« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

トリプルタイトルマッチ挑戦者来日 他

今日も昼間は暖かく大分過ごしやすくなってきました。
このまま春らしい陽気が続いてくれるといいなと思う今日この頃。

さて、ボクシングの話題

トリプルタイトルマッチ
4/8神戸
WBCフェザー級タイトルマッチ
長谷川穂積
 ☓
ジョニー・ゴンザレス

WBC・Sバンタム級タイトルマッチ
西岡利晃
 ☓
マウリシオ・ムニョス

WBCフェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛

ウンベルト・グチェレス



挑戦者3人が少し早い気もしますが
3月30日にそれぞれ来日して記者会見を行なったそうです。

自信満々の挑戦者3人 トリプル世界戦 

Jhonny, feliz en Japon


一方迎え撃つ王者側は・・・
西岡利晃、粟生隆寛ともに、好調をアピールしてます。

西岡スパーV6戦へ自信「仕上がりいい」






4/2メキシコ
WBCインター・フライ級タイトルマッチ
エドガー・ソーサ
 ☓
堀川賢一

それぞれの記事ですが・・・
堀川の写真なんとなくむくんでる感じで酷くない?

Sosa espera complicada defensa

Sosa no aguantara la derecha

Sosa

Horikawa







4/9アメリカ
暫定WBA・Sライト級タイトル決定戦
マルコス・マイダナ

エリック・モラレス


大方の予想では圧倒的にマイダナ有利
で、試合を来週に控えてマイダナがインタビューで語っています。

Marcos Maidana Talks Morales, Mayweather, Khan, More

Maidana ready to chop down Morales


片方の記事でファンだったって持ち上げてるのに
片方の記事では復帰後の醜い肉体とか貶してるのね(´・ω・`)






WBOフェザー級王者ファン・マヌエル・ロペス

WBA王者ガンボアとの統一戦について聞かれ
お金が正当な額なら試合をするとの事

Juanma: I Told Gamboa To His Face, I Want The Fight!


こう言ってはなんだけどファンマも金金言っては
ビックマッチの機会をどんどんなくしそうな気がするわw







4/16アメリカ
WBCウェルター級タイトルマッチ
アンドレ・ベルト

ビクター・オルチス


この試合の展開について予想してる記事

Berto-Ortiz: Andre may crumble if Victor takes the fight to him early


正直オルチスはこの段階でベルト挑戦は危険かな?
素直にSライトでタイトル狙えばいいのにと思わない事もない。








ブランドン・リオス(WBAライト級王者)
 ☓
ミゲル・バスケス(IBFライト級王者)



この両者で統一戦か?なんて話が出てるみたいです。
最近碌に防衛をしてないタイトルを取ったばかりの選手でも
あっさりと統一戦に出る傾向があるような・・・

Rios vs Vazquez Unification: Robert Garcia Likes The Fight









バーナード・ホプキンス

ジアン・パスカル(WBCライトヘビー級王者)との舌戦はヒートアップ
曰く
『彼はリング上で死んでも不思議はない、それほど私は怒ってる。』

Hopkins: Don't Be Surprised if Pascal Dies in The Ring!



『死んだぞ、てめー( ゚д゚)、ペッ』
って感じかね?
ノリが80年代〰90年代のヤンキーマンガか!








セレスティノ・カバレロ(前WBC・Sバンタム級スーパー王者)

階級上げて試合して敗北したと思ったら
アメリカ進出でフェザー級ジョナサン・バロスに挑戦か?
なんて話が出てるらしい

Caballero-Barros Possibly Heading To The United States?

ビックマッチには恵まれないが運はあると思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ドナイレの契約問題、日本ランカーの処分の件 他

こんにちわ。
居住してる千葉県の水道水から基準値をはるかに超える
放射性ヨウ素が発見されたそうです・・・1週間前に。

えっと、それを今更発表してどうすんのよ
もう飲んでるし、使ってるだろう
発表するなら1週間前に発表しろよ (;´Д`)

そんな気分の今日この頃


まあ、それはさておきボクシングの話題





WBC&WBOバンタム級王者ノニト・ドナイレ

フェルナンド・モンティエルとのビックマッチで
一気にバンタム級シーンの主役を奪い
TopRankからGBPに移籍して、次はWBAだ!
なんて画策してたらしいですが
契約の問題で揉めてるらしいです。

TopRankとの契約の延長条項とか
その辺に引っかかったりする部分があったらしく
今後も暫くはTopRankの契約選手としてリングに上がる事になる?
ちなみに期限は2013年までなんて書かれてます。

まあ、これはこれとしてTopRankにしてもGBPにしても
ドナイレみたいな好選手を飼い殺して試合枯れするような
状況に陥らせる事だけは勘弁して欲しいですね。



Donaire could wind up fighting with Top Rank until 2013







日本ランカーだった飯田将成が試合で3RKO負けした際に
途中の減点や試合を止められた事に激高して
レフェリーに接触を伴う抗議をしたり
興奮した勢いのまま場内の椅子を蹴り飛ばすなど
暴れた事を受けて
JBCは飯田をライセンス無期限停止処分
所属するジムの星野会長を厳重注意した問題

粗暴行為で無期限停止処分=日本ランカーの飯田


判定に納得がいかないからいって短絡的に暴れた行為は正直最悪
JBCの下した裁定もまあ、当然かと・・・
感情のままに暴れるような選手がいると
ボクシング自体のイメージも悪くなるしね。
まあ、飯田は自分のキャリアを下らない事で自分で潰した感じですかね?






訃報
大川ジムの大川寛会長が亡くなったそうです。

会長自身は元東洋王者

育てた所属選手で代表は
元日本&東洋ライト級王者大友巌
(日本9度防衛、東洋5度防衛しナザロフ相手に陥落)
元日本Sバンタム級王者横田広明
(ウィルフレッド・バスケス・シニアに挑戦し善戦した技巧派)

ご冥福をお祈りします。

大川寛大川ジム会長死去 技巧派ボクサー







5/21カナダ
WBCライトヘビー級タイトルマッチ
ジアン・パスカル

バーナード・ホプキンス

試合に向けて両者舌戦を繰り広げているようです。

『ホプ爺さんを今度はぶっ倒してやるぜー』
ってのがパスカル

『パスカルは自分より20も若くて、採点でも有利にしてもらってたのに
前回自分に勝てなかった。
今回も同じようにするだけだ!』
と、ホプさん。

Hopkins, Pascal Continue War of Words in New York City

序盤パスカルが圧倒して
息切れした中盤以降にホプさんが盛り返し
最後はグダグだのホプキンスワールドになるんですね(´・ω・`)








4/2メキシコ
WBCインター・フライ級タイトルマッチ
エドガー・ソーサ

堀川賢一

試合を控えて堀川がメキシコ入り
『KOじゃなければ勝てない』
『勝つために来た』

気合は十分のようです!


Kenichi Horikawa Hits Mexico, Vows To Beat Sosa


頑張って欲しいけど、勝てる気がしない (;´Д`)







ファン・マヌエル・ロペス

ユリオルキス・ガンボア


ボブ・アラムはこの試合がお金が問題になって
試合の開催が遅れるってな事をいってます。

Juanma vs Gamboa Fight Delay is Explained By Arum


興行規模が小さいと儲からないからやりません(´・ω・`)






前IBF王者スティーブ・モリター

タカラニ・ヌドルフに敗北を喫し王座から陥落した
モリターですが、引退の可能性が出てきたみたいです。

Steve Molitor Hints at Retirement After The Ndlovu Loss


統一戦だー⇒前哨戦で無冠に・・・⇒もう辞める

落差でかすぎだろ






IBF・Sフライ級王者クリスチャン・ミハレス

初防衛戦で揉めてるらしい
ミハレス陣営はフランスのマリック・ボウジアヌ戦を予定

これに対してIBFはラウル・マルチネス戦をやれと
指令をしてきているそうです。

Cristian Mijares-Raul Martinez Being Pushed By The IBF


IBFだし、もしかしたら剥奪とか返上もあるのかもね


| | コメント (2) | トラックバック (0)

放浪者の闘病日記その3 (入院生活序盤戦)

その2からの続き



搬送された病院はかつての我が母校(高校)のとっても近く。
春は桜が咲き誇る、いい感じの桜並木がありとってもGOOD

その他仮に何かあっても
近くには火葬場も、他県人にも名前が知られてるような
有名な霊園もあります。
これで何かあっても大丈夫・・・、いやいやいやいや


まあ、そんな感じで転院先の病院への入院手続きが無事終了。

入院と相成ったんですが
病室へ通される前にまず簡単な検査
・尿検査
・血液検査
・CT検査
・検温
・問診


この時はもう、かなり熱でフラフラで
『とりあえず、なんでもいいから一旦病室で寝かせてよ!』
そんな感じでした。


で、病室に通される事になり、放浪者の長い入院生活が
はじまる事になったのでした。



入院生活1日目


病室に通された放浪者ですが
最初に通された病室は6人部屋。

『ここで暫く入院生活を送る事になるんだなー』
なんて事を考えていました。

さて、入院にあたってなんですが
緊急入院の為、それこそ着の身着のまま・・・
と言う訳で家族に申し訳ないがHELPコールをして
荷物を一通り持って来て頂きました。
(サンダル、歯磨き、携帯充電器、ノートPC、PSP&充電器、本等)

本当に助かりました。
『人間調子に乗ってても、
いざって時に一人じゃ何もできないものなんだなー。』と実感!

身内は大事です。病気になってつくづく感じたなー。

父母兄弟姉妹嫁娘息子
家族は大事にしましょう



まあ、そんなこんなで入院手続き終了〰

したと思ったら、まず昼食が。
いあ、今食欲とか全然ありませんが (;´Д`)

と言うことで昼食はほとんど残しました。


で、昼食の時間が終わったところで
看護士さん登場ー。

『さ、検査だ、検査!』

と思ったら・・・
看『放浪者さん、エコー検査なんですけど
  ここ狭くて機械入れるのちょっと難しそうですねー』
放『・・・(え、んじゃ、どうすんの?)』
看『えっと、お部屋の移動しましょう!』
放『は、はぁ(いや、この部屋入ったばっかりなんですが・・・)』
看『じゃあ、準備ができたら呼びに来ますのでちょっと待ってくださいね。』

呼びにきたので次の部屋に移動となりました。

放『えっと、ここですか?』
看『はい、そうです。ベッドはこちらを使ってくださいね。
  もうちょっとしたら先生きますので。』
放『あ、はい。』

って事になったけどさ

ここナースステーションの隣の処置室じゃねーか (;´Д`)

おまけにベッドの脇はでっかい窓でその奥はナースステーション。
通常ベッドの周りはカーテンがあるんですが
その方向だけカーテンがない。

『えーと、おいらプライベートなしですか?
確かにさっきのとこより広いけどさ…』



まあ、そんなこちらの思惑なんて病院側は知ったことじゃなく
結局部屋はここになりました。

この部屋は基本的には救急患者とか
症状が重くて看護師の目が届いた方がいい患者が
置いとかれるような部屋なんですけどね

同室の人もいましたが
まあ、この時の人は普通だったので割愛


で、しばらく待ってると
でっかい機材と一緒に医者登場
エコー検査との事らしい

『ん、なんか冷たい。』
位の印象しかないもののそれだけ受けて
エコー終了


エコー検査後はベッドにて待機
しばらく待つうちに点滴登場

まあ、高熱だし当然だよね。

点滴はじめてから、しばらくすると
看護師+医者登場!!

今度は何かなーと思ったら。

医者『肺の水抜きをしましょう。』との事。
放『何をするんですか?』
医者『ドレーン管を挿して、それで左の肺から少しずつ水を抜く感じですね。』
放『分かりました。じゃあお願いします。』

って事で管を挿す事に・・・
まあ、これ自体は麻酔(筋肉注射?)を打って
その後管を結果を通して挿入するだけなので
思った程痛くありませんでした。
(が、実はこの後この管が2週間挿しっ放しなろうとは。 (;´Д`))

医者『痛くありませんか?』
放『違和感はちょっとありますけど痛みは特にないです。』
医者『では、ここから水を抜くようになりますので。』
って事でこの先生は管だけ挿入して退場

続いての仕事は看護師さんが実施

看護師『では、水抜きしますねー』
ってことで

挿した管から水抜き開始。
体から伸びてる管に延長の管をつなげて
それを金魚鉢(大きさは全然大きい)みたいな容器に固定する。
そうすると、そこから水分がポタッ、ポタッと垂れてくる感じです。

ちなみに・・・
当然この処置がはじまると基本的には身動きができません。

看『トイレで便がしたい時は言ってくださいね、一度止めますから。』
放『小さいのの時はどうすればいいんですか?』
看『そこに尿瓶があるのでそこにして下さい。』

って、ちょっと待ったー!
このベッドの脇に大きな窓があるんですが!
で、ナースセンターから丸見えなんすが!
そんなところで小便できるかー!!!

と言う魂の叫びがありましたが結局はしぶしぶ同意して
大人しく寝ている事になりました。
(結局その日の水抜き終了までトイレできず (;´Д`))


で、そんなこんなで大人しくしてると
年配の医者登場。

これがこの後、基本的に自分の病状の判断をする事になる
主治医って感じの医者でした。(まあ、院長なんだけどね)

で、院長からちょっとお話
医『放浪者さん、肺に胸水だけじゃなく、お腹に腹水まで溜まってますね。
  これだけ状態酷いのはかなり珍しいですよ。』
放『はあ。(え?何重病? (;´Д`))』
医『まあ、肺から水抜きを行ないます。
  水が抜ければ熱も下がるでしょう。』
放『どの位で出れますかね?(3日?4日?)』
医『まあ、状態にもよるんで何とも言い難いですが当分入院ですね』
放『そうですか(ショボーン(つД`))』

医『現状では肺炎って事で入院してきてますので処置と平行して
  原因を調べる事になります。』
放『分かりました。(え?、え?単なる肺炎じゃないの?)』


なんてやりとりをしたもののこの日の医者とのお話は終了

・・・で、結局俺の病名なんなのよ?
ってのは調査前段階の為はっきりせず



その後水抜きを終了(この日は薬1200ccって言ってたかな?)
ついでに点滴も終了

と言う感じで入院1日目は更けていきました。




余談ですが
この頃他の病室にはうるさい老婆が入院中
夜中にも関わらず家に帰る、家族を呼べと大騒ぎ
看護師さんがナースステーションで一晩中なだめてました。
部屋がナースステーションの隣なので丸聞こえなのです。

『うるさいぞ婆さん、やかましくて眠れないだろうが!』
なんて事を考えているうちに眠りにつくのでした。





その4に続く



















| | コメント (4) | トラックバック (0)

トリプルタイトルマッチ その他

久々のボクシングの話題での記事になります。

入院中に何が辛かったと言うと
時間はありあまっていて、ノートPCはあるにも関わらず
ネット接続環境が皆無の病院だった事です。

その間1ヶ月ほぼボクシングの試合は見れませんでした。
せっかく復活したのでガンガン、今後は見ていけばいいですね。


まずはこの話題
トリプルタイトルマッチ
長谷川防衛戦
西岡防衛戦
粟生防衛戦

Hasegon
(海外のサイト見てたらスペイン語サイトにこんなバナーが。
やっぱまだジョニゴンさん人気あるんだなーと実感)


開催地が変更 

東京:両国国技館
 ↓
兵庫:神戸ワールド記念ホール

地震だったり、原発だったりと理由が重なった末
この直前での開催地変更となりました。

4・8トリプル世界戦、両国から神戸へ会場変更



で、ちょっと気になるのがチケット
30日から1週間ちょっとの販売期間となっています。
果たしてどの位の観客が入るんでしょう?

西日本在住の人は直前ですが
見に行ってみたらどうでしょうか?




ちなみにこのトリプルタイトルマッチですが
当日会場でチャリティオークションが行なわれるそうです。
目玉はマニー・パッキャオのサイン入りグローブ。
その他新旧世界王者のサイン入りグッズなど・・・

パッキャオ直筆グラブなど慈善オークション…トリプル世界戦




この試合前の時点で一度は
西岡利晃との統一戦が実現か?
と期待されていたIBF・Sバンタム級王者スティーブ・モリター

3/26南アフリカ
IBF・Sバンタム級タイトルマッチ
スティーブ・モリター

タカラニ・ヌドゥルフ

結果:3-0でヌドゥルフが新王者!


と、言う訳で敵地南アフリカでヌドゥルフとの
再戦に破れタイトル陥落となってしまいました。
必然的に西岡の統一戦の可能性も
お流れでしょうね。






歴代世界王者が集結し
この度の震災支援の為の募金活動を行なったそうです。
現役王者からも下田、内山等の参加もあったそうです。

歴代世界王者21人が募金活動 ガッツ氏「これが1ラウンド」






WBCミニマム級王者井岡一翔

1位ファン・エルナンデス陣営との入札に破れ
初防衛戦は敵地メキシコに乗り込んでの
試合になる可能性が濃厚なようです。

6月予定の一翔初防衛戦アウェーが有力…WBC世界ミニマム級戦


エリック・モラレス

マルコス・マイダナ
戦(WBA・Sライト級暫定タイトル決定戦)に
勝利してメキシカン初の4階級制覇を達成した後は
ライト級に落して5階級制覇達成するつもりだ!


…いや、そもそも4階級制覇できるか自体がかなりきついと思う(´・ω・`)

Erik Morales: After I Beat Maidana, Maybe Ill Go For Five

| | コメント (2) | トラックバック (0)

放浪者の闘病日記その2 (そして入院へ)

このブログのメインコンテンツは皆さんご存知の通りボクシングになります。

ただ、せっかく入院という形で安静を余儀なくされる生活を
1ヶ月も送る羽目になり
ストイックな生活
(PCのネット接続不可、テレビもほとんど見ない、禁煙)を
してきて訳だし
この際だから
自戒の意味を込めて入院生活を振り返ってみようかと思い
闘病日記をアップして行こうと思った次第です。


ですのでメインコンテンツのボクシング全然関係ありません。
闘病関連の記事でボクシングに触れる気も一切ありません。

ボクシング関連の記事を楽しみにしてる読者様
どうぞスルーして下さい。




前置き終了

その1からの続き


しばらく隔離された場所で待っていると
看護士さんから何点か再度質問をされた上で
検温、採血及び尿検査

これは高熱がずっと続いていて下がらなかった為
まずインフルエンザが疑われた為でした。
とりあえずこれが終わった後はまた放置
私が置かれていた場所はストレッチャーの上で
周囲は一応カーテンが掛かっていて個室?
みたいな感じで隔離されていました。

20分も待ったでしょうか?
看『血液検査の結果インフルエンザではありませんでしたー。』
放『そうですかー、(んじゃなんなんだろう?) 』
看『そのの他の原因を調べますので、まずレントゲン室でレントゲンを取ってください』
放『はい』


と言うわけでいわれた通りにレントゲン撮影の為にレントゲン室へ!
この段階では
『まあ、レントゲンでは何も出ないだろうな』
とか余裕ブッコイテました。

しかし・・・

レントゲン撮影の後10分も待ったでしょうか?
やっと医師に本日初お目見えです。



レントゲンを見ながら
医者『放浪者さん?あなたのこれ酷いねー、平気なの?』
放『はぁ?』
医者『ここ見て!この肺の部分。
    この部分だけ左側が全然見えてないでしょ!?
    これ肺に水が凄く溜まってる状態なんですよー
    まあ、要するに肺炎ですな
    普通こんだけ進行すると自覚症状あると思うんだけど
    あなた、これ本当に気づかなかったの?
放『いや、その、なんと言いますか、まあ・・・』
医者『ふーん、それは良いとして即入院ね』
放『いや、そんな事言われても・・・
   準備もしてないんで一回家に帰りたいんですが。』
医者『いや、これだけ酷い状態になるまで放っておいて云々』(説教モード)
放『えと、でも準備とか、お金とか色々と・・・』
医者『(説教モード)』


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・放浪者は敗北した (;´Д`)



とは言うものの実はこの病院ですが
入院施設のないクリニック
ただし系列の病院がいくつかありましたので
そちらへ入院できるように手続きが行なわれ
結局帰宅すら許されず、そのまま入院する事へ
移動に関しては病院側が用意した車で移動となりました。

さて、この後ですが、車に乗って転院先へ移動
そして入院と言う事になるのですが
この時私は
『まあ、単なる肺炎だし数日で退院だろう。』
なんて事を考えていました。

後になって考えれば凄く甘かった(´・ω・`)
その一言につきますがその事に全く気づいてもいませんでした。



その3に続く

| | コメント (6) | トラックバック (0)

放浪者の闘病日記 その1(病院訪問まで)

思いつくままに書いてます。
お前の闘病記なんて興味ねーよ
そんな人はスルー推奨



ことの始まりは今年に入ってから。

私はどうも『最近お腹が不自然に出てきたなー』
なんて事を思うようになってきていた。

最初のうちは
『まあ、メタボってきたのかな?』
なんて考えていたものの

そのうち別の症状も出始めてくる
・激しい息切れ
・食欲不振
・暴慢感


こんな感じである。

この頃になるとちょっと
『これは病院に行ったほうがいいんじゃないかな?』
なんて事は考えるものの
『面倒くさいからいいや!』
って誘惑に負けてしまいました。

もちろん何もしないで病状がよくはなりません。
薬局に行ってガスピタとガスター10を購入

『どっちかが効けばいいなー』
なんて事を考えながら数日経過

・・・よくなりません (;´Д`)

それどころか今度は38℃オーバーの高熱が!


ここからが酷かった。
市販の解熱薬を飲む⇒熱下がる⇒夜また上がるのループ

これを薬10日間程続けたでしょうか?


やっと負けを認める気になりました。
『諦めよう、これ病気だわ・・・』


と言うことで最寄の病院へ!!

放『ちわー、初診なんですがー』
看『どうしました?』
放『高熱が続くんですわ、なんとかしてください。』


通常ならここで待合室で待たされるんですが
時期的にもインフルエンザの可能性が考えられた為
隔離されたような待合室(と言うか処置室?)に通されました。

『んー、なんなんだろう、点滴でも打ってさっさと帰れればいいけど。』
この時はまだ暢気にこんな事を考えていました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

再開のお知らせとお礼

私事ではありますが本日めでたく退院となりました。

入院の際には何分緊急の為
ほぼ挨拶どころではありませんでしたが
コメントで普段見てくださってる読者の方からの
暖かい言葉を貰いまして大変嬉しかったです。

コメントでの返礼はできませんでしたが
この場にてお礼をさせて頂きます。


なお今回退院とはなりましたものの
まだ完治とはいきませんでしたので
(完治は半年かけての気の長い闘病生活の先)
無理は効きませんが
可能な範囲でボクシングの話題を追いかけていければと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »