« なんだかなー事色々 他 | トップページ | 速報レポ 週末世界戦 »

2012年度年間表彰授賞式、ロマゴン井岡交渉指令 他

今日の話題です


2012年年間表彰授賞式
ロマゴンVS井岡交渉指令
今週の試合予定



Photo_4

2012年度の年間表彰の授賞式が
1月25日に東京都内のホテルで行われました。

その際に色々お話が出てるようです。


井岡「受賞できて光栄」表彰式で喜び語る/BOX

ロンドン五輪金メダリストの村田諒太
海外留学は結局断念するようです

ボクシング村田、留学を断念

次回は4月後半井岡&宮崎のダブル防衛戦構想

井岡、4月にゴンザレスと統一戦!宮崎とのダブル世界戦が濃厚…ライトフライ級


とか色々(・∀・)
ちょっとやっつけ仕事











WBAライトフライ級王者井岡一翔

WBA本部からWBAライトフライ級スーパー王者ローマン・ゴンザレスとの
王座統一戦を行うように対戦指令が出てましたが
その交渉期限が2/23日までとの事で交渉を本格的に
行うことになりそうです。

ロマゴンに来日に対しての抵抗はなさそうなんで
あとは金銭交渉がメインになると思われます

井岡に交渉指令 交渉期間は30日

ロマゴンからは逃げられない(・∀・)
いや、なんでもない















元3階級制覇ウンベルト・ソト

再起戦をする予定でしたが
試合まで2週間ほどのところで急遽相手が差し替えられたようです。

2/9
WBCシルバー・Sライト級タイトル決定戦
ウンベルト・ソト
×
シルベリオ・オルティス

26勝12KO敗13敗

humberto-soto-faces-silverio-ortiz-alvarez-out

この相手とのシルバーって価値あんのか?(・∀・)









結果速報

1/25アメリカ
NABOミドル級タイトルマッチ
ブライアン・ベラ
×
前WBO・Sウェルター級王者セルゲイ・ジンジルク


結果:ベラ10ラウンドKOで防衛成功

ジンジルクは初回に2度、10ラウンドにも1度倒されたTKO負け
セルヒオ・マルチネス挑戦に失敗し、保有する王座を失い
再起戦で勝ちきれずドロー
再再起戦ではこのTKO負け
2010年5月を最後に勝ち星なしとなっています。

勝ったベラは番狂わせ?
ちなみに前戦でも元世界王者セルヒオ・モラ勝ってたりします

Vera stops Dzinziruk in tenth round

予想外だった(・∀・)











週末の試合予定


1/26ラスベガス
WBC・Sライト級暫定タイトルマッチ
ルーカス・マティセ 138.5
×
マイク・ダラスJr 139.5


Photo


マティセはこれが初防衛戦
ビックマッチに繋げるために
ここは確実に勝っておきたい
ちなみに今週の個人的メイン(・∀・)

Matthysse, Dallas make weight




1/26メキシコ
WBCインター・シルバー・Sバンタム級王座決定戦
ウーゴ・カサレス 120
×
レイ・ペレス 120


Weights from Chihuahua

カサレスは清水に敗れ王座陥落後これが復帰3戦目になります






1/26スペイン
ライトヘビー級8回戦
前WBO・Sミドル級王者ロバート・スティグリッツ
×
ミッシェル・ニエロダ

スティグリッツは昨年8月にアブラハムに破れ王座陥落して以来
半年ぶりの再起戦




|

« なんだかなー事色々 他 | トップページ | 速報レポ 週末世界戦 »

ボクシング」カテゴリの記事

コメント

村田は将来のビジョンについて結構いいこと言ってたんですが・・・
留学は大学職員という立場だとできないか、よく考えたら。
これで本人のモチベ下がらないか心配。

投稿: KOKO | 2013年1月26日 (土) 15時41分

井岡はロマゴンから逃げないのか?


強い相手、強い相手って言うのは良いが負けたら商品価値が急落するのがボクシング。


井岡も本当は勝てる相手しかやりたくないに決まっているのにカッコつけた強い相手とヤりたい発言。


井岡がロマゴンに勝つ確率は1%未満。

投稿: 百合 | 2013年1月26日 (土) 15時57分

ロマゴンはまだ1年早いというのは実力的には確かに納得です。しかし、既に2階級制覇している?選手が世界チャンピオンと戦うのにキャリヤ不足というのは何ともおかしな話です。井岡は最短で世界王者になり辰吉のようなその後の歪みが心配されました。ここまではうまくキャリヤを重ねてきましたがここにきてその歪みが出たのではないかと思います。十分なキャリヤを積んだ上で現在の地位まできたのなら、ロマゴンは決して早すぎでなかったはず。井上選手もこういったことをよく考えて最短にこだわらないで欲しいです。 何はともあれこの試合は必ず実現すべきです。仮に負けても評価は落ちないと思います。またロマゴンは強敵ですが一流との対戦もなく、少し課題評価もあるかと思います。今の井岡の充実ぶりなら悲観的な予想ばかりではないと思います。

投稿: kk | 2013年1月27日 (日) 09時45分

ジンジルク…
マルチネスに負けたのは仕方ないとして、前回は相手がウェイトオーバーで少し気の毒でしたね。
もう36だし全勝からの3戦連続勝ち星無しだと引退もあるかもしれませんね。

投稿: CAMARO | 2013年1月27日 (日) 13時31分

チャベスJr.みたいにあまり言われませんけどウンベルト・ソトもWBCのメキシカン贔屓の恩恵を受けまくってますよね。
かつてのWBAとレオ・ガメスみたいな感じかな。もっともソトは実力がないわけではないですけどね。
井岡についてはkkさんの仰ることに近いです。
「負けても評価が落ちなかった」というのはそれこそ井岡と統一戦をやった八重樫じゃないでしょうか
もし統一戦の敗戦で評価が落ちてたとしたら1試合挟んだだけで2階級上の世界王者に挑戦できなかったでしょうから。

投稿: ド素人の名無し | 2013年1月27日 (日) 17時22分

>> KOKO さん
ですねぇ、モチベーションは下がりそうですよね
なんか変な圧力のせいで全日本予選でしたっけ?
五輪後の試合も参加できなかったりとかあって
色々五輪後に苦労してますよね

>>百合さん
どの程度とか断言はできませんが
ロマゴンとやったら普通に不利そうではあります

>>kkさん
とにかく決まった以上は正々堂々とやれ
負けても商品価値の落ちない内容だってあるぞ
まあそんな感じです

>>CAMAROさん
ですねぇ
もう引退しても不思議ではないと思います

>>ド素人の名無しさん
めっちゃ恩恵受けてますよ
まあ、それでも世界戦とかに関してだけは
キチンとキャリア積んでる気もしますけどね

投稿: 管理人 | 2013年1月27日 (日) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1432428/48968605

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年度年間表彰授賞式、ロマゴン井岡交渉指令 他:

« なんだかなー事色々 他 | トップページ | 速報レポ 週末世界戦 »