« カネロVSトラウト決定?、ロマゴン井岡は? 他 | トップページ | 結局逃げたか・・・、WBOの件 他 »

速報レポ 週末世界戦inアメリカ

速報レポになります。

Photo

WBCライト級タイトルマッチ
エイドリアン・ブローナー
×
ギャビン・リーズ

ブローナーはライト級では初防衛戦、相手は1階級上の元世界王者
にしてもリング入場の際に歌いながら入場とかプレッシャーないんですかね?
まあ、いいや

それはそれとして試合
1
ジックリと相手を見ながら出て行くのはブローナー
リースは先手必勝なのか積極的にまず仕掛ける。
先に手を出して手数が多かったのはリーズ
様子見なのかこのラウンドはブローナー手数が少なかった。
2
手数とスピードで勝負って感じのリーズはパンチを細かく多めに出す。
逆にブローナーは1発で倒そうと言う感じなのか
大振りと言うか力が篭ったパンチを打ってくる。
リーズここはひるまずに応戦している。
パワーの差は大きそうだ。
ブローナーの動きにも大分余裕が出来てつつあるか?
3
リーズとにかく自分から前に出て仕掛けていく。
ブローナーは前に出てくるリーズを迎え撃つ形で
うまくパンチを合わせてくる。
ガンガンくる相手に多少やり辛さを見せるものの
そこはパワーの差か?
パンチ一発で流れが一気に変わる。
ブローナーのパンチが入ってリーズが下がると
そこからは怒涛のラッシュ
ここは耐え切ったもののリーズは既に足に来ていたように見える。
4
自分から前に出てくるリーズ
ダメージがあっても仕掛けてくる。
くっついてきたリーズとの間に少し距離ができたところで
ブローナーの右アッパー?が一閃、リーズは見事にひっくり返る
それでもここは立ち上がるリーズ
なんとかしよう自分から前に出ていくもののダメージは残っている。
ブローナーは荒っぽくいくのではなく
ジワジワと止めを刺しに行く感じだ。
リーズダメージが明白で動きが重くなっているし足元にふらついている。
それでもなんとかラウンド終了まで耐え切った。
5
足を使って凌ぐのでなく前に出てくっついたり
打ちに行ったりショートレンジの戦いに活路を見出したいリーズ。
ブローナーはじっくりと相手を迎撃。
そんな感じでラウンドの2分ほどになったところで
ブローナーのボディーブローが炸裂。
リーズはこれが効いたのか座り込むようにこの試合2度目のダウン
立ち上がるリーズ、ここも再開。
再開後ブローナーのとどめとばかりにラッシュをかける
効いたリーズは耐えるばかりで手が出ない。
ラウンドの時間は残りわずかだったがリーズ陣営からはタオルの投入
同時にレフェリーが試合をストップ

結果:ブローナー5ラウンドTKOで防衛成功

やっぱりパワーが破格な感じです。
で、ブローナー次は統一戦か?



WBC・Sミドル級指名挑戦者決定戦
1位:ニコラ・スジェクロカ
×
2位:サキオ・ビカ

25勝7KO不敗の1位スジェクロカと
OPBF時代には来日経験もあるビカの対戦


試合は前半戦からリードブローで突き放し
振り回すようなフック、えぐるようなボディとアッパーで
世界経験も豊富なビカが優位に進めた。

中盤を過ぎると前半での飛ばしすぎがたたったのか
大分手数が減って受けるに回る時間も増え始めたものの
スジェクロカの方も前半でパンチを貰いすぎたのか
元々のスタイルなのかあんまり勢いは感じられない。

終盤にはダメージなのか疲れなのかクリンチがやたら増えたスジェクロカ
ビカの方も疲れから手数が減りパンチの精度も落ちたものの
最後まで主導権は譲らずに試合をコントロールし続けた。

で、結局試合はそのまま判定へ

結果:ビカ3-0判定で挑戦権獲得
119-109、118-112、120-108

|

« カネロVSトラウト決定?、ロマゴン井岡は? 他 | トップページ | 結局逃げたか・・・、WBOの件 他 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

ブローナー自分でPFP№1は自分だって言ってましたがほんとに
そう言っていいくらいの実力がありますよね-^_^;
メイウェザーもですが、実力あってのビッグマウスですかねえ・・・
亀とはちがいますなあ

投稿: コルテス | 2013年2月17日 (日) 14時55分

やっぱり強いですなぁ。
どんどん階級を上げていってもこのままの決定力なら怪物だと思います。

投稿: CAMARO | 2013年2月17日 (日) 16時12分

ライト級では、ブローナーが一番強いでしょう。しかしSライト級では、ガルシア、カーン、ピーターソン、リオス、アルバラード、それと恐怖のマティセがいます。Sライト級でマティセ辺りとやると潰されます。

投稿: borokabu | 2013年2月17日 (日) 16時34分

ブローナーは若さに似合わず序盤は無理に攻めてこないし、防御は上手いけどデマルコ戦では
序盤に細かいパンチを何度か食ってましたから付け入る隙があるとすれば序盤なのかなと思います。
そうなると今のところライト級周辺で彼を負かす可能性があるのは速攻型パンチャーのマティセじゃないかな。

投稿: ド素人の名無し | 2013年2月17日 (日) 19時26分

ブローナー強いですねぇ。
最初はやりにくい相手だなと思って見てましたが関係なかったですね。
Sライト級に上げないと敵無し状態が続きそうですね。

投稿: ドスフロギィ | 2013年2月17日 (日) 20時32分

ビカは勝ったのはいいが、ウォードの復帰戦でいきなり挑戦させてもらえるの
だろうか?

投稿: 凡才の子(S・O・B) | 2013年2月17日 (日) 23時04分

>>コルテス さん
あれと一緒とかブローナーに失礼ですよ(笑)

>> CAMARO さん
破壊的な強打がどの程度まで通用するかですよね
とりあえずSライト級は相手次第でしょうけど普通にとれそうな気がします

>>borokabuさん
その辺を絡ませたカードは見てみたいですね

>>ド素人の名無しさん
マティセの強打は確かに脅威ですよね
あとがガルシア戦も見てみたいです

>>ドスフロギィさん
ライト級だとストップブローナーになりそうなのが
パッと思いつかないですねぇ

>>凡才の子(S・O・B)さん
どうなんでしょうねぇ
ウォードをダイアモンドにして決定戦とか?

投稿: 管理人 | 2013年2月18日 (月) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/49465187

この記事へのトラックバック一覧です: 速報レポ 週末世界戦inアメリカ:

« カネロVSトラウト決定?、ロマゴン井岡は? 他 | トップページ | 結局逃げたか・・・、WBOの件 他 »