出て行くクラウド、下がって動くホプさん
かと思えばいきなりの前進しての攻勢にギアチェンジ
ホプさんの老獪さが光る。
ホプさんも大分疲れが出てきたのか
得意のクリンチで押し勝てなくなっているのか
クリンチからの攻勢がかけられなくなってきている。
まあ、クリンチで攻勢ってのもどうかとは思うが
10
ホプさんが前に出ながらの攻勢を見せ始める
早いジャブ、ねじ込むような右
クラウド大きいのは貰わないようにしながらカバー
そしてすぐに逆に攻勢に移る。
どちらも大きくは譲らない。
ホプさん得意のクリンチは何度もいってるものの
そこからの攻撃に繋げられない状態が続く
11
追いかけて、追い込もうとするクラウド
付き合わないで動き回るホプさん
クラウドはかみ合わない展開が続きイライラ
逆にホプさんは細かくお返しをしながら動き回り続ける。
クラウドは攻め込んでも避けられ、クリンチされで
攻勢がなかなか続かない。
ここまでホプさん本来の持ち味の塩風味が十分に生きているとは思う
判定はどうなるか知らんが。
12
なんだかんだでこのままの流れで行ってしまうのか?
さあ、最終ラウンド
攻め込むクラウド
受けて迎え撃つホプさん
クラウドが打ち込みたい一撃がなかなかホプさんを捕らえられない
逆にホプさんがチョイチョイと当ててくる。
クラウド最後までホプさんのクリンチ戦法を崩せないまま
試合終了のゴングを聞くことになる。
さて、これで後はジャッジがどう判断するかが問題だ。
クラウドの前に出続けてた姿勢を評価するか?
ホプキンスの下がりながらのチョコンを評価するか?
クラウドは勝利をアピール
ホプさんは実況席に絡んだり
クラウドと試合後の検討の称えあいしてたはずが
何故か口論?にしたりとちょっとヒートアップ?
ってか判定出るまでなげーよ( ゚д゚)
116-112
117-111
116-112

結果:3-0でホプキンスがタイトルを獲得

ホプさん48歳の王座獲得
自身の持つ最高齢奪取記録を塗り替える快挙
が、採点の途中もクラウドコーナーのキングとなんか言い合いしたり
判定後もコーナーでアピールしたりと
色々と感情的になっていた模様
ってか感情が高ぶったか勝利者インタビューでも終始泣きそうな顔してた気がします。

まあ、なんと言うか塩分高かった(・∀・)






WBOウェルター級指名挑戦者決定戦
ヤン・ザベック
×
キース・サーマン


1
ガードを固めジワジワと前に出て行くザベック
ジャブをつきながらリングをサークルしてくるサーマン
ハンドスピードではサーマンに分があるようだ
手数ではサーマン、一撃の威力ではザベックが上か?
両者積極的なパンチ交換も辞さないようなので決着は早い可能性も
2
サーマン動きながらザベックのがー後を開いたところを狙ってくる。
ザベックはとにかくガードを固めて前に出て
射程圏内に入るとパンチを振り回してくる。
なかなかザベックのパンチがヒットしない。
サーマンにとっていい展開になりつつあるか?
3
前に出るザベック、横に動き回るサーマン
手数ではサーマンがザベックを圧倒
ザベックは前に出てプレッシャーをかけながらも後手後手に回っているか?
ザベックも攻めには出るもののボディ以外にはなかなか当てられない。
逆に早いのから、重いのからかなりサーマンのパンチを貰っている。
4
ザベックがガード越しに打たれている時間帯がかなり多くなってきている。
なんとか状況を打開したいザベックだが離れれれば打たれ
距離がつまって打ち込んでもクリンチ等で止められ続かない。
サーマンの方は動いて打って、下がって打って、出て打ってと
かなり自由に打ち込んでいる。
ザベックかなりの数を打たれて逆転狙いの一発みたいな
大振りが多くなってきて、かなり余裕がなくなっている感じか?
5
サーマンが好き放題している感じか
ボディ、ボディと打ったと思うと
フック、アッパー、またボディ
なんて感じでかなりの数を打ち込んでいる。
ザベックはガードを固めて前に出てはいるものの
全然手数が出ない、打たれては下がると
見栄えもよくなくポイントにも繋がらない。
ザベックかなり厳しい展開
6
ジリ貧の展開と見たか
とにかく前進してくるザベック
ロープにつめてとにかく手数を出してくる。
ラウンド中盤以降押し戻そうとしたサーマンだが
このラウンドに関してはザベックが意地を見せた。
ただかなり強引に行っていたのでかなりスタミナも消耗してそうだ。
7
ひたすら前に出て行く姿勢を見せるザベック
ラウンド前半にはこれが功を奏していい右がサーマンを捕らえあわやの場面も
が、サーマンもそれだけでは終わらせない。
ザベックが出てくるところを迎え撃ち
早い右でザベックを弾き飛ばす。
ザベックも譲らない再度前に出てサーマンを押し戻す。
サーマンも少し前半の勢いがなくなったか?
8
明らかに疲れとダメージから動きは衰えているもののザベックは出る。
とにかく前に前にと前進して攻勢を見せるザベック。
サーマンもパンチを出して迎え撃つものの
前半戦のような余裕はなくなっている。
クリンチに逃れたり、ラフなパンチを振ってきたりと
こちらも大分疲れてきているか?
9
前に出るザベック
サーマンもパンチを返して迎え撃つものの
ザベックの前進を止められなくなっている。
多少の被弾なんのそので迫っていくザベック
サーマンもぐいぐいと距離を潰されなかり戦い難そうだ。
それでも上手さは見せてくるサーマン
ラウンド終了ちょっと前に
出てくるザベックに対して
サーマンの左アッパーがカウンターでヒットすると
ザベックはかなり効いていたようだ。
10
ザベックはダメージもあってか
前進の圧力が大分衰えたように見える。
逆にサーマンはそれで元気を取り戻したか
迎え撃つばかりじゃなく自分から出てくる場面も大分増える。
ザベックはどんどん余裕がなくなってきている。
ラウンド終盤はダメージ?疲労?どちらかでフラフラ
いいのをもらったらいつ倒れてもおかしくない状況だった。
11
ザベックはかなりの消耗具合だ。
出て行くことができないし
前に出てもパンチを打つよりもクリンチに行く事が多いし
もう完全に余裕がない状況となっている。
逆にサーマンの方が余裕はありそうなものの
こちらはこちらで疲れたのか?
それとも冷静に見ているのか?
手数そのものが大分減ってしまった。
それもあってかサーマンも決定的チャンスを作るには至らなかった。
12
なんだかんだでアッと言う間に最終ラウンド
ザベックは倒す以外に勝ち目はなさそうか?
が、ザベックはなかなか出れない、打ちに行けない。
攻める姿勢こそ見せるものの単発もしくは数発止まり
なかなか後続打を打てない。
少し打たれれば足元がフラフラと完全に限界
一方サーマンはザベックよりは余裕がありそうだが
こちらは流したのか全然攻めに出てこようとしない。
最終ラウンドはそんなのもあって
正直盛り上がりに欠ける内容のまま終わってしまう。

サーマン圧勝と見るがジャッジの判定は?
120-108
120-108
120-108

結果:サーマン3-0判定で指名挑戦権獲得

元世界王者ザベックを圧倒したサーマンはこれで
20戦20勝18KO無敗とレコードを伸ばしています。

戦績程の強打は全然見れなかったのが残念(・∀・)

|

« (速報レポ)週末世界戦 in アメリカ | トップページ | 週末の世界結果色々、 ホプキンス48歳、動画 他 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
丁寧な解説ありがとうございます。

ホプさんおめでとう☆

投稿: フトボナ | 2013年3月10日 (日) 17時21分

久しぶりのコメントです。

ホプ爺は凄いですね。
こちとらアラサーで体力無くなって来たのに、48で12ラウンド闘えるなんて化け物です。

ダーティーさに賛否はありますが、異常なほどのクレバーさ等が昔から好きです。
ただ、地獄の門番過ぎてボクシング的には老害なんでしょうがw

投稿: フランツ | 2013年3月10日 (日) 18時04分

凄まじいオジサンですね。
ここまで来ると塩分も楽しむべきなのかも(笑)

投稿: CAMARO | 2013年3月10日 (日) 19時55分

>>フトボナ さん
はじめまして
今後も気軽に書き込みしてくださいー

>>フランツさん
ホプさんは本当に規格外ですよね
これまで倒してきた選手にもホプさんがいなければもっと大物になった選手とかもしるんでしょうねぇ

さすがにもうこれ以上の高齢世界王座奪取とかはでないと思うんで
今回のホプさんはある意味歴史的試合だったと思います。

投稿: 管理人 | 2013年3月10日 (日) 19時59分

>> CAMARO さん
シュガーな感じがなくて
塩分濃度が高いんですが
ホプさんの試合はそれ自体だけで
ある意味価値がある
そんな気がします

投稿: 管理人 | 2013年3月10日 (日) 20時01分

これだけ長く第一線で戦えるのは丈夫な体に恵まれたからだろうし、
若い頃から節制してきたからだろうし、防御が巧みでダメージの蓄積が少ないからだろうし、
そして何より旺盛な闘争心があったからでしょうね。
ダーティーで悪役のイメージがある彼ですけど、彼こそが本当の意味でボクサーの鑑といえるでしょう。
あとこれはホプキンスの偉業に傷を付けるものではありませんが、
Sミドルあたりから上の階級において若手有望株が下の階級と比べて少ないというのもあるのではないでしょうか?
Sミドルでもウォードやディレルなど除けば30代が主力ですしね。

投稿: ド素人の名無し | 2013年3月10日 (日) 21時09分

>>ド素人の名無し さん
ホプさんに関しては過度なまでの節制あったからなんでしょうねぇ

階級的にはミドル~ヘビーの間は隙間的な位置ではありますけど
元来層が厚いはずのミドル級で40近くまで実績文句なしで
やってますからなー
とにかく凄いの一言ですよね

投稿: 管理人 | 2013年3月15日 (金) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/50686316

この記事へのトラックバック一覧です: 速報レポ ホプキンス48歳の挑戦は?:

« (速報レポ)週末世界戦 in アメリカ | トップページ | 週末の世界結果色々、 ホプキンス48歳、動画 他 »