« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

マルケス、モラレス、井岡他 今日の話題

気がつけばGW
油断して深夜に東名高速走ったら深夜にも関わらず渋滞35キロとか… (;´Д`)
お車をお使いの皆さん気をつけましょう。

それはさておき今日の話題&週末の主な予定




ファン・マヌエル・マルケス


なんと言うゴネ得って感じです。

Marquez To Get $5 Million For Pacquiao?: I Beat Him Twice!

・・・あんた今まで倒されてただけで倒してないやん(´・ω・`)
と言うか
今更見たくないのが本音

が一応WBOはOK出してるみたいです。

Pacquiao-Marquez Trilogy Will Happen, Says WBO Pres

そこはライト級以上での実績不足で止めておけよ






エリック・モラレス

モラレス父が語ったところだと7月のモラレスの再起戦は
最有力なのはマルコス・マイダナとの再戦。
それ以外にはマシュー・ハットン戦ってのが可能性としてある模様。

Erik Morales Pushing To Get Maidana, May Get Hatton






WBO/WBAライト級暫定王者ロバート・ゲレロ

地味に色々選択肢がありそうなゲレロ
・ファン・マヌエル・マルケス
・エリック・モラレス
・ビクトル・オルチス
・アミール・カーン


対戦相手候補としてこんだけ名前があがるんだから
地味ながら人気はありそうです。

Guerrero: My Fans Want Morales, Mayweather, Ortiz

Guerrero Wants Face-Off With Marquez at Pacquiao-Mosley

Guerrero Ready To Face Khan if Bradley Deal Falls Apart






WBCミニマム級王者井岡一翔

初防衛戦はファン・エルナンデスと指名戦なんですが
奇妙な動きがあったみたいです。
入札に負けてしまってメキシコ開催かと思われた初防衛戦ですが
何故か日本開催って事になった模様です。

井岡、日本で7月上旬に初防衛戦…WBC世界ミニマム級

入札に負けたから敵地で戦わなければいけない決まりはないですが
じゃあ入札の意味って何よ?
とか思ってしまう。



週末の試合予定


4/30アルゼンチン
IBFライトフライ級タイトルマッチ
ルイス・ラサルテ

ウリセス・ソリス


ダイレクト再戦
前回微妙すぎる王者引き分け防衛ながら
今回も挑戦者で元王者ソリスが有利か?


4/30メキシコ
WBCライトフライ級タイトルマッチ
ギルベルト・ケブ・バス
 ☓
アドリアン・ヘルナンデス


20敗と珍しい位の負け数を誇る王者バスの防衛戦。
相手は指名挑戦者ヘルナンデス。
両者は3年前に対戦し、その時はヘルナンデスが4RTKOで勝っています。


4/30メキシコ
WBOミニマム級タイトルマッチ
ラウル・ガルシア
 ☓
ロメル・アセンジョ


ガルシアはWBO王座では初防衛戦


WBOライトフライ級タイトルマッチ
ヘスス・ゲール
 ☓
ローマン・ガルシア・ヒラレス


ダイレクトでの再戦。
前回はゲールがスプリットの判定で勝利しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

迫るパッキャオVSモズリー 他話題

国内、海外、今日のボクシング関係の話題色々になります。


なんだかんだで来週にはもう試合です。

Photo

Photo_2


WBOウェルター級タイトルマッチ
マニー・パッキャオ
 ☓
シェーン・モズリー



で、パックはまだスパーやったり忙しいみたい。

Manny Pacquiao Update

ちなみにパック本人のインタビュー?

モズリー戦はKO狙いではいかない、流れでくればって感じらしい。
メイウェザー戦はメイがやりたがらない的な事を言ってますね。

Pacquiao, Roach Quick Quotes


モズリーは色々語ってるみたいですね。

マルガリートはパックにかなりパックにパンチを入れてたとか
自分はマルガリートより早いからもっとたくさんパンチを入れるとか。

Mosley: Margarito landed the most shots ever on Pacquiao

自分が試合を支配するとか

Mosley says he expects to control the Pacquiao fight



パッキャオVSモズリーの前座
WBO・Sバンタム級タイトルマッチ
ウィフレッド・バスケスJr
 ☓
ホルヘ・アルセ

下馬評なら王者断然有利か?
アルセが勝ったらメキシカン初の4階級制覇


ケリー・パブリック

アルフォンソ・ロペス

パブリックがマルチネス戦以来の復帰戦。
相手は無敗のホープ?

6回戦で出場予定
ロデル・マヨール

相手未定





エリック・モラレス

7/30に再起戦予定。
現段階での対戦相手候補
・マルコス・マイダナとの即リマッチ
・マルコ・アントニオ・バレラとの第4戦
・WBA/WBOライト級暫定王者ロバート・ゲレロ

って事らしいです。

Erik Morales' 7/30 Options: Barrera, Maidana and Guerrero






WBA/WBOライト級暫定王者ロバート・ゲレロ

で、そのゲレロですが
現WBCウェルター級王者ビクター・オルチスの初防衛戦の相手候補としても
名前が挙がっているようです。

Victor Ortiz-Robert Guerrero a Possibility, Says Schaefer

なんでウェルターどころかSライトでの実績すら皆無のゲレロの
名前が出てくるのか意味不明w






WBC・Sウェルター級王者?サウル・アルバレス

9月か12月にチャベスJr戦だ!
とか言ってるらしい

Saul Alvarez: I'd Fight Chavez in September or December!


ツッコミ
・なんで9月か12月なんだろう?
・トップランクの支配下のチャベスとどう戦うんだろう?
また強奪ですか?





WBC・Sフェザー級王者粟生隆寛

病院でチャリティサイン会を開いたらしい。

ボクシング世界王者・粟生隆寛選手が慈善サイン会

是非他の世界王者にもこういったイベントやって欲しい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップランク・・・、GBP 他

今日の話題です。



正直これはあんまり嬉しくない話題か?

ファン・マヌエル・マルケス

10月にマニー・パッキャオとの3度目の対戦とのオファーを
トップランクから受けた?

この試合が素直に実現した場合
・マルケスはカチディス戦以降のブランク、Sライト級以上実績なし
・パッキャオの2011年の相手はモズリー(39才)、マルケス(38才)のみ
・マルケスのジュダー戦は実現せず

Marquez Leaning in The Direction of a Pacquiao Trilogy

Juan Manuel Marquez given offer for Pacquiao bout in October





経緯とか良く分かりませんが
ネルソン・マンデラ(元南アフリカ大統領)の娘が
南アフリカでパッキャオVSメイウェザーJrを行なおうとしてて
その話絡みで訴訟騒ぎになっている?

ざっと見た限りだとパッキャオ本人やトップランクの名前は
出てこないからあんまりパッキャオ自体には関係なさそうだけど
こういう話が出てくるのは嫌ですよね

Mandela's Daughter, Mayweather-Pacquiao Lawsuit Update







アブナー・マレス

ビック・ダルチニアンから再戦要望が出されているマレスですが
陣営はダルチニアンとの再戦に関しては興味ないみたいです。

Team Mares Not Interested in a Darchinyan Rematch


実力的には丁度いいカードだし決着戦やってもいいのにね(´・ω・`)








ボブ・アラム

ファンマの敗北で流れかけたガンボアVSファンマを
ファンマがサリドに実現した後で実現するつもりみたいです。

Arum says Lopez-Gamboa back on track if Lopez beats Salido in a rematch


実現したとしても旬を逃した感は否めない(´・ω・`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

石田、パッキャオ、メイ、カーン等 海外ニュース色々

海外からのボクシングの話題色々。



エリック・モラレス
石田順裕

モラレスが7月に再起戦を行なう予定。
その前座で現在考えられているカード

WBAフェザー級スーパータイトルマッチ
クリス・ジョン
 ☓
ダニエル・ポンセ・デレオン

石田順裕

ジェームズ・カークランド2

問題点が2点
・ジョン今アメリカに呼ぼうとしたら結構足元見ると思う。
・ダイレクトでの再戦とか石田にとっての旨みがなさすぎる(´・ω・`)

石田に関してはカネロプロモーションから発表がないと何とも言えない

Erik Morales Undercard: John-De Leon, Ishida-Kirkland?

と言うか
このソースのカークランド戦以来石田は人気のターゲットになっているって
書き方どうなのよw





マニー・パッキャオ

『モズリーをKOしようと思ってリングに入る事は決してない。』

Pacquiao: I Won't Be Looking To Knock Mosley Out

その結果が12Rひたすら殴り続ける事だったりするから恐ろしいわな





フロイド・メイウェザーJr

裁判で忙しそう

Mayweather's Criminal Case Adjourned Again, To Sept. 1







WBA・Sライト級王者アミール・カーン

WBO・WBC王者ティモシー・ブラッドリーとの対戦で合意した?
7月にアメリカでって事らしい

Khan: I've Agreed To Fight Bradley, We're Waiting on Tim!

カードは豪華だが内容が退屈なものになりそうな気がするのは気のせいか?







WBCウェルター級王者ビクター・オルチス

どうもマルコス・マイダナと再戦する気はあまりない模様

Victor Ortiz: Maidana Will Have To Earn His Ass Whipping!

にしてもKO負けしたほうが勝ったほうを指して
自分のレベルに達してないってのはどうなのよ?(´・ω・`)





ボブ・アラム

9月にWBA・IBFフェザー級王者ユリオルキス・ガンボア
ラファエル・マルケス戦を組むつもりらしい

Gamboa-Marquez May Land in September, Says Arum

正直あんまり見たいと思わない







ビック・ダルチニアン

『ドナイレかマレスとの再戦が実現しないならSバンタム級に階級を上げる。』

Vic Darchinyan Ponders Move To Super Bantamweight

どう考えてもバンタム級で既に階級の壁に突き当たってると思うんだけど (;´Д`)





WBCライト級王者ウンベルト・ソト

次戦は6/4or6/25にダニエル・エストラダと?

Humberto Soto-Daniel Estrada in The Works For June?

さて、トップランクとの関係解消したはいいけど
今後ビックマッチにうまくありつけるのか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

放浪者の闘病日記その6(入院2週目〰3週目その1)

その5からの続き




入院11日目

この日もUB(うぜーババァ)が早朝から相変わらずうるさい
『誰か来てよー、誰もいないのー』
『こんな病院私初めてよ、社長さんに言うよ』
『社長さん呼んで来て』
看護師さんもいい加減うんざりしてるのか
対応がどことなく冷たくなってきてる
『看護師さんも忙しいの、静かにしててね』
『社長さんなら向かいのマンションに住んでるから勝手に呼んでね』
まあ、概ねそんな感じ


早朝の検温
今日も発熱はなし、体温が安定しているのはいい事だ。
退院への期待が湧く。
(ちなみに私の入院計画書には退院予定日の記載が未定。
回復したら退院予定みたいな感じでしたのでまだ退院への希望を持ってました。)

今日も今日とて水を抜く。
両方の肺から水を抜く。
半日間も水を抜く。
いつになったら終わるのか、尿瓶にトイレはもう嫌だ。
早く管を抜いてくれ・・・


もちろん今日も一日UBはうるさい。
誰か奴を排除してくれ。
そんな事を思っているうちに、また一日が終わる。

なお、この日は新たに同室に入院患者が来た。
UBの被害を受けるの確定だな、ご愁傷さまとか思ったりしてました。





入院12日目

早朝の検温
今日も平熱
退院いけるんじゃね?


っと期待に胸を膨らませてましが・・・

午前中はレントゲン検査

先生の回診
医『(レントゲン見ながら)まだ水は溜まってますが良くはなってますね。』

医『原因ですがこれまで調べた範囲ではまだ特定できてません。』
医『外科の検査も行なう必要あるって話だったんですけど
  その検査1項目1万円するんですよね。
  費用が高いんですがどうします?受けますか?』
放『何項目もあるんですか?』
医『ええ、複数項目ありますね。』
放『いえ、やらないで結構です!(即答)
 高いのは懐事情的にもちょっときついですから。』
医『分かりました。ではもう少し調べてそれでも原因が特定できない場合は
  この間も話しましたが別の病院に転院になります。』
 『また、その前に数点検査しておく必要がある事があります。』
放『なんでしょうか?(ドキドキ・・・)』
医『HIV検査になります。』
放『え、マジで?(´・ω・`)』
医『ええ。』
放『それは何をするんですか?』
医『特別な事はしません。採血をしてそれを専門の場所で検査するだけです。
  放浪者さんは特に気にしないでも大丈夫ですよ。』
 『検査の結果は封書で送られてきますので放浪者さんの前で開封します。』
放『分かりました、よろしくお願いします。』

と言うわけで…
はからずもこんなところで人生初のエイズ検査を受ける事決定w


医『また、原因はまだ特定できてないんですが可能性として結核の可能性があります。
  結核の場合原因が特定できない事もありますが
  総合的に判断し投薬を行ない、良くなるようなら結核と断定する事があります。』
医『普通あなたの年齢だとあまりないんですが、これだけ検査して何も
  出てこないので結核の可能性が疑われます。』
医『そういう事なんで今後は結核の治療を行なっていきましょう。』

放『はあ、それは何をやるんですか?』
医『まずツベルクリン反応の検査を行ないます。』
放『ああ、子供の時にやった事あります、あれですねー』
医『ええ、そうなりますね。』
放『分かりましたー。』
医『その後は結核の薬を投薬する事になります。』

医『その上で経過を見て行きますので水抜きは今日で終わりましょう』



ってな感じでこの日担当医と話して分かった事
・即時退院はもう無理w
・原因未だ特定できず、ただし総合判断では結核の可能性が高いと思われる。
・何故かHIV検査(病気の原因の一因ではあるらしい)
・結核治療…見込み判定?
・結核の治療の際には保健所に申告の必要がある為申告をするとの事。
 ※その上で結核治療に関しては95%国や自治体等が費用をもってくれるらしい。
  (排菌をして隔離の場合全額)



ちなみに回診後ネットで色々調べたところ
・結核の場合検査の結果では原因との特定できず医師の総合判断で
 投薬治療を行なう事は少なくない
と言う事が分かりました。


余談ですが結核絡みで以前医師に確認された事

Q:外国に行きましたか?
A:思い切り色んな国に遊びに言ってますが何か?

Q:不規則な生活をしてませんか?
A:とっても不規則ですが、それが何か?

Q:仕事とかでストレスがあったりしませんか?
A:とっとも色々抱え込んでますが、それがどうかしましたか?

結論
問診の段階で滅茶苦茶可能性ありまくりですが(´・ω・`)


で、回診の後になりますが
・ツベルクリン検査実施(この日は単に注射を打っただけ)
  結果が出るのは48時間後との事 

まあ、それはさておきこの日は・・・
ドレーン管が抜けました! 
祝!!
これで痛い思いをしなくてよくなるさー。

・結核の治療薬投薬決定。
・HIV検査決定。
⇒密かにこの結果が帰ってくるまでドキドキしてたのは内緒です(´・ω・`)

で、そんなこんなでこの日は終了


ちなみにこの日は同室に前日来た男性とちと会話
まあ、ちょこちょこ話しましたが要点だけ。
『UBうざいですよね(´・ω・`)』
男『いつもこうなんですか?』
『毎日です』
男『そうですか (;´Д`)』

当然この日もUBはうるさかった。





入院13日目


検温は平熱で安定。
朝の段階で採血を実施
⇒HIV検査の分も併せて採血を行なっています。

水抜きは前日で終了していた為
この日は点滴を数本打つのみ。

利尿剤も併せて入れているためトイレが近いが
点滴してるだけで点滴台を使用して移動可能なため
トイレは自分で行く事が可能に
・・・と言う事で尿瓶は排除されました。

が・・・
この病院やる事がない (;´Д`)
病院の中に売店ないし、治療中の為一応外出不可。

テレビ見てるかポータブルゲームでもやったるだけ。
結局やる事なくて退屈な事に代わりはない。

尚、この日は大変嬉しい事が一つ。
ドレーン管が抜けて影響で看護師の処置をしょっちゅうする必要が無くなった為
ナースセンターの隣の処置室から普通の大部屋に移動になりました。


それの何が嬉しいか?
いや、だってUBから離れられるしw
あの煩さは異常だったもの

ちなみに件の男性も同室に同じタイミングで移動させられてました。

おまけに今までいた部屋からは4部屋も離れられた。
と、言う事でババアの煩さからは開放され
またとつ精神的にはいい環境になりました。

その日の晩
UBは吠えてるみたいでしたが、ほとんど影響なし
静かな夜を過ごす事ができました。






入院14日目

この日で区切りの2週間目

体温は安定。
ツベルクリンの検査も終了。
一応正常な反応?だったらしい。


そんな雑事もありましたが
この日の晩から結核治療薬投薬が開始との事で昼過ぎに渡される。

薬の数がかなり多い
朝のみ服用のカプセル。(リファンピシン)
朝のみ服用の錠剤。(イスコチン)
朝夕服用の錠剤。(エサンブトール)
朝夕服用の粉末剤(ヒラマイド?)。
ついでにそれまでも服用してたタンきりの薬(ムコサルバン)

多い (;´Д`)
しかも一回に複数錠だし・・・


おまけに一部の薬について。
肝臓やら目やら、耳やらに副作用が出る可能性がある。
その辺影響出るようなら、すぐに使用止めないと
影響が一生残るって事前に脅されてる(´・ω・`)

まあ、気がついたらさっさと申告しろって事だけなんだけどw



医師の回診が予定されていた事もあり
今後の事もあった為色々聞いてつもりだったものの・・・


この日は3月11日
そう、東日本大震災の日でした。

丁度両親が揃って見舞いに来てくれたのですが
そのタイミングで大きな揺れが!
ベッドが大きく長く揺れる。
気持ち悪い〰

テレビをつけたら地震のニュースで大騒ぎ
津波や火事のニュース一色になりましたね。
そんな感じで結局見舞いにきてた親とは
大した話もしないで地震の話ばかりしてました。

その後も余震なども何度か来て病院の中もてんやわんや
散々待たされた挙句、この日の医師回診は中止だそうな・・・

てな事で回診は中止の為医者には何も聞けず。
両親は帰っていきました。
(後でメールしたら電車は当然止まってて結局タクシーで帰ったそうな。)


で、この日の晩から結核治療薬の服用開始。
※ちなみに結核は疑われると言われたものの隔離はされませんでした。
 理由は私自身は結核菌を排菌(要するに結核菌を外に出してない)してない為

いや、単に食後に薬飲むだけなんで別にどうって事ないんですけどね





入院15日目

体温は安定
・この日の治療は朝からの点滴、利尿剤投与。
・腹周りのサイズチェック
※入院時お腹も異様に出ている状態だったため。

食後のお薬は当然服用。
特に副作用はなし。

この日も余震は何度もあり
その度に看護師さんはてんやわんや




入院16日目

体温は安定
・この日の治療は朝からの点滴、利尿剤投与。
・腹周りのサイズチェック
・投薬

症状で気になる事
・大きく息をするとたまに胸が痛い。(胸痛)
・動き回ると少し息苦しいか?






入院17日目

体温は安定
・この日の治療は朝からの点滴、利尿剤投与。
・腹周りのサイズチェック
・投薬

この日は医者の回診がある事もあり、朝からレントゲン&胸部CT検査。


で、回診での医者との会話

医『(レントゲンなどを見ながら)良くなってますね。水も引いてきてるし。』
放『と言う事はやっぱり結核って事なんでしょうか?』
医『そうですね、薬が効いてると言う事は結核と断定していいでしょう。』
 『まあ、薬も効いてるみたいですし、このまま投薬を続けていきましょう。』
放『薬が効いてるって事は転院の話もなしですか?』
医『このまま順調なら転院は必要ないです。』
放『なるほど。』


と言う事で放浪者の病気の原因判明

なんと結核でした。

一瞬頭をよぎったのが
高杉晋作、沖田総司、正岡子規とか・・・
え?俺もしかして超重病?
やばいの?とかでしたが

いや、お前に歴史小説とか見すぎ!って話でした。

今は結核は抗結核剤を飲んで規則正しい生活をしていれば
治る病気になっているそうで
そこまで深刻になる必要はないとこの事でした。


なお、この段階では正確な病名に関してはこの日もまだ告げられず。
原因が結核菌であるという事のみ分かった状況です。

病名については後日告げられることになります。






その7に続く。






| | コメント (3) | トラックバック (0)

パッキャオ、メイ、ジュダー、モラレス等海外ニュース

今日のボクシング関係の話題を色々


マニー・パッキャオ関連

毎度毎度のお約束のパターンが出てます。
ボブ・アラムがパッキャオの次の試合の候補として
カーミット・シントロンの名前を挙げていましたが
それに対してフレディー・ローチは
パッキャオVSシントロン戦を望まない意向を示しています。

Roach doesn’t like a Pacquiao-Cintron fight


まあ、どうせアラムの望む方向で決まるんだろうな(´・ω・`)




フロイド・メイウェザーJr関連

メイウェザーはパッキャオを恐れているのか?

Is Floyd is afraid of Pacquiao?


一ボクシングファンとしては怖がって逃げてるようにしか見えない(´・ω・`)






エリック・モラレス

惜しいところでメキシカン初の4階級制覇を逃したモラレスですが
早くも再起の意向を示しています。

・7月30日に復帰
・マイダナと再戦orライト級で誰かと
・マルコ・アントニオ・バレラとの4戦目もあり得る

だそうです。

Erik Morales: I'm Back on 7/30, Maidana Rematch or 135







ビック・ダルチニアン

バンタム級トーナメント3位決定戦でヨニー・ペレスに勝利したダルチニアン
次戦の希望は?

ドナイレorマレスとの再戦だそうです。

Darchinyan wants rematches with Donaire or Mares


個人的にはやるならマレスとのリマッチだな
今の勢いでドナイレと再戦して結果が出るとは思えない(´・ω・`)







WBCウェルター級王者ビクター・オルチス関連

激戦の末アンドレ・ベルトからタイトルを奪取したオルチス。
再戦の話が出てはいますが
ベルトのプロモーターのルー・ディベラは
即時再戦はないだろうと考えてる模様?

Ortiz vs. Berto rematch will have to wait


レベルと終盤はともかく面白い試合だったので
再戦はして欲しい。(´・ω・`)







ファン・マヌエル・マルケス

まず何よりもマニー・パッキャオ
で、それが無理なら
ザブ・ジュダーと4階級制覇をかけて試合をする。

Marquez: If No Pacquiao Trilogy, Then Maybe Zab Judah


パッキャオ戦の前にまずSライト級以上での実績作れよ (;´Д`)



IBF・Sライト級王者ザブ・ジュダー

『私とマルケスはお互いを必要としているんだ』

Zab Judah: Me and Marquez, We Need Each Other

ジュダーさんがこんなにラブコールしてるのに・・・(´・ω・`)






元WBAフライ級王者坂田健史

立候補していた市議会議員選挙で当選しています。

選挙:統一地方選 東京・稲城市議選 ボクサーから転身・元王者の坂田氏、初当選

| | コメント (4) | トラックバック (0)

速報レポ ダルチニアンVSペレス

速報レポになります。
決勝が急遽中止になって3位決定戦が行なわれたスーパー4
で、結果は?


IBOバンタム級タイトル決定戦
ビック・ダルチニアン
 ☓
ヨニー・ペレス

年齢見てちょっと驚いた。
ダルチニアンって実はもう35なのか
もうちょっと力が落ちてきたらどっかの長男がが喜んで
呼びにかかるかもしれない。(;´Д`)
さ、試合開始。
1
まず飛び込んでいったのはダルチニアン。
ペレスの懐がかなり深そうだが思い切り踏み込んでるので
あまり関係ないように見える。
ダルチニアンはいいのを当てた後、
何度かラッシュをかけるも
攻撃のかなりの部分をガードされている。
一方のペレスも要所では反撃している。
2
ダルチニアンこのラウンドも積極的。
開始早々ペレスがダウン。
一瞬スリップかなと思いましたが
レフェリーがしっかりカウント。
ペレス少しダメージがありそうか?
ダルチニアンの攻勢に防戦一方に
下手するとストップかかりかねないような場面も
ラウンド終盤に見受けられた。
3
ラウンド序盤
ダルチニアンが休むつもりなのか少し手数が減った。
それを見てかこのラウンドはペレスが攻勢を強めた。
ラウンド中盤からダルチニアンは反撃に転じる。
ダルチニアンの思い切り打つ大きな左ストレートが
再三ペレスを捕らえる。
ペレス苦しくなってきているか?
4
ペレスはボディやいきなりの右ストレートで
ダルチニアンの勢いを止めにかかる。
一方ダルチニアンは大きな左ストレート、左アッパーで反撃。
ペレスはダルチニアンの左を再三まともにもらっている。
ダルチニアンここまではかなりいいペースだ。
ラウンドインターバルに途中採点。
ここまで三者共に4〰5P差でダルチニアン。
5
ダルチニアンの攻勢が続く。
ペレスはもうここ防戦に必死だ。
この流れの中でペレスが眉のところをカット。
ここでドクターチェックが入る。
そして試合終了、偶然のバッティングでのカットとの判断で
試合は判定へ・・・

結果:ダルチニアン5R負傷判定3-0で勝利!


ダルチニアンは良かったが、ペレスがいかにも悪すぎた。
しかも最後もグダグダの負傷判定。
なんだろう。試合直前も試合もグダグダになった感が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末の試合予定&結果 他ニュース

今週末の試合予定です。

今週は全体的に世界戦など大きな試合がありません。
唯一予定されていたIBFバンタム級タイトルマッチも
アグベコの欠場で流れてしまっています。


で、今週のメインカード

4/23アメリカ
バンタム級
ビック・ダルチニアン

ヨニー・ペレス

Photo

Perez-Darchinyan Weights







試合結果

4/22
ブレディス・プレスコット

バイアン・ジャーガル

結果:プレスコット3-0判定勝利



Prescott Decisions Jargal


アミール・カーンを1Rで沈めた男プレスコットが判定勝利。
最近やたらとカーンを挑発するような発言がありますが
カーンはプレスコット戦の後7連勝(世界戦5勝でタイトル4度防衛)
一方のプレスコットは6戦4勝2敗で世界ランカーレベルには連敗
と大きく差がついてしまっています。
今の状況でカーン戦を叫ぶのは厳しいんじゃないかと?







WBA/WBOライト級スーパー王者ファン・マヌエル・マルケス

今後の予定?
6月か7月に保持するライト級のタイトルの防衛戦。
その後はマニー・パッキャオとのラバーマッチをやりたい。

って事らしい。
あくまでもSライト級以上の試合はやらないでパック戦希望なのか…
それならパックVSマルケスは実現しないでいいと思う(´・ω・`)

Juan Manuel Marquez to defend his lightweight titles in June or July, still wants Pacquiao bout






ボブ・アラム

『パッキャオVSモズリーはファンにとって最も面白い試合』

Arum: Pacquiao-Mosley is the most entertaining fight for the fans


『カーミット・シントロンをパッキャオかコットの対戦相手候補として考えている』

Arum thinking of matching Cintron with Pacquiao and Cotto


ファン目線とか全然ないよね!
正直パックの残り数戦の中にシントロンとかないわー






アブナー・マレス

『ノニト・ドナイレと戦いたい!』

Mares wants a fight with Donaire

ドナイレがGBPと無事契約できてたら可能性はあるだろうけど
ファンとしては、さほど見たいカードではないと思う。
ついでにドナイレ的には旨みのない試合ではないかと?





WBAフェザー級タイトルマッチ
ジョナサン・バロス

セレスティノ・カバレロ

6月にアルゼンチン開催で内定したようです。

Barros vs Caballero Clash is Inked For June in Argentina






マルコ・アントニオ・バレラ

対戦相手として色々名前が挙がってます。

エリック・モラレスPart4
※本人も希望してるみたいです

Barrera: I'm Ready To Fight Erik Morales a Fourth Time

IBFライト級王者ミゲル・バスケス
※バレラにとって勝てば4階級制覇になる相手

Vazquez vs Barrera?


さて、誰とやる事になるのか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バンタム級トーナメントもグダグだに・・・ 他

今日の話題になります。


今週末に予定されていた
GBP主催のバンタム級トーナメント決勝戦
IBFバンタム級タイトルマッチ
ジョセフ・アグベコ

アブナー・マレス

なんとここにきてアグベコにドクターストップがかかってしまいました。
アグベコが月曜日の夜に坐骨神経痛?で倒れ
試合不可能との判断が医師から下ったというもの。

準決勝である意味本命だったペレス、ダルチニアンが
共に敗退し、決勝の直前でアグベコがリタイア。
延期になる可能性があるとは言えども
興行的にはグダグダになった感があります。

スーパーミドル級のSuper6と言い
この主の試みはプロボクシングでは難しいんですかね?

Agbeko collapses, fight off




4/19
WBAミニマム級タイトルマッチ
クワンチャイ・シッモーセン
 ☓
モハメド・ラクマン

Photo

結果:ラクマン9RKOで新王者に

39歳の元王者が番狂わせで戴冠。
先週末のファンマ、ベルト
番狂わせの流れが続いているのでしょうか?





9月ポーランド・ワルシャワ
WBCヘビー級タイトルマッチ
ビタリ・クリチコ

トーマス・アダメク

Photo_2

この試合はポーランドのワルシャワのサッカースタジアム?
で開催するそうです。
44,000人収容だとかなんとか・・・
なんだかんだ言ってヘビー級タイトルマッチって
人の入りが日本の世界タイトルとは段違いですね。
景気が良くて羨ましい限りです。

Klitsschko-Adamek in Wroclaw




Photo_3

マニー・パッキャオがワイルドカードジムで公開練習を行なったそうです。

こう言うの見るとパックの試合が近いんだなーと実感します。

Pacquiao Wildcard media day






WBO・ライトフライ級王者ジョバンニ・セグラ

階級を上げてフライ級でのタイトルマッチですが
どうもWBCのポンサクレック戦を希望してるそうです。
なかなか難しいとは思うけどね・・・

Giovani Segura Wants Wonjongkam Clash, Praises Salido







WBCウェルター級新王者ビクター・オルチス

タイトル獲得したばかりですが・・・
早くもビックマッチに名乗りを上げています。
『マニー・パッキャオやフロイド・メイウェザーとやりたい。』


調子に乗り過ぎ(´・ω・`)

Victor Ortiz Wants Big Fights: Mayweather, Pacquiao







WBA・Sライト級王者アミール・カーン

GBPと新たな契約を結んだそうです。
で、今後のターゲットは
WBC・WBO王者ティモシー・ブラッドリー
IBF王者ザブ・ジュダー
だそうです。

まあ、無難なとこですな。

Amir Khan Inks New Golden Deal: Eyes Bradley, Judah









昨日試合結果

OPBF・Sライト級タイトルマッチ
佐々木基樹
 ☓
金判洙

結果:佐々木が序盤のダウンを挽回しての5RTKOで防衛成功

佐々木が5回TKOでV2


佐藤幸治
 ☓
アデ・アルフォンス

結果:佐藤1RTKO勝利

佐藤幸治1回KO世界へ弾み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBAランキング(4月最新版)

WBAランキング(4月最新版)になります。

今回の問題点
・カーンVSマイダナ王座統一戦とはなんだったのか?
・謎の統一暫定王者(WBA暫定&WBO暫定)ゲレロ
・統一戦無視して下の階級に挑戦しても剥奪されないソリスの暫定王座
・相変わらず無駄に多い王座
等等問題点盛りだくさんでお送りしています。


続きを読む "WBAランキング(4月最新版)"

| | コメント (6)

石田凱旋会見、ファンマの今後 他

今日の話題です。
毎度の事ながら月曜、火曜辺りはあんまりたいした話題がないです。


元WBA・Sウェルター級王者石田順裕

本場ラスベガスで無敗のホープだったカークランドを1RTKOで
破って一気に名前を上げた感のある石田が
大阪で凱旋会見を行なっています。
セルヒオ・マルチネスからオファーなんて話もありますが
さて、次は誰と戦うのか?


石田、年内の世界再挑戦「もちろんやりたい」

再起の石田順裕に海外強豪からオファー







八王子中屋ジムの野崎雅光

13戦11勝(4KO)2敗 ※boxrec

どんな経緯かは分かりませんが
メキシコのカネロプロモーションと契約?したみたいです。
カネロプロモーションは日本人好き?

Japones Nozaki se une a Canelo Promotions







前WBOフェザー級王者ファン・マヌエル・ロペス

思わぬ番狂わせでダウンを喰らった挙句のTKO負けで
サリド相手に王座から陥落してしまったファンマ

どうもプライドが傷ついたらしく復帰後は階級を上げる前に
サリドとのリマッチを画策してる模様です。
で、その試合を最後にSフェザー級にあげるつもりらしい。

Juanma: Salido Rematch The Last Fight at 126-Pounds



で、その番狂わせを演じた主役
WBOフェザー級王者オルランド・サリド

7月に初防衛戦を行ない、ファンマとの再戦は秋ならいいよ
そんなスタンスみたいです。

Orlando Salido Likely To Defend Belt in Sonora in July

問題なのはサリドさん下手すると初防衛戦でこける可能性がある事かw






WBO・WBA暫定ライト級王者ロバート・ゲレロ

マイケル・カチディスを下して3階級制覇達成したゲレロですが
『Sライト級〰ウェルター級で誰とでも戦う』
なんて言ってるらしいです。

Robert Guerrero: I'll Fight Anyone at 140, 147-Pounds

テストマッチもなしに何言ってんだこいつは (;´Д`)






WBO・Lフライ級王者ジョバンニ・セグラ

次の試合は5月28日フライ級で行なうそうです。

Giovani Segura Heads To Flyweight on May 28 in Mexico

今度こそ階級上げて複数階級制覇なるか?







前WBAフライ級王者ルイス・コンセプシオン

再起戦について
WBAフェザー級タイトルマッチ
ジョナサン・バロスVSセレスティノ・カバジェロの
アンダーカードで行なう事を考えてるようです。

Luis Concepcion Eyes Caballero-Barros Undercard Spot






小ネタ

元3階級制覇王者ジョニー・タピア

Tapia-Archuleta III

現在44才
まだ現役なのか・・・
中堅どころとどっこいになってるのが悲しい



ロジャー・メイウェザー

Roger Mayweather: Pacquiao is like a wild amateur, he’s got no boxing skills

セコンドについた試合中に相手に殴りかかってKOされた
頭の悪いトーレナーが偉そうに何言ってやがる。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

WBOランキング(4月最新)

WBOランキングの最新版になります。(4月18日現在)


続きを読む "WBOランキング(4月最新)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(速報レポ) ジョンVSヨルダン

WBAフェザー級スーパータイトルマッチ
クリス・ジョン
 ☓
ダウド・ヨルダン

会場はなんかのレストランみたいな
丸テーブルが並んで入る中での試合。
会場とかは本当に国によってそれぞれだなーと実感。
ついでにカクカクの映像でした。
あとやばい位に前置きが長い、正直いらねーよって感じでした。
あとジョンの入場シーンに意義あり
本人のいないところで声使われたマイケル・バッファーは
ジョン側にギャラ請求してもいいんじゃねw
ちなみに番組開始から試合開始までの間アマ選手同士の
エキシビジョン以外はほぼスタジオトークだけで約2時間
いくなんでも引っ張りすぎだろ。
それはともかく、試合開始
1
両者共に序盤は様子見。
リードを多用するジョンに対して
ヨルダンは力の入った一撃で対抗。
パンチを的確にヒットさせているのはやはりジョンか?
2
ヨルダンが追う。
ジョンは距離を取るが追ってくるヨルダンを
リードブローだけでは止めきれていない。
追っているヨルダンがかなりいい感じ。
3
ジョンはヨルダンの圧力に押されたのか
どうしても下がるばかりになってしまっている。
軽打を多くヒットさせてるのはジョンだが
パワーパンチを当てているのはやはりヨルダンか?
4
ヨルダンは相変わらず前進して圧力をかけていく。
ジョンはリードだけでは足りないと判断したか
右ストレートとアッパーを織り交ぜて
ヨルダンの前進を止めにかかる。
パンチの多彩さではやはりジョンが勝るか?
5
相変わらず前に出ていくのはヨルダン。
ジョンは下がりながら迎え撃つ。
有効にパンチをあてているのはジョン。
軽いパンチだけでなくダメージも入っていると思われる。
ただしショートレンジでヨルダンが打つ右は威力十分。
ジョンも軽くだが貰っているので
タイミングよく入れば全然分からない。
6
展開はおおまかには変わらず。
ただしヨルダンのパンチはジョンを捕らえる場面も
少なからず出て来ている。
ジョンは大分余裕が出てきたのか
パンチを力いっぱい振るってくるシーンが増えてきた。
7
ジョンが少し攻勢を強めてきたか?
ヨルダン被弾が多い為か右目が腫れてきたように見える
(元々細めの上に画質が悪いので自信はなし)
8
ヨルダンが圧力をより強めてきた。
ジョンはそれに対してもカウンターを合わせている。
ヨルダンは攻勢に迫力こそあるものの
攻めが単調でヨルダンを追い込むには至らない。
9
ヨルダンは前進を止めない。
ジョンは色々な角度から多彩なパンチを返して
ヨルダンの前進に対応してくる。
いい感じでパンチをヒットさせているのはジョン。
10
迫るヨルダン、下がるジョン。
ジョンはヨルダンの強引な攻めに対しても
力を込めた右等を使ってヨルダンを止める。
ヨルダンそれでもしつこくひたすら前に出ていく。
11
ここに来てもヨルダンはひたすら前進あるのみ。
一方のジョンはヨルダンの攻勢を見切っているのか
まともには貰わない。
どころかジョンの力を込めた右が再三相手にヒット。
12
さあ、最終ラウンド。
ヨルダンは一貫して前に出て殴るのみと言う感じで
自分のファイトスタイルを貫いている。
一方のジョンはヨルダンがしつこくくるのを
カウンターでとクリンチでいなしきってりように見える。
最後まで手数を止めずに打ち合う両者。
そして、そのまま試合終了。

さあ、採点はどちらのものか?
3-0でジョン

結果:ジョンが防衛成功!


カクカクしすぎでしっかり見れなかったのが残念。
なんだかんだでジョンが一枚上でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(速報レポ)激戦の週末

週末の試合の速報レポになります。
いや、凄いわ今週。


プエルトリコ
WBOフェザー級タイトルマッチ
ファン・マヌエル・ロペス
 ☓
オルランド・サリド

1
ファンマはジックリと相手を見ながらサークリング。
サリドは飛び込んでいこうとしているか?
ラウンド中盤以降ファンマはジワジワと圧力をかけていくが
サリドはさほど重くはないものの、しっかりと合わせている。
2
サリドはファンマの強打を警戒しながらも前に出ていく。
一方のファンマは圧力をかけながら
強打を振るっているものの、まだ距離があっていない。
ここまでの戦いだけなら優位に進めて入るのはサリドか?
3
ファンマはあまり大きいパンチだとあたらないと思ったか
小さいパンチを多用するようになってきた。
一方のサリドはしつこく前進しながら合わせるだけでなく
大きいパンチも入れてくるようになってきた。
下がるファンマに出るサリドの意外な展開に。
4
両者積極的に手を出していく展開。
サリドが出してくる大きな右をファンマが貰うと
ファンマのいいパンチでサリドも被弾する。
サリドの一瞬足元がフラつくが倒れるには至らない。
サリドの振り回してくる右をファンマは警戒してるが
その分ショートでくる左をもらったりしてるように見える。
5
ファンマはどうも自分から倒しにいくと言うよりは
サリドのボクシングに付き合わされているような感じになっている。
変則的に戦うサリドのパンチでファンマやりにくそう。
そしてサリドの変則的なワンツーなんとファンマが先にダウン。
これでサリドが積極的に出てくるもののここは時間切れ。
ファンマはまだダメージが残っているように見える。
6
ファンマが下がり、サリドが追いかける。
ファンマはサリドの変則的な右がよけにくそう、
と言うか被弾してしまっている。
打ち合いに活路を見出そうとするファンマだが
自分もサリドのいい左を喰らってしまう。
ファンマまだダメージがあるのか
パンチを返す時に上体が流れてしまっている。
ファンマここまで非常に苦しい展開。
下手すると王座交代するあり得るか?
7
ファンマ大分足に力も戻ってきたようだ、
ラウンド序盤は足を使ってくる。
このラウンドはファンマが持ち直してきた。
打ち合いでも優位に立っている。
ファンマの一撃でサリド足元がふらつく場面もあった。
8
下がるファンマ、追うサリド。
ファンマはどこかアウトボクシングしっくりこないで
追いかけてくるサリドのパンチを貰ってしまっている。
激しくサリドのパンチを貰い
ニュートラルコーナーに詰められるファンマ。
そこでもサリドも押し返せずに被弾するファンマを見て
レフェリーなんと試合をストップ!

いや、これは大きなアップセット。
なんとファンマ王座陥落!!

結果:サリドが8RTKOで新王者に!!

一言で言うと・・・
ファンマはサリドの事舐めすぎだろ (´・ω・`)
サリドは番狂わせが多いな。


アメリカ
WBCウェルター級タイトルマッチ
アンドレ・ベルト
 ☓
ビクター・オルチス

ベルトは最近充実し切っている王者。
一方のオルチスは2度目の挑戦のホープだが
今回負けたら次のチャンスは厳しいか?
と思われるところでと強い王者への挑戦。
1
オルチスは慎重にサークリング。
一方のベルトは自身満々という感じで前に出て行く。
オルチスのカウンターはベルトにカウンターで入り
ベルトが倒れスリップダウン。
これは後頭部にパンチが入ったという理由か?
これでダメージが残ったか
オルチスの攻勢の前にベルト押される展開に
オルチスの連打攻勢。
最後はオルチスの右の連打で
ベルト赤コーナーで崩れるようにダウン。
ベルト苦しい。足元が少し覚束ないように見える。
オルチスは一気に詰めて行きたいが時間切れ。
2
オルチスはこのラウンドも前に出て行く。
ベルトまだダウンのダメージが残っている感じで
ジャブを出しながら距離をとって回復に努める。
そんな展開のラウンド終盤
強引にでも前に出てくるオルチスにベルトの右が
カウンターになってヒット。
オルチスはキャンバスに手をタッチするダウン。
序盤からダウン応酬の激しい試合。
3
ラウンド開始から積極的に仕掛けていくのは
前のラウンドでダウンを喫したはずのオルチス。
いい左右のパンチが再三ベルトを捉えている。
ベルトも手を出して反撃しているがオルチスは攻勢を緩めない。
前半戦からエンジン全開のオルチスだが
どこでスタミナが切れるかが気になるところ。
一方の王者ベルトもオルチスのパンチに楽ではなさそう。
4
ベルト押し返そうと自分から前に出てきて仕掛けるが
オルチスの攻勢の前にすぐに下がってロープを背負う展開に。
前進圧力はオルチスの方が上のようだ。
ロープを背負ったベルトにオルチスは激しい攻勢。
ダウンこそなかったもののベルト膝が落ちかける場面があった。
5
このラウンドはオルチスが少し前進一辺倒ではなくなる。
最初はサークリングしながらベルトに手を出させてたので
このラウンドは休憩か?と思ったがそうでもなかったようだ。
一緒の隙をついてオルチスが攻勢に出る。
オルチスがロープ際でラッシュ。
連打の中で出てくるオルチスの左のアッパーは効果的。
ラウンドインターバルにメイウェザーが写った。
笑顔で試合見てる場合じゃないと思うんだがw
6
攻めるオルチス、耐えるベルトの展開が続く。
オルチスも序盤ほど強引には出なくなってきているか?
ショートレンジでの打ち合いになる。
ここでベルトの右カウンターがヒット。
オルチスはかなり効いてしまっている。
ベルトはチャンスだ!
これでオルチスは終わってしまうのか?
強引に決めにくるベルトにオルチスの左がカウンターでドンピシャ!
今度はベルトが倒れたー!
激しい戦いが続く。
7
激しいど付き合い。
両者共にダメージが残っている。
先に大きいのを当てた方がかなり優位に立つように思える。
このラウンドは比較的いいパンチを入れてたのはオルチスか?
8
オルチスは少し戦い方を変えてきたか?
距離を取った状態で戦いながら飛び込んでいくスタイルに
これがなかなか効果的なように見える。
ベルトは足がついていかないのか
露骨に警戒してしまっているのか
なかなか中に飛び込んでいく事ができない。
ラウンド終盤にはオルチスのパンチでベルトがフラつく場面も。
9
オルチスはしつこいボディ攻勢。
ベルトは少しボディが効いてしまっているか?
全体としてはオルチス。
ただオルチスはこのラウンドだけで2度ベルトの
後頭部を叩いてしまってレフェリーに注意をもらっていた。
減点の可能性もあるので気をつけたいところ。
10
ラウンド開始と同時にベルトが出て行く。
ショートレンジでの打ち合い。
この時にオルチスのパンチが後頭部に入ったと
ベルトがアピールしオルチスは減点を貰ってしまう。
打ち合いではオルチスの分がいいか?
ベルトはクリンチを多用してきたりで余裕がない。
オルチスはクリンチ際等で頭を下げて入るベルトの
後頭部を再三殴っているのでそれが気になる。
11
ベルトしつこくクリンチに逃げている。
オルチス前進と攻勢がが止まらない。
ロープ際のベルトにしつこく仕掛ける。
ベルトは全然手数が出てこない。
懸念していたオルチスのスタミナは
ここまでは問題ないようだ。
このラウンドは明確にオルチスだろう。
12
さあ、最終ラウンド。
やはり積極的に出て行くのはオルチス。
ベルトはオルチスを迎え撃っていく。
最終ラウンドという事もあり
両者大きいパンチを振るっている
当たればダウンがありそうな一撃の応酬。
両者手を出し続けるものの最後まで
手数と前進圧力で上回っていたのはオルチスか?
そして試合終了。
やり遂げた感じのあるオルチスに
不満がありそうなベルト。

王者交代への期待が高まる中判定へ。
さあ、採点。
115-110
114-112
114-111
新王者誕生!!

結果:オルチス3-0で新王者に!

ダウン応酬で激しい試合だった。
なんだかんだで何も考えずに素直に見て面白い試合でした。



WBA・Sライト級タイトルマッチ
アミール・カーン
 ☓
ポール・マクロースキー

1
最初に仕掛けたのはカーン。
序盤から積極的に手を出していく。
前回のマイダナ戦での終盤のグダグダの払拭がしたくて
気負っているようにも見える。
一方のマクロースキーは序盤良く見ている。
距離をある程度実切っているのかガードは下げたままで
カーン相手でも気負いはないか?
ちなみにカーンはガードを上げたオーソドックススタイル
マクロースキーはサウスポーのヒットマンスタイル。
2
両者共にスピードのあるパンチの応酬となっているが
パンチを的確にヒットさせているのは
どちらかと言えばカーンの方。
マクロースキーは避けるのは巧みだが
ここまでのところパンチはガードの上を叩いてる感じ
3
マクロースキーはあくまでもガードを下げたままだが
無防備になった顔面にチョコチョコパンチを喰らっている。
追いかけているのはマクロースキーだが
的確性に勝っているのは王者カーン。
ただしカーンにしても単発で連打を入れる余裕はない。
4
カーンのタイミングがあってきている。
踏み込んてきたマクロースキーにボディが入り
マクロースキーは膝をつくがこれはスリップの判定。
カーンは前回のマイダナ戦が頭にあるのか
ガードを非常に意識してるような戦い方。
マクロースキーが出てくるとガードをしながら下がっている。
マクロースキーはヒットマンスタイルだが
ボディワークとかがどことなく往年のハメドを感じるような避け方だ。
5
両者積極的に仕掛けていく。
マクロースキーのパンチは大方がカーンのガードに当たり
カーンのパンチはかなりの部分がマクロースキーに避けられている。
パンチを力いっぱい振るっているのはどちらかと言えばマクロースキーか?
6
このラウンドも両者積極的。
このラウンド途中で両者が踏み込んだタイミングで
激しいバッティング。
そしてマクロースキーが大きくカット。
ドクターチェックが入り試合は負傷判定へ

裁定は
60-54
60-54
60-54

結果:6R負傷判定3-0でカーンが防衛成功

試合後のインタビューでは両者煮え切らない結果に
非常に不満そうだった。
ただし、そこまでの経過は決定的シーンこそないものの
マクロースキーはガードの上、カーンはパンチをヒットさせていた事を
考えればポイントの差はまあ妥当かな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

週末試合予定 その他ニュース

今週末の注目カードとその他ニュースになります。



4/16プエルトリコ
WBOフェザー級タイトルマッチ
ファン・マヌエル・ロペス
 ☓
オルランド・サリド


Photo_4


4/16イギリス
WBA・Sライト級タイトルマッチ
アミール・カーン
 ☓
ポール・マクロースキー

Photo_3



前座に出場
西岡に判定負けの元指名挑戦者レンドール・ムンロー


4/16アメリカ
WBCウェルター級タイトルマッチ
アンドレ・ベルト
 ☓
ビクター・オルチス


Photo


オルチスがきつい相手に勝負に出るカードと言っていいと思う


4/17インドネシア
WBAフェザー級スーパータイトルマッチ
クリス・ジョン
 ☓
ダウド・ヨルダン



インドネシア人どうしの対決
ジョンが勝つかジョン2世が勝つか?


4/16メキシコ
暫定WBC女子スーパーフェザー級タイトルマッチ
WBA女子スーパーフェザー級タイトルマッチ
ジャッキー・ナバ
 ☓
アナ・マリア・トーレス


Photo_5



女子の防衛を続けてる選手同士によるメキシカン対決での統一戦


IBF女子ライトフライ級タイトルマッチ
イルマ・サンチェス
 ☓
ジェシカ・チャベス



試合結果

4/15アルゼンチン
WBO・Sフライ級タイトルマッチ
オマール・ナルバエス

セサール・セダ

結果:ナルバエスがの3-0で王座防衛に成功


Narvaez Decisions Seda






WBOフェザー級王者ファン・マヌエル・ロペス

色々と話が出ています。
まずボブ・アラムがファンマとウィルフレッド・バスケスJrは
Sフェザー級で対戦可能だとか言ってる。
ぶっちゃけバスケスにとってきつすぎなんだが・・・

Juanma vs Vazquez Possible at 130, Says Bob Arum


またアラム発言
ファンマVSガンボアの対決は2012年6月前にSフェザー級で行なう?

Lopez-Gamboa, Before June 2012, MGM in Vegas, at 130

なんでフェザー級の王者対決をノンタイトルで階級上げてやりたいのか
意味が分からん・・・





WBA・Sライト級王者アミール・カーン

主戦場をイギリスからアメリカに移したい模様。

Amir Khan Upset: I Won't Fight in the UK For a Long Time

カーンの場合素直にイギリスで戦ってた方が金になる気がするけど
PVVの儲けってそんなに凄いんですかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あれ?なんかおかしくね? その他ニュース

今日の話題です。


長谷川穂積がジョニゴン戦を行なう前に次の試合も指名戦で
って話がWBCから義務付けって記事がありました。

長谷川に「指名試合2試合」異例ノルマ


が、長谷川はジョニゴンさんにTKO負けを喫し王座陥落。
当然ジョニゴンさんには指名戦義務が移るはずなんですが・・・

そのジョニゴンさん早くも防衛戦の話

候補
グディ・エスパダスJr(メキシコ、現在ランク外)

Jhonny Gonzalez-Guty Espadas in Talks For June Bout


ラファエル・マルケス(メキシコ、現在ランク外)

Rafael Marquez To Jhonny Gonzalez: I Accept, Let's Fight!


あれ?指名戦どこ行ったの?
まさかジョニゴンさんメキシカンだからWBCが指名義務撤回?
そうだとしたら最悪すぎだろ(´・ω・`)






WBA・Sライト級王者アミール・カーン

ポール・マクロフスキーを倒した次の試合では
WBC同級王者ティモシー・ブラッドリーとの対戦を希望してるそうです。

Khan: Beating McCloskey Will Take Me To Timothy Bradley

決まればかなりの好カード
試合自体は凡戦の可能性もあるけどね






ウンベルト・ソトVSウルバノ・アンチロンPart2

パッキャオVSモズリーの前座で予定されてたそうですが
流れる可能性があるとか流れたとか
そんな感じの記事が出ています。

これにはソトの契約上の問題があって
ソトは今後TopRankからGBPに移る可能性があるなんて話も出てます。

Rios vs Antillon Possible? Humberto Soto Jumping Ship?

Soto-Antillon 2 off May 7th Pacquiao vs. Mosley fight card

GBPの引き抜き攻勢もなりふり構わないな





WBOフェザー級王者ファン・マヌエル・ロペス

どうもサリド戦の後はファンが望むガンボア戦ではなくて
WBO・Sバンタム級王者ウィルフレッド・バスケスJr戦を
画策してるみたいですね。

Juanma, Vazquez Continue The War: Cotto Urges Peace

Juanma Hits Back at Wilfredo Vazquez Jr. as Tension Builds







WBO・Sフライ級王者オマール・ナルバエス

次のセダとの防衛戦をクリアした場合
WBA同級王者ウーゴ・カサレスとの統一戦を希望してるみたいです。

Omar Narvaez Talks Seda Defense, Eyes Cazares Clash







WBAバンタム級王者アンセルモ・モレノ

次戦が6月か7月にエリック・モレル?
なんて話が出ています。

Moreno vs Morel Being Eyed For June or July Clash?

と言うかパーラ戦どこ行ったんだろう?
これで試合自体流れたとかなったらパーラ哀れすぎでしょw






元Sミドル級王者アンソニー・ムンディン

まさかの敗北を喫したガース・ウッドとダイレクトでの
リマッチを行ない、2回ダウンを奪っての3-0判定で
リベンジを果たしています。

Mundine Gets Revenge, Drops Wood Twice To Secure Win











追記
つい、この間WBCランキングの記事をアップしましたが
WBCのサイトでランキングが更新されてました。
近々最新版を再アップ予定です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

IBFランキング(2011年4月現在)

2011年4月現在の最新IBFランキングになります。


続きを読む "IBFランキング(2011年4月現在)"

| | コメント (0)

石田にビックマッチの可能性? 他

今日の話題です。



先週末に無敗の刑務所あがりのホープ、カークランドを
番狂わせとも言える1RTKOで下した石田順裕

その石田にビックマッチ中のビックマッチの話が出ています。
で、そのお相手はなんとセルヒオ・マルチネス

まだ正式な話ではないみたいですが1試合のKOで
そんな話が出てくるってのは凄い事だと思います。
まあ、実現したらもっと全然凄い事ですが・・・
どうせなら実現して欲しいなー(´・ω・`)

Sergio Martinez-Nobuhiro Ishida Explored For The Fall




東洋&日本ウェルター級タイトルマッチ
井上庸
 ☓
渡部あきのり

結果:渡部2RTKOで新王者に!



渡部がタイトル2度目の挑戦にして
王者井上を5度もリングに沈めて2RTKOで新王者になりました。

渡部は元々いい選手ではありましたが
亀田一家に弟子入りしてから雑魚相手に連続KOで
15連続KOの日本記録狙い。
その結果、荒っぽいばかりで技術が・・・って感じになってしまい
結局初の日本タイトルではダウン応酬の末1RTKO負け。
その後亀田家とは手を切り
連敗を喫しながらも敗北を糧にしてのタイトル獲得。

無駄な時間を過ごしてた事もありましたが
そこから這い上がってのタイトルですからかなり嬉しいでしょうね。
まだ比較的若いので今後も頑張って欲しいです。

渡部2回KOで初の王座奪取






マルコス・マイダナ

エリック・モラレス

この試合絡みのお話

勝者のWBA・Sライト級暫定王者マルコス・マイダナ
モラレス戦の苦闘を認めモラレスは再戦に値する
なんて事を言ってます。

Marcos Maidana Agrees: Erik Morales Deserves a Rematch


敗者エリク・モラレス
試合に関して自分の方がマイダナよりも良かったと
敗北そのものを認めたくないみたいです。

Erik Morales: I Told You, I Was Better Than Maidana!


おまけに
両目が見える状態ならばマイダナをストップしてた。
とか言ってるし・・・

Erik Morales: With Two Good Eyes, Maidana Gets Stopped!

いや、その右目はマイダナに殴られて見えなくなったんだろうが(´・ω・`)


ちなみに
WBC・Sウェルター級王者サウル・アルバレス
『モラレスが勝ってた、再戦ではモラレスが勝つだろう』
だ、そうな

Erik Morales: With Two Good Eyes, Maidana Gets Stopped!








IBF・Sライト級王座ザブ・ジュダー

ジュダー陣営は今なら7月30日か8月6日のHBOのPVVが可能だと
ファン・マヌエル・マルケス陣営に言ってるようです。

Marquez-Judah Possible For July 30 or August 6, HBO PPV


個人的にはパッキャオパッキャオ言ってないで
この試合やれよ(´・ω・`)
とは思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

WBCランキング(2011年4月最新版)

WBCランキングの最新版(2011年4月12日現在)になります。

ちょっとなんだかなーな点
・6階級で名誉王者や休養王者とかがいる。
・4月のMVPがジョニゴンさんなのにランキング見ると王者が長谷川

続きを読む "WBCランキング(2011年4月最新版)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

石田が本場で金星(動画あり) 他

世界王座陥落からの再起戦が直前オファーでのラスベガス
しかも無敗の世界王者候補(27勝24KO無敗)のカークランド

その相手との噛ませ犬扱いでのラスベガスのリングだと
思われた元WBA・Sウェルター級暫定王者石田順裕
がやってくれました。
マイダナとモラレスが熱戦を繰り広げたPVVの前座で
カークランド相手に1Rで3度ダウンを奪っての完勝

アメリカでも少しは名前が売れたんじゃないでしょうか?

Photo

石田27戦全勝の強豪破る/ボクシング

Guerrero, Ishida want the best



ちなみに動画です。
どちらもそこそこ高画質

試合のみVer



試合後のインタビューも含むVer





ちなみに試合後のカークランド
・石田はパンチがなかった
・3ノックダウンルールじゃないのになんで止められたか分からない
・ダメージのあるダウンじゃなかった

そんな感じのニュアンスで不満タラタラでした。

まあ、セコンドはそんな事はないみたいですが

Mayweather Sr. Disagrees With Kirkland on KO Loss







予想外に激闘だったマイダナVSモラレス
両者の試合後顔にも表れてます。

Photo_2

Photo_3




ちなみに負けたモラレスですがこれで引退する気はないようです。
次はファン・マヌエル・マルケスと戦いたい
と言ってるようです。

Erik Morales: I Would Like To Fight Juan Manuel Marquez


マルケスに関してはIBF王者ザブ・ジュダー
やりたいとアピールしてます。

Zab Judah: Erik Morales Won, I Want Marquez Battle






マイケル・カチディスを捌ききって3階級制覇を達成した
ロバート・ゲレロ

『次はフロイド・メイウェザーJrと戦いたい!』
だそうです。

Schaefer: Guerrero Wants Floyd Mayweather Jr. Next


何勘違いしてとち狂ってるんだ(´・ω・`)

| | コメント (5)

速報レポ マイダナVSモラレス!

WBA暫定Sライト級タイトル決定戦
マルコス・マイダナ
 ☓
エリック・モラレス

選手入場の前段階で
アルゼンチン、メキシコ、アメリカの国歌斉唱
なんかかなり変則的な気がするんだけどどうなんろう?
モラレス結構好きなんで、あんまり無残な負け方だけはして欲しくない

試合開始
1
まず出いてくのは予想通りマイダナ。
モラレスは序盤相手を見ながらのスタート?
だと思ったんだが
少し腰が引けてしまっているように見える。
モラレスこれはちょっと厳しいか?
2
マイダナはボディブローを中心にじっくりと攻めて行く。
モラレスも攻勢をかける時に重心を前にかけて
1Rよりは攻撃的だったように思われる。
マイダナの方がパンチの威力はありそうで効果的だが
モラレスも攻勢は悪くなかった。
3
マイダナはこのラウンドも力いっぱい攻めていく
モラレスは迎え撃たされている感じだが
ガードの上からのパンチでロープまで吹っ飛ばされたりと
どうにも見栄えがよろしくない。
ただ、ショートのパンチをしっかりと
マイダナにお返ししてうまさは見せている。
モラレス少し右目が腫れてきているのが気になる。
4
荒々しく前進してモラレスに迫っていくマイダナ。
ただしそのほとんどはモラレスに空転させられている。
モラレス下がりながらのパンチで
あまり見栄えのいいものではないが
チョコチョコとマイダナにパンチをヒット。
5
ラウンド開始と同時に猛然と打ちにかかってくる
マイダナをモラレスは打ち合いで押し返す。
かつての名王者が意地を見せた場面だった。
モラレスは右目の腫れが更にあ渇してるのが気になる。
マイダナは1Rからずっと打ちにいって疲れたのか
少しスピードが落ちているように見える。
6
出るマイダナ、下がるモラレス。この展開が続く
圧力をかけていくのは間違いなくマイダナだが
モラレスもパンチのヒット数では負けてない。
試合前圧倒的に不利を予想されたモラレスだが
ここまでは決して一方的な展開ではない
7
両者とも好戦的に打ちにいっていたラウンド。
マイダナの攻勢もよかったが
より印象的だったのがモラレスの左。
ボディをえぐたっり、上下のコンビで顔面に入ったり。
マイダナにも少しダメージが見られた気がする。
8
このラウンドもモラレスがいい。
再三強引に前に出てくるマイダナにカウンターがヒット
タフなマイダナがダメージを受けてるのを感じさせる
のだから相当いい一撃だったと思う。
9
マイダナが勝負をかけてきたのか
ラウンド開始からかなりしつこいボディブローの嵐。
これで決まるかと思わせるような展開。
モラレスかなり苦しそうだったが、これをやりすごすと
しっかりとマイダナにいいのをお返し。
マイダナもかなり苦しくなってきたか動きが鈍い。
10
マイダナの前進の勢いがなくなってきている。
モラレスはそこにうまい事右を合わせて行くと
マイダナはダメージを受けて後退。
この辺モラレスは百戦錬磨だなってのを感じさせる。
気になるのはモラレスの右目の腫れ。
この展開でドクターストップとかもったいないので
んできればこのままさ最後までいって欲しい
11
マイダナ勝負をかけるような激しい攻勢。
モラレスは、この厳しい攻撃の前に凌ぐので必死。
なかなか思うように手が出てこない…
それでもなんとかラウンド終了まで凌いでみせた。
12
さあ、ラストラウンド。
両者とも疲労とダメージの蓄積は明らかながら
最後までよく手を出し続けていく。
結局両者一度もダウンする事なく試合終了のゴング。
モラレスの顔面崩壊が痛々しい…
試合はクロスゲームか?
予想とは全然違う展開でした。

さあ、採点は?
114114
116112

結果:2-0でマイダナが暫定王者返り咲き

ただし、モラレスが想像以上にやれましたね。
正直モラレスにごめんなさいの気持ちでいっぱいです。






WBA暫定ライト級タイトル決定戦
WBO暫定ライト級タイトル決定戦
マイケル・カチディス
 ☓
ロバート・ゲレロ

基本的には追いかけていくカチディス
迎え撃つゲレロの展開
試合終了後の顔を見る限りは
ゲレロは比較的綺麗だが
カチディスは両目とも晴れ上がった痛々しい顔。
で、ゲレロは勝利を確信したような表情で
カチディスは疲れきったような表情

で、採点
117-108
118-106
118-107

結果:3-0でゲレロが2団体の新暫定王者に!


ポール・マリグナッジ
 ☓
ホセ・ミゲル・コット

結果:マリグナッジ3-0判定勝利

ジェームズ・カークランド

石田順裕

結果:石田1RTKO勝利

石田が1Rで3度ダウンを奪い本場で見事な勝利
噛ませ役だと思ってました。
石田さんごめんなさい。



ドイツ
WBO・Sミドル級タイトルマッチ
ロバート・スティグリッツ

コーレン・ゲーバー

結果:スティグリッツが防衛成功


フィリピン
ドニー・ニエテス
 ☓
アルマンド・バスケス

結果:ニエテス1RKO勝利

| | コメント (8) | トラックバック (0)

週末試合予定

今週末の主な試合予定になります。


4/9後楽園ホール
日本Sフライ級タイトルマッチ
佐藤洋太

河野公平


日本Sバンタム級タイトルマッチ
瀬籐幹人
 ☓
玉越強平



3月に予定されいていたカードが震災の影響で
延期されていたもの


4/9ドイツ
WBO・Sミドル級タイトルマッチ
ロバート・スティグリッツ

コーレン・ゲーバー

Photo



4/9フィリピン
ドニー・ニエテス
 ☓
アルマンド・バスケス



4/9アメリカ
トーマス・アダメク
 ☓
ケビン・マクブライド


Photo_2


4/9アメリカ
WBA暫定Sライト級タイトル決定戦
マルコス・マイダナ
 ☓
エリック・モラレス

Photo_3

今週末のメインカード
マイダナは勝てば半年足らずで暫定王者に復帰
一方モラレスは勝てば4階級制覇
下馬評は圧倒的にマイダナ有利



WBA暫定ライト級タイトル決定戦
WBO暫定ライト級タイトル決定戦
ロバート・ゲレロ

マイケル・カチディス


ゲレロは勝てば3階級制覇
カチディスは勝てば暫定タイトルに復帰
ダブルで暫定タイトル決定戦とか意味不明w


ポール・マリグナッジ
 ☓
ホセ・ミゲル・コット


ジェームズ・カークランド
 ☓
石田順裕



急遽石田出場?
相手はホープなんでかなり苦しいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報レポ トリプルタイトルマッチ

速報レポになります。

WBCフェザー級タイトルマッチ
長谷川穂積
 ☓
ジョニー・ゴンザレス


なんだかんだでこの日のメインイベントカード。

帝拳興行なのにラウンドガールいるの?
と思ったらジョニゴンコーナーにいたのは
コロナビールの広告持ってたコンパニオン
メキシコのビール会社景気いいんだな。

さあ、試合開始


序盤は下がるジョニゴンさん
積極的にいく長谷川
左のボディはいい感じだったと思う。
が、ラウンド中盤には足を止めての打ち合いが・・・
ちょっと長谷川強引な気がする。
2
ジョニゴンはこのラウンドも様子を見るような感じで
あまり強引にこない。
一方の長谷川は少し倒したいのか
飛び込む足は使えているがサイドに動けてない気がする。
ジョニゴンがラウンド残り10秒位になると
攻勢を強めるのも気になるところ
3
ジョニゴンは距離をとってじっくりと相手を見ながら
パンチを合わせてくる。
長谷川は一発一発に力が入ってて振りが大きい。
パンチを合わされている事もあり非常に怖い。
4
長谷川強引にいくのを止めない。
が、ここで悪夢…
ジョニゴンの右を貰い吹っ飛ぶようにダウン!
なんとか立ち上がったもののレフェリーがストップ

長谷川初防衛に失敗


正直なところ
長谷川の悪いところがすごく出てしまった感じ。

ブルゴス戦もそうだったけど
なんでサイドに動かないで前後にしか動かなく
なってしまったんだろうなー

気が強すぎるのが問題なのかもと思ってしまった。

非常に残念です。


結果:長谷川4RTKO負けで防衛失敗







WBC・Sバンタム級タイトルマッチ
西岡利晃

マウリシオ・ムニョス

1
序盤からジワジワと圧力をかけるのは西岡。
ムニョス出だし動きが硬い。
パンチも大振りでスピードも感じない。
西岡最初からボディが非常にいい。
2
ムニョスがラフながらも積極的に手を出してくる。
西岡ちょっと見る場面も・・・
西岡はもう少しジャブを打った方がいいかもしれない。
このラウンドも左ボディストレートはよかった。
3
ムニョスはこのラウンドも積極的に出てくる。
西岡は連打の中から浅いながらも被弾。
そんな中でも西岡冷静。
西岡の左のアッパーとボディが冴える。
ムニョスはボディが少し効いたか?
4
西岡少しプレッシャーを強めてきた。
ムニョスはボディが効いてるのかボディが低いアピール。
わざちろうけど、ちょっと西岡のガードを開くのが気になる。

公開採点
39-37が3人で3-0で西岡

5
追って圧力をかける西岡。
下がりながら距離をとるムニョスで静かな前半。
ラウンド終盤でムニョスが前に出て盛り返す。
西岡更にボディを増やして欲しい。
6
西岡の左ボディが再三入るがムニョスなかなか
動きが落ちてこない。
逆にムニョスが強引に前にラフに出てくる
場面も何度かあった。
7
ムニョスがいきなりの右を多用してきた。
なかなか威力もありそうで危険か?
西岡の左もいい感じで入っているが
ムニョスもしつこく攻勢に来ていてなかなか
一方的な展開にはならない。
8
西岡の左ストレートが何度もムニョスの顔面にヒット
いい感じで入るがムニョスがかなりのタフネスを発揮。
殴られてもすぐにパンチを返してくる。

2度目の採点
78-74が2人
78-75が1人
ここまで西岡3-0

9
このラウンド強引に出てくるムニョスに対して
ポイントでリードしている西岡も全く引かない。
そして打ち合いでも優位に立った西岡。
そのままの展開で進んだラウンド終盤に
西岡の左が入りムニョス足元が覚束なくなる、
ここで詰めどころを逃さないのが西岡のいいところ。
最後はやはり左!!

これでムニョスはコーナーに吹っ飛ぶようなダウン。
なんとか立ち上がろうとするものの
レフェリーが最後はカウントアウト!

結果:西岡利晃9RKOで防衛成功!!




WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛
 ☓
ウンベルト・グチェレス

1
グチェレスはちょっと絞りきれてないようなボディ
粟生もなんとなくそんな感じ。
なかなか緊張感のある序盤戦。
どちらもカウンター狙いなのかな?
粟生のボディはこのラウンドなかなかよかった。
2
両者カウンターの取りあいって感じで緊張感のある展開が続く。
粟生の左右のボディがいい感じ。
グチェレス少しボディが効いたか?
3
粟生以前のような見るばかりでなく
前がかりになって自分から攻めに出てるのは
かなり好感が持てる。
このラウンドは粟生のボディがよかったが
ラウンド終盤にいいお返しをもらっていた。
4
ラウンド開始から激しい打ち合い。
両者大きいのを狙っているような感じだったが
ここで粟生がしつこく打ち続けてたボディを
見事なカウンターでヒット!

するとグチェレスが座り込むようにダウン!!
そのままカウントアウト!

結果:粟生4RKOで初防衛成功!

| | コメント (17) | トラックバック (0)

トリプルタイトルマッチ!いよいよ今日 他

WBCトリプルタイトルマッチですが
いよいよ今日開催になります。

両国国技館開催

急遽神戸へと開催地変更

なんてバタついたりもしましたが
直前ながらもチケットの売り上げは好調で
会場は満員予定との事です。


ちなみにテレビ中継の予定
日テレ系
4/8(金)19:00〰20:54
4/9(土)3:18〰4:18

試合の順は粟生⇒西岡⇒長谷川
それから考えるとディレイ中継でKO決着がない限りは
粟生は恐らくダイジェストか深夜中継と思われます。

ちなみに昨日は前日計量が行なわれ全選手パスしたとの事

WBCフェザー級タイトルマッチ
長谷川穂積

ジョニー・ゴンザレス

長谷川、復興へトリプルの誓い!…WBC世界フェザー級戦


長谷川はリミット100gアンダー
ジョニゴンさんは600gアンダーで余裕クリア



WBC・Sバンタム級タイトルマッチ
西岡利晃

マウリシオ・ムニョス

西岡「勝利確信しています」あったか愛妻スープが後押し


西岡100gアンダーでクリア
ムニョス500gアンダーで余裕のクリア



WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛
 ☓
ウンベルト・グチェレス

粟生、お仕置きV1だ! 挑戦者、計量3度でやっとパス

Photo

粟生はリミットいっぱいで一発クリア
グチェレスは1回目500gオーバー。
その後も苦しかったらしく、3回目で
全裸になったり、髪を剃ったりしてやっとクリアとの事






ちなみに当日会場でチャリティーオークション出品予定のもの
マニー・パッキャオ関連
マイク・タイソン関連
オスカー・デラホーヤ関連
タイトルマッチ出場6選手の関連
等があるそうです。

世界王者がグッズ提供=オークションで復興支援-ボクシング







WBC・Sミドル級王者カール・フロッチ

スーパー6準決勝でグレン・ジョンソン戦が予定されていますが
予定されているアトランティックシティでの試合には
納得がいかないようです。
どうもノッティンガムで試合をしたい?

いずれにしても、こう言う自己主張の激しいタイプは
こう言ったトーナメントとかの出場は向かないと思う

Froch is Angry: I Should Not Be Fighting in Atlantic City!





こんな試合の話があるそうです。
6月
ジェーソン・リッツァー
 ☓
アドリエン・ブルーナー

リッツァーはカバレロ、ブルーナーはポンセ・デ・レオンと
元世界王者を喰った者どうしの対戦。
地味だけどかなりの好カード

Litzau vs Broner Bout is Likely For June, Says Schaefer






WBCヘビー級王者ビタリ・クリチコ

前挑戦者ソリスの再戦要求に対して
あまり前向きではようです。
と言うか
ぶっちゃけ再戦の機会を上げる気はなさそうです。

まあ、ソリスの自業自得だから仕方ないとは思う(´・ω・`)

Vitali won’t be giving Solis a rematch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリプルタイトル神戸、いよいよ明日 他

今週は暖かい日が続いています。
この調子なら今週末はお花見日和になりそうですね。

ま、それはさておき今日の話題

トリプルタイトルマッチin神戸

いよいよ明日に迫ってきています。
昨日はその調印式が行なわれています。
また、今日は前日計量ですね。

Photo


WBCフェザー級タイトルマッチ
長谷川穂積

ジョニー・ゴンザレス


Photo_2

WBC・Sバンタム級タイトルマッチ
西岡利晃

マウリシオ・ムニョス


WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛
 ☓
ウンベルト・グチェレス


長谷川「3人の王者で力を勇気を」








元3階級制覇王者エリック・モラレス

『この試合でマイダナを倒して、私は歴史を作る!』
だそうです。

Erik Morales: I Will Make History By Beating Maidana


一方こんな声もあるみたいですね。
『この試合にタイトルかける必要戦あるの?』

Maidana vs Morales: An Interim Title is Not Necessary





ファン・マヌエル・マルケス

GBPからはIBF王者ザブ・ジュダーに挑戦するか
ロバート・ゲレロ相手に防衛戦でオファーがあるそうです。

一方でマニー・パッキャオとの第3戦もあきらめてない模様。
この場合トップランクと契約しなければならず
その際にはまだマルケスとの契約がまだ終わってないと主張する
GBPが何か言ってくるものと思われる。

さて、どう動くのか?

Marquez Eyes Judah, But Won't Rule Out Manny Pacquiao






こんな記事が載ってました。

ファン・マヌエル・ロペス

オルランド・サリド



この試合は少数のファンが見たがってる試合だ。

誰が見たいんだよ、こんな試合!

だそうですw

Lopez vs. Salido: A fight few boxing fans want to see








セルヒオ・マルチネス

次の試合は9月になる可能性があるみたいです。
年齢も年齢なんでもっと早く試合して欲しいですけど
なかなか難しいんですかね?

Sergio Martinez's Return Likely Pushed Back To September







オーダニエル・ソリス

アクシデンタルな足の負傷もあって世界挑戦は
わずか1RでKO負けとなってしまったソリス。

復帰は10月になる模様ですが…
なんかもの凄く勝手な事言ってる。

『入場無料でケルンで再戦を行なうべきだと思う。』

いや、勝手に怪我したのはあんただし
別にクリチコに責任は欠片もないし…
ならまず自身の試合でのファイトマネー返上しろや!
と、思わなくもない(´・ω・`)

Odlanier Solis To Possibly Return in October, Eyes Vitali

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トリプルタイトルマッチ予備検診 他

なんだかんだで時間があっという間にたっていますね。
まだまだ先だと思っていたトリプルタイトルマッチも
明後日まで迫っています。

で、予備検診が行なわれています。

WBCフェザー級タイトルマッチ
長谷川穂積
 ☓
ジョニー・ゴンザレス


ジョニゴンさん
『スピードは確かにハセガワの方がある。だが、ポテンシャルではオレが上だ』

ゴンサレス静かに挑発…WBC世界フェザー級

発揮されない潜在能力に何の意味があるのかと小一時間・・・(´・ω・`)


ちなみに長谷川ですが
この試合が指名試合ですが、連続指名試合の可能性があるそうです。
その場合の最有力候補は休養王者のエリオ・ロハス
まあ、これなら納得ですが、それ以外だと正直微妙

長谷川に「指名試合2試合」異例ノルマ




WBC・Sバンタム級タイトルマッチ
西岡利晃
 ☓
マウリシオ・ムニョス

西岡
『久々の関西での試合で、気持ちがワクワクしています。』
ムニョス
『自分の方がリーチが長いので、その利点を生かした試合をしたい。』


西岡、地元関西での試合に「ワクワク」




WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛
 ☓
ウンベルト・グチェレス


粟生
『見た目が幼い』
グチェレス
『アオウは私をKOすると言っているみたいだが、それは間違っている。』

粟生、5歳下挑戦者に「もっと大きいと思っていた」…WBC世界Sフェザー級戦


日本のファンの大部分が粟生のKO宣言とか信じてない件(´・ω・`)






前WBAフライ級王者ルイス・コンセプシオン

負け方とかに納得がいってないらしく
ヘルマン・マルケスとのダイレクトでのリマッチを望んでいる模様

Luis Concepcion: I Want a Direct Rematch With Marquez






マルコス・マイダナ

エリック・モラレス


モラレスの方の安全性について
ボブ・アラムが色々言っています。

まあ、言わんとする事は分からなくもないが
ぶっちゃけGBPの主催カードだから色々
言ってるんじゃねーの?

と、思わなくもない(´・ω・`)

Bob Arum, Bos Fear For The Safety of Erik Morales

Arum worried about Morales’ health for Maidana fight






WBAバンタム級王者アンセルモ・モレノ

GBPと4試合120万ドルなんて話が出てましたが
まだ正式なオファーがきてない。
とか契約を結んでないとか、そんな状況のようです。

この人も金金言いすぎて銭失ってるような気がします。

Anselmo Moreno Update

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放浪者の闘病日記その5 (入院2週目、その1)

その4からの続き



入院7日目



朝の目覚めは悪くない
検温でも体温は平熱で大分安定してきてる。
体は確実に良くなってきた・・・と思う。


なんだかんだで入院してもう1週間
なかなか退院の目処がつかないのが辛いところだが
入院生活には大分慣れてきた。


この日もまずは点滴
抗生物質と栄養剤を点滴。
まあ、これはいい。
が、利尿剤も併用されるのが辛い。

だって・・・昼間は水抜きがあるからトイレに行けない。
つまり…尿瓶使用決定な訳でして・・・
昼間は同室の人間の見舞いも結構来るものだから
ジャーって音を立てるのも憚られるわけで (;´Д`)
まあ、その辺に関してはこの日現れた奴のお陰で
気にする気もなくなりましたが…


で、点滴を打ってると看護師さん再度登場
看『じゃあ今日も抜きましょね。』
放『あい・・・』

つーわけで水抜きスタート
左右両方の背中から伸びる管を金魚鉢につないでセッティング完了。
さ、この後は達磨さん状態。
水抜きが完了するまでは何もできません。
大人しく寝たり、本読んだり・・・暇だ。




この日の特筆事項は・・・奴が現れた事

奴って誰だ?
奴の名はUB2号・・・俺の平和と睡眠を邪魔する危険な奴だ。

UBって何よ?
うん、ウザイババアの事

言い方は悪いけど他に言い方がないので
批判覚悟の上であえてこの呼び方します。
(ちなみに普通にしてるご老人に対して全く敬意を
持ってない訳ではないので念のため。)



まあ、要するに
UB1号が退院して消えていったと思ったら
なんと今度もっと最強最悪なのが同室に入院となってしまったのです。

なんと言うか、これがまた凄まじかった。

この日の昼間は家族が見舞いに来てたんですが
この段階で既に兆候あり。
なんか背中か何かを引っかきすぎて傷にしてたらしく
ひっかいてはいけない状態だったらしいんですが
昼真からもうひたすら家族に向かって

UB『かゆいー、掻いて掻いて!』
家族『だめ、触っちゃダメって言われたでしょ。』
UB『痒いのよ!掻いてって言ってるでしょ!』
家族『ダメだって言ってるでしょ。』
UB『あんた、親の言う事聞けないの!』

もうずーっとこんな感じ
部屋の中でひたっすら、やってました。


そしてこれは見舞いの家族が入る時に留まりませんでした。


夜、消灯の時間を過ぎても
UB『ちょっとー、誰かいないのー?』
放『・・・(何故叫ぶ?)』
UB『誰かー、誰か来てー!』
放『・・・(ナースコール押せよ)』
UB『誰かいないのー、私の事キチガイだと思ってるでしょー』
放『・・・(それは、まあ、そうだろう (;´Д`))』

・・・看護師登場
看『どうしましたかー?』
UB『痒いのよー』
看『お薬塗りましょねー』
UB『痛い!痛いわよ、何するの!』
看『ですからお薬をですねー』
UB『あんた、私の事馬鹿にしてるでしょ・・・云々かんぬん』

処置完了して看護師さん退場して数分足らず

UB『誰かー、誰か来てー・・・・』
以下繰り返す。


もう、これが酷い!

深夜になってもあんまりにもこれが続くもんだから
看護師さんも部屋に置いて置けなくて
車椅子だかストレッチャーだかに載せて、
ナースセンターの方に連れてって
ほぼ一晩中UBの相手。

しかも全然治まらず。
ナースセンターの隣の部屋の俺にはいい迷惑でした。





そんな感じでUBのあまりの酷さに
睡眠時間を削られながらこの日の夜は過ぎていくのでした。












入院8日目


朝5時起床

目覚めは最悪。

UB『誰か来てー』
『(この時間からやってんのかテメーは( ゚Д゚)) )』



看護師さんに確認したところ一晩中やってたそうです。 (;´Д`)
UB恐るべし


ちなみに朝のUB
UB『誰か来てー』
UB『誰もいないのー』
UB『酷い病院だねー』
UB『社長さんに言うよ』
UB『社長さん呼んできて』


本当にウゼー!!


ちなみにUBはあまりに手がかかり過ぎる為
通常なら土日は12時〰、平日は14時〰のところ
朝一番で家族が介護に呼び出されてました。



まあ、それはさておき、この日は特別な検査や治療はなし。


朝から点滴&利尿剤
左右の肺から水抜き。



昼間もUBはうるさかったですが
家族情報でUBの特徴として
・一晩中騒ぐのは1日おき
・昼寝をさせなければ夜も寝る可能性が高い

ってな事があるらしく
昼間の家族のババア寝かせねーぞ、オラァ!
攻勢もあり、この日はUB普通に就寝


ついでに俺も無事就寝(´・ω・`)







入院9日目



体温は安定、体調も好調

午前:朝一番で胸部レントゲン、腹部CT、腹部エコー

その後例によって点滴&利尿剤
そしてドレーン管の水抜き


午後:先生の回診

会話の概要

医『レントゲンの検査の結果、水も大分抜けてきてますね。
  体温も大分安定してるみたいだし、悪くはないです。』


医『検査の結果なんですが、まだ原因が特定できてません。』
放『そうですか (;´Д`)』
医『今調べてるもので、原因の特定ができない場合
  外科の方の先生にも協力してもらって検査する必要あるかもですね。』
放『え・・・(汗)』
医『それでもダメな場合なんですけどね、胸部生検をして原因を特定する
  必要があるかもしれません。』
放『・・・え、え、(何それ?何それ?)』
医『この場合なんですけど胸部整形外科(?)がこちらの病院にはありませんので
  転院して、そちらがある病院に再入院してもらう必要性が出てきます。』
放『!!』
放『ちなみにその生検って何するんですか?』
医『胸部に内視鏡を入れて、細胞を取ってきて検査する方法です
  (ここはちょっとうろ覚えだけどニュアンスはこんな感じ)』
放『はあ、分かりましたー。(汗)』



この段階での把握事項
・現在も原因特定できていない。
・新たな検査を受ける可能性が出てきた
・何故か転院の必要性が出てくるかもしれない


もう、何がなんだか・・・w






今日のUB

1日おきなのかこの日も騒ぐ
人も迷惑も顧みず
今日も今日とて鳴きまくる

UB『誰かいないのー』

放『誰がいくか、ボケー!』







入院10日目


この日も体温は安定

点滴&利尿剤を実施
水抜きを実施

水抜きは結構長い事行なっているが
なかなか終わらない。
早く管抜いてくれ


ちなみにこの日は後になって挿入した右側の管が痛い。
立ってる分には平気だが
寝てると痛い旨を伝えたところ
管自体は抜かれなかったが固定してたテープを
一度剥がして固定しなおす事に。
一旦痛みが引いたようなので様子を見る事に!



この日はUBが大人しい日
こちらも就寝時間で大人しく就寝。






その6に続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

迫るトリプルタイトルマッチ 他

昨日はちょっと車ででかけましたので
ついでに近所の桜の名所を走ってみました。
まだ、蕾が少し膨らんできたかなー程度で
満開まではもう暫くかかりそうでした。


まあ、それはさておき今日の話題

WBCトリプルタイトルマッチ

4/8神戸
WBCフェザー級タイトルマッチ
長谷川穂積

ジョニー・ゴンザレス

長谷川が公開練習を行なっています。
新聞の記事によると動きは悪くないみたいですが
相手も危険な相手なのでどんな展開になるか楽しみです。

オレも頑張る!日本も頑張れ!長谷川、特製Tシャツ収益被災地へ…



WBC・Sバンタム級タイトルマッチ
西岡利晃

マウリシオ・ムニョス

WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛

ウンベルト・グチェレス


帝拳の2王者も開催地神戸入りしています。

西岡完全休養!V6へ順調…WBC世界Sバンタム級






前WBAフライ級王者となったルイス・コンセプシオン


セコンドの話を聞かず熱くなって打ち合ったとか
今回の敗北で教訓を得る事を期待するとか・・・
マネージャーが語ってます。

Photo

にしても、顔のダメージ酷いな

Concepcion's Manager Hopes Luis Will Learn From Defeat





亀1挑戦予定のダニエル・ディアス

ドン・キングが契約の件でクレームをつけてきていますが
今のところ試合を行なえるつもりみたいです。

Daniel Diaz To Go Forward With Koki Kameda Showdown






WBOライトフライ級王者ジョバンニ・セグラ

イバン・カルデロンを返り討ちにして、更に株を上げたセグラ。
現WBA王者ローマン・ゴンザレスが統一戦を望んでいる事に答えてますが
どうも階級アップを優先するつもりらしく
現階級での統一戦には乗り気じゃないような
コメントを出しています。

Giovani Segura Responds To Gonzalez, Talks Calderon Win




前WBOミニマム級王者ドニー・ニエテス

セグラが返上で空位になるであろう
ライトフライ級の決定戦?にターゲットを絞ってるようです。

Nietes Close To a Shot at The WBO Junior Flyweight Crown




前WBOライトフライ級王者イバン・カルデロン

キャリア終盤にきてセグラにKOで連敗を喫したカルデロン。
これで引退濃厚か?と思われたカルデロンですが
どうもミニマム級に階級を戻して再起を考えてるみたいです。

Ivan Calderon Will Move Back, Eyes 105-Pound Return

36歳とか計量級じゃ潮時だろうに・・・(´・ω・`)




前WBC&WBOバンタム級王者フェルナンド・モンティエル

切れていた契約に関しても新たな合意に達し
早い段階での再起を狙うそうです。

Montiel Says a New Agreement Reached With Zanfer





前WBA・Sウェルター級王者マルコス・マイダナ

エリック・モラレス戦に関して
『12ラウンド戦う準備はできている。
でも試合は早いラウンドで終わるだろうけどね。』
だ、そうです。

Maidana: I'm Ready For Twelve, But I Think it Ends Early






こんな話があるそうです。

9月
WBC・Sウェルター級タイトルマッチ
サウル・アルバレス

リカルド・マヨルガ

Saul Alvarez vs. Ricardo Mayorga in September?


GBPの温室栽培は酷すぎると思うんだ(´・ω・`)






先週末の試合で触れてなかった結果



4/2メキシコ
IBFフェザー級挑戦者決定戦
フェルナンド・ベルトランJr
 ☓
ホルヘ・ラシェルバ

結果:ラシェルバ3-0判定勝利



4/2メキシコ
WBCインター・フライ級タイトルマッチ
エドガー・ソーサ
 ☓
堀川賢一

結果:ソーサ8RTKO勝利



4/2メキシコ
WBCシルバー・フライ級タイトルマッチ
ウィベルト・ウイカブ
 ☓
シルビオ・オルティアヌ

結果:ウイカブ2-0判定勝利



4/2パナマ
WBAフライ級タイトルマッチ
ルイス・コンセプシオン
 ☓
ヘルナン・マルケス

結果:マルケス11RTKO勝利で新王者!



4/2ポーランド
WBCクルーザー級タイトルマッチ
クリストフ・ウロダルジク
 ☓
フランシスコ・パラシオス

結果:ウロダルジクが2-1判定で防衛成功!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

動画で見る週末世界戦他

動画に関してはいつ消されるのか
分かりませんので見たい人はお早めに


WBAフライ級タイトルマッチ
ルイス・コンセプシオン
 ☓
ヘルマン・マルケス



WBCフライ級インター・タイトルマッチ
エドガー・ソーサ

堀川賢一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(速報レポ)週末世界戦

4/2メキシコ
WBOライトフライ級タイトルマッチ
ジョバンニ・セグラ
 ☓
イバン・カルデロン

前回はセグラが完勝してました。
さて、今回はどうなるか?
1
前に出て圧力をかけていくのはセグラ。
カルデロンは最初は足を使いながら距離をとっていく。
ただ、ただ下がってるだけでは分が悪い事を理解してるのか
セグラを懐に入れまいとはしている。
序盤を見る限りパンチ力に関してはやはりセグラ。
カルデロンはクリンチを多用してセグラの攻勢を止めにいく。
ただ、序盤からこの戦い方は正直どうかと思う。
2
セグラはボディを多用してくる。
足を使ってくるカルデロンを止める意味でも有効か?
カルデロンは軽いパンチを放ちながら
ひたすら距離を取る&クリンチの繰り返し。
セグラは威力のありそうなパンチを放って行く。
このラウンドセグラはローブロー?か何かで
レフェリーから注意を受けていた。
3
下がるカルデロン、追うセグラで展開は続く。
セグラの攻勢が激しい。
カルデロンは下がっていると言うよりも
セグラに追い掛け回されていると入った感じ。
セグラの厳しいボディからの攻勢が続くと
カルデロンとうとう膝をついて座り込むようなダウン!
そして、そのまま立ち上がる事なく試合終了!

前回以上にセグラの一方的なパフォーマンスが目立ちました。
なんと言うか日本人があんまり強くないお呼ばれ外人さんを
ボディで嫌倒れさせる時みたいなラストシーンでした。

結果:3RTKOでセグラがカルデロンを返り討ちに成功!

IBFフェザー級挑戦者決定戦
フェルナンド・ベルトランJr
 ☓
ホルヘ・ラシェルバ

結果:3-0でラシェルバが判定勝利


この選手15年位前に来日して
当時帝拳かどこかが契約してたヒルベルト・ゴンザレスと
試合してたの見て良い選手だと思ったのを覚えてます。
まだ現役だったんですねー



4/2ドイツ
WBOクルーザー級タイトルマッチ
マルコ・ハック

ラン・ナカッシ

結果:ハックが3-0で6度目の防衛防衛成功


ヘビー級
ロベルト・ヘレリウス

サムエル・ピーター

結果:ヘレリウスが9RTKO勝利

サムピー衰えたり・・・


4/2フランス
WBAミドル級暫定タイトルマッチ
ハッサン・ナダム・ヌジカム
 ☓
ジョバンニ・ロレンソ

結果:ヌジカムが3-0で初防衛成功!

Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

(速報レポ)トリプル日本タイトルマッチ

久々のボクシング生観戦って事でホールまで足を伸ばして来ました。
結構観戦のチケットは売れてるようでして
当日券はリングサイドと指定Aのみで
いつも買うような安いチケットや立見席はなし。
でもせっかく行ったのでって事で指定A席で観戦。

入り口で大橋会長や川嶋元王者が東日本大震災の
義捐金の募金を呼びかけてましたので
心ばかりですが寄付させて頂きました。
ついでに川嶋さんに握手して貰ってきました。

ちなみにここでやっと勘違い解消。
この試合って大橋ジム主宰のフェニックスバトルだと
思ってたんですが
日テレ主催のダイナミックグローブでした。
だったら後日G+で見れたから
わざわざ行かんでもよかったな(汗)
まあ、楽しめたからいいかw

レポの内容は基本拳論さんに自分で投稿したものと同じになります。
違いは写真があるかないかの違いですかね?


日本ミニマム級タイトルマッチ
八重樫東
×
田中教仁
八重樫が順当に勝利を収めたって感じですかね。
ただ、勝ち負けは別として倒すか倒されるかの
田中の戦い方は単純に見てて面白かったです。



日本フェザー級タイトルマッチ
細野悟
×
安田




日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
岡田誠一

坂東ヒーロー





第4試合
原隆二

キティカセム

1
キティカセムが積極的に攻めてたものの
原のパンチが入るとキティカセムはリング上大の字
そのまま試合終了

2011040240

2011040242

1
序盤戦、単純なスピードなら田中か?
ただし八重樫の方が距離の取り方や間の取り方がうまいか?
あと田中は少し力んでるか?
2
八重樫は手数とボディが増えていい感じ
田中は狙っているのか見過ぎで手が出てない
3
田中は大きくて威力がありそうなパンチを合わせていく
八重樫は手数で対抗
4
田中は打たれてもいいような相打ち狙い
八重樫は相手を交わして自分だけ当てていく
打ち合いに会場がわく
このラウンド両者カット
八重樫はバッティング
田中はヒッティング
5
ひたすら相打ち上等の田中のブルファイトに場内がわく
パンチ入れてるのは八重樫だけど
消耗戦に突入しそうな雰囲気
6
このラウンドもしつこく激しい打撃戦
八重樫流血が増えたか2度目のドクターチェック
7
もらったら即返してた田中が失速
返しがワンテンポ遅れてきた
利いてきているか?
8
八重樫は田中の開いたガードを巧みに打っていく
田中は自分の距離を作れず空転が目立つ
9
八重樫は足を止めない
一定の距離を保って自分の距離で戦う
田中はポイントは苦しいか?
10
最後は激しい打ち合い
逆転狙いの田中はもとより
八重樫も最後まで倒しにいってて
最後までナイスファイトでした

2011040252

2011040253

2011040254

2011040255

判定
99ー92
99ー91
100ー91
3-0で八重樫が防衛に成功!

結局ミドルレンジで戦いながら出入りを行なった八重樫
ショートレンジでの自分の距離に持ち込めなかった田中。
最後まで距離の取り合いが上手かった

2011040229

2011040230

1
序盤から徹底的に接触をさけて

異常なまでに足を使って距離をとる安田
追ってボディをめり込ませる細野
戦略があるかもしれないがあえて言う
あの足の使い方はだめだろセコンドさん
それに対して『足いいよー』って・・・

2
必要以上に足を使う安田
ひたすら追ってく細野
安田に勝利のビジョンが見えてこない
3
二人の距離が詰まってきた
細野のパンチが何度か入ると
安田よろける
それを見てレフリーが試合をストップ

2011040237

2011040239

細野3ラウンドTKOで防衛成功

素人が何をと思われそうだけど
敢えて言います。
あれが戦略ならタイトルマッチ受けないでいい!
と思う位安田が酷かったです

2011040208 

2011040209 

1
静かな序盤のあと
岡田がいい右を入れていく
だが坂東も負けじといい左を中心に反撃2
岡田は小さなパンチをチョコチョコ入れていく
坂東は力いっぱい振るうパンチで反撃
終盤の右は凄い良かった
3
岡田が攻勢をかける
岡田のボディブローが冴える
坂東劣勢か?
ただしまだパンチの威力は十分
4
岡田のボディからのコンビが入る
坂東は自分の距離が作れず劣勢
そしてラウンド終盤坂東遂にダウン
立ったがダメージはありそう。

2011040215 

2011040216 

2011040217

5
岡田ダメージが残る坂東を詰めきれず
逆にゴツンゴツンとど突きあいで消耗戦の様相
岡田も苦しいか?
6
岡田いいのを入れるが単発で詰めきれない
これはと思うパンチにも坂東はタフネスと根性を見せる
岡田イラついてきたか?
7
殴る岡田
耐えて返す坂東
レフリーのマーチンが止め時をはかるように
ひたすら坂東の顔を伺い続ける

2011040218 

2011040225 

8
仕留めにかかる岡田
意地を見せる坂東
9
開始してすぐ
岡田の軽いパンチが入るとレフェリーマーチンがストップ
9R11秒だそうです。

2011040227 

2011040228 

岡田9ラウンドTKOで初防衛成功

2011040204 

2011040205 

2011040206 

原1ラウンドTKO勝利

第3試合
伯耆0ー1鎌内
第2試合
林3ー0渡部
第1試合
永吉1ラウンドTKO山崎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末試合予定 他

今日のちょっとした話題と週末の試合予定になります。

5月だかなんかだ予定されている亀1の防衛戦

亀1

ダニエル・ディアス

試合が流れる可能性が出てきたのかな?
ディアスが以前ドン・キングと契約してた時期があったようで
その契約の関係かなにかで
ドン・キングが何か言って来てる模様

亀陣営そのものには関係ないが
最悪挑戦者がまた変更!
となる可能性もでてきたのかもしれない。

Kameda vs Diaz is Under Threat By Don King Legal Claim



ファン・マヌエル・マルケス

GBPはマルケスに対してザブ・ジュダー戦や
ロバート・ゲレロ戦などある程度お金になるオファーを出して
契約交渉をしようとしてる模様。
一方のマルケスはどうでるのか?
このまま亀(動物の方)のように引きこもって
ひたすらパッキャオ狙いで行くのか?

さてさて、どうなる?

Schaefer: Marquez has Attractive Offer for Judah, Guerrero


Photo

boxrecのトップページにのってたトニーさん。
同年代のホプさんに比べても酷すぎだろw




4/2ドイツ
WBOクルーザー級タイトルマッチ
マルコ・ハック
 ☓
ラン・ナカッス


Photo_2

ハックは6度目の防衛戦。
挑戦者は初挑戦の無敗


4/2メキシコ
WBCインターフライ級タイトルマッチ
エドガー・ソーサ
 ☓
堀川賢一


Photo_3

ソーサはまたしても日本人と対戦
堀川はこれに勝ったら大金星


4/2メキシコ
WBCシルバー・フライ級タイトルマッチ
ウィベルト・ユイカブ
 ☓
シルビオ・オルティアヌ


年末に亀田判定の被害にあったオルティアヌさん登場
相手はまあ地域タイトル王者レベルで世界って感じではないか?
これでオルティアヌさんが完敗したら、ある意味苦笑もの?


4/2パナマ
WBAフライ級タイトルマッチ
ルイス・コンセプション
 ☓
ヘルマン・マルケス

Photo_4

コンセプションはデンカオセンを一蹴して以来の試合。
やっと肩書きからも余計な一言が抜けて
本来あるべき表示になってはじめての試合。
相手のマルケスは昨年ドナイレに挑戦し完敗を喫して以来の世界戦。
一回級下げてきてはいるものの予想では断然ルイス有利か?


WBA女子Sバンタム級タイトルマッチ
リサ・ブラウン

チャンタール・マルチネス



4/2ポーランド
WBCクルーザー級タイトルマッチ
クリストフ・ウオダルジック
 ☓
フランシスコ・パラシオス

Wbc

王者は今回が2度目の防衛戦
挑戦者は世界初挑戦となる無敗挑戦者


4/2フランス
WBAミドル級暫定タイトルマッチ
ハッサン・ヌジカム
 ☓
ジョバンニ・ロレンソ

微妙な判定で王座に就いたハッサンの初防衛戦



4/2メキシコ
WBOライトフライ級タイトルマッチ
ジョバンニ・セグラ

イバン・カルデロン

Photo_5

因縁の再戦
前回はセグラの良いところばかりが目立ったが
今回はカルデロンがどうくるのかに注目。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パッキャオ始動 他海外からの話題

気が付けば今日から4月
今月から生活環境もガラッと一新し心機一転って人も
少なからずいるんじゃないかと思います。
そんな人は新しい環境で頑張っていきましょう。

で、それはおいておいてボクシングの話題



アジアの生んだスター マニー・パッキャオ

5月のモズリー戦に向けてスパーリング始動だそうです。
そんな話を聞くと試合が近づいて来たんだなーと実感します。

Pacman begins sparring



ちなみにそのパッキャオですが
アラムとGBPの争い絡みでも名前が出てきてますね。
アラムがGBPはパッキャオへの名誉毀損の件に関して
謝罪をしろとでも言ってるのかな?

Arum: Golden Boy Should Apologize To Manny Pacquiao



そのな話がある一方で
GBPはパッキャオVSマルケスPart3を実現したがってる。
なんて記事も出ていました。

正直GBPとアラム、パッキャオがこじれてると
その話にGBPが絡むのは厳しいと思うんだけどね

GBP quiere Marquez vs Pacquiao


そのファン・マヌエル・マルケス

マルケスはマルケスでパッキャオ戦をやりたいので
GBP自体にはそんなに拘りはないのかな?

Juan Manuel Marquez Discusses His Golden Boy Meeting







元WBA・Sウェルター級暫定王者石田順裕

海外ソースだと4/9にジェームズ・カークランド戦なんて
話が出ているのに、未だに日本のマスコミなんかだと
この件に関しての話が出てきてないけど
実際どうなるんでしょうね?

Morales-Maidana, Malignaggi-Cotto, Guerrero-Katsidis Bits







Sミドル級の元世界王者ミッケル・ケスラー

カール・フロッチ戦以降故障で実践から遠ざかっていましたが
6月に復帰?
なんて話が出ているみたいですね。

Kessler vs St-Juste Possible For June 4, Says Sauerland







元2階級制覇王者エリック・モレル

次回の試合でルイス・マルドナドを倒したら
その後はノニト・ドナイレ(WBC&WBO王者)戦だー
と吠えてるそうです。

Eric Morel: After Beating Maldonado, Bring Me Donaire


正直無理だろ・・・(´・ω・`)








WBAバンタム級スーパー王者アンセルモ・モレノ

GBPとの契約(4試合120万ドル)の話ですが
まだサインするには至ってないみたいです。

Anselmo Moreno Update


こう言っちゃなんだけど
モレノでこの金額は正直破格過ぎると思う。
それもドナイレとの契約の件がうまくいって
はじめてGBPにも利益が出る程度じゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放浪者の闘病日記その4 (入院1週目)

その3からの続き


入院2日目


この日は朝から少しだけ体調がいい
朝の検温でも熱は37度ちょっとくらいまで下がってる。

抗生剤の点滴が効いたのか?
それとも水抜きが効いたのかな?


朝10時ちょっと前から点滴開始
点滴は抗生剤などがメインになるが
看護師さんがもってきたのはこの段階で点滴1000cc弱?
(250cc☓2本、500cc1本)

放『点滴こんなにあるんですか?』
看『これが終わったら追加がありますよー』
放『そうですか(汗)』

こんな会話をした後に点滴開始
まあ、仕方ないので大人しくしてる事にする。


それから少しすると看護師さん再度登場!

看『じゃあ、今日も水抜きしましょうね。』
放『はいー(;´Д`)』


背中辺りから生えてる管に管を繋げて準備完了
さあ、今日も元気に水抜くか・・・(´・ω・`)


水は管からポタポタって感じで落ちてゆく
なかなか時間のかかる作業だ。

放『今日はどの位出たら終わりなんですか?』
看『今日は1000cc位出たら終わりだそうです。』
放『う、あ・・・』
看『便がしたくなったら外しますのでー、小水なら尿瓶にして下さいね。』

って事で水抜きスタート


書き忘れていたがこの段階では動いていいのはベッドの上だけ。
基本的には小水は尿瓶へ
それ以外の場合はマスクをつけて、看護師さんがおす車椅子での移動
どれだけ重病人扱いなんだよって感じでした。
(この段階では気づいてませんでしたが、実はこれは
排菌の可能性がある為、原因判明するまでは隔離に近い状態だったらしいです。)


ベッドの上から動けない事にはやる事が何もない。
まあ、横にテレビもあるし本もPSPもPCもありますが
そんな元気はなかったので仕方なく午前中はボーっとしてました。

そして昼食。
やはり食欲があまり沸かない。
結局この日も半分ほど食べてギブアップ。


午後になってもやる事は変わらず。
ひたすらベッドの上でボーっとするのみ。


この日は夕方に父が見舞いに・・・
その際に言っていたのが
『肺炎なら自分も子供の頃に何度もなってるけど
全然大したことないよー。』
いや、全然フォローになってないから (;´Д`)



そして父も帰って夕方
水抜きが終わらない・・・
放『まだですかー?』
看『んー、まだ水がチョロチョロ出てるから、もうちょっとねー』

なんてやりとりがあったりして結局
水抜き終了は夜8時過ぎ・・・
どんだけ長い事抜いてるんだよ。

ちなみに、この日抜いた水は大体800ccほどとの事でした。

夜の検温では熱は38℃オーバーに
早く熱下がってくれよ・・・orz



この晩も帰る帰ると昨日の婆さんが騒ぎ続ける中
夜はふけていくのでした。





入院3日目


まだ熱は下がらない。
相変わらず高熱と微熱の間をいったりきたり・・・

この日も朝から水抜き
水抜き中は管につながれてるので身動きとれないのは変わらず

なお、この日は胃カメラとCT検査を予定
検査の際には一旦管を外して検査優先

CTはさほど時間をかけずにできるものなので
特に苦労をする事なく撮影終了


問題だったのは胃カメラ
(胃カメラは人生初でした。)

まずは麻酔用に何かを口に含まされ
それを吐き出すと口が麻痺してる状態に!
そこに胃カメラを入れて行くんですが
これがまた苦しい。
最初の段階で本気でオエーってなるし
そこをなんとか乗り切ると今後はゲップが止まらない。

『我慢して下さいねー』なんて言われても無理です (;´Д`)

それでもなんとか胃カメラは終了
で、結果は問題なし。
『綺麗なものでした。』
って事でした。

胃カメラの検査終了

この後は病室にもどり水抜き再開
点滴&水抜きで一日終了

この日も水抜きで400cc位水は抜けてた模様。


今日も今日とて婆が吠える。
B『家に帰るー、家族呼んでちょうだいよ。』

放『お前の都合なんて知るかババァ、うるさくて眠れないんだよ。』
なんて事を考えながら眠りに落ちていくのでした。






入院4日目


抗生剤の点滴が効いてきたのか
水抜きの効果なのか、熱も大分下がってきた。
まあ、それでも微熱位はあったけどね・・・


この日は検査の為に胃液を採取
これが、また辛い上に屈辱的なんだわ。
鼻の穴から管を差し込んで胃袋まで。
結構痛くて涙出てましたからね。


そして以降はベッドで安静状態。
もちろん水抜き&点滴は継続中



この日も婆は相変わらず
『睡眠の邪魔するな!』
この一言を本人にはっきり言えればストレスも溜まらないんだろうな。






入院5日目



この頃になると昼は平熱
夕食後の検温だけ高熱になりまじめる。
確実に治療の効果が現れてると思われる。


午前中は相変わらずの点滴&水抜き


この日は回診の日なので午後は医者が回っている。
その時の主な会話。


放『先生どうですか?』
医『水は抜いてますから、確実に減ってますね。
  ただ、左の肺だけでなく右にも水が溜まり始めてますね。』
放『え・・・ (;´Д`)』


医『今のところ熱とかは安定して来てますが
  あなたの場合色々検査してるんですが、なかなか原因が特定できません。』
放『そうですか・・・』
医『細菌でもありませんでしたし
  癌の可能性も考えたんですが、胃カメラとかで調査しましたけど
  その線はありませんでした。』
放『ほっ!』
医『その他可能性としてあるのが結核なんですが
  ご家族で感染してたりする人いますか?』
放『いや、いません。』
医『あと、海外行ってたりしますか?』
放『去年なら欧州行きまくってましたが・・・ (;´Д`)』
医『欧州なら多分大丈夫だと思いますが海外で貰ってきたりするケースもあるんですよ』
医『とりあえず、まだ結果の出ていない調査の結果もありますので
  しばらくは原因の調査を続けましょう。』




なんてやりとりをして会話終了


この日のまとめ
・単純な肺炎の可能性はなくなったらしい。
・結局まだ原因不明らしい (;´Д`)

・癌や結核、HIVなんかが原因になってる可能性もあるらしい
あれ?俺ってもしかしてかなり重病なんじゃね?


その辺の可能性に戦々恐々としながら時間は過ぎていくのでした。


この日の朗報
・毎日深夜まで帰る帰ると騒いでいた婆が退院したらしい。
 静かな夜が帰ってきたのでした。
・結核菌を排菌していないことは確認がとれたので
 ベッドの上で待機っていうのは解除。
 ⇒ようするに自分一人でトイレ行ってよくなっただけw








入院6日目


熱も平熱近い状態で大分安定して来た。
夕方になると高熱が出るのはまだ、たまにある。

それ以外は水抜き&点滴





入院7日目


行なわれてる治療は水抜き&点滴

・午前中に胸部&腹部のエコー検査
・レントゲン撮影


午後に先生の回診

医『どうですか?』
放『たまに動くと胸が痛いです』
レントゲン見ながら
医『左は減ってますが、右の肺にも大分水が溜まってますね』
 『右もドレーン入れて水を抜きましょう。』


と言う事で右の肺にも管挿し決定 (;´Д`)

で、右の背中からも管が伸びる事になりました。
この日も挿管の時にはそんな痛みはなし。


この日から
水抜きの時間になると
両脇に置かれた金魚蜂に水を抜いて行く羽目に・・・

下手に動けないしある意味最悪な気分です。

胸水なんか大嫌いだー(´・ω・`)







その5につづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »