« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

今年もお疲れ様でした & 3階級制覇を調べてみた

今日は大晦日
今年も一年色々ありましたがなんとか終わりました
皆さん、お疲れ様でした。
ではよいお年を!



なんとなく3階級制覇した王者の戦績とか相手とか見てみました。

アレクシス・アルゲリョ
世界戦戦績 19勝17KO3敗
主な対戦相手 オリバレス、エスカレラ、プライアー

ウィルフレド・ベニテス
世界戦戦績 8勝2KO2敗
主な対戦相手 レナード、ハーンズ、デュラン

ウイルフレド・ゴメス
世界戦戦績 19勝17KO3敗
主な対戦相手 サラテ、サンチェス、ピントール、ネルソン

ヘクター・カマチョ
世界戦戦績 9勝2KO4敗
主な対戦相手 チャベス、ティト、デラホーヤ、ロサリオ、ラミレス

フリオ・セサール・チャベス  
世界戦戦績 30勝21KO4敗1分
主な対戦相手 カマチョ、デラホーヤ、ウィテカ、ジュー

マイク・マッカラム
世界戦戦績 15勝8KO4敗1分
主な対戦相手 トニー、ロイ・ジョーンズ、ティオゾ

ウィルフレド・バスケス 
世界戦戦績 16勝9KO4敗1分
主な対戦相手 カニザレス、ハメド、セルメニョ

アイラン・バークレー  
世界戦戦績 3勝2KO6敗
主な対戦相手 ハーンズ、デュラン、ナン、ベン、マスケ、トニー
特筆すべきはハーンズ戦の2勝 陥落もデュラン、トニー

ジェームズ・トニー  
世界戦戦績 11勝4KO1敗1分1ノーコンテスト
主な対戦相手 ロイ、ナン、マッカラム、バークレー、ジーロフ、ジョンルイさん

フェリックス・トリニダード
世界戦戦績 20勝16KO1敗
主な対戦相手 デラホーヤ、ホプキンス、バルガス、カマチョ、ウィテカ、ジョッピー

ジョニー・タピア
世界戦戦績 17勝6KO2敗1分
主な対戦相手 バレラ、アヤラ、メディナ、ロメロ

エリック・モラレス
世界戦戦績 18勝11KO3敗1分
主な対戦相手 パッキャオ、バレラ、サラゴサ、アヤラ

マルコ・アントニオ・バレラ  
世界戦戦績 22勝12KO4敗
主な対戦相手 モラレス、ハメド、アヤラ、ジョーンズ、(パッキャオ)

シェーン・モズリー  
世界戦戦績 16勝12KO5敗
主な対戦相手 デラホーヤ、コット、ライト、マルガリート、(メイ)

ファン・マヌエル・マルケス
世界戦戦績 10勝5KO3敗1分
主な対戦相手 パッキャオ、バレラ、メイ、カサマヨル、ディアス、ジョン

フェルナンド・モンティエル
世界戦戦績 18勝14KO2敗
主な対戦相手 長谷川穂積、マーク・ジョンソン、カスティーリョ、エルナンデス

ミゲール・コット
世界戦戦績 15勝12KO2敗
主な対戦相手 パッキャオ、ジュダー、モズリー、マルガリート

微妙組
ジェフ・フェネック (新興IBF含む) 
世界戦戦績 11勝8KO2敗1分
主な対戦相手 サマート、カルロス・サラテ、アズマー・ネルソン、新垣諭

デューク・マッケンジー(新興WBO含む)
世界戦戦績 6勝3KO4敗
主な対戦相手 セサール・ソト、ダニエル・ヒメネス、スティーブ・ロビンソン

ウンベルト・ソト (王座決定戦ばっかw)
世界戦戦績 11勝5KO1敗1ノーコンテスト
主な対戦相手 フアレス、グスマン、デビッド・ディアス

ホルヘ・アルセ (Sフライ級が微妙な決定戦&フライの統一戦やってない)
世界戦戦績 18勝13KO4敗 
主な対戦相手 ダルチニアン、ミハレス、カルバハル

亀田興毅(言わずもがな) 
世界戦戦績 4勝0KO1敗
主な対戦相手 内藤、ポンサクレック、劣化ムニョス


戦績で微妙なのはマッケンジーとバークレー
ただバークレーはハーンズ、デュラン、レナードと80年代4強うち3人とやってて
陥落したのもデュランにトニーさんだから凄いや
マッケンジーは亀と変わらないww





ちなみに管理人の今年の色々な思い出

・タイでボクシングの興行に帯同
(バンコク愚連隊さんお世話になりました)

ボクシング色々観戦

・欧州放浪
ワールドカップのPV日本戦で
日本戦になるとガラガラだったのはw

ちなみ放浪記録w

100615053

プラハのPV会場

201006020107

ブダペストの鎖橋

100610125

ウィーンのDemelのザッハトルテ作ってるとこ

20100612120

チェスキークルムロフの世界遺産の町並み

1006170064

スロバキアのブラチスラバ旧市街

100617083

クラクフ旧市街

100618064

アウシュビッツ強制収容所跡地

100620007

ワルシャワの王宮

100621092

旧東ベルリン

Dsc06181

アムステルダム
アンネ・フランクの隠れ家前の入場待ち

Dsc06230

アムス
運河のとこの飾り窓街

Dsc06350

Dsc06384

ケルン大聖堂とドイツ料理&ケルシュビール

Dsc06490

Dsc06582

ベルギーのブリュッセル
世界3大ガッカリのひとつ
小便小僧のジュリアン君
裏観光名所のネタw 小便小娘

Dsc06664

Dsc06668

Dsc06717

アントワープ
上 ノートルダム寺院
中 フランダースの犬の舞台アピール(日本人向け)
下 ネロが最後に見て感動したルーベンスの絵
ちなみに絵を見たあと『おやすみ、パトラッシュ』へと続くのです

Dsc06798

ブルージュ
オランダの程有名じゃない風車

Dsc06853

量が多すぎて嫌がらせ仕様の
ベルギー名物ムール貝の白ワイン蒸し


Dsc06914

フランクフルト中央駅

| | コメント (6) | トラックバック (0)

これは酷い

今日の話題
動画です、気楽に見てください。



WBAバンタム級決定戦(茶番編)





本来の王者決定戦
(WBAバンタム級王座統一戦)
モレノVSセルメニョ





裏WBAバンタム級王座決定戦
(WBAに何故か認定されなかったけど本来は希望していた)
ノニト・ドナイレVSウラジミール・シドレンコ






他団体だけどバンタム級は本当はこんな感じなのよ編
長谷川穂積VSフェルナンド・モンティエル














亀2の戴冠試合(VSデンカオセン2)





現暫定王者で亀2の指名戦の相手のコンセプシオン
(VSデンカオセン)



ちなみにオルティアヌさんとの戦いは
需要も人気もないのかアップされてなかったw













今年の個人的ノックアウト・オブ・ザ・イヤー

| | コメント (9) | トラックバック (0)

年間MVPは西岡! &複数階級制覇の価値

今日の話題です

さて年間表彰が行われました。

MVP:西岡利晃

年間最高試合:長谷川穂積 VS フェルナンド・モンティエル

殊勲賞:内山高志
技能賞:長谷川穂積
努力賞:李冽理
KO賞:内山高志
敢闘賞:粟生隆寛  
    亀1
新鋭賞:亀海善寛
    宮崎亮

結果だけ見てみると・・・
亀1のMVPがなくて本当に良かった。
さすがに最後の一線は越えなかったみたいです。
まあ、試合の経緯とレベルが低かったしね。

で個人的に見てみると。
MVPの西岡
  妥当だと思います。
  内山とどっちかなと思ってました。
  ちなみに今年は2戦とも会場で見ましたが
  ムンロー戦は本当にいい試合でした。
殊勲賞&KO賞の内山
  MVPじゃなければこれは妥当かと。
  戴冠含め世界戦3連続KO
  年内にソリス戦が実現してたらMVPも狙えたでしょうね
  ちなみに戴冠試合と2度目の防衛戦を現地で見ましたが
  戴冠試合は予想外のKO勝ちで感動しました。
技能賞の長谷川
  衝撃のKO陥落と2階級上げてのタイトル獲得
  密度の濃い1年でした。
  陥落と2階級上げての決定戦って事で亀1と比較する向きもありますが
  亀1は決定戦にバンタム級実績皆無のムニョスを引っ張り出してきているが
  長谷川はバリバリの1位ブルゴスと対戦している点が全然違います。
  (ちなみにブルゴスは長谷川が出場しなければジョニゴンさんと対戦予定だった)
敢闘賞の粟生
  五輪メダリストからダウン奪って勝ってますからね
  今年じゃなければもっと評価高かったんじゃないですかね?
同じく敢闘賞の亀1
  さ、次いこ次
努力賞の李
  正直プーンサワットをあれだけ完全に封じるとは思ってませんでした。
  今年じゃなければ殊勲賞ものだったんじゃ?
  来年は下田→プーンサワットと厳しい1年になりそうですね
新鋭賞の亀海
  WOWFESでのアルファロ戦は見事でした。
  小野寺戦での王座獲得から一気に駆け上がってきた印象
  階級的には厳しいでしょうけど来年は勝負して欲しいな
  ちなみに今年は3戦中2戦現地で見ました。
同じく新鋭賞の宮崎
  同じジムの井岡かと思ってたのでちょっとしたサプライズ
  来年はこっちも勝負かけて欲しいね

年間最高試合 長谷川 - モンティエル
    日本人が負けたのに最高試合選ばれたケースは7年ぶり?
  まあ、事実上の統一戦と試合のグレードは高いし内容もいい試合でした。
  ちなみに管理人は長谷川大好きですが
  この試合は偶然モンティエルのパンチが決まって運悪く負けたと言うよりも
  モンティエルが前のラウンドから狙ってたのが入ったと思ってます。
  (決着ラウンドよりも前のラウンドに実際浅く入ってた)
  いずれにせよあの日は一瞬会場シーン・・・
  ってのが印象的でした








世界タイトルの複数階級制覇価値の独断で認定w


6階級制覇
マニー・パッキャオ
 ↓
オスカー・デ・ラ・ホーヤ (ミドル級のシュトルム戦は負けだろ)

5階級制覇
フロイド・メイウェザーJr
 ↓
トーマス・ハーンズ (新興団体WBOが含まれてる)
 ↓
シュガー・レイ・レナード(一回のタイトル戦で謎の2階級分のベルト獲得)

4階級制覇
ロベルト・デュラン 
パーネル・ウィテカー
ロイ・ジョーンズ・ジュニア
 ↓
 ↓
(対戦相手の質の壁)
(決定戦大杉の壁)
 ↓
レオ・ガメス

3階級制覇

オールドグレート(古過ぎて価値が分かりません。)
ボブ・フィッシモンズ    
トニー・カンゾネリ
バーニー・ロス
ヘンリー・アームストロング - 史上唯一で最多の3階級同時制覇。

文句なし偉業
アレクシス・アルゲリョ
ウィルフレド・ベニテス
ウイルフレド・ゴメス
ヘクター・カマチョ
フリオ・セサール・チャベス
マイク・マッカラム
ウィルフレド・バスケス
アイラン・バークレー
ジェームズ・トニー
フェリックス・トリニダード
ジョニー・タピア
エリック・モラレス
マルコ・アントニオ・バレラ
シェーン・モズリー
ファン・マヌエル・マルケス
フェルナンド・モンティエール
ミゲール・コット
 ↓
 ↓
ちょっと微妙
ジェフ・フェネック (新興IBF含む)
デューク・マッケンジー(新興WBOだったし)
ウンベルト・ソト (王座決定戦ばっかw)
ホルヘ・アルセ (Sフライ級が微妙な決定戦&フライの統一戦やってない)
 ↓
 ↓
 ↓
(防衛戦の壁)
(決定戦経緯の壁)
(対戦相手のレベルの壁)
(糞判定の壁)
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
亀田興毅 





異論は認めるが反論は受けない(´・ω・`)

| | コメント (24) | トラックバック (1)

まだ続く祭りの余波

いまだに続く祭りの余波
そして年末はネタがないのです

どうでもいいけど2chとかある意味本当に亀田祭りになってるw


Photo


オルティアヌさんw
気持ちは分かるぞ

『勝者!大毅の親父ー!
ダッド、ダッドーお願い僕の勝ちを買ってー。』

オルティアヌさんはこんなものを残したらしいw

亀田大毅が王座返上を明言 興毅は「体がバラバラ」


当然オルティアヌさんは判定に不服です

オルティアーヌ不服「勝っていたと思った」







亀田兄弟KO負け

[フィギュア]真央が視聴率で亀田3兄弟に“KO勝ち”

いい傾向です。
まあ、管理人は亀流し見で広瀬少佐の死に際見てたけど(´・ω・`)


視聴率での負けを受け
さすがにオヤジ狩り路線は自粛するのかな?

いずれにしても亀のこの一言に物申す
「激戦区やったしレベルがそろってた。俺たちは良い試合するだけ」

お前らいい試合なんかした事ないやん(´・ω・`)

亀田3兄弟“完敗” 4月防衛戦は新戦略で








まず突っ込み入れさせて欲しいのが

フライ級が限界ならまず優先してルイス・コンセプシオン呼んでこいやー
したら亀アンチだけど会場行ってたぞ

まあそんな勇気はないだろうけどねw

んで亀2今度はバンタムだー
とか言ってるけど…
1号と入れ替わる気満々、アホか!

大毅、王座返上へ「もう我慢したくない」


原田さんも会場で本音言えばいいのにw
まあ、今は昔と違うってとこだけが本音なのかね?


“幻の3階級制覇”ファイティング原田氏、興毅たたえる「よく研究していた」…WBA世界バンタム級









WBA・Sフライ級のランキング操作が始まります(´・ω・`)

ボクシング・亀田興、4階級制覇に関心

亀田4階級制覇と聞いて
ムニョスさんも決定戦出場に向けアップをはじめますw

【ボクシング】不満そうなムニョス 「一番強かったのはセレス小林」


と言うかムニョスはオルティアーヌさんと違って
再戦云々以前の問題だと思うんだw





産経が亀田家に喧嘩を売り始めました

【ボクシング】亀田興の3階級制覇に業界内の反応は冷ややか

【ボクシング】揺らぐ世界の権威、疑問符の3階級制覇 「黄金のバンタム」が泣いている

【ボクシング】4団体17階級、過去よりも複数階級制覇の価値下落

【ボクシング】興毅快挙の裏にカラクリ マッチメークに疑問続出

【甘口辛口】亀田3階級制覇はファジー? 「相手はとっくに峠を越えている“老兵”」


全部産経w
まあ、終わってから言うなって感じですが

| | コメント (11) | トラックバック (1)

ドナイレはどう見たのだろう?・・ 他

年末です!
色々と急がしいいです。

そしてネタがないです。




と言う事で昨日の亀田劇場の反応


【時事通信】

問われる「偉業」の価値=亀田興、老雄相手に3階級制覇-WBAダブル世界戦

【産経】

揺らぐ世界の権威、疑問符の3階級制覇 「バンタム」の名が泣いている

【スポニチ】

「評価すべき」と擁護も…業界内の反応は冷ややか



一部なりともマスコミ内でのあの茶番劇への
(と言うよりもタイトル戦の薄っぺらさなんでしょうね)
冷静な評価が出てきているのはいい傾向か?

ちなみに自分が読んだ読売新聞は
普通にガッカリするくらい亀田評価って感じの記事でした。
オルティーヌさんなんか挑戦者善戦程度の扱いだもんw
だめだわ、あそこの記者w






ちなみに昨日の亀田劇場
北側1列目にあの
現バンタム級のトップボクサー
ノニト・ドナイレ
が見に行ってたようです。

果たしてあの低レベルの試合を見て本当のトップボクサーは
何を感じたんでしょうね。

つーか今更ながら
ドナイレVSシドレンコが決定戦じゃなかったのが納得いかんわw

ついでにその後は石田順裕と食事に行ったりしてるようです。
その前にはパーティに出席し粟生隆寛と顔合わせ?もしたのかな?

亀祭り行ったソースは本人のFacebookね
パーティの方はこっち

Nonito Donaire: Filipino Flash is a Big Hit in Japan


ちなみにこの茶番
ドナイレさんは観戦後の感想なんかは
ツイッターで一切触れてません








ジョー小泉さんの英文レポ

亀2の試合

低レベル扱いしてんなw

Full Report: D Kameda-Olteanu



亀1

はっきりとは書いてないけど過去の日本の
2階級制覇王者より格上って事を言って欲しくない的なw

Full Report: K Kameda-Munoz







ESTO

日本の愛好家から評判が悪いにも関わらずアイドルボクサー?
TBSに好かれてるだけです。( ゚д゚)、ペッ

Japones Daiki Kameda retiene el titulo mosca















これ以外のネタ今日はないや
って事で!ノシ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

速報 亀

年内最後の世界戦?
まあ、さほどの興味なかったので結果のみ

前提条件
・亀1が立っていれば判定は無条件で亀勝利だと思ってます。
・管理人はアンチ亀の独自視点で見ています。
・亀ファンの人へ、文句言うくらいなら読まない事をお勧めします。











WBAバンタム級タイトルマッチ?
亀1
×
アレクサンドル・ムニョス

TBSの実況は糞実況なので当然消してました。

ムニョスやっぱ衰えたなー
バランス悪いのは相変わらずだが
スピードがより遅くなってた気がする。

レフェリーは当然亀田寄りw
あっさりムニョスから減点してたしね・・・
亀ホールドの注意も度重なるなら減点しようよ。

8R終了時にムニョスが亀1にポンッとかやってから
もしからしら亀1のKOあるかな?
とか思ってら最終ラウンドにKOになりそうで笑ったw

採点は個人的にはムニョス
最終ラウンドダウンと減点もあったし
差はポンサク戦程なかった。

だから亀1の勝ち判定がでると予想

で採点
やっぱ亀の勝ち
予想通りw

あの内容で亀の勝ちになるなら川嶋はムニョスに勝ってたな
まあ、今のムニョス引っ張り出した時点で考えられた結末


うん、何て言うか事前の予想通り茶番でした

と言うか
3階級制覇の価値が本気で落ちた

とりあえず
チャベス
バレラ
モラレス
マルケス
(モンティエル、アルセ)
この辺の選手と本気で亀1が肩を並べる存在なのか?

あり得ない!







WBAフライ級タイトルマッチ
亀2
×
シルビオ・オルティアーヌ

結果:亀2が2-1で防衛

亀田家は立っていれば判定では3~4ポイント位優遇されてる気がする
挑戦者の禿げ散らかし方が凄かったなw
ルイス・コンセプシオン見たかったな

一人が大差でオルティアーヌの勝ちにつけてたが
2人の判定は小差と中差で亀2
これは・・・





亀3
 ×
ピチット

結果:亀3が3RKO














総評:

なんと言うか茶番劇
WBAなんて嫌いです
ウェルカムIBF、来年こそ加盟へ!

なんだろ
坂の上の雲でも見てればよかったかも(´・ω・`)

| | コメント (43) | トラックバック (1)

亀田3階級制覇に原田氏の苦言?  他ニュース

年内開催のビックマッチが完全に終わってて
今週は静かな週末です。

で、今日の話題



亀1の3階級制覇
その価値に関してこんな記事が出てました。


相手は再起2戦目…亀田興毅「3階級」の価値に疑問符


ファイティング原田氏のプライドが感じられますね


原田世界挑戦制覇相手
フライ級  ○ポーン・キングピッチ
          記念碑が出来てるようなタイの英雄ですな
バンタム級 ○エデル・ジョフレ
     黄金のバンタム、後に2階級制覇、この人に勝ったのは原田だけ
フェザー級 ●ジョニー・ファメション
     1度目の対戦では勝っていた内容を無理やり負けにさせられたようなもの



亀1の3階級制覇挑戦の相手
ライトフライ級 ○ファン・ランダエタ
     急遽組まれた決定戦、ダウン奪われた挙句の疑惑の判定
フライ級 ○内藤大助
     35歳の王者、前々戦辺りから衰えが指摘されてた
     何故弟を先に挑戦させたか不明
バンタム級 ?アレクサンドル・ムニョス
     バンタム級での実績皆無
     1度は引退、再起2戦内容微妙
     タイトル決定戦直前にランキングの1位~5位まで総入れ替わり
     本来の王者は謎のスーパー王者昇格



さすがに上のを見て
亀1原田越えの3階級制覇とは言えないでしょ
原田氏の頃はしかも1団体、Jr階級なしだったんだし・・・
その辺もうそろそろ気づいて欲しい






こんな記事が出てます

アレクサンドル・ムニョスさんは
カメダ・コウキを早い段階でKOできると信じている
だそうです。

Munoz Believes He Can Knock Koki Kameda Out Early

まあ、眉唾だけどね
 
     








まあ、大体決まっていた流れなんですが
全日本ボクシング協会が統一戦を容認する流れになったのに伴い
IBFやWBOとの統一戦に限って認可するように
日本ボクシングコミッションに働きかけるとの事です。

未公認団体との交流要請へ 日本プロボクシング協会


まあ、動きの一歩目としてはいいんだけど・・・
高山勝成だったり山口賢一みたいに日本で引退して
海外に出ていって世界挑戦目指します
なんてのを出さない為には加盟するとか
もっと踏み込んでいく必要性があると思う












タイに遠征していた
ワタナベジムの選手たちの結果です。



ABCOフライ級タイトル決定戦
スリヤン・ポー・チョ-クチャイ
 ×
国重隆


スリヤン、国重共に世界挑戦経験者
スリヤンは前戦でポンサックレックに大苦戦を強いていて勢いのある選手


結果:スリヤン3-0判定勝利


国重大差負けですね




ABCO・Sフェザー級タイトルマッチ
ナパポーン・キティサックチョクチャイ
 ×
山元浩嗣


ナパポーンはラリオス、西岡と2度の世界戦経験のある選手
山元は日本ランカー

結果:ナパポーン6RTKO勝利



Suriyan, Napapol grab ABCO belts











ホルヘ・アルセ
『ウィルフレッド・バスケスJrと世界戦やらせろー』
と言っているらしい

相当厳しいとは思うけど
この人勝つとメキシカン初の4階級制覇だけに
やりたくて仕方ないんだろうね

Jorge Arce: I Want a Puerto Rican, Give Me Vazquez!












ボブ・アラム
ミゲル・アコスタ×ブランドン・リオスの勝者は
ウンベルト・ソト×ウルバノ・アンチロン2の勝者と戦う・・・かも』

嶋田さん・・・(´Д⊂ヽ

Soto vs Antillon II, Rios vs Acosta Winners To Collide

| | コメント (9) | トラックバック (0)

マルケスさん・・・ 他ニュース

年末のせいかクリスマス休暇のせいかネタがあまりないです

まあ、それでも今日の話題に参りましょう。


マニー・パッキャオ関連

結局マニー・パッキャオの次の試合はモズリーって事になってますね。
でそのモズリーですがなんかなーって発言が・・・

パッキャオを倒しにいくとか・・・

ちなみにモズリーさん
2009年は1勝(1KO)←これが2009年1月
2010年は2戦1敗1分

この状況じゃーなー期待感薄(´・ω・`)

Mosley: I'm Going in There To Knock Pacquiao Out!




パッキャオよりメイウェザーの方が難しい
とか・・・

まあ、メイ戦は終わっててなおかつ完敗だったし、そう言うだろうとは思うけどw

Mosley says Mayweather is more difficult than Pacquiao





ファン・マヌエル・マルケスさん・・・

ファイトマネー500万ドル+PVV50万件以上1件につき5ドル
を要求

ちなみにメイウェザー戦が
320万ドル+PVV分で100万ドル?

どっちにしてもメイウェザー戦の完敗の後で
よくもまあ、こんなに強気で出れるもんだな
そらモズリーに持ってかれるわ(´・ω・`)

ちなみにマルケス戦ですが
パッキャオとの第1戦引き分け後(フェザー級時代)に
再戦交渉でもっとファイトマネーを高くしろ!
とゴネて再戦が流れた結果
提示されたファイトマネーより、はるかに安い金額(数分の1)で
別の防衛戦をしている過去があります。

もっと己の立場を弁えましょう

って事なのかね?

Insider Notebook: Pacquiao-Mosley Bidding Battle, Marquez




そんなマルケスさんに・・・

エリック・モラレス
『マルケス戦は実現する!』
4月にマルケス戦を実現させたくてGBPと話し合ってるそうな

まあ、100万ドル以下でしょうが(´・ω・`)

Erik Morales Confident The Marquez Fight Will Happen




ボブ・アラムは・・・
(マルケスは)
パッキャオとやりたければベルト倒してくれば?

的な感じか?

Arum: Berto-Marquez Should Happen For Pacquiao Shot





ちなみに気が早いがその前座の話
WBCライト級王者ウンベルト・ソト
×
ウルバノ・アンチロン

この間行われた試合の再戦なんて話もあるらしい

Soto vs Antillon Rematch Likely For Pacquiao-Mosley








3/12ラスベガスMGM?
WBAスーパー世界Sウェルター級タイトルマッチ?
ミゲル・コット
×
リカルド・マヨルガ


こんな話があるそうです。


Cotto-Mayorga To Be Finalized For March 12, Says Arum




あとこっちも
4/16プエルトリコ
WBOフェザー級タイトルマッチ
ファン・マヌエル・ロペス
 ×
テオン・ケネディ

Juanma vs Kennedy in Play For April 16 in Puerto Rico

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報レポ カサレスVS久高 

速報レポです!


WBA・Sフライ級タイトルマッチ
ウーゴ・カサレス
×
久高寛之



ゲストは名城
開始と同時に解説が『さー、久高』との言い間違えで
『さー、名城』って言ってしまって、
それに名城が『はい。』とか答えてて笑ったw
1
積極的いったのは久高
カサレスは序版様子見
久高は左ジャブと右ボディがいいか
2
両者何度か飛び込んだときに頭ぶつけてるのがよくないな
カサレスはちょっと攻撃にシフト
久高はボディがよかった
3
カサレスが圧力を強め始める
久高はサークルで待ちがちで手があまりでない
カサレスの攻勢で久高は右まぶたをカット
4
カサレスが追い久高が迎え撃つ展開
久高のボディとラウンド終盤の右カウンターがとてもよかった
5
カサレスがスイッチしながらの攻勢
久高は手数が少ないか?
ただ、ラウンド終盤久高は相打ち気味のパンチで
カサレスに明確なダメージを与える
6
ペースはどっちもどっちだが
久高カサレスに何度かいいカウンターを入れてた
ただ、できればもっとボディを多く打ちたい
7
久高はカサレスのオーソドックススタイルには対応に余裕ができてきた
ただカウンター狙いすぎなのか手数が全然出ない為
中盤はカサレスが非常にしつこいインファイトに出てきていた
ラウンド終盤には久高のボディ攻勢でカサレスにいやな顔
8
しつこくくるカサレスに久高は後手に回る
カットした傷からの出血が多くなってきた
ラウンド終盤に久高の右カウンターが炸裂
カサレス結構ダメージ
久高いい感じになるか
9
このラウンドカサレスも手数が減ってきているので
久高も攻勢にどんどん出てこない
相手が待ちになった時に手が出ないのは問題だ
10
久高がプレッシャーをかけながら出る攻勢は悪くない。
ただ、カサレスが疲労からか手数が減っているのに
カウンター狙いが露骨過ぎて手数があまり出ないのは駄目
もっとボディ打てばいいのに
11
カサレスは疲労からか勢いは感じられなくなってるが
それでもしつこく攻勢に出てくる
久高は待ちすぎで後手後手に回ってしまっている
12
久高も自分からしつこくくる
一撃の威力では久高の方が残っているが
カサレスはちょこちょこと手数で勝負
終盤でもカウンター狙いすぎの久方
そして試合終了


久高もう少し自分から手を出してほしかったなー
カットした事を考慮しても
少し煮え切らない感じがした試合でした

さて、採点
116-112
117-111
117-111

勝者!ウーゴ・カサレスー

結果:カサレス3-0判定勝利



採点後少し不満顔も見えた久高
ただ、個人的な感想を言わせて貰えば

久高は 待ちすぎ、狙いすぎ、手出なすぎ、ボディ少なすぎ


試合後もアナは久高と名城間違えてたが
本人前にして何度もしつこく言い間違えるなよw

| | コメント (5) | トラックバック (0)

嶋田の世界戦流れるか? パッキャオの相手決定? 他

今日のニュースです


これは海外ソースで昨日も似た記事入れておきましたが
こんなのもありました。

ブランドン・リオスはアントニオ・デマルコとWヘッダーで試合

日程的にはこんな感じ

2/26
WBAライト級タイトルマッチ
ミゲル・アコスタ
 ×
ブランドン・リオス


日本発表
3月下旬
WBAライト級タイトルマッチ
ブランドン・リオス
 ×
ミゲル・アコスタ

リオス戦確定なら嶋田の挑戦流れそうですね
ちなみに
現在boxrecだと予定はリオス戦になってますね

Acosta-Rios, DeMarco-Sanchez Doubleheader in The Works









マニー・パッキャオ関連


どうも予想通りモズリーで決まったくさい

5/7
WBC・Sウェルター級タイトルマッチ
マニー・パッキャオ
 ×
シェーン・モズリー

Manny Pacquiao-Shane Mosley 船one Deal?


タイトルマッチではあるけど148ポンド契約ウェイトなのかな?

Pacquiao-Mosley Possible at 148, For WBC 154 Title


ちなみに
モズリーはこの試合で700万ドル超のファイトマネー?
誰もがパッキャオ戦望むわなw

Mosley Could Break $7 Million Mark in Pacquiao Bout


フレディ・ローチが
モズリー戦のあとはVSファン・マヌエル・マルケスⅢだって言ってる

正直いらん(´・ω・`)

Roach: Pacquiao-Marquez III Will Happen, After Mosley











明日は久高の世界戦

12/23大阪
WBA・Sフライ級タイトルマッチ
ウーゴ・カサレス
 ×
久高寛之


テレビはスカイAにて放送との事

で、今日は前日計量&調印式
これは両者パス

ボクシング:久高、世界王座奪取に期待 大阪で23日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カサレスー久高予備検診 他話題

地味に今日は忙しかったです。

下駄箱から適当に履いた革靴が歩いてる側から
靴底がドンドンぶっ壊れていき最終的には靴全損
大急ぎで靴屋に買いに行くというトラブルにも見舞われ
アポ先に遅刻・・・orz

まあ、そんな嫌な事は置いておいて
今日の話題はこれです!


12/23大阪
WBA・Sフライ級タイトルマッチ
ウーゴ・カサレス
 ×
久高寛之


予備計量が行われています。
なんかいよいよって感じですね


ボクシング:久高はリーチで下回る…スーパーフライ級







日本ライトフライ級王者井岡一翔

世界戦も決まったからって事なのか?
日本王座を返上してたそうです。

井岡一翔、世界挑戦視野にタイトル返上していた








ジョーさん(ジョー小泉さん)

まあ、本音を言えば嫌なんだろなw

英文記事の末尾w

Will he be greater than double-class champ Fighting Harada? No way.


Cazarez, Munoz arrive in Japan








バーナード・ホプキンス
(ホプさん、ホプ爺)


どうもWBCはパスカルとのリマッチに後ろ向きみたい

WBC not likely to order rematch



と言う事もあってか
IBFライトヘビー級王者タボリス・クラウド戦の
話も出てきてるみたいです

Hopkins next for Cloud?







WBAフェザー級スーパー王者クリス・ジョン

何故かここにきてビリー・ディブ(山口賢一戦でケチがついた選手)戦の
話が浮上してきてるみたいです。

・・・ガンボア戦まだー?(´・ω・`)


Chris John Update

Dib ready for John







ブランドン・リオス(ライト級の有力世界ランカー)

ウンベルト・ソトの王座に挑戦するはずが
急遽方向転向でミゲル・アコスタの王座に挑戦って話が・・・


嶋田さん無視ですか、そうですか(´・ω・`)

Rios to challenge Acosta

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日の話題&週末試合結果

今日の話題です。
まずはこの話題から


12/23大阪
WBA・Sフライ級タイトルマッチ
ウーゴ・カサレス
 ×
久高寛之


久高の挑戦を受けるカサレス
その公開練習が行われてますが
なんか・・・
『この試合に勝って返上、次は亀1とやる!』
とか言い出してます

えーと・・・
カサレスのとこと亀の家でこんな青写真?とか邪推
亀1が勝つのは規定路線
亀1が返上してカサレスが決定戦
カサレスが返上したSフライ級で亀2が決定戦
(1位~5位までなぜか、その話が来た辺りでランキングが綺麗に変わる)

…満更なさそうじゃないから困る(´・ω・`)
とりあえず・・・久高頑張れ。超頑張れ


カサレス、久高倒して転級し次は興毅とやる…WBA世界Sフライ級戦




亀1とやるムニョスが土曜日(18日)に来日してます

ムニョスが来日「興毅KOする」…26日・WBA世界バンタム級王座決定戦










昨日行われた
WBC・Lヘビー級タイトルマッチ
ジアン・パスカル
×
バーナード・ホプキンス


試合後はやっぱり揉めたか?
早くも陣営からリマッチ要請だとか・・・

Schaefer demands rematch


ちなみに珍しく
スコアカードが出てました。
これ見ると
10R2人がホプで1人がパスカルなのか・・・
この1人がホプにつけてたら結果はホプさんだったのね(´・ω・`)

スコアカード






エリック・モラレス

ファン・マヌエル・マルケスと戦う準備はできている。

昨日の試合っぷりでんな事言われてもなー(´・ω・`)

Erik Morales: "I'm Ready For Juan Manuel Marquez!"







ホルヘ・アルセ

来年にもウィルフレッド・バスケスJrに挑戦する!

まあ、楽勝は楽勝だったけど衰えは顕著だったし
Sバンタムだと相当きついと思われ

Jorge Arce Sets His Sights on Wilfredo Vazquez Jr. in 2011








マニー・パッキャオ関連

ファン・マヌエル・マルケス

自分とやらないならモズリーとやんないで
アンドレ・ベルトと戦え

とか言い出してますw

Marquez Rips Mosley: Tells Pacquiao To Face Berto








3/5
WBAウェルター級王者
ヴィヤスチェラフ・センチェンコ
 ×
サウル・アルバレス


決まりそうらしい
これはタイトルマッチになるのかね?


Alvarez-Senchenko in March?







週末の試合結果

アルゼンチン

IBFライトフライ級タイトルマッチ
ルイス・ラサルテ
×
ウリセス・ソリス

113-113
113-113
109-107

結果:判定0-1ドローでラサルテが防衛

ラサルテの地元である事を考慮するとこのスコア怪しいわなw

Luis Alberto Lazarte, Ulises Solis Ends in a Majority Draw




ドイツ
WBOクルーザー級タイトルマッチ
マルコ・ハック
 ×
デニス・レベデフ

115-113
115-113
112-116

結果:2-1でハックが防衛成功

| | コメント (3) | トラックバック (0)

速報レポ ホプキンス最高齢奪取なるか?

今日の試合結果速報です

カナダ

WBC・Lヘビー級タイトルマッチ
IBOライトヘビー級タイトルマッチ
ジアン・パスカル
 ×
バーナード・ホプキンス


ホプキンス最高齢世界奪取記録更新なるか?
1R
初めに足を使っていったのは王者パスカル。
ホプキンスは無理に追いかけては行かずに
じっくりと様子を見ながらの序盤。
それでも距離がつまってくると威嚇を兼ねてか
大きな右をふるって行く
ジリジリとした展開で続きラウンド終了間近
飛び込んでいったホプキンス
前にくるホプキンスに対してパスカルは右
これで勢いのままに手をつくホプキンス!
レフェリーの判断は・・・ダウン!
ホプキンスは後頭部を打たれたとのアピール
判定覆らず・・・
そしてラウンド終了
残り少しでの痛いダウン
2R
ホプキンスはさほどダウンのダメージを感じさせず
しかしパスカルはダウンで明らかに調子に乗った
大きな動きはなかったものの
パスカルは序盤少し感じた硬さがとれたか?
3R
ジリジリとプレッシャーをかけるパスカル
ちょっとホプキンス圧力を感じてるのか
足を使って距離をとろうとする
そんな展開で自分の距離を作ろうとする展開
飛び込んできたパスカルの左でホプキンスが膝をつく!
本人は笑っていてダウンじゃないとのアピール?
いずれにしてもホプキンスこの試合2度目のダウン
4R
パスカルは少し狙ってきているのかパンチが少し大きくなる
ホプキンスはペースを返るためかボディが増えてきた
基本は両者距離をとりながら
距離が詰まった瞬間攻勢にの展開…
んでラウンド終盤打ち合いの中でホプキンスがまたも膝をつく
ただし今回は後頭部を打たれたってことか
スリップの判定、で、ラウンド終了
5R
ホプキンスはボディはなかなかいい攻勢だが
それ以外の上への打撃は空転
一方パスカルは大振りなものの的中率は悪くない
パスカルがペースを掴んでいる感じ
ホプキンスがコーナーにパスカルを追い込むシーンも
あるにはあるがパスカルはコーナーから
あっさりと脱出、んで置き土産を残してく
6R
パスカルは少し足を使ってく
ホプキンスも追いかけるが捕らえきれない
せいぜいボディを何発か打てるくらいで
上への攻撃は大体パスカルにガードされてる感じか?
ホプキンスにとってはイライラする展開が続く
7R
ホプキンスがプレッシャーを強くかけていく
左のボディはかなりいい感じでヒット
少しペースが変わりつつあるか?
パスカルも先程までと違いホプキンスの攻勢を止めるのに
クリンチを用いる場面が増えてきた
8R
パスカルは少しペースを変えにきたのか
足を使って下がる展開から自分から前に出るようになってきた。
ホプキンスはこのラウンドは基本迎え撃つ感じか?
9R
前に出て行くホプキンス
パスカルもペースはゆずらず
パスカルも少し余裕はなくなってきている
10R
ホプキンスは前に出ながらの右ボディ打ちがいい
それとコンビネーションで打つ左のスイングブローも。
パスカルはカウンター狙いにしたのか
自分から積極的に打っていくのが減った。
ウランドインターバルのパスカル陣営も前半と違って余裕がないか?
11R
両者倒しにきているか?
打ち合いの時には大きく振るってく
その中でもホプキンスの右ボディはかなり有効だったように見えた。
ちょっとパスカルもボディが効いてきてたか?
パスカル
このラウンドは明確にホプキンスか?
いずれにしてもパスカルは前回のドーソン戦以上に余裕がない
12R
ホプキンス激しく攻勢をかけていく
パスカルは下がるばかり
ラスト1分は両者激しく!
揉み合いもあったが最後まで手が止まらなかった。

前半パスカル楽勝ペースから
ホプキンスが中盤以降盛り返した試合
このオヤジ半端ないわw

勝利のアピールのホプキンスだが果たして?
で、採点
114-112ホプキンス
113-113ドロー
114-114ドロー

マジョリティー・ドロー
ホプキンス実力は示すも最高齢奪取ならず

結果:パスカルが0-1ドローで防衛成功

ちなみに客席からはブーイング
やっぱホプさん有利と見てたかね?
ホプキンス自体も不満顔
パスカルも表情だけみると落ち込んでた感じ
まあ再戦とかなっても
ホプさんはいつガクッと力落ちても不思議ないから微妙







ポール・マリグナッジ
 ×
ミハエル・ロサダ

結果:マリグナッジ6RTKO勝利







メキシコ

ホルヘ・アルセ
 ×
アドルフォ・ラモス

1R
アルセが右ストレートであっさりとダウン奪う
追い討ちラッシュ
レフェリーが止める

結果:アルセ1RTKO勝利!


WBO暫定ライトフライ級タイトルマッチ
ラモン・ガルシア・ヒラレス
 ×
オマール・ソト


結果:ガルシア3-0大差で判定勝利






メキシコ

WBCシルバー・Sライト級タイトルマッチ
エリック・モラレス
 ×
フランシスコ・ロレンソ


1R
最初に積極的に出て行ったのはロレンソ
モラレスは最初は様子を見ながら距離をとってサークリング。
ロレンソは意欲十分
2R
モラレスが少し前に出始めるが
ロレンソ引かないで大きな振りでパンチを出す。
手数ではロレンソ
モラレスは一撃の重さと正確性で対抗
3R
ロレンソ意欲的に手を出し続ける
振りが大きく交わされているが当たったら威力がありそうだ
モラレスはロレンソの手が止まらないので
少しやりにくそう。
防御一辺倒に回らされるシーンも多い。
ただ数はさほどでもないものの
インサイドから小さなパンチを正確に入れていた。
4R
モラレスがプレッシャーをかけていき
ロレンソが下がる場面が増えてきた。
ただ、ロレンソは下がりっぱなしではなく
引きながら距離があいそうになると攻勢に出る。
手数の上ではロレンソが圧倒。
まあ、あんまり当たってないけど
5R
モラレスもロレンソも上狙いばかりで
ボディが少ないかな?
とか思っていたら・・・
モラレスのアッパーがヒット。
ちょっとロレンソはダメージがあるか?
そこをモラレスが連打で追い討ちをかけると
ロレンソ下がりなが立っていられ座り込むようにダウン。
まあ、すぎに立ってたしそこまで深刻なダメージでもないか?
6R
ロレンソがペースを変えるためかより積極的に手を出してくる。
モラレスはその攻勢を一頻り耐え切ると反撃。
ただしこのラウンドはロレンソが全く引かない。
ロレンソはかなりしつこく前に出て手を出してくる。
モラレスは休んでいるのか手数が少なめだった。
7R
ロレンソがしつこく前に出てきて
モラレスは迎え撃つ感じで進行。
ロレンソは被弾しながらもひたすら距離をつめて手を出す。
モラレスはコンパクトにカウンターを返していきながらも
ロレンソの前進を止めるには至らず辟易とした感じ。
8R
モラレスはなかなか自分のペースに持ち込めない。
一時的にロレンソを下げて攻勢を掛ける事ができたものの
結局前にでてくるロレンソに後ろに下げられて
ショートレンジで防戦を余儀なくされる。
あまりよろしくはない展開。
9R
途中採点のアナウンス?
なんかここまで2-1でモラレスなのかな?
(スペイン語分からん)
ロレンソはなんだかんだで自分の展開にできてると思うが
モラレスがそれにつき合わされてる感じで
なかなか自分の距離で戦えない。
もうちょっとボディも叩いておきたいところか?
10R
前へ出続けるロレンソ
モラレスはディフェンスは悪くないと思うが
攻勢がちょっと足りないんじゃないだろうか?
まあ、ロレンソもそんなに当ててないけどね
11R
なんだろう、消耗戦の様相を帯びてきたか…
モラレスが乱戦に巻き込まれたときに手が出ず
亀になるのがちと気になる

ラウンド終盤にモラレスはいいアッパーをヒット
ロレンソは前がかりで出て来る訳だし
これをもっと多用した方がいいんじゃね?
12R
なんだかんだで最終ラウンド
ここまでモラレスは全盛期のらしさとかは片鱗も見えず
乱戦での打ち合いでも完全に打ち勝つには至らない。
で、そのまま
どこか煮え切らないような展開で
最後はモラレスが足を使ってかわすような流れで試合終了

採点はともかく・・・
正直ガッカリだ。
もう少し魅せる戦い方して欲しかったわ

さて、採点
116-111
114-113
115-112

結果:エリック・モラレス判定勝利


ロレンソは今年だけでも
ホルヘ・リナレスに0-2の判定負け
エリック・モラレスに3-0ながら小差判定
と誰もとってもやりにくいスタイルなのかね?

モラレスは少なくともパッキャオ戦への期待はゼロだな(´・ω・`)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

内山防衛戦は延期から変更へ・・・

ちょっと残念な話題です


WBA・Sフェザー級暫定王者ホルヘ・ソリスの病欠で
延期になっていたWBA・Sフェザー級タイトル統一戦ですが
その続報が出てきました


結果としてはこの試合自体は中止


1/31有明コロシアム

WBA・Sフェザー級タイトルマッチ
内山高志
 ×
三浦隆司



WBA・Sバンタム級タイトルマッチ
李冽理
 ×
下田昭文



こうなりました。
結局暫定王者だったソリスが出場せずに
前座で日本タイトル戦を行う予定だった三浦が世界タイトル出場と・・・



正直なところ
ソリスの暫定王座問答無用で剥奪してくれないかー
WBAだし無理か
って感じですかね(´・ω・`)

まあ、内山VSソリスよりは興味が薄れた感はありますが
(決して内山、三浦が悪いわけではない)
内山VS三浦ですからそれなりのカードと言ってもいいかと


内山、三浦と対戦へ=1月31日にダブル世界戦-ボクシング






フロイド・メイウェーザーJr関連


この記事ひどいなw
この写真だとメイ普通に犯罪者だw

Photo_6

Floyd Mayweather Jr. Arrested in Vegas, Mugshot Photo




これはメイが保釈?されたって記事

Mayweather Jr. Released From Jail, Court Date is Set




メイ父の口悪いなw

Mayweather Sr. Rips Pacquiao: That Little F**king Midget





マニー・パッキャオ
32歳の誕生日を迎え
バースデイパーティで次の対戦相手の話がされてると思われ・・・

メイに関しては
対戦したい気持ちはあるとか
抱えてる法的問題解決して欲しいとか
なんかそんな事を言ったのかな?

Pacquiao wishes Mayweather well

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホプキンス、モラレス、他 週末の注目カード

今週末の注目カードをピックアップ!



12/17メキシコ
ルイス・ラモン・カンパス
 ×
エステバン・カマウ

元世界王者カンパスの111戦目
最近はトップクラスの選手には全然勝てなくなってますが
本当に息の長い選手です






12/17アメリカ
IBFライトヘビー級タイトルマッチ
タボリス・クラウド
 ×
フルゲンシオ・ズニガ

クラウド2度目の防衛戦






ヘビー級
オーダニエル・ソリス
 ×
レイ・オースティン

ヘビー級のホープ、ソリスの試合
なんだかんだで世界戦やらないうちに30になってます。
ちなみに相手のオースチンは元世界挑戦者



リカルド・マヨルガ
 ×
ミハエル・ウォーカー

元世界王者マヨルガが2年ぶりに復帰戦
この人MMA行ったんじゃなかったっけ?






12/17アメリカ
スティーブ・フォーブス
 ×
ロベルト・バレンズエラ

元世界王者フォーブスの試合
まだ33か
キャリアの割には以外と若いな







12/17アメリカ
カール・デービス
 ×
アーサー・ウィリアムズ

元クルーザー級王者ウィリアムズ
王座を失って10年、年齢も46!それでも元気に現役です
つか
タイトル奪われてから再戦も、世界戦もできてないんだから不遇やね







12/18アルゼンチン
IBFライトフライ級タイトルマッチ
ルイス・ラサルテ
 ×
ウリセス・ソリス

Photo_5


ラサルテがやっとの思いで掴んだタイトルの2度目の防衛戦
挑戦者は元安定王者のソリス
なかなか厳しい一戦になりそう






12/18アメリカ
WBCライトヘビー級タイトルマッチ
IBOライトヘビー級タイトルマッチ
ジアン・パスカル
 ×
バーナード・ホプキンス

Photo_4

今週の最注目カード
WBCタイトルを統一し勢いにのるパスカル
相手は中重力級で長い事壁になってきたホプキンス
もし仮にこれでホプキンスが勝ったりした場合
ファアマン越え(最高齢世界奪取記録)となります。




ポール・マリグナッジ
 ×
ミハエル・ロサダ

マリグナッジはカーン戦惨敗からの再起戦
相手のロサダは数年前に来日して世界戦でバレロに
1RKOで敗れている選手です



12/18ドイツ
WBOクルーザー級タイトルマッチ
マルコ・ハック
 ×
デニス・レベデフ

Photo_3

ハック5度目の防衛戦
相手は無敗で勢いのあるレベドフ








12/18メキシコ
WBO暫定ライトフライ級タイトルマッチ
ローマン・ガルシア・ヒラレス
 ×
オマール・ソト

ヒラレス2度目の防衛戦
相手のソトは10月に続いての世界挑戦
負けてもすぐ世界戦のイメージがありますw




ホルヘ・アルセ
 ×
アドルフォ・ラモス

Photo_2

アルセは前回パーラと引き分けて以来の試合となります




ホルヘ・ラシェルバ
 ×
ジョクサン・ヘルナンデス

ラシェルバとか懐かしい名前だ
この選手その昔来日して
当時売り出し中だったヒルベルト・ゴンザレスと
日本で中南米タイトルを争った記憶があります。
まだ現役だったのかw


オマール・チャベス
 ×
ルシアノ・クエリョ

オマールの4回戦路線はこれで打ち止めかな?
クエリョは前回シルバータイトルをかけて
サウル・アルバレスと12回戦を戦った選手です




12/18
WBCシルバー・Sライト級タイトルマッチ
エリック・モラレス
 ×
フランシスコ・ロレンソ

Photo


モラレス復帰後3戦目
相手のロレンソは元世界王者で
今年3月にホルヘ・リナレスの復帰戦の相手をつとめ
判定で0-2までいった選手です。







12/18メキシコ
レネ・ゴンザレス
 ×
ファン・モンティエル


レネは今年一度は世界1位までいった選手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リナレスはローチに師事?、ヘイは来年引退? 他ニュース

今日の話題です

ちなみに今日はネタが少なめなのであっさりと・・・









ホルヘ・リナレス

アメリカに活動拠点を動かすにあたって
トレーナーを
パッキャオ、カーンのセコンドにもついてるフレディ・ローチ
もしくは
ティモシー・ブラッドリーのトレーナーのジョエル・ディアス
なんて話が出てるみたいです


Linares with Roach?









マニー・パッキャオの対戦相手の話

michael koncz(パッキャオのアドバイザー)
候補として
シェーン・モズリー
ファン・マヌエル・マルケス
アンドレ・ベルト
なんかが上がってるが
5月までまだ時間もあるし大急ぎで決まる事はない

的なニュアンスの事言ってますね

Koncz: Pacquiao in No Rush To Select May 7 Opponent



んで、その候補の一人アンドレ・ベルト(WBCウェルター級王者)

モズリーに対しての劣勢を意識してか

パッキャオ対モズリー?
あんた、あんな年寄りとパッキャオの対戦なんか見たいか?


みたいな事言ってるね


ちなみにold assって年寄り野郎みたいなニュアンスでいいんだろうか?
古い尻っておかしいし・・・
スラングは難しい(´・ω・`)


Berto: Do You Want To See Pac Fight Mosley's Old Ass?












WBAヘビー級王者デビッド・ヘイ

クリチコ戦が実現するしないに関わらず
来年10月で引退する

なんて言ってます。


ボクサーの引退宣言はあてにならね(´・ω・`)


Haye: I'll Retire in October, With or Without Klitschko

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年明けのW世界戦延期へ・・・  他ニュース

冷え込みが激しい今日この頃
ちょっと風邪気味です

さて、今日の話題


ちょっと残念なお知らせです

1月10日に予定されていた

WBA・Sフェザー級タイトル統一戦
内山高志
×
ホルヘ・ソリス

WBA・Sバンタム級タイトルマッチ
李冽理
 ×
下田昭文

日本Sフェザー級タイトルマッチ
三浦隆司
 ×
福原力也


下記のカードですが
主催者発表によると
暫定王者ソリスが肺炎にかかった為との事で
延期になっています。(2月位に延期って事です)

これに伴い興行自体が延期になった為
他の試合も同じように延期・・・

大変残念です。

ちなみにこの話
ちょっと不思議なのが主催者発表だけで
メキシコからの情報が全然出てきてない事

本当に病気なんですかね(´・ω・`)


内山まさか!1・10ダブル世界戦延期…WBA世界Sフェザー級

Posponen el Uchiyama-Solis en Japon
(スペイン語ソースですが書いてるのは日本人です)






12/23大阪
WBA・Sフライ級タイトルマッチ
ウーゴ・カサレス
 ×
久高寛之

カサレスが防衛戦の為に日本に飛びましたよーって記事


Cazares volo a Japon











12/18アメリカ
WBCライトヘビー級タイトルマッチ
ジアン・パスカル
×
バーナード・ホプキンス

Photo

ホプキンスさんはロイ戦以来のリングで今年2戦目
年齢実に45才

いやー、年いっても頑張るやね

Photos: Pascal-Hopkins Presser













フレディ・ローチ

パッキャオの対戦相手について
シェーン・モズリーがベストチョイスだ
なんて事を言ってます。
ついでにメイウェザーに関しては否定的


なんかパッキャオの誕生日前に
モズリーでいくねーって空気が既に出来てる・・・(´・ω・`)
正直あんま興味わかないなー
それこそクロッティ戦と同程度の試合

Roach: Mosley The Best Choice, Floyd Jr. Playing Games



ついでにモンティエルVSドナイレについても言及し
見たとこ五分五分とか言ってますね

Roach: Fernando Montiel vs Nonito Donaire is a 50-50 Fight













ビック・ダルチニアン

先週末のアブナー・マレス戦の結果に納得がいってないらしく
リベンジマッチを希望してるようです。

Vic Darchinyan Praises Abner Mares, Eyes Revenge













エリック・モラレス

ファン・マヌエル・マルケス戦を切望してるようです。


今の自分のゴールはマルケス。
~中略~
試合はメキシコにとってもボクシング界にとっても偉大な一戦になる


実現したらどっちが勝ってもメキシカン初4階級制覇!
とかなるのかね(´・ω・`)

Morales: My Goal is Marquez

| | コメント (2) | トラックバック (0)

嶋田3度目の世界戦が内定! 他ニュース

今日の話題色々になります

まずこの話題


元日本ライト級王者嶋田雄大
その世界戦交渉中って話は以前からあったんですが
とうとう内定って事になったらしいです。

2011年3月後楽園ホール
WBAライト級タイトルマッチ
ミゲル・アコスタ
 ×
嶋田雄大



相手のアコスタですが嶋田戦が2度目の防衛戦
暫定タイトル決定戦でウンベルト・ソト相手に判定までいったアンチロンを9RKO
前回の王座統一戦で小堀、嶋田に勝ってるモセスを敵地で6RKO
と非常に危険な相手だと思われます。

まあ、嶋田に頑張ってほしいものです


嶋田が39歳で世界挑戦!来年3月に









何気に名城世界興行が豪華な件

2月5日大阪
WBC・Sフライ級タイトルマッチ
トマス・ロハス
 ×
名城信男


OPBFバンタム級タイトルマッチ
マルコム・ツニャカオ
 ×
安田幹男



加えて

ロデル・マヨール
 ×
向井寛史



キャリア数戦で、まだ世界上位の実力があるマヨール呼んでしまったそうですw
かなり無謀ですな(´・ω・`)
が、勝てば大きいとは思う


名城アンダーで、向井×マヨール













高山勝成のIBFタイトル挑戦の件
また記事出てました

今度こそ延期にならないといいけどね

Joyi defense set for January 29












WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ
アンセルモ・モレノ
 ×
ロレンソ・パーラ


未確定ではあるけど決まった?
みたいなニュアンスで記事になってました


Moreno-Parra in Panama?











アミール・カーン
試合後に色々なと事で言われるのが気になるのか
マイダナは自分を深刻に傷つける事ができなかった
とか言ってしまってます。

10Rとかあれストップの早いレフェリーだったら止めれられてた位やばかったんだがw
まあ、プライド高そうだしねw

Khan: Maidana Couldn't Seriously Hurt Me With His Best













マニー・パッキャオ関連

シェーン・モズリー
俺のボディショットは奴に深刻な問題を与えらるぜ


その前にまだ試合決まってないから(´・ω・`)

Mosley: My Body Shots Can Give Pacquiao Big Problems




ボブ・アラム

シェーン・モズリー戦が一番大金をパッキャオにもたらす


このおっさんの中ではモズリー一押しらしい(´・ω・`)
ちなみにパッキャオの誕生日かなんかで話し合いがされて決まるらしい

Pacquiao vs Mosley Pay-Per-View Could Head To May 7



セルヒオ・マルチネス
パッキャオ戦はあるかもしれないが154P以下のウェイトで戦う事はない


ローチは147Pならって言ってたし
まあ、これは実現不可能と見ていいのかな?

Sergio Martinez Mobbed With Pacquiao Questions in Mexico









WBA暫定ライトフライ級王者ローマン・ゴンザレス

来年の防衛戦ですが
オマール・ニーニョ戦が浮上してる模様

つかニーニョはケブ・バスへのオプション持ってないのかな?
あとロマゴン側のレベコ戦どうなんの?って問題があるそうな

Roman Gonzalez-Omar Nino is Possible For 2011 Clash










前WBOライトフライ級王者イバン・カルデロン

初敗北を喫したジョバンニ・セグラとの再戦を模索
これがダメならルイス・ラサルテVSウリセス・ソリス(IBF・ライトフライ級タイトルマッチ)の
勝者への挑戦狙い

って事らしい


calderon Eyes Lazarte-Solis Winner if No Segura Rematch








オスカー・デラホーヤがツイッターでつぶやいてました

アブナー・マレスがバンタム級トーナメントを制すると思う。
勝ったらノニト・ドナイレとやらせたい

だそうな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

IBF&WBO世界戦認可へ?、井岡世界挑戦の相手変更 他

今日の話題です


東日本ボクシング協会のIBF&WBO加盟の協議について
一応の結論がでたみたいです
(この件については西日本の協会から提案があったものです)

今回東日本協会の結論としては

・統一戦に限りIBF、WBOも認める

となっています。

国内防衛戦は?
海外防衛戦は?
即返上?

その辺に関しては23日の日本ボクシング協会の理事会で
協議される事になるそうです。

現段階では加盟へのステップになるのか?


統一戦に限りIBF、WBO認可 東日本ボクシング協会


以下
あくまでも個人的な意見


高山、山口みたいな選手がいろいろ出てくるのを防ぐ為にも
普通に加盟すればいいのに・・・

亀3の件でユース王座の防衛戦とかできるようにするか?
って問題は大急ぎで結論出してたのに
なんでこっちはこんなに無駄な時間かかってんの?

王座乱立どうこうって言うなら
むしろ一階級2王者(ないし3王者)がデフォのWBAのがやばくね?










井岡一翔の世界戦の件

なんか世界戦の相手が変わったらしい

ソースはバンコク愚連隊さんとこのブログで
タイで発表があったそうです。
今のとこ日本のマスコミ発表はまだか?

(タイのボクシング) オーレドンVS井岡!!2月6日大阪決戦!!


2月大阪
WBCミニマム級タイトルマッチ
オーレードン・シッサマーチャイ
 ×
井岡一翔


となったらしい。


ちなみにこの件のここまでの流れ

井岡が年末にWBC・LF級王者オマール・ニーニョに挑戦内定
 ↓
ニーニョがケブ・バスと選択試合での防衛戦を行う
(ニーニョが負けても井岡挑戦は内定済みで確認されてた)
 ↓
ニーニョまさかの陥落
ケブ・バースが新王者
 ↓
井岡との試合まで1ヶ月ちょいの段階なのに
ケブ・バースが地元で初防衛戦とか言い出す
井岡陣営『ちょっ・・・、何言ってんの』
 ↓
時期で揉めて年内開催無理、年明けにって話になってくる
 ↓
何故かタイで発表
井岡はオーレードンに挑戦する


なんだ、この流れw














記事ですっかり触れるの忘れてたこの話題
2011年チャンピオンカーニバル
一部流動的なカードもあるけど大体確定してます


ミニマム級
王者:八重樫東
 ×
挑戦者:C15位:田中教仁



Lフライ級
王者:井岡一翔
 ×
挑戦者:C10位:家住勝彦

  ※井岡は世界戦内定で返上?家住は決定戦に出場? 


フライ級(決定戦)
C14位:五十嵐俊幸
 ×
日本1位:小林タカヤス



Sフライ級
王者:佐藤洋太
 ×
挑戦者:C5位:河野公平



バンタム級
王者:山中慎介
 ×
挑戦者:日本1位:岩佐亮佑



Sバンタム級
王者:芹江匤晋
 ×
挑戦者:日本1位:瀬藤幹人

※芹江の負傷回復状況次第



フェザー級
王者:細野悟
 ×
日本1位:木原和正



Sフェザー級
王者:三浦隆司
 × 
挑戦者:前世界ランカー:福原力也



ライト級
王者:荒川仁人
 ×
挑戦者:日本4位:中森宏



Sライト級
王者:亀海喜寛
 ×
挑戦者:長瀬慎弥



ウェルター級
王者:井上庸
 ×
挑戦者:渡部あきのり



Sウェルター級
王者:チャーリー太田
 ×
挑戦者:丸元大成



ミドル級
王者・渕上誠
 ×
挑戦者:氏家福太郎













試合結果

OPBFライト級タイトルマッチ
三垣龍次
×
高瀬司




三垣V2「攻撃がイケイケに過ぎて雑に」…東洋太平洋ライト級










そういやこの話どうなったんだろう?
一部には李VS下田
いや
内山VSソリスだ

なんて話があったけど

ちなみに何故か今横浜光ジムのHPが見れなくなってます


ショック!カード変更か












週末のカーンVSマイダナ戦を振り返って

フレディ・ローチ

タオルを投げるつもりはなかった。
でもレフェリーに止められるんじゃないかと心配だった
でもレフェリーのジョー・コルテスがいい仕事をしてくれた

そんな趣旨の事言ってます


oach: I Thought About Stopping Amir Khan's Fight



ちなみにそのジョー・コルテス
酷いレフェリングでマイダナの邪魔をしてたって
批判されてますな

まあ、確かに見直してみて肘の減点とか
カーンのホールドをスルーとか
その辺はどうかた思ったけどねw

A Note on Khan vs. Maidana: Overly Involved Joe Cortez




で、そのカーンですが
GBPのオスカー・デラホーヤは
2011年にカーンVSメイウェザーを実現させたいって言ってます


De La Hoya Eyes Mayweather vs. Khan Clash in 2011


メイ収監されてんじゃないの?(´・ω・`)




で、そのカーンに唯一黒星をつけた男(1RKO)
ブレディス・プレスコット

カーンを再びKOする為にイギリスに行く

なんて事言ってます

Breidis Prescott: I'll Go To England, Knock Khan Out Again!



連敗したり、カーンのライバル候補ミッチェルに完敗したせいで
自分がもはやそんな事言ってられる立場じゃなくなった事分かってないのか?w



Photo

結果:三垣が8RTKOで防衛成功!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の話題と週末試合結果色々

今日の話題です

相変わらず月曜日はネタがないw


アミール・カーン

昨日のマルコス・マイダナ戦は激戦でしたが好試合
で、その試合のファイトマネーですが100万ドル近く稼いだそうです
(マイダナは550000ドルだそうです)

Amir Khan Getting $975,000 For Marcos Maidana Defense


この階級でこんだけ大きな金が動くとなると
亀海の世界戦はなかなか厳しそうですな




で、その両者ですが早くも次の対戦相手の話題が・・・
まずカーン

ザブ・ジュダー戦を4月にイングランドで
なんて話が出てますね

Khan vs Judah Possible For April in England, Says Schaefer



続いてマイダナ

ティモシー・ブラッドリーVSデボン・アレクサンダー
この試合の敗者となんて話が・・・

Maidana vs Bradley/Alexander Loser is Being Considered

・・・敗者となんだw





ノニト・ドナイレ
×
フェルナンド・モンティエル

もう舌戦はじめてんのか(´・ω・`)


Nonito Donaire Responds To Fernando Montiel's Talk






週末の試合結果

イギリス
暫定WBOライトヘビー級タイトル決定戦
ネーザン・クレバリー
 ×
ナジブ・モハメッディ


結果:クレバリーが3-0でタイトル獲得

Cleverly wins WBO interim belt







アメリカ
ジェフ・レイシー
 ×
ダフィール・スミス

結果:スミス3-0判定勝利

Shocker: Smith upsets Lacy


レイシー何してんだw








アメリカ(カーンVSマイダナ前座)
ファン・グスマン
 ×
ジェーソン・デービス

結果:グスマン2RKO勝利



ビクター・オルチス
 ×
レイモント・ピーターソン

結果:1-0でオルチス有利ながらドロー


オルチスはマイダナ戦での敗北で遠回り
ここでドローでまた足踏みか?
グスマンはウェイトをしっかり作れればまだ強いみたい







アメリカ(super4前座)

エリック・モレル
 ×
ファン・ホセ・ベルトラン


結果:モレル3-0判定勝利



セサール・セダ

×
エルニー・マルケス


結果:セダ1RTKO勝利






アメリカ

アントニオ・ピタルア
 ×
エド・パレデス

結果:ピタルア1-2で判定負け

ベテランも潮時かね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報レポ 激戦のSライト級統一戦

これも注目カードでした




WBA・Sライト級タイトル決定戦
アミール・カーン
 ×
マルコス・マイダナ

1R
足を使っていくカーン
力いっぱい大きいのを振るっていくマイダナ
ハンドスピードで上回るカーンが
マイダナの攻勢をいなしてマイダナをパンチを当てていく
ここである意味サプライズ
カーンの左右のボディブローが入るとなんとマイダナがダウン!!
ここで決まるかと思われたがラウンド終了
2R
マイダナは攻勢に出るもまだダメージがありそう
カーンの早いパンチにマイダナ対応できてない
何度かカーンのボディが入るがマイダナ効いてるか?
ここまでは完全にカーンペース
3R
マイダナ回復してきたのか攻勢を強める
強引にうちに来る中でマイダナの右がヒット!
カーン少し効いたのか手が出なくなる
追うマイダナ、下がるカーン
マイダナが攻勢に出る時間が増えてくる
マイダナが少し自分のペースに・・・
4R
カーンスピードで対抗しているが
少し逃げ腰になってきているか?
連打を入れるがマイダナが下がらなくなり
逆にカーンが後ろに下がるシーンが増えた
追うマイダナ
下がるカーン
5R
マイダナのプレッシャーがきつい
先程まではもっと出ていた連打だが
少し連打の数が減った(せいぜい2,3連打)
ここでマイダナは少しラフになってきていたのか
肘打ち?の反則で1ポイント減点
ポイント的には更にビハインドを背負う
ただペーストしてはマイダナのペースになりかけている
6R
下がるかーんをひたすら追うマイダナ
カーンの連打に対して
マイダナは強打で対抗し
度々カーンをロープにつめてくる
ちょっとカーンのアウトボクシングが逃げの姿勢に
なっているように見受けられる
7R
カーンはペースがよろしくないと見たか
攻勢を強めるも続かない
一方のマイダナはひたすら強打を振るっていく
的中率なら圧倒的にカーンだが
手数が明らかにマイダナ
8R
カーンが攻めに出てくる
ラウンド前半はマイダナ全然手がでてなかった。
ラウンド中盤以降は前に出てきたマイダナだったは
体は出るもパンチがあまり出ず
全体的にはカーンがラウンドを支配した印象
9R
足とスピードで勝負のカーン
マイダナはたんたんと前進して距離をつめにいく
ただしマイダナはカーンを追いきれない
上体だけ前に出て足が付いていってないから
バランスが悪い
マイダナはカーンなんとかロープにつめたいが
できていない
10R
カーンは自分のペースになってきたことで油断したか
不要にマイダナのロングの右を被弾してしまう。
これで一気に形勢逆転
カーンが非常にばたつく
ダメージが深いのか思うように手がでない
足を使って距離をとり凌ぎにかかる。
カーン足元が覚束ない。
ラウンド終盤はいつダウンをとられてもおかしくなかった。
11R
マイダナが完全に調子づいている。
カーンまだダメージが残っていそうだ。
足はまだ動いているものの攻勢につながらない。
逆にマイダナはチャンスと見て
強引につめっていく。
その際にカーンのカウンターを不用意に貰い
マイダナも結構なダメージを受けた。
ただ、これでもまだカーンのダメージが上か?
カーンはクリンチの際にもマイダナの腕を抱え込み
なんとか凌ごうとしていたような感じだった。
12R
攻守が激しく入れ替わりながらの試合も最終ラウンド。
マイダナは最後まで倒しにいき
激しい攻勢が続く。
一方のカーンはもう完全に守りに入っており
あまり手が出てこない。
カーンは正直かなり厳しい。
それでもカーン何とか凌いで試合終了

採点
114-111
114-111
113-112

勝者:アミール・カーン!

結果:3-0でカーンが王座統一

いい試合でした。
カーンが序盤で完全にペースを掴み決まったかと思ったら
そこからマイダナが盛り返して終わってみたらかなりの微差
これは再戦必至でしょうね

カーンは・・・
タフネスが問題かも?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

速報レポ バンタム級Super4&ミハレス世界戦

さあ、本日の注目カードです
バンタム級Super4トーナメント



ビック・ダルチニアン
 ×
アブナー・マレス


1R
リングをサークリングしていくマレス
ダルチニアンもただ真っ直ぐ追うのではなく
サイドへ動きながらジワジワと追っていく展開
ラウンド前半はそんな感じで両者距離を測り
ラウンド中盤になるとまずマレスが一気に距離ををつめ攻勢に出る
一瞬ロープにつまるダルチニアンだがそこはすぐ脱出
今度はダルチニアンが攻勢に出る
そうなるとダルチニアンだけが手を出す展開
それもすぐに攻守切り替わる
そんな感じで打ち合い自体はない序盤
2R
マレスが少しプレッシャーを強める
ダルチニアンはどちらかと言うと迎え撃つ感じ
攻勢を強めるマレスに対し
一瞬コーナーにつまったダルチニアン

マレスの打ち終わりに対してダルチニアンの右!
これでマレスがダウン
ただしダメージそのものはあまり感じられないか?
3R
危機感を強めたのかポイントを取り返しに来たのか
マレスがいっそう攻勢を強める
ダルチニアンは足を使いながら
前に出てくるマレスを迎え撃つ。
ただ、これだけ足を使うダルチニアンも珍しい
マレスが額の左側から大きく出血
バッティングによるものか?
4R
基本はやはり追うマレスに迎え撃つダルチニアン
マレス攻勢を強める
ここでアクシンデント?ローブロー
このローブローでマレス即減点
マレスはより危機感を強めるような展開となった。
その後も再度マレスはローブローで注意をもらっていた場面があった。
5R
ダルチニアンは距離をある程度とりながらとろうと戦おうをするが
マレスがしつこく入ってくるので戦いにくそう。
ダルチニアンのアッパーやストレートいい感じで入るが
マレスの前進を完全に止めるには至らない
逆に懐に入りこまれるとダルチニアンはばたついていた
6R
マレスの前進でダルチニアンロープやコーナにつまるシーン増えた。
ショートレンジでマレスが打つボディが有効で
これをきっかけにマレスが一方的に打ち込む場面も・・・
一方ダルチニアンはラウンド終盤に
いきなりの右ストレートを再三ヒットさせていた
7R
飛び込みながらの右を打ち込みにいったダルチニアンだが
そこにマレスの左が当たるとひっくり返る
これはダルチニアンのダウン!
ダメージは特に感じられないしダルチニアンも笑ってた
(インターバルのリプレイだとバランス崩したとこにタイミングよく左が軽く入った感じかな?)
8R
全体的にはマレスが追っていき
ダルチニアンは迎え撃つ展開で変わらず
ダルチニアンはある程度距離のあるとこからのいきなりの左ストレートが有効だった
9R
マレスが本当にしつこく前にでてくる
ダルチニアンは手数では完全に下回っている
カウンターで入ってる左アッパー以外はダルチニアン
目立った攻勢がないか?
10R
このラウンドダルチニアンは足を使いながら相手と距離をとり
カウンターを当てていく戦法にスイッチ
なかなか有効に機能していたように見えた
ただ、ラウンド終盤に出てきたマレスの
右でバランスを崩してたのでポイント的には微妙
11R
追うマレス。下がるダルチニアン。
ダルチニアンのカウンターが相当入ってるが
マレスもあんまり効いてないように見える
ダルチニアンはこの階級だとパンチ力あんまりないのかなー?
両者かなり疲れてるのか大振りが多くなってきていて
かつ空振りだと体が流れてる
12R
マレスは本当にスタミナある
このラウンドでもしつこく前進して手数を出してくる
ダルチニアンは単発の左
外れるとクリンチ
最後が倒すのを完全にあきらめてたと思う

試合終了
疲れきったダルチニアンと
勝利のアピールをするマレス
非常に対称的な両者

さて採点
スプリットデシジョンだそうです
115-111ダルチニアン
115-112マレス
最後の一人
115-111

結果:2-1でマレスの勝利


ダルチニアンは勝ったと思ってたようで最後の一人の採点が出た瞬間
表情が一変してましたw

あとなんか納得いかないもんがあったようで採点後
レフェリーのレフェリングに抗議してました。
ローブローの事かな?

ダルチニアンは体の方がまだ完全にバンタム級に適応できてないのかな?
もう1試合位見ないとなんとも言えないが
またしてもバンタム級進出失敗となります。
バンタムだとSフライ級までの圧倒的な強さはなさそうw

一方マレスは特筆すべき攻撃力はそこまでなさそうだけど
スタミナとタフネスに関しては相当なもんだと思いました。



IBFバンタム級タイトルマッチ
ヨニー・ペレス
 ×
ジョセフ・アグベコ


王者と挑戦者
立場を入れ替えての再戦

1R
出て行くのはペレス
アグベコは下がりながら一定の距離をとり
ペレスを懐に入れない戦法か?
ペレスは長期戦を視野に入れてか
ボディも織り交ぜながらの攻勢
比較的静かな攻防
2R
中間距離での戦いは変わらずだが
段々と打ち合いが激しさを増してきた。
アグベコは角度を変えながらの色々な右がいい
何度かストレートがクリーンヒットしてた。
一方ペレスは左ボディと右ストレートが有効
3R
ペレスがプレッシャーを強めてくる
アグベコは足を使ってペレスをいなしていく。
それでも両者の距離が度々つまる。
そうすると打ち合いになるが
どうもペレスの空振りが目立つか?
アグベコの方はちょこちょこパンチが入っているので
少し調子に乗ってきたようにも見受けられる。
4R
アグベコ完全にエンジンがかかってきた
軽いパンチの中に強打も織り混ぜて
自分ペースで試合を組み立ててるように見える。
一方のペレスはパンチが当たらないので
なかなか自分のペースに持ち込めず
逆に力んで空振りしたところにアグベコの軽いパンチを貰い
どうも悪循環になってきたように見える。
5R
アグベコの足が止まらない
ペレスが追うが追いきれず
手数、被弾共に下回っているように見える
6R
ペレス攻勢を強める
度々ショートレンジの打ち合い
ペレスのボディが増える
それによってペースが少し変わってきた
ペレスのクリーンヒットがかなり増えてきた。
こらのラウンド終盤のペレスの右はカウンターで入り
非常にいいクリーンヒットだった
7R
大分ペースが変わってきた
ペレスのパンチがカウンターで入る場面が増えた
8R
アグベコ先程までの展開ではマズイと見たか
自分から前に出てくる場面も・・・
一方のペレスは大分調子が出てきたのか
アグベコが出るところにうまくカウンターを入れてる
9R
ペレスはボディがいい
アグベコ少し空振りが増えてきたように見える
10R
このラウンドはアグベコのジャブが良く当たっていた
ペレスは少し疲れたのか手数がちょっと減ったように見える。
11R
ペレスが足を使って距離をとってくる
アグベコが追いかける展開に・・・
両者いい右をヒット
アグベコも終盤は疲れたかスピードが落ちた
12R
このラウンドは追うのがペレスに戻る
アグベコは足を使ってくるが
試合序盤ほどペレスのパンチを交わせない
両者最後まで決定的な場面は作れないまま
ペースの奪い合いに終始した感じか?

試合終了
勝利のアピールは両方
表情が明るいのはアグベコか?

さて採点
116-112
117-111
115-113

勝者!
アグベコ!!!!

結果:アグベコが3-0判定でタイトル奪還とにリベンジ成功


あーあ
予想してた最悪の展開だw
ペレスとダルチニアン揃ってこけた

ダルチペレスだとまあって感じ
ダルチアグベコは因縁の再戦
ペレスマレスも因縁の再戦

アグベコマレスとか・・・
誰が得するんだろうw











IBF・Sフライ級タイトルマッチ
ファン・アルベルト・ロサス
 ×
クリスチャン・ミハレス

試合前半はSuper4見ながらなので
流し見でした

1R
最初から前にでてくる
ミハレスは序盤様子見か?
2R
追うロサス
下がりながらカウンターを入れてくミハレス
ミハレスの左がいい
ロサスしつこく追ってミハレスをロープにつめる
3R
ロサスの攻勢がしつこい
ミハレスは距離がつまると手が出ない
ただ足を使って距離ができるといい攻勢
4R
ロサスの良く手が出る
ミハレスはなかなか自分の展開に持ち込めない
5R
ミハレスが足を使って距離を作ってくる
ロサスは追い足はあまりないか?
距離ができるとミハレスのジャブもかなり入る
ただ距離がつまった時にでるロサスのボディはなかなか
6R
ここも展開変わらず
7R
ミハレスは足使ってるんだけれども
どうもロープ際に追い込まれる場面が多い
8R
ミハレスはジャブで相手を懐に入れない事もできないし
かと言ってショートレンジになった時に
相手を強いパンチで下げる事もできてない
正直子の展開はミハレスにとっては
あまりよろしくない展開に見える。
ロサスはなんと言うか泥臭いファイター
なんだろう・・・パンチのない川嶋って感じ
9R
追ってくるロサスに対して
ミハレスは大分距離をとれてた。
ジャブもかなり入ってたし
このラウンドは明白にとったのでは?
10R
ロサスも大分疲れてきている
ミハレスは逆に攻勢を強めてきたのか
リードだけではなくて
連打とアッパーで迎え撃つ場面増えた
このラウンドで一番目立ったのは
ミハレスの回転の速い連打
11R
ラウンド開始と同時にロサスはしつこい連打
その後ミハレスも早い連打攻勢で反撃にでるが
体をつける→叩きつける連打の
しつこいロサスの攻勢の見栄えが良かったと思う
12R
やっぱりしつこくくるロサス
ミハレスも負けずにボディを中心とした連打でロサスを下げる
最後は両者打ち合いの中試合終了
アピールする両者だが採点は?

115-113
115-113
117-113

結果:ミハレスが3-0判定勝利で新王者!


ミハレスはWBC&WBAに続いて3本目のベルト

正直な感想で言えば
ミハレスも衰えたなーって感じ

まあ、スピードと回転力は相変わらず
ただ
なんとなくだけど遠からず陥落を予感させるような
危なっかしい勝利だったと思う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モンティエル前哨戦結果・・・ 他週末試合予定

冬なのに今日は暖かくていい休日です・・・

まあ、それはさておき今日の話題

12/10メキシコ
フェルナンド・モンティエル
 ×
ジョバンニ・ソト


Photo


ノンタイトル戦で登場のご存知モンティエル

結果:モンティエル2RKO勝利!


これに勝った事によって次はノニト・ドナイレ戦です!


Montiel destroys Soto



ちなみにそのドナイレですが
モンティエルに勝ったら次はウィルフレッド・バスケスJr(WBO・Sバンタム級王者)だ!
とか言ってるらしい

ビックマッチの前に次のビックマッチ予定とか・・・
どんだけ強気なんだろうw

Donaire Wants Vazquez Jr. Showdown After Montiel Bout









明日はこれがあります

バンタム級super4トーナメント

WBCシルバー・バンタム級タイトルマッチ
ビック・ダルチニアン
×
アブナー・マレス

Photo_3


IBFバンタム級タイトルマッチ
ヨニー・ペレス
 ×
ジョセフ・アグベコ

2


前座にはセサール・セダ、エリックモレルの世界ランカーも出場予定
ちなみに・・・
あくまでも個人的にはですがダルチニアンとペレスが揃ってこけた場合
決勝が盛り上がらないのではないかと・

SHOWTIME Bantam Tourney Pics










これもあります
アメリカ
WBA・Sライト級タイトル統一戦
アミール・カーン
 ×
マルコス・マイダナ

Photo_4


なかなか実現しなかったこの試合ですがついにって感じです
前座には
ビクター・オルチス
レイモント・ピーターソン
ファン・グスマン
等のランカークラスが出場予定


Khan, Maidana make weight



んでその試合関連
マイダナ

初っ端からブッ倒しにいく

Maidana; I'll Be Going For The Knockout at The First Bell



カーン本人の直近のコメントがなくて
変わりにフレディ・ローチ

カーンは6R以内にマイダナをKOする

Roach: Amir Khan Knocks Marcos Maidana Out Within Six












メキシコ
IBF・Sフライ級タイトルマッチ
ファン・アルベルト・ロサス
 ×
クリスチャン・ミハレス


Photo_5


ロサスは初防衛戦
注目は久々のSフライでのタイトルマッチになる挑戦者ミハレスが
3団体目のベルト獲得なるか?


Rosas, Mijares make weight





その他試合


アメリカ
ジェフ・レイシー
 ×
Dhafir Smith


元Sミドル級王者のレイシー
スター候補だったのにあの人は今状態



ウルグアイ
クリスチャン・ファッショ
 ×
相手未定


長谷川穂積の世界戦連続KO防衛の最初の被害者となったファッショ
なんかこの人もフェザー級で試合するみたいです



メキシコ
クリスチャン・エスキバル
×
デビッド・デラ・モーラ


密かな好カード

| | コメント (3) | トラックバック (0)

長谷川の防衛戦 他ニュース色々

今年もなんだかんだで残すところあと20日になりました。
忘年会だ大掃除だと皆さん忙しくされてるのとではいでしょうか?

それでも今日もマメにブログ更新
…たまになたやってんだろと思う事もありますが好きだから続くんでしょうねw


さて、今日の話題

WBCフェザー級王者長谷川穂積
そのV1戦ジョニゴンさんとの防衛戦の話題です。

ジョニゴンのプロモーターはこの試合をメキシコで開催したいらしく
メキシコシティのメキシコアリーナでやりたいとか言ってるらしいです。
とりあえず来年の1月10日までは自由交渉とかなんとか・・・
それでもまとまらなければ入札になる模様です。

Hazegawa-Gonzalez to Mexico?



ちなみに
王者の長谷川は早くもロードワーク再開

長谷川V1戦へ早くもロードワーク…WBC世界フェザー級


挑戦者のジョニゴンさんはキャンプ入り

Jhonny Gonzalez Back in Camp, Training For Hasegawa


と、両者共に早くも始動してるそうです。
それだけ両者危機感もってるんですかね?










今年のボクシングの殿堂入りの話題
フリオ・セサール・チャベス(3階級制覇)
マイク・タイソン(史上最年少でのヘビー級統一王者)

まあ、タイソンは問題も多々ありましたが功績を考えればありでしょう

ここまでは分かるとして・・・
シルベスター・スターローンとか…

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

いや、ないわーww

ちなみに授賞式ではお馴染みの
『エイドリアーーーン』とか
やるそうなw

いろいろあったけど…タイソン氏殿堂入り 「ロッキー」も











前日本バンタム級王者安田幹男
ロハス名城の前座で
マルコム・ツニャカオの持つOPBFバンタム級タイトル挑戦で
再起を行うそうです。

非常にリスキーな一戦ではありますが
勝てれば得るものも相当でかいでしょうね

・・・
なお、本気で物凄く余談ですが
ツニャカオはFacebookの更新がかなりマメです(´・ω・`)

安田再起へツニャカオに挑戦…東洋太平洋バンタム級









Photo_3

フロイド・メイウェザーJr
お、久々にメイの話題だ
と思って記事を読んでみました

裁判の話題でした(´・ω・`)

Mayweather con compromisos judiciales












フレディ・ローチの2連発

マニー・パッキャオVSセルヒオ・マルチネス

やるとしたらウェルター級のリミットのばあいのみ
だそうです。

まあ、要するに無理って事なんでしょうね

oach: Pacquiao vs Martinez, Only at 147-Pounds



マニー・パッキャオVSサウル・アルバレス

意訳すると
まずチャベスJrとやれや、話はそれからだ

だそうですw

Roach: Canelo Eyes Pacquiao?He Won't Even Face Chavez









延期になってたこの試合

IBFミニマム級タイトルマッチ
ヌコシタティ・ジョイ
 ×
高山勝成



高山のIBF挑戦の試合なんですが
なんか日程と場所が決まったみたいです
2011年1月29日との事

正直直前で延期してほぼ2ヶ月待たせるとか・・・
いい加減だなーとは思います

oyi vs Takayama Presser: Brawl Erupts, Fists Flying












マニー・パッキャオの対戦相手候補にあがってるシェーン・モズリー

俺はマルケスに勝てる
俺ならマルケスのチンを殴れるぜー

等とアピールしてます

正直必死だな(´・ω・`)

Mosley: I'd Beat Marquez, I Promise To Hit Pacquiao's Chin











Photo

最近のホルヘ・アルセ

試合が決まってます

にしても
見た目の劣化が激しいな


Photo_2


こっちはエリック・モラレス

これまた試合決まってます
こっちの見た目も劣化してます。



両方ともはじめて映像見たのが19位の時でしたけど
それから10数年でえらくかわっってますなw










なんかこんな記事が出てました
2011年2月28日
WBCフライ級タイトルマッチ
ポンサクレック・ウォンジョンカム
 ×
エドガー・ソーサ

で、ポンサクレックはこの試合の前に
12月のうちに1回防衛戦を行う?

ちなみにこれはタイの発表ではなく
メキシコの新聞ソースって事ですから
飛ばしかもね?

Sosa vs Wonjongkam?










Photo_4

アンソニー・ムンディン
 ×
グレス・ウッド

結果:ウッド5RKO勝利!



ちょ・・・ムンディン何やってんのw
10勝もしてない相手に負けてしまってます

Wood-Mundine: Full Report












2

Photo_5

オリバー・マッコール
 ×
フレス・オケンド


結果:マッコール2-1判定勝利!



元世界王者マッコール対元世界挑戦者オケンド
際どくもマッコールが勝利してます。

なお、マッコールももう45才Σ(・∀・|||)
タイトル獲得から16年経過しています。
(ちなみに現役生活25年)

McCall-Oquendo full report

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WBCランキング(2010年12月最新版)

WBCランキングの最新版になります。

先月のMVPはマニー・パッキャオ
準MVPは長谷川穂積となっています。


今回の記事のやり方について・・・
正直時間かかりすぎてあれなんで2度とやらねw



続きを読む "WBCランキング(2010年12月最新版)"

| | コメント (2)

長谷川の挑戦者候補? 他ニュース

今日の話題はこんな感じです。


WBCの最新ランキングが発表になってます。
先月の月間MVPはマニー・パッキャオ
次点が長谷川穂積

パッキャオと月がかぶったのが痛かったですねw


WBC公式サイト





元WBAフライ&前WBOバンタム級暫定王者エリック・モレル
12月に久しぶりの試合を行うそうですが
なんか
ターゲットがWBCフェザー級王者の長谷川穂積だとか言ってる

と言うか
この人なんでバンタム級時代の長谷川挑戦が流れたのか
忘れてるんでしょうか?
あんた日本入国厳しいでしょうが・・w(´・ω・`)



Eric Morel Ready To Return, Eyes Hasegawa Showdown








メキシコでまた勝手な事言ってる

2011/2 メキシコシティ
WBCフェザー級タイトルマッチ
長谷川穂積
 ×
ジョニー・ゴンザレス

WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛
 ×
ミッキー・ローマン



なんかいつの間にか粟生の相手候補変わってるな。
メキシコ側にしかメリットないわ
準備期間短いわ
高地だわ
これはないわwやるとしても入札だろうねー

個人的にはただの飛ばしで終わると思ってます

Mexico vs. Japan for WBC titles






ボブ・アラムのおっさんの発言関連

この試合が予定されているそうです

2011年3月頃
WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ
WBA・IBFフェザー級タイトルマッチ
クリス・ジョン
 ×
ユリオルキス・ガンボア



素朴な疑問なんだけどスーパー王者と統一王者が統一戦した場合
王座の扱いは試合後どうなるんだろう?


Chris John-Yuriorkis Gamboa Eyed For March, Says Arum




ここまでのところファン・マヌエル・マルケス戦は薄そう

Arum: No Counter-Proposal Received From Marquez






ちなみにフレディ・ローチは
セルヒオ・マルチネスが(パックにとっての)適正体重で受けてくれるなら
マルチネス戦を希望してるとか言ってるらしい。
まあ、会見とかで言ってるわけじゃないから実際はどうかしらんけど


Roach wants Pacquiao-Martinez





ちなみにそのセルヒオ・マルチネス
WBCが暫定王者のセバスティアン・ズビックと統一戦をしろ
と言ってるらしい
そう考えるとパックの次の相手にはならないと思う

WBC orders Martinez-Zbik







元Sミドル級王者のアンソニー・ムンディン
マニー・パッキャオと戦いたい意向を示してる

こいつ何言ってんだ?
と思ったら一応Sウェルター級のランカーなんだよなw

Mundine wants Pacquiao

| | コメント (3) | トラックバック (0)

海外の話題色々 &Wタイトルマッチ 

今日もいってみましょう

海外ニュースと昨日後楽園の試合



まずはこの話題

バンタム級

亀1とムニョスでタイトル決定戦を行う事になったWBAバンタム級タイトル

一方
何故かスーパー王者に格上げされたアンセルモ・モレノ
謎の亀戦立ち消えのロレンソ・パーラとやるらしい


Chemito Moreno-Lorenzo Parra in Play For February 18




これはうさぎにくさん
とこにあった話なんですが
オマール・ナルバエス側はバンタム級タイトル掛けて
亀1とやりたいって話があったらしい

まあ、WBA?断られたらしいけどねw

正直亀1があえてナルバエス選んでたら
このバンタム級タイトルは認めても良かった

今のムニョスじゃねー(´・ω・`)

うさぎにく さんのブログ













この話題

フェルナンド・モンティエル
 ×
ノニト・ドナイレ



両者ともやる気になってるみたいですね

モンティエルはドナイレに勝ったらダルチニアン戦とか言ってるが
正直調子乗りすぎな気がする(´・ω・`)


Montiel Says: "I Hope This Time Donaire Doesn't Back Out"

Donaire: "Montiel is Going to Have a Tough Time with Me"










最近恒例となってしまったファン・マヌエル・マルケスさん関連

この記事はなんでマルケスはマニー・パッキャオとやりたがってのか?
とかそんな論調の記事かな?
関係ないがなんでマルケスはおしっこを飲むのか?なんて事触れてるなww

Why Marquez is hell bent on another fight with Manny Pacquiao



マルケスさんインタビュー記事

本人はパッキャオが望む体重ならなんぼでもおkとか言ってるけど・・・
ぶっちゃけメイウェザー戦なみのプニョったマルケスさんが
パックとやったらえらい事になりそうだ( ゚Д゚)y─┛~~

Marquez Rips Manny Pacquiao For Choosing Shane Mosley




ちなみにそのマルケスさんを狙ってるのが復帰したエリック・モラレス

まあ、マルケスがパックを追いかけ続けてるから難しい
アレクサンダーのが現実的じゃね?って論調かね?

http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33455


んでマルケスに勝てばパッキャオ戦!
意気込んでるらしいが・・・
明確に決着ついてるし待ち行列いっぱいで無理ーww( ゚Д゚)y─┛~~

Erik Morales: Beating Marquez Can Get Me Pacquiao






ファンマことファン・マヌエル・ロペス

なんか
4月にエリオ・ロハスもしくはジェーソン・リッザーと戦うとか言ってるらしい

ツコッミを2点
・カバレロは散々無視しておいてカバに勝ったリッザーならいいのかw
・ロハスはダメだろー、返上しないでこれにおkってなったらWBCも
 WBAなみに腐ってるって事になる

Juanma Could Face Elio Rojas or Jason Litzau in April




ちなみにそのセレスティノ・カバレロさん

今後はフェザー級で戦うって事らしい
ないとは思うけど長谷川戦ある?

Celestino Caballero To Make Full Move To 126-Pounds










来年6月にこんな試合が予定されているそうな

ミゲール・コット
×
アントニオ・マルガリート


何気に楽しみ
前回の試合の後にケチがついてるマルガリさん
今回はガチでどっちが勝つか気になるところ


Cotto-Margarito II: May in Las Vegas, June in New Jersey















試合結果

日本Sフライ級タイトルマッチ
佐藤洋太
 ×
福本雄基


1R
リードで挑戦者を突き放して遠い距離で戦おうとする佐藤と
飛び込んで行ってショートレンジに持ち込もうとする福本。
2R
入ってこようとする福本にカウンターを合わせたり、
ショートレンジでも力強いフックを入れたりと攻勢を強める佐藤。
3R
大体余裕が出てきたのか攻勢にも大分幅が出てきた佐藤だが
あの無防備に相手に側面向けるみたいなステップは
正直パフォーマンス以外の意味がなく
本気で来年にも世界戦やろうってのならいらんなー
次の河野も相当しつこいボクシングだしね
4R
佐藤が調子にのったか狙ったかで振りがちょっと大きくなった佐藤に
中に入り込んだ福本が何度かいいパンチを入れていた。
5R
佐藤が足を使おうとするが
福本はガンガン前進していき、距離がつまる場面が増えた。
ただ試有効なクリーンヒットとなると佐藤が多いか?
佐藤は距離をとれている時にノーガードで挑発するのはいいが
そこで打ち込まれてばたついてたんでそこも要修正だと思う
6R
佐藤は中間距離で何度もいい右を打ち込んでいたが
距離がつまったところで福本の連打に防戦一方になるシーンも・・・
7R
佐藤距離をとれてるときは確かにいい攻勢で
クリーンヒットも何発もいれてるが
くっつかれると手がでなくなるのがちょっと気になるか?
とか思ってたら
強引に前に出てきた福本と体を入れ替えた佐藤が
ラッシュをかけ、ここでよろめいた福本を見て
レフェリーが試合をストップ

結果:佐藤が7RTKOで防衛成功




佐藤はスピードがあり中間距離での攻防に関してはなかなか
ただショートレンジでしつこくこられると手があまりでなくなるのと
ちょっと打たれるとばたつくのにやたらノーガードになるのが・・・
ちょっと上を目指す上で懸念点になる気がした

OPBFウェルター級タイトル決定戦
日本ウェルター級タイトルマッチ
加藤壮次郎
 ×
井上庸

結果:3-0井上が新王者

5Rに左フックで井上が加藤からダウンを奪って判定勝利

率直な感想
言っちゃ悪いけど最低の試合

井上の後半戦
抱きつきばっか、お前は三谷か徳山か・・・( ´Α`)
加藤、もっと手を出せ
レフェリー
あの展開はバッティングとかクリンチとか注意しろよ( ゚д゚)、ペッ
後半もみ合いばっかっだろうがよ
レスリングじゃねーぞレフェリー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

動画で見るドナイレ戦 &週末試合結果色々

週末に行われた試合の結果とドナイレ戦等の動画になります




ノニト・ドナイレ
 ×
ウラジミール・シドレンコ

多分そのうち削除されると思われ・・・




WBAフェザー級王座決定戦
ジョナサン・バロス
 ×
イルビン・ベーリー

一応長谷川穂積の対立王者って事になりますね

David Lemieux
 ×
Purnell Gates


ミドル級の強打の世界上位ランカーDavid Lemieuxの試合



その他週末の試合結果

12/4アメリカ
WBCライト級タイトルマッチ
ウンベルト・ソト
 ×
ウルバノ・アンチロン


Photo_3

結果:ソトが3-0で防衛に成功




ノニト・ドナイレ
 ×
ウラジミール・シドレンコ

Photo_2

結果:ドナイレ4RKO勝利






ミゲル・アンヘル・ガルシア
 ×
オリバー・ロンチー

結果:ガルシアが5RKO勝利

売り出し中のガルシアがファンマ挑戦経験のあるロンチーを倒してます










12/4イギリス
WBO・Sフェザー級タイトルマッチ
リッキー・バーンズ
 ×
アンドレアス・エベンセン

結果;バーンズが3-0判定で防衛成功











12/4メキシコ
WBCシルバー・Sウェルター級タイトルマッチ
サウル・アルバレス
 ×
ラブモア・ヌドゥ

Photo_4

結果:アルバレス3-0判定勝利









ダニエル・ポンセ・デレオン
 ×
セルジオ・マヌエル・メディナ

結果:ポンセが7RTKO勝利

ポンセなかなか世界戦決まらないのが哀れです



12/4アルゼンチン
WBAフェザー級タイトル決定戦
ジョナサン・バロス
 ×
イルビン・ベーリー

結果:バロス7RTKOで新王者に!




12/5大阪
OPBF・Sフェザー級タイトルマッチ
アラン・タナダ
 ×
仲村正男

結果:仲村が5RTKOで新王者に!

KO男仲村が福原を3Rで倒したタナダとの倒しあいを制し
逆転でデビュー以来12連続となるKO勝利!
そして初タイトル獲得となっています


12/4後楽園
佐藤幸治
×
サロモン・ロドリゲス

結果:佐藤5RTKO勝利



佐藤がノンタイトル戦でメキシカン相手に
ダウンを奪うも不覚のダウンを喫するなど不安定な内容ながら
最後はきっちりまとめて倒したところで早目のストップによるTKO勝ち





12/5インドネシア
WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ
クリス・ジョン
 ×
フェルナンド・サウセド

結果:ジョンが大差3-0判定で防衛に成功!!

ダウド・ヨルダン
 ×
ダミアン・デビッド・マルシアノ

結果:ヨルダンが1RTKO勝利!

12/4イタリア
クリスチャン・サナビア
 ×
Mariusz Biskupski

結果;サナビア3RTKO勝利

元王者サナビア地味に現役です

12/3アルゼンチン
WBO女子Sライト級タイトル決定戦
Fernanda Soledad Alegre
 ×
Michelle Larissa Bonassoli

結果:Fernandaが3-0判定勝利で新王者

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報レポ 週末世界戦

週末の試合の速報レポになります
ちなみに今日の個人的メインはドナイレ戦




WBCライト級タイトルマッチ
ウンベルト・ソト
 ×
ウルバノ・アンチロン


1R
初っ端から圧力をかけて前進していくアンチロン
ソトは最初は下がりながら迎え撃つ状況
アンチロンは徹底的にショートレンジでの戦いを望み
ソトは中間距離での戦いを望む展開
アンチロンはローブロー気味で注意されたり
クリンチ際でソトを転がしたりとちょっとラフかな?
2R
前進するアンチロン、サークリングするソトは変わらず
ただしソトの手数が大分増えてきてて
かつクリーンヒットもソトの方が多い
アンチロンはボディはいいが、上が空振り多い
3R
アンチロンはしつこっくボディ打ち
ソトはアッパーとジャブを多用し応戦
ソトはアンチロンのしつこさにインファイトではちょっとやり辛そう
ただしラウンド後半にはアンチロンをロープ際に後退させる等
少しらしさもでてきたように思う
4R
アンチロンの前進圧力が弱くなってきたのか
ソトが中間距離で戦える時間帯も増えてきた。
そのときにはソトが手数と有効打で圧倒。
アンチロンは距離がつまるとよく手を出すが
中間距離だと手数が全然でてこない
5R
アンチロンひたすらしつこくボディ、ボディ
ソトはうんざりした感じ
アンチロンはローブローでまた注意を受ける
今度は減点もされてしまった
6R
おのラウンドもアンチロンはしつこく前進してボディ
だあだし減点もらった影響があるのか少し上の頻度も上がった?
ソトは有効なクリーンヒットでは上回るものの手数が少ない
ラウンド終盤にはアンチロンに圧倒される場面もあった
7R
アンチロンはとにかくしつこつインファイト
超接近戦の打ち合いの中でのソトの被弾も増えてきた
一方ソトもショートレンジでいいパンチを何発も入れていた
コーナ際でアンチロンがバランスを崩したり
するなどラウンド終盤はソトが大分ペースをつかんでいた
アンチロンも大分ダメージが蓄積されてきたか?
8R
ひたすら追うアンチロン、交わすソトの展開
完全にくっつくと手が出るのはアンチロン
ちょっと隙間があけば手を出してくるのはソト
ソトの入れているパンチの方が見栄えはいい
9R
このらウインドも追うアンチロン
ソトは少し疲れて手数が減ったのか
くっつかれて打ち込まれるシーンが増えた気がする
ただしラウンド残り30秒くらいで猛反撃に出て
その感はアンチロンを圧倒していた
10R
ショートでしつこくいくアンチロンに対して
ソトはクリンチをして防ごうとする
それにイラついたのかアンチロンがソトをまた転がす
こんな感じの場面もあった。
全体的にはアンチロンが追い、ソトが下がる展開が続き
ラウンド終盤で猛然と打ってでたソトの前に
アンチロンが全く手がでなくなり止まるかも?ってな場面も・・・
11R
このラウンドもひたすら前進のアンチロン
迎え撃つソトの展開で大体推移する。
手数のアンチロンとクリーンヒットのソト。
ソトはここにきてボディが効いてきたのか
アンチロンのボディ打ちを嫌がるシーンもあった
12R
さあ、最終ラウンド
ソトはアンチロンの前進を右のカウンターで止めるなど
なんとか懐に入れないで戦おうとしてる感じ
ポイント的には勝ってると判断して安全運転してるのかもしれない。
一方のアンチロンはひたすら前進&距離詰めてボディ
さすがに出足を鈍ったのか中に入り込めずに終わる事も多々・・・
で、最後はまたソトが猛全と打ってでたとこで試合終了

最後まで同じ展開が続いた感じで
試合全体としては盛り上がりに欠けたか?

さて、判定
114-113
115-112
114-113

結果:3-0でソトが判定勝利で防衛に成功

アンチロンは減点がなければドロー
あと1Rとれてれば王座奪取ってことか・・・
まあ、妥当っちゃ妥当?
どっちも決め手なかったしねー

ノニト・ドナイレ
 ×
ウラジミール・シドレンコ

結果:ドナイレ4RKO勝利

1Rからドナイレがシドレンコを圧倒
何度もダウンを奪った挙句の圧倒的KO勝利
前WBAバンタム級王者を全くよせつけず
Sフライ級時代より力強さを感じてしまった。

その上で言いたいのが
なんでドナイレが6位で亀1が2位になんだって事だな
決定戦にふさわしかったのは絶対にこっちだったと思う

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドナイレVSシドレンコ他 週末試合予定

週末の試合予定をピックアップ
今週も楽しめそうなカード色々です

12/3アメリカ
ケンドール・ホルト
 ×
オクタビオ・アルバレス

連敗中の元世界王者ホルトの再起戦

12/4アルゼンチン
WBAフェザー級タイトル決定戦
ジョナサン・バロス
 ×
イルビン・ベーリー



ガンボアが王座統一で空位?になった王座の決定戦
と言うか
WBAは何がなんでも1階級複数王座を守りたいらしいw




12/4ドイツ
ファン・カルロス・ゴメス
 ×
ハロルド・スコニエル


元クルーザー級世界王者のゴメスの今年5戦目
さすがにヘビー級王座再挑戦はなかなか難しいようです

12/4メキシコ
WBCシルバー・Sウェルター級タイトルマッチ
サウル・アルバレス
 ×
ラブモア・ヌドゥ


Photo_3

メキシコの人気者アルバレスの試合
相手のヌドゥもなかなか骨のある選手だけど
階級上げたのがどう響くかですな



WBAインター・Sバンタム級タイトル決定戦
ビクター・テラザス
 ×
ダニエル・ディアス

西岡に挑戦したムンローとの指名挑戦者決定戦に敗れているテラザス
WBAの下部タイトル戦って事は西岡戦は諦めたのかな?




ダニエル・ポンセ・レオン
 ×
セルジオ・マヌエル・メディナ


ファンマに1Rで負けている者同士の対戦
(ポンセは防衛失敗、メディナは挑戦失敗)
そういやポンセは陥落以降世界戦なかなかできてないけど
来年はファンマ挑戦できるんですかね?

12/4イギリス
WBO・Sフェザー級タイトルマッチ
リッキー・バーンズ
 ×
アンドレアス・エーベンセン

バーンズは無敗のマルチネスから奪取した王座の初防衛戦
相手は世界初挑戦

12/4アメリカ
ノニト・ドナイレ
 ×
ウラジミール・シドレンコ

Photo

個人的には本来のWBAバンタム級王座決定戦(であるべき試合)
ドナイレが階級を上げた事でどの程度影響を受けるか
シドレンコが王座時代と比べてどの程度力を残しているかに注目





WBCライト級タイトルマッチ
ウンベルト・ソト
 ×
ウルバノ・アンチロン


Photo_5

ソトのライト級王座3度目の防衛戦
謎なのがWBA指名挑戦者決定戦に勝利しながら
WBC王座に挑戦するアンチロンのちぐはぐな行動w


ミゲル・アンヘル・ガルシア
 ×
オリバー・ロンチー



IBF指名挑戦者決定戦に勝利してるガルシア
相手はファンマ挑戦以来の再起となるロンチー







12/5インドネシア
WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ
クリス・ジョン
 ×
フェルナンド・サウセド

ジョンはフアレス戦以降14ヶ月ぶりの試合
引退も噂されてるが果たして今の実力は?
サウセドは世界初挑戦

ダウド・ヨルダン
 ×
ダミアン・マルチアノ

インドネシアの”ポスト・ジョン”ヨルダン
カバレロ敗戦後の再起第2戦目

| | コメント (1) | トラックバック (0)

WBAバンタム級タイトルマッチ迷走・・・ 他

今日の話題です


昨日も書いてましたが
亀1の相手がパーラもしくはムニョスと言う事で迷走してたようですが
結局どうも亀1VSムニョスでとの事になったようです。

で、結果として
12/26
WBAバンタム級タイトル決定戦
亀田興毅(亀1)
 ×
アレクサンドル・ムニョス



と言う事で落ち着きそう


26日、亀田興毅がムニョスと王座決定戦

Kameda vs Munoz on 12/26 For WBA Bantamweight Title



正直この試合に関して何だかなーってのが何点か
・亀1ってバンタムで実績ないよね?
・ムニョスも同様に実績ないよね?
・パーラ自体がどうもなっとくしてないらしい
と言うかきな臭い動きがあるのか?

"Lencho" Parra pide chance hasta el lunes


なんと言うか
この動き
根拠はゼロだけど
まだ力は残してそう(挑戦者決定戦でアルセとドローとか)なパーラを避けて
ミハレス敗戦から復帰以降微妙(直近で格下に2-0)なムニョスを選択して
亀1の3階級制覇!とかやりたい人が裏でなんかやってんじゃね?
とか考えてしまいます




また
今週末に行われるこの試合
ノニト・ドナイレ
×
ウラジミール・シドレンコ

Photo


これが暫定タイトル決定戦とか言ってますけど(´・ω・)

むしろこっちだけでいいだろw

Nonito Donaire in a Must-Win Position With Sidorenko


ちなみにドナイレさんはこの試合に勝つのを前提に次は
モンティエルとの統一戦が予定されているそうな

ドナイレ



その他はぶかれてしまった
ロレンソ・パーラには
ウーゴ・ルイスとの暫定タイトルマッチ
アンセルモ・モレノとのタイトルマッチ
(両方WBAバンタム級のタイトル)
のタイトルの話が来てるとかなんとか・・・

ALEXANDER “EXPLOSIVO” MUNOZ VA POR EL TITULO GALLO DE LA AMB


正直無茶苦茶すぎて引くわー


そんな迷走中のWBAバンタムを尻目に
IBFバンタムでは地味ながら
こっちが進行予定

どうせならこっちにWBAのタイトル掛けてもいいんじゃね?

Super4

SHOWTIME bantam tourney quotes











マニー・パッキャオの次の試合の話

ボブ・アラムが12/14にフィリピンに向かうそうで
そこで話し合いがもたられる予定

Arum: Pacquiao vs. Mosley Fight is Not a Done Deal, Yet

ただしアラム的にはモズリーなのかな?


ちなみにマルケス陣営のべりスタイン

Pacquiao vs Mosley is Next, Says Marquez's Trainer


反応的にはあきらめてるくさいw













メキシコの陣営はこんなことを考えてるらしい

2011年メキシコ

WBCフェザー級タイトルマッチ
長谷川穂積VSジョニー・ゴンザレス

WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
粟生隆寛VSファン・カルロス・サルガド



入札でも行わない限りメキシコでやる
メリットが何にもないわなw
(西岡ゴンザレスはあくまでも指名戦入札の結果だしw)

Hasegawa-Gonzalez, Aoh-Salgado Could Head To Mexico

| | コメント (8) | トラックバック (0)

亀1いつの間にか世界戦?の件 粟生VSサルガド? 他

今日の話題

個人的にあんまり興味の外だったので
意識してなかったのですが
こんな記事が・・・

Kameda vs Parra or Munoz?



えーと
概要だけ
12月26日にWBAバンタム級タイトルマッチを
亀田興毅(亀1)VSロレンソ・パーラで行う予定だったけど
パーラが1ヶ月前のウェイトが大体Sフェザー級だったので
ダメだしが出た?
んでベネズエラ陣営としては
できればパーラで、ダメならアレクサンドル・ムニョス出すよ

って事らしい


なんかいつの間にか亀1の年末の試合が
世界戦って事で話まとまってたのかい・・・

正直うんざりだなこの動き



ちなみに11月の最新ランク
1. NOT RATED
2. 亀1(前回Sフライ級、その間試合なし)
3. LORENZO PARRA VEN(前回6位、その間引き分け1試合)
4. HUGO RUIZ MEX(前回Sフライ級7位、ローカルタイトル獲得)
5. ALEXANDER MUNOZ VEN(前回7位、格下に2-0判定)
6. VIC DARCHINYAN AUS(前回Sフライ級統一王者)
7. NONITO DONAIRE  (前回Sフライ級暫定王者)
8. ALEX JOHN BANAL PHI(前回4位、その間元世界王者ペレスに負傷判定勝利)
9. 山中慎介 JPN(前回8位、その間14位シルベイラにKO勝利)
10. ERIC MOREL P.R.(他団体王者枠でランク外から復帰)

ランク変動がとっても不自然だし・・・
むしろ今週末に行われる

ノニト・ドナイレ(前Sフライ級暫定王者)
 ×
ウラジミール・シドレンコ(前バンタム級王者)


Photo_2


この試合を決定戦にする方がとっても自然なんだけどな( ゚Д゚)y─┛~~


ちなみに・・・
ムニョスさんですが
結果は出てませんでしたが
先週末にSフェザー級のローカルタイトルマッチに出場予定でした


ちなみにこの試合自体まだ決定じゃないらしく
なおかつ裏ではウーゴ・ルイスVSアルバロ・ペレスで暫定?
なんて話すらあるらしい・・・

AMB podria decidir manana si “Lencho” pelea


その辺の和訳とかしてくれてるとこ

うさぎにく さんとこのブログ

うさぎにく

さて、今回は裏で実弾どの位動いたんですかね?(´・ω・)














こんな話が出てるそうです

WBC・Sフェザー級王者粟生隆寛
前WBA同級王者ファン・カルロス・サルガド
2011年に対戦する?

ホセ・スライマン会長が粟生の初防衛戦での可能性について
話してた・・・らしい

akahiro Aoh-Juan Carlos Salgado in Play For 2011











バスケスJrとアルセは相思相愛か?w
つかバスケスJrは下から連れてきた微妙なとことの
試合が多そうだなw

Wilfredo, Vazquez, Jr., Going, To, Top, Rank?, Eyes, Arce, Bout












カール・フロッチ
ホプキンスVSパスカルの勝者と対戦したいらしい

まあ、パッキャオ戦やりたいとか言うより
よっぽどまともな思考ですな

Carl Froch Eyes The Jean Pascal-Bernard Hopkins Winner

| | コメント (7) | トラックバック (0)

パッキャオは超人じゃない! 他話題色々

今日のニュース

ボブ・アラムのおっさんのコメントいくつか

『155ポンドでセルヒオ・マルチネスと?
パッキャオは偉大な選手だけどスーパーマンじゃないんだ』

パッキャオの次回選択肢として名前が出てる
セルヒオ・マルチネス戦について
試合時には175Pで上がってくるようなマルチネスと
150Pにも満たないパッキャオと25P差もあるような状況での
試合について否定的コメント

まあ、このおっさんにしては良識的だと思う(´・ω・`)


http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33359





『パッキャオVSマルケスⅢは147Pでやるか実現しないかだ』

挑発をしてくるファン・マヌエル・マルケス陣営に対して
マルケスはウェルターじゃメイに凹られただけだった事や
147Pでもベルトやモズリー等選択肢がある事をあげて
マルケスにとって都合がいいだけどの
体重を落としての試合に関してはあり得ない事
マルケス陣営が求める50-50の報酬に関しても問題外
せいぜい80万~100万ドルの報酬で
その辺の条件をクリアできて初めて実現の可能性があるとの事

また、マルケスにとってベストなのはSライト級に
あげてメキシカン初の4階級制覇狙う事じゃね?
だ、そうですw

正論ですな(´・ω・`)


http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33333






ちなみに
エマニュエル・スチュアートのコメント
なお、コメントは超意訳なんで参考程度にw

モズリーなんてメイウェザーとモーラにあの様だよ
誰がパッキャオVSモズリーを見たいと思うんだよ
それに対してファン・マヌエル・マルケスなら・・・
間違いなくビックファイトだ!
(以下必死にマルケス戦を持ち上げます)


・・・
いや、それはないw( ゚Д゚)y─┛~~



http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33373





長谷川穂積に大差判定で初敗北を喫したファン・カルロス・ブルゴス
メキシコに帰国してます。

試合終了直後完敗を認めて紳士的コメント出してましたが
地元に帰ると本音がでるのか一部クレームが出てます。
曰く
長谷川のカットはバッティングによるものじゃなく
明白な自分のクリーンヒットによるものだ



負け惜しみだと思うけどね( ゚Д゚)y─┛~~

Burgos back in Tijuana











12/18メキシコ
ホルヘ・アルセ
 ×
メッグドン・シンスラット

元計量級3階級王者のホルヘ・アルセは
”パッキャオに勝った男”
メッグドン・シンスラットとの試合で
リングに帰ってきます

で、その先に見据えているのは
WBO・Sバンタム級王者ウィルフレッド・バスケスJrだそうです。

ちなみに前戦は
亀1戦が噂されるロレンソ・パーラと挑戦者決定戦を
行った際にドローでした。


http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33322











ジェーソン・リッズァーに敗北を喫した
WBA・Sバンタム級王者セレスティノ・カバレロ
試合の敗北に関してはウェイト作りの失敗の
影響もあったとして
リッズァーとの再戦を希望している模様

また、当面ベルトの返上は考えていないらしく
フェザー級でいいオファーがあれば飛びつくし
なければ防衛戦をするそうな


http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33374






ちなみにそのカバレロさんの敗北を受けて
WBOフェザー級王者ファン・マヌエル・ロペス

『だから俺は言ってたんだよ
カバレロは自分レベルの選手じゃないってね
 ~
ボクサー(ここは王者なのかな?)を”A””B””C”と3段階に分けると
カバレロはBクラス
自分自身やラファエル・マルケスはA+
まあ、彼も今は黙ってそのレベルに到達できるようすべきだね』
と、満面の笑みを浮かべて語った

・・・
・・・
・・・
散々避けて回っといて、何を言ってるんだこいつはw
ファンマ好きだが人間性に問題あるかもしれんww



http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33338







ロバート・ゲレロ
次戦のターゲットは王者ファン・マヌエル・マルケスだが
選択肢としては
ジェーソン・リッザー
ホルヘ・リナレス

もあり得るとの事


是非リナレスでお願いします(´・ω・`)



http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33360











チャベスJrの共同プロモーターのフェルナンド・ベルトラン
フリオ・セサール・チャベスJr
 ×
サウル・アルバレス

このメキシコの人気者2人の対戦を実現したいが
トップランクとGBPの不和が原因で難しいと語っている

・・・デラとアラム
お前ら仲良くしろ(´・ω・`)


http://www.boxingscene.com/?m=show&id=33354







11/30タイ
WBA・Sフライ級暫定タイトル決定戦
ドリアン・フランシスコ
 ×
ドゥアンペット・コーキエットジム

結果:フランシスコ10RTKOで新暫定王者に!

6Rに2回、10Rに1回倒してフランシスコ完勝だった模様
まあ、それにしても
カサレスが久高と防衛戦をするのにドネアが返上したら即暫定設置とか
WBAは本当に承認料が欲しくて仕方ないらしい

Francisco wins WBA 115 lb crown

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »