« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

WBA次の指名戦の話題 なんだかなー 他

今日の話題はこちら

WBAのコンベンションでこんな感じの話が出たらしい

ソース
http://www.fightnews.com/Boxing/wba-convention-update-5-68257

ミニマム級
王者:クワンチャイ・シッモーセン
暫定王者:サミー・グチェレス

2011年の3月5日までにこの両者で対戦(交渉)しろや
…なら何故両方の決定戦を許可したのだ(´・ω・`)w

ライトフライ級
統一王者:ジョバンニ・セグラ
王者:ファン・カルロス・レベコ
暫定王者:ローマン・ゴンザレス

セグラは階級を上げる?
レベコとロマゴンは2011年2月までで対戦(交渉)

フライ級
王者:亀2
暫定王者:ルイス・コンセプシオン

2011年中には指名挑戦権のあるコンセプシオンと対戦せよ・・・
正直釈然としないw

2008年12月 坂田×デンカオセン←←指名戦
2009年05月 デンカオセン×久高
2009年09月 コンセプシオン×サラド←←暫定決定戦
2009年10月 デンカオセン×亀2part1
2009年11月 コンセプシオン×レイバ
2010年02月 デンカオセン×亀2part2
2010年04月 コンセプシオン×オルティス
2010年09月 亀2×坂田
2010年10月 コンセプシオン×デンカオセン
2010年12月 亀2×ルーマニア人

ここまで約2年指名戦なし
コンセプが暫定にたってからでも1年オーバー
何が悪いって亀2のダイレクト再戦ねじ込んだのが原因だわな
ま、指名戦だったらデンカオセンがコンセプに瞬殺だったけど(´・ω・`)


Sフライ級
王者:ウーゴ・カサレス


2011/3/9迄に指名戦

バンタム級
スーパー王者:アンセルモ・モレノ
王者:空位

この空位の王者をめぐって恐らく亀1とパーラで争うだろう
でもまだ決まってないよ(´・ω・`)
って事らしい
WBA明言避けて逃げたなw

原文
Anselmo Moreno has requested to be elevated to super champion status and the vacancy to fill the regular title may possibly be decided between Koki Kameda and Lorenza Parra, but contracts, medicals and other details have not yet been reviewed by the WBA.

Sバンタム級
スーパー王者:セレスティノ・カバレロ
王者:李冽理
暫定王者:ギレルモ・リゴンドー

カバレロさんはSフェザーで試合するし返上でしょう
李冽理は2011/4/21までに指名戦をしろ
リゴンドーは2011年3月まで
リゴンドー×コルドバの即再戦は指令しない

つか即統一戦指示でいいじゃん(´・ω・`)

原文
Super champ Celestino Caballero is fighting at 130 lbs. This weekend and will likely vacate the title. New regular champ Retsuri Lee has until 4/21/11 to make his mandatory and new interim Guillermo Rigondeaux has until March 2011. Incidentally, the WBA had ruled not to order a rematch between Rigondeaux and former interim champ Ricardo Cordoba, whom Rigondeaux just defeated in a highly controversial match on the Pacquiao-Margarito undercard.

フェザー級
統一王者:ユリオルキス・ガンボア
スーパー王者:クリス・ジョン

ジョンとガンボアは2011年3月までに対戦(交渉)しなければならない

どうでもいいけどガンボアってレギュラーじゃなくて
統一王者じゃないの?

原文
Super champion Chris John must meet regular champion Yurorkis Gamboa by March 2011.

Sフェザー級
王者:内山高志
暫定王者:ホルヘ・ソリス

両者は2011年1月に日本で対戦する

ライト級
統一王者:ファン・マヌエル・マルケス
王者:ミゲル・アコスタ


マルケス×カチディスの勝者は20011/8/28までにアコスタと対戦
アコスタの指名挑戦者はブランドン・リオスだが日程はまだ

実はアコスタの立場が一番面倒かも?
もし嶋田がアコスタに勝ったらマルケス戦が実現?・・・・・・しないわなw

原文
Juan Manuel Marquez or Michael Katsidis has until 8/28/11 to defend against regular champion Miguel Acosta, Acosta’s mandatory is Brandon Rios. No due date for that yet.

Sライト級
王者:アミール・カーン
暫定王者:マルコス・マイダナ

Amir Khan will make his mandatory against interim champ Marcos Maidana on 12/11/11.

ウェルター級
王者:ヴィヤスチェラフ・センチェンコ

hampion Vyacheslav Senchenko must defend against interim champion Souleymane M’Baye by March 2011.

Sウェルター級
スーパー王者:ミゲル・コット
王者:リゴベルト・アルバレス

ミゲル・コットはスーパー王者に格上げ
ビックマッチだけで義務を負わせない我侭を許したげる
アルバレスはトラウトと2011年1月までで指名戦ね

なんかこんな感じ(´・ω・`)

原文
Miguel Cotto has been eleveated to super champion status due to the high level of match options that await him. Regular champion Riboerto Alvarez must defend against mandatory Austin Trout by January 2011.

ミドル級
スーパー王者:フェリックス・シュトゥルム
王者:ゲナディ・ゴルブキン
暫定王者:ハッサン・ナムジカム

シュトゥルムはスーパー王者に格上げ
王者と暫定王者は2011年1月までで対戦(交渉)せよ

原文
Felix Sturm is elevated to Super champion status. Regular champion is Gennady Golovkin, and recent interim champion is Hassan, N’Dam N’Jikam. Golovkin and N’Jikam should fight by January 2011.

Sミドル級
スーパー王者:アンドレ・ウォード
王者:ディミトリー・サルティソン


サルティソンは指名挑戦者マギーと2011年1月までで対戦(交渉)せよ
スーパー王者ウォードはSuper6出場中

原文
Regular champion Dimitry Sartison is due to make his mandatory against Brian Magee in January 2001. Super champion Andre Ward is still involved in the Super Six tournament.

Lヘビー級
王者:ベイブ・シュメノフ


前王者:ガブリエル・カンピーロが2011/4/23まで対戦の指名挑戦者

原文
Former champion Gabriel Campillo is due as mandatory challenger by 4/23/11.


クルーザー級
王者:ギレルモ・ジョーンズ
暫定王者:スティーブ・ヘレリウス

王者と暫定で2011年2月までで対戦(交渉)せよ

原文
Mandatory challenger is regular champion Steve Herelius, due by February 2011.

ヘビー級
王者:デビッド・ヘイ

ルスラン・チャガエフが指名挑戦者で2011/4/3まで
でも健康の問題とかあって云々
メディカルチェック通ったら指名戦
ダメだったらヘイは相手選んでいいよ

って事かな?

原文
Mandatory challenger is currently Ruslan Chagaev with the defense due by 4/3/11. However, with the ongoing controversy over Chagaev’s hepatitus B+ status, the WBA’s medical advisory chair Dr. Calvin Inal-Singh indicated that even if Chagaev’s positive level was 1:1,000,000, he would advise against approving Chagaev to challnge for the WBA title, let alone fight anyone in the ring. Mendoza Jr. initially stated that it is up to champion David Haye to make the request for testing on his challenger.

















で、ここからはおまけ

K2

K

試合直後のマルケスさん
こんなTシャツまで用意して対戦アピールとか・・・
必死だなw


ちなみに書いてある内容は表が
マルケスはパッキャオを2度倒している
パッキャオ、次はお前だ

ええ、事実無根です(´・ω・`)


マルケスさん

| | コメント (3) | トラックバック (0)

動画で見る週末の試合あれこれ(長谷川戦含む)

動画です!

アップされてる動画探せる限り探してみました。


長谷川穂積
 ×
ファン・カルロス・ブルゴス


長谷川2階級制覇の試合







ファン・マヌエル・マルケス
×
マイケル・カチディス


フルではない








カール・フロッチ
×
アルツール・アブラハム


フル








アンドレ・ベルト
×
フレディ・ヘルナンデス









アンドレ・ウォード
×
サキオ・ビカ








セレスティノ・カバレロ 
×
ジェーソン・リッザー







つべで且つHBOとかだと結構あっさり削除されるので見たい方はお早めに

| | コメント (0)

速報レポ 激闘のマルケスVSカチディス 他数試合

本日の速報レポ第2弾
アメリカのライト級統一戦他
メキシコのセグラ、バスケスの試合など
2元中継で見て書いてたので疲れました(;´Д`)


WBA・スーパー世界ライト級タイトルマッチ
WBOライト級タイトル統一戦
ファン・マヌエル・マルケス
 ×
マイケル・カチディス

マイケル・バッファーがリングマガジンのベルトが
かかってるみたいな事も言ってたので
実質ベルト3本かかってる試合?
どうでもいいがやたらカメラが写してる女性は有名人なん?
それとも単にセクシーだからか?w

まあ、それはさておき試合開始!

1
マルケスが積極的にジャブを打ちながら
リングをサークリング
カチディスはぐいぐいと前進しながら
距離がつまると思い切りのいいパンチを出す
ラウンド終了間際にマルケスのいい右がヒット
2
距離を保とうとするマルケスに対して
カチディスは強引に前進して距離をつめる
そしてショートレンジでフック、アッパー
マルケスはアッパーとボディでカチディスを迎え撃つ
3
この回に大きな動き
同じ問うな展開から右が相撃ち気味のタイミングだったが
カチディスが一瞬早く右まともに入ると
マルケスがダウン!!
ここは続行されたもののマルケスダメージが見える
残り時間逃げに回らず
マルケスは打ち合いながらなんとか耐えた
4
カチディスは自分の右に更に自信を深めたようで
グイグイと出てきてパンチを叩きこんでくる。
マルケスもやられっぱなしではない。
左のボディブローは威力抜群でいいタイミングで入る!
ただし全体としては中に入られたマルケスが
フィジカルでカチディスに押されまくってる印象
5
マルケスの左ボディが相変わらずいい
カチディスは距離をつめての
右ボディと左右のショートがいいね
あと両者アッパーは当たってた
カチディスここまではいいペースで来てるか?
6
ショートレンジでの打ち合いの時間が増えた
後は下がるマルケス、追うカチディスって感じ
このラウンドに目に見えて良かったのは
カチディスの左アッパーと右ストレート
マルケス後手に回ってて見栄えがよくない
7
カチディスがいい感じでペースにのってる
マルケスは打ち合いに巻き込まれて
被弾するシーンが目立つ
カウンターをもらっても下がらないカチディス
マルケスはカチディスをなんとかして
後ろに下げる展開に持ち込みたい
8
終始激しい打ち合い
ペーストしてはカチディスの望む展開か?
ラウンド終了間際にいい反撃を見せていたが
マルケスにとっては結構不本意な展開では?
9
きっかけは一瞬
攻め込むカチディスにカウンターがヒットすると
カチディスは大ダメージ
これでカチディスが下がる展開になると
マルケスにとっては待ちに待った展開!
これで距離があいたところにマルケスのアッパーが当たる。
そしてそのチャンスをマルケス逃がさずに畳み掛ける。
そして・・・
ふらつくカチディスをレフリーがストップ!!!

まさに一瞬の逆転劇

結果:マルケス9RTKO勝利!

マルケスにとっては相当苦闘
ダウンを奪った後に詰め切れなかったのが
カチディスにとっては悔やまれる
逆にマルケスはパッキャオ1でもそうだったけど
ダウンしてからのリカバーと持ち直しは正直凄いと思う。
まあ、今日はとにかくおめでとうです。





WBCウェルター級タイトルマッチ
アンドレ・ベルト
 ×
フレディ・ヘルナンデス

1
サークリングしながら様子見のヘルナンデス
ベルトはジワジワと追っていく
このまま静かに時間が過ぎるか?
と思ってたら・・・
ベルトの思い切りのいい
飛び込みながらの1,2
2発目の右がまともに顎を打ちぬくヒット
ヘルナンデス吹っ飛ばされるようにダウン!!!

レフリー立ち上がったヘルナンデスに再開を許さず
ベルト圧巻の秒殺劇!!

結果:ベルト1RTKOで防衛に成功!

セレスティノ・カバレロ
 ×
ジェーソン・リッザウ

カバレロ出場のこの試合、なんとSフェザー級契約
カバレロ大丈夫なのかね?

さあ、試合開始
1
なんか細身で長身で手が長いとか似たような感じ
積極的に攻め手行くのはリッザウ
カバレロも長距離砲で反撃
2
お互い長い距離の攻撃を行う両者だが
リッザウの方がより攻撃的
カバレロは少し守りの意識が強いのか
少しおさえた感じ
ラウンド終盤にはリッザウの攻勢でカバレロ一瞬ピンチ
3
カバレロはギアを上げてきた
より攻撃的にスイッチ
ここから両者ド突き合いの様相すら帯びてきた
じびラウンド中に互いに何度もふらつく
攻守の入れ替わりが激しい
カバレロもSバンタムでは見せた事がないような
厳しい試合展開
4
お互いに主武器の右打ち下ろし何度もヒットさせる展開
ただ、両者感情的になってるのか
クリンチ際では反則関係ない位の感じで
ぎりぎりのパンチを入れ合ってました
5
荒々しく激しい攻防
カバレロもいいパンチを入れてたが
リッザウはよりクリーンヒットが多かった
カバレロ結構ダメージあるような感じ
6
カバレロが下がるシーンが増えてきた
リッザウはますます荒々しく攻めていく
ラウンド終盤にリッザウの放った攻撃は効果的
7
お互いに強気だ
テクがあるのにガチガチのド付き合いの様相
より有効なボディはリッザウ
8
互いに大砲の打ち合い
9
カバレロは少し疲れてきたか?
一撃の力は残っているもののスピードは
落ちてきた気がする
10
最終ラウンドになっても激しく打ち合い
カバレロはボディを嫌がいるのかな?
リッザウの攻勢の前に下がるシーンが目立つ

で、試合終了判定へ

試合直後勝利のアピールはリッザウ
カバレロは比較的大人しい

さあ、判定へ
96-94カバレロ
94-96リッザウ
97-93リッザウ!

結果
2-1判定でリッザウの勝利!!

カバレロまさかの敗北!
つか
Sフェザーでやんのよせよw

ネート・キャンベル
 ×
ウォルター・エストラダ

1
積極的に仕掛けていくのはキャンベル
開始早々からエストラダを呑んでかかる
エストラダもこれではいけないと必死に反撃
ただしどこか腰がひけている感じ
2
荒々しく振り回しながら前に出ていくきゃんべう
下がりながら迎え撃つエストラダ
・・・
なんて展開できたのが終盤残り20秒ほどで急展開
ブレイクから再開しだところで
キャンベル余裕こきすぎて
不用意にエストラダの右を直撃される
そこからエストラダ連打であわやダウンか
と言うくらいのダメージを受ける
が、なんとか耐えてラウンド終了
3
ラウンド開始と共に荒っぽく前に出ていくキャンベル
しかしまだダメージが残っている
エストラダはまだチャンスか?
が、この展開でラフになってしまったエストラダ
キャンベルのパンチをもらい形勢逆転になりそう
なんとか耐えるもののホールドの減点をくらってしまう。
ただ、ダメが残る為、キャンベル引き続き苦しい
4
キャンベル少しダメージも抜けてきたか?
攻勢に力が戻ってきた
そうなるとエストラダは攻めてるときはいいが
攻め込まれると苦しくなる
クリンチでキャンベルの両手を押さえ込んで耐える。
が、この試合両者攻守が激しく入れ替わる。
ラウンド終盤はエストラダのボディブローが効果的だった
5
両者激しい攻防
エストラダは左右のボディブロー
キャンベルはキャンベルはストレートが効果的
6
追っていくキャンベル
下がって動きながら迎え撃つエストラダ
エストラダも大分調子にのってきたのか
防戦一方になる事はなくなってきた。
両者大きなパンチの交換が多く
いつダウンが起こってもおかしくはない展開
キャンベルもいい右を何度か入れていた
7
両者荒っぽくなっているが
特にキャンベルはそれが顕著
振り回すパンチを一緒に体も流れてしまっていて
見栄えがよろしくない。
あとキャンベルも力いっぱい振り回しすぎて疲れてきたか?
8
両者消耗戦の様相
ここで先に手を出してきたのはエストラダ
ただしペースを掴むには至らず
キャンベルは疲れからかダメージなのか動きが鈍い
なもんでまたエストラダのパンチをもらいダメージをもらう
ラウンド終盤はエストラダがキャンベルを圧倒

で、試合終了
さあ、判定
判定は2-1のスプリットデシジョンでエストラダ
まさかの番狂わせでキャンベル負けちゃいました

結果:エストラダ2-1判定勝利!












こっからメキシコの試合


2元中継だってたので
正直しっかりとは見れてません(´・ω・`)

IBFライト級タイトルマッチ
ミゲル・バスケス
 ×
リカルド・ドミンゲス

1
両者距離をとっての探りあい
手は良く出るものの比較的静かな展開
2
より瀬曲的に前に出て行くのはドミンゲス
3
バスケスは前進圧力を強めていじきた
4
ドミンゲスプレッシャー強める
5
ガチャガチャのド突き合い
6
出まくるドミンゲス
7
バスケスは出入りをしながらの攻勢
8
出るドミンゲス
バスケスは交わして、いないしての反撃
的確なヒットはバスケスか?
9
両者ちょっと疲れてきてるな
バスケスは激戦型だなー
足を使ってリングを広く使ってくバスケス
ドミンゲスひたすら直進
ドミンゲスは空振り多い
10
バスケスは飛び込んでのストレートがよくヒット
11
バスケスは相変わらず足を使いながら
出入りしての戦い。
ドミンゲスはこれを追いきれてない
クリーンヒットに関しては明らかにバスケスが上
12
最後までおおまかな展開としては
ショートレンジで戦いたいドミンゲスに
足を使ってショートレンジでの打ち合いを
さけて打ち込むバスケスって感じ
ドミンゲスはフラストレーションのたまる12Rか・・・

試合終了
さて、判定は?
120-108
119-109
118-110

結果:バスケス3-0で防衛に成功!

大差はついたが
なんか、そんな気がしない試合だったw

ジョバンニ・セグラ
 ×
マヌエル・バルガス

1
セグラがガンガンプレッシャーをかける
バルガス最初から押されてる
両者ともにパンチがワイルド
まともにもらったら一発で終わりそう
2
セグラのボディブローがいい感じ
後で効いてきそうだ
3
セグラのボディとアッパーは非常に効果的
4
ずっと変わらず前に出て圧力をかけるセグラ
なんとか迎え撃とうとするバルガスの展開
5
バルガスが前に出て攻勢かけるシーンも
少なからずあるが
正確性と威力だとセグラが上
6
セグラ少し疲れてきたのか?
圧力が弱くなってきた気がする
7
バルガスがカットでドクターチェックが入る
バルガスの顔が赤くなってる

この傷が結構深かったらしく
このラウンドインターバルで試合終了

憮然とするバルガス
なんじゃ、こりゃって感じの表情のセグラ
唐突過ぎて消化不良ですな

結果:セグラ負傷判定勝利!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報レポ Super6

尻すぼみ感ありありなSuper6ですが
まだ継続中です。

で、今日はアブラハムとフロッチが戦ってたので
とりあえず速報レポ



WBC・スーパーミドル級タイトルマッチ
アルツール・アブラハム
 ×
カール・フロッチ



見れたのは残念ながら3Rから
3
フロッチはスピードを生かしてテンポ良く攻撃。
特にボディブローがいい感じ
一方のアブラハムはなんとなくもっさりとした動き
パンチはありそうだけどスピードが感じられない
打たれるときは打たれっぱなしの攻防分離は相変わらず
まあ、攻めるときは迫力あるけどね
4
アブラハムは高いガードを固めたままジワジワと前進
フロッチはかまわず手数で応戦
高いガードを用いてインファイトに持ち込みたいアブラハムと
ガードを完全に下げて距離をとりスピード重視のフロッチ
アブラハムはもっと手数が欲しいかな?
5
展開変わらず
ジャブとボディを結構入れてるのはフロッチ
一方のアブラハムはガードの上からでも
打たれる場面が多く見栄えが悪い
6
ひたすら追うアブラハムと
足を使いながらジャブで突き放していくフロッチ
手数に関してはフロッチの方が3倍以上出してるんじゃ?
このラウンドはアブラハム結構ダメージあった気がした
7
アブラハムは手数が少ない上に空振りが多い
パンチが当たらないのでイライラしてるか?
一方のフロッチはガードの上からでも構わず連打してて
パンチが当たってるので気分良く戦えてそう
8
アブラハムは呼び込んでるのか効いてるのか
ロープ際でガードの上から打ち込まれる
場面が非常に目立った
一方フッロチは連打だけでなく
一発一発にも力を入れてきたな
アブラハム結構消耗してきてるように見える
9
アブラハムはジリ貧な展開
突き放されてて中に入っての
一撃を狙うが届かない
カウンター気味に入った左でふらついた様にも見えたし
ガード越しに打たれてふらついてるし厳しい状況か?
10
アブラハムはボディが効いてるような気がする
手数も全然でないしガードの上からでも
ふっとばされてるしフィジカルで完全に負けてるかも?
一瞬距離があってもフロッチに完全にすかされてる
11
アブラハム全然手が出ない
完全にフロッチペースになってしまっている
フロッチのボディでローブローのアピールみたいな
事をしてたし完全に腹が効いてるのも?
フロッチのボディは何発か微妙だったけどw
12
アブラハムはポイントで不利と見たか
このラウンドは積極的に出ていく
・・・が続かない
またガード越しにフロッチにたこ殴り
最後までアブラハムは自分の距離を作れずに
フロッチに好き放題されてた
ラストラウンドでの見せたような積極性を
もっと早く出せてればあるいは・・・
と思ったけど・・・

で、試合終了

判定出る前から勝利を確信して喜ぶフロッチに
消耗して疲れきったアブラハム
まあ、採点待つまでもなくフロッチかねー?

さあ、採点
119-109
120-108
120-108

大差つきましたw

結果:フロッチ3-0判定勝利で王座復帰

余談ですがこの試合のレフェリーは
結構反則打をスルーしてた気がするのは気のせいだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末試合予定 その他

今週末の注目カードなどをピックアップ
その他ニュースになります。



11/27フィンランド
Super6
WBCスーパーミドル級タイトル決定戦
アルツール・アブラハム
 ×
カール・フロッチ

Photo


元王者同士による王座決定戦で且つ
最初から試合していた面子で
リザーブに変わってない2名による対決
欧州対決だけに両者相手のホームを
嫌がって中立地なんでしょうけど・・・
果たしてフィンランドで需要あるの?







11/27イタリア
WBCインター・クルーザー級タイトルマッチ
シルビオ・ブランコ
×
ビンセンツォ・ロシット


元ライトヘビー級王者ブランコ登場
昨年もタイトルマッチに出てるから
現役バリバリなのかもしれんが
ブランコの年齢44・・・らしい






11/27メキシコ
IBFライト級タイトルマッチ
ミゲール・バスケス
 ×
リカルド・ドミンゲス

Photo_4


アメリカンドリーム達成しかけてた韓国の金智勳に待ったをかけて
戴冠したバスケスの初防衛戦
何気にこの人カーンに勝ったプレスコットに勝利したり
Sウェルター級でサウル・アルバレスと対戦したりとか
濃い目のキャリアを送ってるのね・・・
しかも、それでいてまだ23歳ってのも凄いやね



ジョバンニ・セグラ
 ×
マヌエル・バルガス

Photo_3


セグラは前回の試合でWBAとWBOの
タイトルを統一したばかり
(何よりカルデロンをKOしたのが凄いけど)
一方のバルガスは昨年のタイトル決定戦での
僅差判定負け以来の再起戦となる元WBOミニマム級王者
そこそこ好カードだと思う

不思議なのはその2人の対戦がなんでノンタイトルなのかだなw

全然関係ないですがその会見の写真に
マルガリさんがいました
まだこの状態でグラサン外せないんですかね?

Photo_5







11/27メキシコ
WBCスペイン語圏スーパーバンタム級タイトル決定戦
クルス・カルバハル
 ×
ヘナロ・ガルシア



カルバハルは元WBO王者
ガルシアは元世界1位で
長谷川穂積と西岡利晃のタイトルに挑戦経験のある選手

と言うか
2人共まだ現役だったのかw



WBCスペイン語圏Sフェザー級タイトル決定戦
ウリエル・ガルシア

×
アレクサンドル・ムニョス


ムニョスは元日本人キラーなので
言わずと知れた存在でしょう
・・・が
Sフェザー級?
誤植かと思ったので調べてみたら
相手の選手130Pとかで戦ってるので
どうも本当臭いw









11/27フィリピン
OPBFフライ級タイトルマッチ
ロッキー・フェンテス
 ×
インタノン・シチャモン


日本人キラーと化しつつある
東洋王者フェンテスの防衛戦



ミラン・メリンド
 ×
カルロス・タマラ



無敗の若手ホープメリンド
対するタマラは前IBF王者で判定で負けたばっかり
ホープの世界前哨戦にしてはきつめのマッチメーク



ランディ・スイコ
×
Arnel Tinampay


夏に佐々木に判定で負けでOPBFタイトルを失った
スイコの復帰戦


フローレンテ・コンデス
×
堀川謙一



敵地で力残した元世界王者相手って・・・
堀川は地味に大久保並みにきついことやってるなー







11/27アメリカ
WBAスーパー世界ライト級タイトルマッチ
WBOライト級タイトル統一戦
ファン・マヌエル・マルケス
 ×
マイケル・カチディス

Photo_6


超ベテラン王者のマルケスか?
敵地イギリスでホープを片付けたりと
勢いのある暫定王者カチディスか?
気になる結果は?
って感じで今週のメインカード

こうやってみるとマルケスはライト級だといい体作れるなー
メイ戦はぷよってたw




WBCウェルター級タイトルマッチ
アンドレ・ベルト
 ×
フレディ・ヘルナンデス



ここにきてパッキャオの対戦相手候補の一角になってる
ベルトの半年ぶりになる防衛戦
勝って次につながるか?

…でもベルトって無敗でKO率も高いのに地味だよね(´・ω・`)





セレスティノ・カバレロ
 ×
ジェーソン・リッザウ



ノンタイトルなのが勿体無い一戦だと思う。
ちなみにカバレロは口が悪いのが祟ってか
あんまりビックマッチには恵まれない印象
決まらないから挑発してんのかもしれんがw



ネート・キャンベル
 ×
ウォルター・エストラダ


キャンベルはオルチス戦での敗戦からの復帰戦








11/27アメリカ
WBAスーパー世界Sミドル級タイトルマッチ
アンドレ・ウォード
 ×
サキオ・ビカ

Photo_7



ビカ3度目の正直で戴冠なるか?
つか・・・
その3度目でウォードとかないわーw














昨日の長谷川&粟生のW2階級制覇の試合は堪能できました
んでその試合関連

まず粟生隆寛に負けた前王者ビタリ・タイベルト

右手を痛めてた
再戦したい

だそうな

Photo_8



Tajbert, Claims, Right, Hand, Injury,, Demands, Rematch






一方長谷川穂積に負けたファン・カルロス・ブルゴス

昨日の試合に関しては
負けを認めるいさぎいいコメントで
また長谷川とやってリベンジしたいそうな・・・

日本人的にはこう言う選手は応援したくなるな


長谷川に関しては日本のメディアもですが
メキシコの方もジョニゴン戦が完全に
規定路線になってるみたいですね

Hasegawa will challenge the champion Jhonny

Photo_9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(速報レポ)Wタイトルマッチin名古屋

さあ、いよいよWタイトルマッチだー
待ちに待ってました





WBCフェザー級タイトル決定戦
ファン・カルロス・ブルゴス
 ×
長谷川穂積



いきなりの2階級アップでの世界戦
試合直前での肉親の死

逆風の中の長谷川2階級制覇への挑戦

1
KO負け明けの長谷川がどう来るかが気になった序盤
ブルゴスは序盤大きくパンチを振り回してくる
長谷川はドッシリしてる感じで足を使わないのが気になる
長谷川はバンタム級王者時代終盤の倒すボクシングって感じなのが
ちょっと気になるなー
何度かブルゴスのタイミングが合ってた気がするし・・・
2
両者倒しにきてるような力いっぱいのボクシング
長谷川は紙一重のタイミングの右フック
左のストレートを入れていく
終盤は長谷川が圧力をかけていたと思う
3
長谷川が何発か見せた左ボディとストレートはよかった
長谷川はずっと強気だった
右フックも数発いいタイミングで入ったが
空振りした時にバランスを崩すくらい力が
入ってるのが少し気になる
4
左ストレートはよかった
ラウンド終盤の打ち合いはちょっとヒヤッとしたなー
長谷川は攻めるときには足を使うが
今日は下がる足、避ける足をほとんど使ってないのが気になった

途中採点
3者とも2~4P差で長谷川

5
ブルゴスが圧力を強めてきた
ただ長谷川は足を止めて向かう撃つ
ちょっとこえーよ
長谷川の左アッパーはよかった
何度かロープを背負ってたがあまりよろしくない
長谷川強振でずっときてるけど・・・
スタミナ平気なのか?
6
長谷川序盤はカウンター狙いか?
手数が少し減った序盤
ブルゴスの右にヒヤリとするシーンがある
長谷川左のタイミングはあってきてるかな?
両者バッティングで注意をもらう
7
前に出てくるブルゴスにロープ際でうたれた長谷川
だから怖いって・・・足使えよ
長谷川左のガードあいてる
ブルゴスの右が入り一瞬長谷川の足がふらつく
このラウンドは半年前の悪夢を思い起こさせる
シーンが随所にあり正直嫌な展開だった
8
長谷川少し足を使ってきたがすぐに打ち合いになるー
もっと足使って欲しい
長谷川が右目をバッティングでカット
ブルゴスは1点減点
長谷川智が目に入ってやり難そう
長谷川足とボディワークを使い始めて
少しいい展開になりはじめた気がする

途中採点2
ここまで3-0で長谷川(3~5P差)

9
長谷川また足も交えていく
ブルゴスはこのラウンド前に出てこれない
ブルゴスがロープを背負うシーンが多い
ブルゴス右目が大きく腫れてきている
このラウンドは長谷川がいい感じで流れを抑えてた
10
前にくるブルゴス
長谷川の左がいいタイミングで入るが
強引にくるブルゴスの左アッパーは
ちょっと怖いな
長谷川は足を使って試合を組み立てると
ブルゴスはついてこれない
長谷川は足を止めないで空ぶらせたところを
狙い打って欲しいところ
長谷川の左ストレートが何発も入ってる
ラウンド終了間際の長谷川のボディは
ブルゴス相当嫌がっていたか?
11
ブルゴスは前にくるが長谷川足を使い対応
ただブルゴスのアッパーが入ったのが危険だ
長谷川もっと足を使って欲しい
足を使うときに長谷川のガードが下がってるのが気になる
ちょっと長谷川パンチ効いているか?
ブルゴスも効いてるみたいで
両者消耗戦の様相を帯びてきた
長谷川は何故足を使う時にガードを下げる
あれ危ない
12
さあ、最終ラウンド
追うブルゴス、下がる長谷川
このラウンドもなんだかんだで力いっぱいなのがな
長谷川の左いいタイミングで入ってる
最後まで打ち合いを止めない両者
長谷川の左が入るとふらつくブルゴス
より苦しいのはブルゴスか

この試合最後まで
バンタム級王者時代のらしさは
見せなかった長谷川

この強引なボクシングでなんだかんだで
ブルゴスと最後まで渡りあった長谷川

さあ、採点結果
3-0で長谷川穂積2階級制覇!!!

フェザー級の新鋭をどうどうと迎え撃ったのはすごいわ

粟生と2人で2階級制覇
これは日本的には歴史に残る夜だったんじゃないかな?

少しだけ苦言を呈するなら・・・
この戦い方は長谷川本来のものには見えない
次にジョニゴンさんとやるなら
この戦い方危険すぎると思う
下手すると倒されるぞ

まあ、インタビュー聞く限りだと
本人も分かってたみたいだけどw

とにかく
おめでとう

あと
西岡さん&飯田元チャンプの解説陣はいい感じ
くりーむしちゅー上田いらね(´・ω・`)












WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
ビタリ・タイベルト
 ×
粟生隆寛

粟生が高校6冠の日本のアマエリートなら
王者タイベルトは元五輪メダリストで
アマチュアキャリアの格では一枚上

今までの粟生のスタイルでは相当厳しいのではないと思われた一戦だが
今日の粟生は凄かった。
3Rにはカウンターでダウンを奪い
8R終了までの採点では3-0で有利
タイベルトは途中まででカットする展開で
10Rにはカウンターで2度目のダウンかって位のチャンス
12R逆転狙いで強引にきたタイベルトだが
粟生またもカウンターを一閃すると
これまたフラっとくるタイベルト

そして両者フラフラのなか試合終了

判定は
115-112
117-112
116-112
勝者・・・新王者粟生!!
2階級制覇達成

今日の粟生凄かった!
今まで抜群のカウンターセンスは見られるものの
試合の中でどこかイライラさせられる事の多かった粟生だが
今日はリスクを負いながらも手を出してく
いいボクシングが見れたと思う!

そこには榎戦でどっちも負けじゃね?って引き分けや
ラリオス、ロハス戦で見られたひ弱な敗北を演じた
粟生がいなかった!

いいー2階級制覇でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

さあ、Wタイトルマッチは今日! 嶋田3度目の挑戦? 他

今日は名古屋でW世界タイトルマッチが行われます。
長谷川&粟生揃って2階級制覇なるか?
楽しみです!




WBCフェザー級タイトル決定戦
ファン・カルロス・ブルゴス
 ×
長谷川穂積

Photo



勢いのある無敗のメキシカンか?
2階級一気に上げてきたバンタム級の名王者か?
楽しみな一戦です。


こっちも注目

WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
ビタリ・タイベルト
 ×
粟生隆寛





Photo_2


元アマエリートの王者のテクか?
元アマエリート(小粒)の挑戦者のカウンターが決まるか?
なんとなく両者地味なの気がするのはスルーで(´・ω・`)











えー、こんな話が出てきてるそうです。
WBAライト級王者ミゲル・アコスタ
次の防衛戦の相手は嶋田雄大

まだ決定の話は出てないですけど
海外ソースでこう出てる以上交渉は
結構詰めの部分まできてるのかな?


2月日本国内?
WBAライト級タイトルマッチ
ミゲル・アコスタ
×
嶋田雄大


Photo_3
Photo_4

前回の試合で敵地で統一を果たしたアコスタに
前回の試合で辛うじてって感じだった嶋田

正直きっていなーw


“Aguacerito” defendera contra japones Shimada






先月のWOWFESで日本国内での
復帰戦を飾った元2階級制覇王者の
ホルヘ・リナレス

Photo_5

次のターゲットですが次の辺らしいです
ファン・マヌエル・マルケス
ロバート・ゲレロ
マイケル・カチディス


勝利者インタビューで来年はライト級で世界王者になるって
言ってたけどさて、どうなるか?


Jorge, Linares, Targets, Marquez,, Diaz,, Guerrero,, Katsidis












セレスティノ・カバレロ

ファンマ
ガンボア
上の選択肢がダメなら
WBO王者バスケスJrと統一戦


こうい言っちゃなんだが・・・
カバレロさんは選ばれる側であって
選ぶ方じゃないと思うんだ。
なんで上からの物言いなんだろう?|∀・).。oO(・・・)


Caballero, Eyes, Wilfredo, Vazquez, Jr., If, No, Juanma/Gamboa














こんな話題が出てました

Pacquiao, vs, Berto:, Roach, Says, Andre, is, a, Real, Challenge


アラムだけじゃなくてローチも名前を出してくるって事は
パックのOKが出たら決まりなのかしらね?















今週だっけこれ?

WBAスーパー世界ライト級タイトルマッチ
WBOライト級タイトル統一戦
ファン・マヌエル・マルケス
 ×
マイケル・カチディス

Photo_6


試合そのものよりも
まあ、その、なんだ
マルケスさん、かなりきてね?(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長谷川&粟生W世界戦いよいよ明日 メイ・・・ 他ニュース

長谷川と粟生の2階級制覇への挑戦!
Wタイトルマッチがいよいよ明日に迫ってきました。

と言うことで調印式が行われています。

果たして長谷川が2階級上げた事が吉と出るのか?
それとも階級の壁に跳ね返されるのか?
ブルゴスはどの位強いのか?
粟生はSフェザーで通用するのか?
地味王者タイベルトの実力は?

Photo



WBCフェザー級タイトル決定戦
ファン・カルロス・ブルゴス
 ×
長谷川穂積


WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
ビタリ・タイベルト
 ×
粟生隆寛



放送は日テレ系列にて
26日19:00~生中継
最大延長5分かよ(´・ω・`)


ボクシング:長谷川と粟生、2階級制覇へ ダブル世界戦

粟生“先制口撃”「緑のベルトは僕の方が似合う」

【ボクシング】長谷川ら4選手が調印式


海外の方
Hasegawa-Burgos presser

Tajbert-Aoh heats up

WBC-Weltmeister Vitali Tajbert am 26. November fur 2,99 Euro live auf SPORT1+ Der WBC-Champ: "Der grune Gurtel steht mir besser als Aoh. Mach dich auf etwas gefasst!"
(ドイツ語)

Burgos-Hasegawa, conferencia final
(スペイン語)












フロイド・メイウェザーJr
更なるトラブル?

最近メイの話題はトラブルの話題か
戦いたい相手の名前として出てくるだけだなw

Mayweather, Jr., in, More, Trouble:, Accused, of, Assault,, Again


一応ボブ・アラムはパッキャオ戦の優先権は
メイにあるって言ってるけど実現しなそう

Arum:, Floyd, Mayweather, is, Still, The, Priority,, Not, Mosley













マニー・パッキャオ
アントニオ・マルガリート戦のPPVの件数が出ました。
件数が115万件
売上げが6400万ドル

デラ戦ほどではなかったそうですが
相変わらず凄い売り上げです

Pacquiao-Margarito Brings 1.15 Million Pay-Per-View Buys -














ファン・マヌエル・マルケス

戦いたい相手
マニー・パッキャオ
エリック・モラレス
アミール・カーン

拒否
ロバート・ゲレロ


上の階級のお金になる相手とはやりたいけど
活きのいい指名挑戦者とはやりたくないんですねー

・・・タイトル返上しろや(# ゚Д゚)


Marquez: 'I Want Pacquiao, Khan, Morales; Not Guerrero'














ジョバンニ・セグラVSイバン・カルデロン2
実現に向けて現在も交渉中だそうな

Segura, vs, Calderon, Rematch, Talks, Continue,, Says, Rivera












WBCフライ級の指名戦
ポンサクレックVSエドガー・ソーサ

すぐに実現ではなくて
それぞれ1試合挟んで来年実現するだろう

と・・・
何故かスライマンWBC会長が語ってます(´・ω・`)

Pongsaklek Wonjogkam-Edgar Sosa Will Have To Wait













WBAコンベンションの関係者によるゴリ押しが色々
と思ったら・・・

バンタム級
マルソン・レイノソ
メキシコのニートを5位以内に・・・
だと?
はあ?
今のランキングにきてから碌な相手と試合もせずに
ダルチニアンやドナイレより上かよ

舐めてんのか(# ゚Д゚)


WBA, Convention:, Movers, and, Shakers, in, The, Rankings

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パッキャオの引退は? 長谷川、粟生 他ニュース

マニー・パッキャオの引退の件なんですが
35歳までには引退するなんて語ったみたいですね

Photo



Pacquiao to retire in 3 years, OK to fight Marquez

パッキャオ、35歳で引退 6階級制覇王者


あれれ?
あと1、2戦して来年には引退するとか言ってたのはどこいったんだw
確かオカンに怖いとかもう見たくないとか説得されて
そんな感じの話になったって事だったんじゃなかったっけ?
やっぱり金の力なんですかね?

ちなみに管理人は普通にパッキャオのファンなんですが
あえて言いたい。
これ以上無理して上の階級の大物狙いとか
止めて欲しいなと。

昔管理人が好きだった選手で
元WBCミドル級王者だったジェラルド・マクラレンと言う
ハードパンチャーがいました。
防衛戦では向かうところ敵なしって感じでタイトルを返上
階級を上げて望んだSミドル級タイトルマッチで
ナイジェル・ベンからダウンを奪ったものの
(ロングカウントの疑惑の声も出たダウン)
どんどん消耗していき逆転KO負けを喫しました。
結局これがラストマッチとなったマクラレンですが
この試合で体に大きなダメージを負い
体に障害が残り、健常者としての生活は
おくれなくなっているそうです。

もちろん階級の壁だけが問題だった訳ではないと思いますが
ボクシングってそんな感じで怖い面もあります。

破竹の勢いで連勝
階級を上げても結果を出し、大金を稼ぎ
フィリピンの選挙戦でも当選と
人生の絶頂期を迎えているパッキャオだけに
そんな風な落とし穴にはまらない為にも
金だけを考えた無理なマッチメークなんかせず
五体満足なままリングを後にして欲しいものです。

…まあ、なんだかんだ言っても試合決まったら見るんですけどね(´・ω・`)






その他パッキャオ関連の話題

海外の記事だったり、ブログだったり見ても
マニー・パッキャオVSファン・マヌエル・マルケス3
管理人と同じで興味なし!
って人は少なからず、いるようですw

Pacquiao vs Marquez 3?



あとインタビューなのかな?こんな記事がw
対戦したい相手?

YES
セルヒオ・マルチネス
フロイド・メイウェザー
シェーン・モズリー

NO
ファン・マヌエル・マルケス

誰も見たくないでしょってw
マルケスさん相手されてないのか(´・ω・`)

Pacquiao: "Yes" To Martinez, Floyd, Mosley - "No" Marquez





アンドレ・ベルト陣営がやたらと
パッキャオ戦をプッシュしたいみたいですね

Pacquiao-Berto:, DBE, Matchmaker, Likes, Andre's, Chances


ベルト本人も必死だなw
年寄りとばっか戦ってるって挑発したりとかしてるしね

Berto Fires at Pacquiao: "He's Been Beating Up Old Men"


陣営は戦えるんならどんな条件でも飲むって言ってるしw

Pacquiao vs Berto: DiBella 'I'm All Ears if Manny Wants It




ちなみにポール・ウィリアムズ戦で株を大きく上げた
セルヒオ・マルチネスさんは・・・

Photo_3


Sergio Martinez: "Pacquiao is Too Small, It's a Mismatch"

そこまでパッキャオ戦に積極的ではないみたい。
まあ、金が全てって言うんじゃなければこの選択はありだな
別に逃げたとも思わないしね




一方ファンが期待してて最有力候補だった
フロイド・メイウェザーさん

Photo_2

ここまで言われちゃってますがw

Ariza: Floyd Mayweather Will Never Fight Manny Pacquiao







さて、いよいと近づいてきました。
と言うか今週です

11/26名古屋

WBCフェザー級タイトル決定戦
ファン・カルロス・ブルゴス
 ×
長谷川穂積



長谷川、ブルゴスともに公開練習してるようです。
記事とか見てる限りだと
危機感のありそうな長谷川と
自信もってるブルゴスって感じなのかしらね?

Photo_4


長谷川が練習を公開 WBCフェザー級王座決定戦




こっちも同じ

WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
ビタリ・タイベルト
 ×
粟生隆寛



公開練習してるようです

粟生隆寛「グラのように舞う」 26日に名古屋でWBC王座挑戦


何が言いたいのか良くわかりません(´・ω・`)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

動画 マルチネスVSウィリアムズ、ジョニゴン 他

セルヒオ・マルチネス
 ×
ポール・ウィリアムズ


インパクトとしてはパックVSハットンなみに
強烈なKOシーンだったと思う






ジョニー・ゴンザレス

最後のKOは一撃が強烈でした








フェルナンド・ゲレロ
 ×
サウル・デュラン



ゲレロKO勝ちだけど
うーんって感じかな

| | コメント (2)

速報レポ ソーサ×大久保 

WBCインターフライ級タイトルマッチ
エドガー・ソーサ
 ×
大久保雅史


大久保入場
ハッピに必勝鉢巻で日本人アピールw
ソーサの入場は世界戦かって位派手

Photo_7

Photo_5

さあ、試合開始

Photo_8

1
足を使うソーサ
じりじり前進する大久保
両者最初は様子を見るかのような静かな立ち上がり
最後まで大きな動きはなし
大久保比較的調子は悪くないか?
2
ちょっと大久保は肩に力が入っているか
パンチの振りが大きい気がする
一方のソーサも最初から狙い気味なのか
手数が非常に少ない
大久保はチョコチョコとパンチ入ってたし
悪くはないがもう少しボディも打って欲しいところ
3
ソーサは手数を増やしてきたし
前に出てプレッシャーを掛け始めてきた。
このラウンドは大久保前に出るのではなく
ソーサを迎え撃つ感じ。
大久保のパンチも入っているので
大きいのをもらわないように頭をもっと
動かして欲しい。
ソーサの下からくるパンチにも注意
4
両者細かいパンチの応酬
中間距離では大久保も負けていない
ソーサのボディがちょこちょこ入ったので
完全にくっつくか中間距離で戦ったほうが
いいかもしれない
5
大久保は打たれて打ち返す感じになってるので
もっと先手先手でいってほしい。
ソーサのいいボディブローとアッパーが入っていたのが
少し気にかかるが
大久保もパンチを入れていたので
あんまり大振りしないで細かく返していって欲しい
6
ソーサ右ボディを多用してきてる
打ち合いではソーサの方が正確性で一枚上か?
くっついたときの体全体の力では
大久保の方が分がありそう。
もみ合いでソーサのスタミナを奪うのも戦略としてはありだな
7
ジャブの挿しあいでは大久保も負けてない
大久保の左ボディもなかなかいい感じで
入っているのでこれは続けて欲しい。
ショートレンジの打ち合いで一瞬左をもらって
大久保がふらついてたがダメージはどうか?
8
大久保左がいい
ソーサはちょっとボディが効いてきたかも?
ただ、大久保はこのラウンドも不用意に何発か
パンチをもらってたので
その辺は注意して欲しい
9
ラウンド開始早々、大久保にドクターチェック
そこかカットしたっぽい。
しかし続行
大久保の左ボディはなかなかいい感じだと思う・。
ソーサはマウスピースが合わないのか
それとも疲れか口があいている気がする。
ラウンド終盤にソーサのいいパンチが入る。
大久保手数を出してここを凌いだ。
しかし明確にソーサかね?
10
大久保はショートレンジでの
左右のボディブローは良かったと思う
ただ、疲れかダメージか体が流れがち?
一方のソーサは細かく正確に入れてる感じ
11
ソーサのアッパーがチョコチョコと入ってた。
大久保はしつこいボディは凄くいいと思うが
もう少し上下の打ち分けが欲しいかな
12
なんやかんやで最終ラウンド
ここまで決定的ピンチはなくきている
さあ、残り3分どうなる?
ラウンド開始
出る大久保、足を使うソーサ
大久保少し効いてしまったか
前に出てソーサに抱きつきにいくのが目立つ
ラウンド終盤は大久保が前に出て
ボディを中心にソーサに入れていた
ただ、全体的に見栄えがよかったのはソーサかな?

正直大久保ここまでやると思ってませんでした。
常にソーサに追われる展開しかイメージできなかったのは
舐めてたと思います。
ぶっちゃけごめんなさい(´・ω・`)

で、判定は!

結果:勝者3-0でソーサ


敵地で番狂わせで1位に勝利とはならず
大久保は敵地で根性を見せたと思う。
これで終わりだとあまりにもったいないので
再度の再起を期待したいと思った。

ソーサはうまさは見せれたと思うが
強さの点では今回は?だと思う
フライ級での実力を測るのは次回以降かしらね?


控え室の大久保

Photo_4 








WBCシルバー・フェザー級タイトルマッチ
ジャスティン・サビ
 ×
アルベルト・ガルサ


1
試合開始早々から積極的に大きいのを振っていく両者。
ハンドスピードと当て感ではサビが上か?
何発かサビのいいパンチが入ってました。
2
ラウンド開始早々にいいパンチを入れたサビ
腕回しのパフォーマンスして調子に乗ってきたか?
その後もいい左右を何発かサビがヒット。
ガルサは何度かふらついてし
ちょっと効いてきた模様。
サビはスピードもパワーもそれなりにありそうだが
バランスが悪いなー
上の選手とやったら、その辺つけこまれそうだな
3
サビの手数が減り下がる場面が増えた。
で、前に出てくるガルサの展開になったが
これはカウンター狙いで誘ってんのか?
それとも休んでたのか?

どうでもいいがメキシコのTVはインターバルに
Televisaにしろaztecaにしろ
やたらお姉ちゃんが前面に押し出してるのはなんなんだw
4
サビが手数を増やしてきた。
手数そのものはガルサの方だが
有効なクリーンヒットなら明らかにサビが上。
結構まともにもらってるように見えるので
ダメージもありそうです。
5
このラウンド、サビは右目の上をカット。
サビは攻防分離型っぽくて
攻め込まれると攻め込まれっぱなしになる
シーンが多いのが気になる。

ラウンドインターバルに大久保やソーサの
控え室の様子が何回も写り
なんか扱いが世界戦みたいな感じだなw
6
ガルサ相変わらず手数は良く出るが
こころなしスピードが落ちた気がする。
ちょっと疲れが出てきたか?
一方のサビは打ち込まれるシーンが増えてきたように見える。
攻め込むときは相変わらずの迫力だが
実は密かにボディきいてんのかな?
7
ラウンド開始と同時にサビは
ノーファウルカップが高いとの注意を受ける。
前のラウンドから度々注意されてるから
サイズがあってないのか?
それとも、もしかしたらボディ弱いのでわざととか?
ガルサの右目の辺りが結構腫れてきてるのが気になる。
このラウンド目立ったのはガルサの手数だった
サビはラウンドが進むごとになんとなく
落ちてきてる感じがするのは気のせいか?
8
相変わらず攻勢に関してはガルサが見せてくれるが
パンチが大振りかつスピードも落ちてきてる。
にも関わらずサビはそこに合わせられないのだから
両者相当疲れてるのかしらね?
9
手を出さないとジリ貧と見たか
サビが攻勢を強めてくる。
的確にヒットしダメージを与えるが後が続かない。
どころかこれが裏目った。
カウンターでダメージを被り
ラウンド終盤はサビはフラフラしっ放しで
足元が覚束ない状態。
ガルサの逆転?KOあるんじゃねって感じ
10
ラウンド序盤は多少ダメージが回復したらしく
積極的に手数を出していくサビ。
中盤以降はまたも省エネ戦法にスイッチしたかの如く
手数が減っていく。
ガルサもきつそうだがサビも相当きつそう
11
両者必死の攻防
ガルサは小さいパンチを織り混ぜながら
ショートレンジでの打ち合いを望む。
一方サビは大振りでワンパンチKO狙いか?
印象としてはガルサの細かいパンチによる攻勢で
サビは辟易とした感じ。
結構足元も怪しかった場面あったしね。
このラウンドはサビのカットに対してドクターチェックあり。
12
なんだかんだで最終ラウンド
サビが最後の力を振り絞ったかのような激しい攻勢に出る。
ガルサパンチをもらってフラフラとしながらも
なんとか凌ぎ切り試合終了。

最終ラウンドはサビが追いまわしていた印象

Photo_2

Photo_3


結果:ガルサが3-0でタイトルを獲得!


サビは無敗のランカーですので
ちょっと期待してた部分があったのですが
正直ちょっとばかり期待はずれだったかなー

印象としては
パワーとスピードはあるけど
スタミナとバランス、タフネスに難があり
世界戦となると厳しいんじゃないかと思いました。

一方勝ったガルサもスタミナと手数は評価に値しますが
世界上位レベルと比べたら?
なんじゃないかなーと思います。







ジョニー・ゴンザレス
 ×
Santos Marimon

ジョニゴンさん登場
1
ガードを固めながらジワジワ前進
相変わらずパワフルだが
攻めるときにはガードが開くなー
結構パンチを合わされてたね
2
これで調子に乗った相手に対して
下がりながら見事な左カウンター
ほぼ完全失神状態か?
カウントをとらずに即止められてました

結果:ジョニゴンさん一撃KOで2RKO勝利


試合後のインタビューでハポネス云々言ってたのは
次の試合の事聞かれて長谷川VSブルゴスに言及したのかな?
スペイン語分からんのでほぼ内容理解できずw

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報レポ! マルチネスVSウィリアムズ 

WBCミドル級タイトルマッチ
セルヒオ・マルチネス
 ×
ポール・ウィリアムズ

試合開始

1
最初は足を使いながらいくマルチネスに
前に出ていくウィリアムズの展開
マルチネスは一気に距離を詰めてくか
ガーット離れるかで自分に不利な
中間距離眺めでの戦いは拒否。
ショートレンジの打ち合いではマルチネスに分があるか?
2
ウィリアムズの中間距離での打ち下ろしは切れてる。
積極的に出てくるウィリアムズ。
そこに・・・
マルチネスの左カウンターが顎先に完璧なタイミングでヒット!!
前に糸が切れたように崩れ落ちるウィリアムズ。
完全失神だー

マルチネス1年前の微妙な判定負けのリベンジ達成!
もう、これは完勝と言っていいでしょう。

一方ウィリアムズはこんだけの完敗は初めてなのでは?

結果:マルチネス2RKO勝利で防衛成功!

試合後のインタビューでは
パッキャオやらメイウェザーの名前が出てました。
まあ、それに見合う派手なKO劇

フェルナンド・ゲレロ
 ×
サウル・デュラン

結果:ゲレロ4RTKO勝利

デュラン衰えた・・・
と言うかあのフレームであの体重は無理だろw

ゾルト・エルディ
 ×
Samson Onyango

結果:エルディ3-0判定勝利!

元2階級王者エルディは1年ぶりの再起成功

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高山世界戦延期に・・・、マルケス兄・・・w 他

南アフリカでの敵地世界挑戦まで
あと1週間と迫っていたIBFミニマム級1位高山勝成

この差し迫ったところで王者サイドから
延期要望がきたとの事で
世界戦が延期になってしまった模様

怪我とかならともかく
ビジネス上とか、戦略としてなら
こう言う延期ってどうなんでしょう?

試合にコンディションのピークをもってくなら
当然調整の問題も出てくるだろうし
ましてやミニマム級だしねー

まあ、試合時にベストコンデションで
臨める様祈りますw


ボクシング:高山の世界戦延期 王者側の都合で





こんな話題が
先頃アントニオ・マルガリートとの
大一番を終えたマニー・パッキャオ

本人はしばらく休養希望との事で
次にリングに戻るのは半年後
来年の5月くらいみたいな事を書かれてます

Pacquiao Eyes May Ring Return: "Let's Rest For 6 Months




んで!
そのパックを必要以上に意識しちゃってるのが
過去パッキャオに2戦して1敗1分の
WBA&WBOライト級王者ファン・マヌエル・マルケス

来週暫定王者カチディス戦があるのに
なんか必要以上にパックを意識してる気がする
『やるなら、明日にでもパッキャオと戦う』
だ、そうな・・・

マルケスのファンには悪いけど
個人的に意見を言うならば
寝言は寝てから言え!
と言う感じですかね(´・ω・`)

まあ、確かに過去2戦とも接戦でしたが
・マルケスはSライト以上のウェイトだと全然実績がない
・マルケス戦以降のパックの実績は十分
・正直マルケス自体にはそこまで集客力がない
とかそんな要素もあるけど
ぶっちゃけパッキャオVSマルケスって
マルケスにはメリットばっかり
パックにはなんのメリットもないw



まあ、実現の可能性は低いと思うw


Marquez:, If, I, Had, To,, I'd, Fight, Manny, Pacquiao, Tomorrow!




そのパッキャオ戦希望な人たち

サウル・アルバレス

Saul Alvarez: "Pacquiao is Not Invincible, I'm Not Afraid"

まず実績積めよw


シェーン・モズリー

Mosley Talks Pacquiao Fight, Golden Boy Status, J. Prince

今更モズリー?イラネw


こっちはアラムのおっさんが新たに言い出した
アンドレ・ベルト

Arum: Pacquiao-Berto Possible; Koncz: Mosley Most Likely

地味だけどありだと思う。
まあ、飛ばしだと思うけどw



試合結果

11/19アルゼンチン
カルロス・バルドミール
 ×
Amilcar Edgardo Funes Melian


結果:バルドミール2-1判定勝利


んー、平凡な戦績の相手にスプリットか
バルドミール衰えたかねー




ルスラン・チャガエフ
 ×
トラビス・ウォーカー

結果:チャガエフ3-0判定勝利!


チャガエフは指名挑戦件をキープ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末の注目カード

今週末の注目カードをピックアップ



11/20アメリカ
WBCミドル級タイトルマッチ
セルヒオ・マルチネス
 ×
ポール・ウィリアムズ

Photo

今週のメインカード?
マルチネスにとっては初防衛戦
一方ウィリアムズは3階級制覇をかけた試合
と言うか両者1年ぶりの因縁の再戦?
前回の試合では挑戦者ウィリアムズが
2-0(一人の119-110はどうかと思うがw)で
判定で勝っています。
その再起戦でマルチネスがケリー・パブリックを破って
ベルトを獲得し、今回の初防衛戦となります。



フェルナンド・ゲレロ
 ×
サウル・デュラン

ゲレロは無敗で19連勝中のホープ
一方のデュランは来日経験もある元世界挑戦者
(畑山隆則のSフェザー級王座に挑みダウン奪うもドロー)
つーか
デュランってまだ現役だったのかw
しかもミドル級で戦ってんのね



ゾルト・エルディ
 ×
Samson Onyango

元ライトヘビー&クルーザー級王者エルディの1年ぶりの試合
しかも戦うリングをアメリカに移しての復帰となります

11/20アメリカ
ラウル・マルチネス
 ×
ロバート・ゲレロ

元世界挑戦者どうしのサバイバルマッチ?

11/20アメリカ
ポール・スパダフォーラ
 ×
ディエゴ・ヘスス・ポンセ

元IBFライト級王者スパダフォーラ登場
無敗にも関わらず現在ローカル選手
タイトル返上後試合をこなさなかった
時期があったのが痛いねー
なんとか1回くらい世界戦やらせてやりたいとこ






11/20メキシコ
WBCインター・フライ級タイトルマッチ
エドガー・ソーサ
 ×
大久保雅史

前OPBF王者大久保のチャレンジマッチ
敵地で世界1位ソーサに挑戦。
ちなみに現地での注目度に関しては
世界戦と対して変わらない感じ。
まあ、ソーサ相手だしねー


Duelo Sosa-Okubo se calienta


WBCフェザー級シルバータイトルマッチ
ジャスティン・サビ
 ×
アルベルト・ガルサ


ジョバンニ・カロ
 ×
フェリックス・マチャド

Photo_5

元王者のマチャド・・・
正直まだ現役だったことに驚きました

カルロス・サラテJr
 ×
ヘスス・ビビアノ

サラテJr11戦目
ここまで無敗をキープしてるようです

WBC女子フライ級暫定タイトルマッチ
Mariana Juarez
 ×
Maribel Ramirez

ジョニー・ゴンザレス
 ×
Santos Marimon

Photo_3

ジョニゴンさん今年5戦目
既に指名挑戦権あるのによくやるなー

11/20名古屋
大場航平
 ×
中岸風太

大場初敗北からの再起戦になります。
相手は元OPBF挑戦者の中岸

11/20ドイツ
WBOスーパーミドル級タイトルマッチ
ロベルト・スティグリッツ
 ×
エンリケ・オルネラス

Photo_4

スティグリッツ3度目の防衛戦



WIBF&WBO女子スーパーフェザー級タイトルマッチ
Ramona Kuehne
 ×
rma Balijagic Adler

11/20デンマーク
WBC&WBO女子ウェルター級タイトルマッチ
Cecilia Braekhus
×
Eva Halasi

W

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBAランキング(2010年11月最新)

最新のWBAランキングです
感想を言いますとバンタム級が酷い事になってます

続きを読む "WBAランキング(2010年11月最新)"

| | コメント (5)

李&内山W防衛戦! そして下田世界初挑戦へ! 他

李本人がツイッターでつぶやいてましたが
本日後楽園飯店で記者会見が行われたそうです。

Photo


なんの記者会見かと言いますと・・・
これ!


2011年1月10日有明コロシアム

WBA・Sバンタム級タイトルマッチ
王者:李冽理
 ×
6位:下田昭文(WBC1位)


WBA・Sフェザー級タイトル統一戦
王者:内山高志
 ×
暫定王者:ホルヘ・ソリス



いやー、新年早々ビックカードですわ
李に関してはプーンサワットとのタイでの
ダイレクトリマッチの可能性についても
囁かれてただけに国内で下田ってのはちょい意外か?

個人的にはあるかもって思ってたので
そんなに驚かないけどw
まあ、C1位っても同門の西岡戦はありえないしねw
ただ、上から落としてきた李と
下から上げてきた下田なんで
体格でパワー負けとか言うのは勘弁してほしいやね

んで内山×ソリス
これも熱いわー
暫定のソリスですけど超はつかないけど
そこそこ大物と言っても問題選手だしね

当日は当然現地に行くつもりです!

そういや下田12月4日に佐藤防衛戦の興行で
出場予定のはずだったけど、それどうすんだろう?
そっちも行く予定だったんだけどなー

そして下田ブログが世界戦に一切触れてない件(´・ω・`)

内山、李冽理でダブル世界戦=1月10日、東京・有明コロシアム-ボクシング








こんな記事が・・・

名城3度目王座奪取カラオケで表明…WBC世界Sフライ級


どこぞの次男じゃないんだから・・・
やめて下さい!







こんな話題も。

長谷川&粟生世界戦3D生中継

んー
この間のWOWFESで3D成功したみたいではあるけど
PVVすら確立してない日本で
有料でこれやんの?

正直成功しないんじゃないかと思う(;´Д`)









こんな話題

久高と井岡が世界戦を前に豪華スパー

緊迫したスパーだったそうな
安くてよければ金とれるなw









合意したらしい・・・

3月
トーマス・アダメク
 ×
ロイ・ジョーンズJr



晩節を汚しまくりのロイさん
また今回もチンチンにされる展開しか思いつかない(´・ω・`)


アダメク×ロイ









アラムのおっさんが3月に
ミゲル・コット
 ×
フリオ・セサール・チャベスJr

の試合を計画してるとのこと
って事はチャベスVSアルバレスを
やりたいってデラの計画はお流れかしら?

アラム発言なので・・・
飛ばしの可能性は当然ありますw


3月にコットVSチャベスJr









チーム・アレクサンダーからゲイリー・ショーへ
こんな事が・・・

Team Alexander To Shaw: Forget Pacquiao, Do Your Job


超意訳すると
夢ばっか見てないで、とっとと仕事しろよ!

って釘刺された感じか?w








Wladimir Klitschko: I'll Cut "Chicken" Haye's Balls Off


ウラジミールはヘイが大嫌いって事でいいのかしら?









Hatton:, "It's, Possible, That, I'll, Fight, Saul, Alvarez, in, March


いや、ねーよw
って思ったら弟の方だった(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井岡&名城の世界戦は? 大久保メキシコへ 他ニュース

年内開催と言われていたこの試合

WBCライトフライ級タイトルマッチ
ギルベルト・ケブ・バス
 ×
井岡一翔



なにやら王者バスが
戴冠した試合でのダメージを理由に
延期を要請
年内開催は困難との事で
来年1月にずれ込む模様です


井岡の初世界戦、1月下旬が有力










前WBA王者名城信男が3度目の戴冠を目指し
世界最長戦へ!

2011年2月
WBC・Sフライ級タイトルマッチ
トマス・ロハス
 ×
名城信男



ロハスは9月にさいたまアリーナで
名城とほぼ互角にやりあってた河野公平を
ポイント上では完全に下しタイトル再戴冠
(最終ラウンドに痛烈なダウンしてたけどね)
今回が初防衛戦になります。


名城が来年2月世界戦 3度目王座目指す









粟生・・・
子供の喧嘩かw

粟生やり返した!タイベルトを無視










11/27メキシコ
WBCインター・フライ級タイトルマッチ
エドガー・ソーサ(WBC世界1位)
 ×
大久保雅史(WBC世界12位)



前OPBF王者大久保
世界1位とのサバイバルマッチを敵地で行うわけですが
メキシコに到着した模様

Photo

写真見る限りだと空港にマスコミ
ある意味世界戦なみの注目度なのかしら?

Okubo en Mexico para duelo con Sosa









元Sウェルター級王者カシム・オウマ
WBAミドル級スーパー王者のフェリックス・シュトゥルム
来年の対戦を目指し交渉中の模様


シュトルムVSオウマ?








こんな話があるらしい

2011年3月
イベンダー・ホリフィールド
 ×
ブライアン・ニールセン



10年前ならともかく
本当にやるのか?w

ちなみにホリーは言わずと知れた元世界王者
ニールセンはローカル選手ですが
マイク・タイソンと対戦経験あり

ホリーVSニールセン









ロバート・ゲレロですが
ファン・マヌエル・マルケスマイケル・カチディス
勝者をターゲットにする模様

ゲレロのターゲットは











オスカー・デラ・ホーヤですが

メキシコの若手人気者2名
サウル・アルバレス
フリオ・セサール・チャベスJr

この2人によるメガバトルを実現させたいそうです。

さすがに世界タイトルとった後とかじゃないと無理じゃね?
って思うんだけどどうなんでしょう?

デラホーヤがメガバトル開催希望









WBA・Sライト級王者アミール・カーン
マニー・パッキャオはメイウェザーを破壊する

カーン







WBAバンタム級王者アンセルモ・モレノ
現状まだ決まってないようですが
次の防衛戦は日本もしくは他の国で
行うだろう的な事が書かれてます。

具体的な話があるんですかね?
もしかして・・・
下田?山中?大場?

いずれにしもて日本って出てるのは
モレノ陣営としてはやりたい気持ちがあるからなのかな?

アンセルモ・モレノ次の防衛戦







軽くさらっと
亀2の防衛戦

12/26
WBAフライ級タイトルマッチ
亀田大
 ×
シルビオ・オルティヌ

ルーマニア人との世界戦は珍しい

亀2






ファン・マヌエル・マルケス
「パッキャオは俺とはやりたがらない。
だって奴を苦しめたからね」

多分パッキャオとやりたくて(お金欲しくて?)仕方ない
マルケスさんがなんとかならんかなーと思って
挑発してるようにしか見えないww


マルケス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

IBF、WBO加盟の件 ブロゴス、タイベルト来日 他

今日のニュースです。


西日本協会から話があがっていた
IBF、WBO加盟の件についての話し合いが
東日本協会でもたれ
反対多数でこの件は持ち越しになったそうな・・・

とりあえず個人的には
・誰が反対してるのか?
・なんで反対なのか?

その辺についてははっきりして欲しいな

IBFとWBOの承認、大多数の理事が反対




11/26名古屋
WBCフェザー級タイトル決定戦
ビクトル・ブルゴス
×
長谷川穂積


26日に長谷川とタイトルを争う
1位ビクトル・ブルゴスが来日したそうです。
自信の程を語ってるみたいですね。

Photo

ボクサー一族ブルゴス、長谷川戦に自信




あとこっちも
WBC・Sフェザー級タイトルマッチ
ビタリ・タイベルト
 ×
粟生隆寛



こっちも来日したそうですね。
コメントを求められて
力量を語るのは難しい
トヨタとベンツの性能は見た目じゃ分からない

って
一見謙虚なんだけど
俺の方が高級だぜー
てなとこなのかねw

来日した時の写真探してたら
こんなの見つかりました。

粟生戦に備えて居合いの入門か?
シュトルム戦の時の佐藤もそうだったけど
ドイツ人の日本へのイメージ
偏ってね?

Photo_2


粟生の相手・タイベルト「トヨタとベンツの性能は外見で判断できない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画で見るパッキャオ、リゴンドー、ヘイ

WBC・Sウェルター級タイトル決定戦
マニー・パッキャオ
×
アントニオ・マルガリート





WBA・Sバンタム級暫定タイトル決定戦
リカルド・コルドバ
 ×
ギレルモ・リゴンドー





WBAヘビー級タイトルマッチ
デビッド・ヘイ
 ×
オードリー・ハリソン

| | コメント (0)

速報! パッキャオVSマルガリート

WBCスーパーウェルター級タイトル決定戦
マニー・パッキャオ
 ×
アントニオ・マルガリート

Photo

Photo_2

Photo_3

両者入場
パッキャオ、マルガリート共に
にこやかな表情。
表情に硬さはないか?

試合開始
1
サイズが全然違う。
距離的にはマルガリートが有利
比較的静かな立ち上がりから
積極的に打っていくのはパック。
ガードの開いたところにうまく入れてく
結構パンチ入れたが
ここまで効いたパンチはないか?
2
マルガリートはガードを固めながら
更にジワジワと圧力をかけてくる。
手数も1Rよりは出てる
ただしパッキャオも一方的に
下がるだけでなくパンチは返してる
3
パッキャオがクリーンヒットを何発か入れた。
そして回転力のある連打も少し出てた。
4
マルガリートプレッシャーを強めるが
パッキャオうまくパンチを合わせていく。
パックのパンチでマルガリートの右目がはれてくる。
そして
パックのボディがすこーい
ボディが露骨にきいてる
5
マルガリート体で潰しにくるが
パッキャオは全然負けてない。
パックはガードがあまくなったところを
うまく合わせていく。
そして回転があがってくる
6
マルガリートがガンガン出てくる
それに大してパックはカウンターを合わせてくる。
それでも出てくるマルガリートのボディが
パッキャオにヒット。
これが効いてパック初めてピンチに・・・
パックそれでも返してくる
7
両者少し戦略を変えたか?
パックは足を使い
マルガリートはボディを多用してくる。
パックはボディは効いてるが
顔面にたくさんパンチを入れてる
8
激しい攻防
パッキャオは完全にボディが効いてる
ロープでボディを打たれると
パックが連打をもらう
ただしパックは打ち合いでは
上回っていた
9
マルガリートは疲れとダメージで
大分スピードが落ちてきた。
パッキャオはスピード残ってるが
ボディはかなり効いてそうだ。
10
マルガリート目の腫れをチェックされる
腫れが酷い

Photo_5

パッキャオが下がりマルガリートが追う。
パッキャオは合わせていき
また連打が出始めた。
そして←カウンターで
マルガリート露骨に効いた
11
パッキャオやりたい放題
レフリーを見ながら止めてやれとアピール。
しかしレフリーが止めない。
パッキャオが打てばあたる感じ
レフリーはドクターチェックをしたが
続行させてきた
12
パッキャオは最終ラウンド十字を切って
ラウンド開始
狙ってるのか流してるのか
パッキャオは距離をとりながら
合わせていく感じ
そしてこのラウンドは
そのまま大して見せ場なく終了
最終ラウンドのパッキャオは
あまり無理をしないでいたと思う。

試合終了

さあ、判定
120-108
118-110
119-109
勝者は
マニー・パッキャオーーー!!

パッキャオは世界タイトル6階級制覇
それでもパッキャオは強かった
下手するとマルガリートを倒してたもんなー

とにかくパッキャオはナイスファイトでした

試合後のインタビューでは
メイウェザー戦に関しては実現しようが
しまいがそれはそれで構わない

とのこと、そこまでは乗り気でないみたいでしたw

WBA・Sバンタム級暫定王座決定戦
リカルド・コルドバ
 ×
ギレルモ・リゴンドー

Photo_4

結果:リゴンドーが2-1で暫定王者に

ダウン応酬の試合ですが
思ったほど圧倒的な実力ってことは
なかったですね

NABF&NABOウェルター級タイトルマッチ
マイク・ジョーンズ
 ×
ヘスス・ソト・カラス

結果:ジョーンズKO勝利

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この週末はパッキャオVSマルガリート! その他週末カード

11/13アメリカ・ラスベガス
WBC・Sライト級タイトル決定戦
マニー・パッキャオ
 ×
アントニオ・マルガリート

Photo

Photo_2

Photo_4

言わずと知れたアジアの英雄マニー・パックマン
日本のマスコミ曰く6階級制覇の試合だそうな
(ファンにとってはそんな目線ではみないだろうけどねw)

相手はアントニオ”すっごく硬い拳w”マルガリート
実力あるんだから変に余計な事すんな
例のモズリー戦以来の世界戦となります。

ちなみに余談ですがパッキャオの今までの獲得王座
WBCフライ
IBFスーパーバンタム
WBCスーパーフェザー
WBCライト
WBOウェルター
(IBOスーパーライト、フェザー級のピープルズチャンピオンの称号w)
なんでか知らないけどWBAだけ獲ってない

間違いなく今週の目玉!
個人的にはパックそろそろ引退させてやれよと思うがw





WBA暫定スーパーバンタム級タイトル決定戦
ギレルモ・リゴンドー
 ×
リカルド・コルドバ

キューバの元アマ世界王者&五輪王者リゴンドー
プロ入り2年目にして早くも世界戦!
(でも年齢はもうベテラン(´・ω・`))
相手は元WBAバンタム級王者コルドバ

Photo_5

リゴンドーの真価が試される試合
ちなみにノーマル王者は日本の李冽理
そして怪我もしてないのにまたも勝手に組まれる暫定戦
誰かWBAに暫定王者の本来の定義教えてやってくれw




NABA&NABO&WBC米大陸ウェルター級タイトル
マイク・ジョーンズ
 ×
ヘスス・ソト・カラス

ブランドン・リオス
 ×
オムリ・ローザー

出場のフィリピン選手
リッチー・メープルマン
デニス・ローレンテ




11/13イギリス
WBAヘビー級タイトルマッチ
デビッド・ヘイ
 ×
オードリー・ハリソン

イギリス勢同士のヘビー級対決
元アマスター・ハリソンにしてみれば
やっとここまでって感じですかね?
まあ、多分ヘイが勝つとは思うけどねw

Photo_6




11/13
WBOヨーロピアン・Sライト級タイトル決定戦
セルヒー・フェドチェンコ
 ×
デマーカス・コーリー

元世界王者のコーリーなんだけど
いまや高級噛ませとして世界中出張中?

Photo_7




11/13フィリピン
バルウェグ・バンゴヤン
 ×
エリック・マーカス

今年4月に西岡に挑戦しKO負けのバンゴヤン
再起戦の地域タイトル戦でもKO負けを喫し
今回が更に再起戦となります



11/12メキシコ
WBCラテン暫定バンタム級タイトルマッチ
ヘスス・ルイス
 ×
フリオ・デビッド・ラー



11/14タイ
PABAライトフライ級タイトルマッチ
パイパロップ・コーキエットジム

 ×
ドミングス・ネナ・ケバ


ワンディー・シンワンチャー
 ×
ジェミー・ゴベル



ここからは週末の試合の結果になります

11/12ドイツ
IBF女子ウェルター級タイトル決定戦
ジェニファー・レッケ
×
ダニエラ・スミス

結果:ダニエラが判定で新王者に。

11/12タイ
PABAバンタム級タイトルマッチ
タブティンデン・ナラチャワット
×
ロリ・ガスカ

結果:ロリ6RTKOで新王者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井岡の世界戦大丈夫か? マルガリート陣営謝罪?

週末になり色々とボクシングの情報が出てきますねー
今週はパックの試合があるから特に楽しみです。



井岡一翔の世界挑戦の話題
新王者ケブ・バス陣営が地元でインタビューされて?
マネージャーが初防衛戦は地元で行うとか
のたまったらしい

これうさぎにくさんのとこからソース引っ張ってきたんですが
井岡陣営は年末に大阪で世界挑戦って発表してるらしいし…
さて、どうなるんだ?


ちなみに流れはこんな感じ

井岡陣営がオマール・ニーニョ陣営と交渉
ニーニョんとこ
どっちが勝っても年末大阪で世界戦おk

井岡陣営
内定~♪とりあえずどっちかと世界戦で情報流れる

ニーニョ×ケブ・バス世界戦
ニーニョがまさかの番狂わせ負け

井岡陣営
おいおい番狂わせかよ
まあ、これで世界戦の相手はケブ・バスだな

ケブ・バス陣営
初防衛戦は地元のメキシコでやるよー ←いまここ

さあ、どうなる井岡世界初挑戦
まあ、リップサービス&銭闘の可能性高い気もしますが。
どっちにしてもオプションの関係もあって
ケブ・バス陣営が興行権握ってると思わないしw

ケブ・バス「初防衛戦は地元で」






昨日なんとなくBBCニュース見てたら
スポーツコーナーで珍しくボクシングの話題が
13日に対戦を行う
マニー・パッキャオ
×
アントニオ・マルガリート

Photo

んで、マルガリートがつべか何かにアップした動画?
が問題があったって事で
パックの陣営だかローチェだかに謝罪とかって
話題だった
…一体何やらかしたんだろう?(´・ω・`)

Margarito’s explanation





こんな話題が出ていました。
WBOフェザー級王者のファンマこと
ファン・マヌエル・ロペス
2011年にもWBC休養王者エリオ・ロハス
統一戦を行う?

個人的にはロハスは
まず長谷川×ブルゴスの勝者
それに勝っても指名挑戦者
と対戦相手が決まってるわけで
統一戦は難しいと思うんだけど・・・

Juanma vs Rojas in 2011?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBCランキング最新(2010年11月)

2010年11月のWBCランキング最新版



続きを読む "WBCランキング最新(2010年11月)"

| | コメント (0)

井岡&高山世界戦 パックVSマルガリ 他

今日の話題

まあ、今更感もありますが
先週末の世界戦で王座交代があった為

12月大阪
WBCライトフライ級タイトルマッチ
ギルベルト・ケブ・バス
 ×
井岡一翔

Photo

個人的にはかなり穴って言うか狙い目?
なんじゃないかと思ってます。
期待度は・・・
ずばりイサック・ブストス戦の時の高山より
上なんじゃないでしょうか?

井岡年末に世界戦か?

で、上の話題に出ていた高山が
3つ目のベルトに挑戦となりました。
挑戦自体は決まっていたので公式発表って事ですね

11/27南アフリカ
IBFミニマム級タイトルマッチ
ヌコシナチ・ジョイ
×
高山一成

Photo_2

相手のジョイですが・・・
普通に強いです。
高山の対戦相手の中では下手すると
ロマゴン以上なんじゃね?
って位の強豪ですね
敵地って事もあり厳しいとは思いますが
高山には頑張ってもらいたい

高山3団体制覇へ27日・南アでIBF挑戦

いよいよ今週です!
海外のサイトでは最近この試合の話題が
しょっちゅうあがっています。
個人的にも大注目!

11/13
WBC・Sウェルター級王座決定戦
マニー・パッキャオ
 ×
アントニオ・マルガリート

Photo_3 Photo_4

とにかく楽しみ
試合後にパックが引退へ動くのかとか
その辺も注目です。

あとマルガリートがすっごく硬い拳で来ないことを祈るw

下記の試合が決まったそうです。

11/27
WBA/WBOライトフライ級タイトルマッチ
ジョバンニ・セグラ
 ×
デンバー・クエリョ

IBFライト級タイトルマッチ
ミゲル・バスケス
 ×
リカルド・ドミンゲス

どうでもいいがboxrecだと
クエリョがこの試合の2週間後に
WBCインターの試合を予定してるんだが・・・
負ける事は織り込み済みなのか?
(まあ、修正されてないだけだと思うけどねw)

セグラVSクエリョ決定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週末の試合結果 番狂わせも

ブログお引越し

試合観戦なんかで追えてなかった

先週末の試合結果になります

11/8アメリカ
リコ・ラモス
×
ヒルベルト・ルイス

ルイスは中堅の世界ランカーで世界経験あり
ラモスは17連勝無敗と売り出し中?

結果:ラモス2RTKO勝利

11/6メキシコ
WBA・Lフライ級タイトルマッチ
オマール・ニーニョ
×
ギルベルト・ケブ・バス

井岡との対戦が噂されたニーニョの防衛戦

結果:バス2-0判定で新王者に!

バスは正直そんなに強くないと思われる
中堅選手なんですが・・・
ニーニョダウン奪われての判定負けだそうです。
ちなみにニーニョは一回目の王座は初防衛戦で
検査に引っかかって剥奪
2回目がこれだもんなー
舐めすぎだったんじゃね?

WBC女子スーパーフライ級タイトルマッチ
アナ・マリア・トーレス
×
ホリー・ダナウェイ

結果:トーレス6RTKOで防衛

WBC女子暫定スーパーバンタム級タイトルマッチ
ジャッキー・ナバ
 ×
ジェニファー・サリナス

結果:ナバ3-0判定勝利

11/6ニカラグア
レネ・ゴンザレス
×
ラモン・マイレナ

結果:ゴンザレス1RTKO勝利!

11/6南アフリカ
WBCインターSフェザー級王座決定戦
シッポ・タリウェ
 ×
ビンビン・ルフィーノ

結果:タリフェ3-0判定勝利

敵地でこの結果ならルフィーノやっぱり
なかなかの曲者って言えそう

11/6イギリス
ギャビン・リース
×
ジョン・ワトソン

結果:リース11RTKO勝利!

11/6アメリカ   
NABO・Sライト級タイトル決定戦
ザブ・ジュダー
 ×
ルーカス・マシセ

結果:ジュダー2-1判定勝利

ロバート・ゲレロ
 ×
ビセンテ・エスコビド

結果:ゲレロ3-0判定勝利

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お引越ししました。&後楽園ホール観戦レポ

この度ブログのお引越ししましたー

なもんで見た目とかえらく変わったかも

まあ、それはさておき今日は後楽園ホールにいってきました

で、観戦メモ

日本フェザー級タイトルマッチ
細野悟
×
梅津宏治


ガンダムのテーマ~哀戦士で梅津入場
ちなみにテーマはグフ
だから哀戦士なのかw

入場の際のあのノリ明らかに楽しんででるな
梅津メッチャ笑ってたぞ
逆に細野は厳しい表情

1
梅津はいい右を入れてた
細野の左ボディ良かったが
攻勢が有効だったのは梅津
2
両者大砲を叩きつけてのど突きあい
攻守を入れ替えながらの激しい攻防
3
両者引かない
細野のいい右何発も貰いながら
梅津でかい右でお返し
4
細野ペースを変えてきた
足やジャブでを交えての方法が有効だった
ただ、ラウンド終盤には梅津対応していいのを入れてた
5
細野ワンツーと右ボディ主体にいい攻勢
梅津パンチは入れてたが被弾が多く不安
6
梅津の叩きつけてる右がいい
細野もいいの入れてたがなにしろ梅津タフだ
7
細野はワンパンチよりもコンビネーションと回転を主体に
梅津はボディが有効だった
終盤はまたど突きあい
8
もうひたすら激しいど突きあい
細野のボディきつそうだけど
梅津負けてない
9
激しい攻防
印象的だったのは細野の左ボディ
梅津ちときつくなってきた?
10
梅津結構打ち込まれはじめたが
途中からはまたど突きあいに

判定は
大差で3ー0
新王者細野

ちなみに解説席に元世界王者の川嶋氏と細野に勝った

プーンサワットを倒した李がいた。

世界戦は李冽理を狙うのかな?

木村悠
×
町田昌丈

1
両者ペースの取り合い
技術スピード木村が一枚上か?
2
両者距離があうので噛み合わせは悪くない
木村が当てるのうまい
3
木村のボディが凄く良かった
町田手が出なくなってきた
4
町田も息を吹き返し、いいのを何発か入れてた
ただ終盤は木村の攻勢に追われてた
5
木村のボディが効いてきたのか町田苦しくなってきた
木村いけるかと思った終盤パンチが大きなところに町田の
反撃を貰い木村がダメージを被る
6
両者ダメージある
ただよりきついのは町田か?
7
両者パンチを入れてたが
ラウンド終盤に木村大きなチャンスあり
8
最後まで手を出しあった両者
手数では明らかに木村

結果
木村3ー0判定勝利

翁長吾央
×
ペッチジョムトーン

1
序盤から狙ってる様子でプレッシャーをかけていく翁長
だんだん距離があってきた
ラウンド終了と同時に軽くでた左でダウン
2
またすっと出た左でダウンを追加
更にラウンド終了と同時にもう少し力が入った左で更にダウン
3
左ボディて4度目のダウンを追加
ここから詰めにいった翁長
最後は相手があきらめたように崩れストップ

翁長3RTKO勝利!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報レポ ファンマVSマルケス

今週の個人的メインカード


ファンマVSマルケス
さて?


続きを読む "速報レポ ファンマVSマルケス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W東洋戦結果報告用

ホールで行われる興行見に行ってくる予定です

速報でコメントに結果を載せる予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末試合予定

週末の試合予定、注目カードを勝手にピックアップ


やっぱり再注目はこれでしょ!

ファンマルケス.jpg

続きを読む "週末試合予定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WBC今年度の指名戦・・・なんだけど

WBCの今年の指名挑戦者が大体確定した模様 ですが・・・

階級によってはしっかりと決まってるからいいけど
階級によってはとってもカオスな状態

ちなみにそのカオスの中には日本人長谷川穂積も絡んでますw


ミニマム級
王者:オーレドン・シンワンチャー
挑戦者:ファン・ヘルナンデス

ライトフライ級
王者:オマール・ニーニョ
挑戦者:アドリアン・ヘルナンデス


フライ級
王者:ポンサクレック・ウォンジョンカム
挑戦者:エドガー・ソーサ

これ番狂わせで大久保が勝ったらどうすんだろ?

スーパーフライ級
王者:トマス・ロハス
挑戦者:ファン・ホセ・モンテス


バンタム級
王者:フェルナンド・モンティエル
挑戦者:サーシャ・バクティン
     or
    クリスチャン・エスキバル
    上記の勝った方

ん?サーシャの前の試合ってファイナル唄ってなかったっけ?


スーパーバンタム級
王者:西岡利晃
挑戦者:指名戦したばっかなんで現時点ではいない


フェザー級
王者:エリオ・ロハス
  長谷川穂
   ×
  ファン・カルロス・ブルゴス
挑戦者:
 第1:ジョニー・ゴンザレス
 第2:ジャスティン・サビ
    ×
    チョラタン・ピリヤピニョ

なんだこのカオス状態w


スーパーフェザー級
王者:ビタリ・タイベルト
挑戦者:セルゲイ・グルヤケビチ


ライト級
王者:ウンベルト・ソト
挑戦者:アントニオ・デマルコ
     ×
    レイエス・サンチェス

  ※上記試合の勝った方がシルバー王者
   んで、ソトに階級上げの話があって
   ソトが階級を上げた場合はシルバー王者が正規王者に・・・

   暫定王者とシルバー王者の違いってなんなのかの
   説明を深くWBCに求めたい|∀・).。oO(・・・)


スーパーライト級
王者:デボン・アレクサンダー
挑戦者:アホセ・オルセグン
     ×
    アリ・チェバー

 ※アレクサンダーは2011/1/29にティモシー・ブラッドリーと対戦
  アレクサンダーが勝った場合はWBC/WBOの統一王者に
  ブラッドリーが勝った場合王座は空位に?

ここもカオスw


ウェルター級
王者:アンドレ・ベルト
挑戦者:セルクック・アイディン


スーパーウェルター級
王者:空位(パックVSマルガリートの勝者)
挑戦者:指名挑戦者今のとこなし

スター優遇政策中(´・ω・`)


ミドル級
王者:セルヒオ・マルチネス
挑戦者:セバスチャン・ズビック(暫定王者)


 3位デビッド・リミックス
    ×
 4位マルコ・アントニオ・ルビオ
 上記2名で挑戦者決定戦

 1位フリオ・セサール・チャベスJr
  ミドルなんかSウェルターなんかはっきりしないから保留?

もはや何がなんだかw 


スーパーミドル級
王者:空位(カール・フロッチVSアルツール・アブラハムの勝者)
挑戦者:上記勝者は名誉王者ケスラーと対戦

なにこのスーパー6最優先w

ライトヘビー級
王者:ジアン・パスカル
挑戦者:指名戦から1年たってないのでいない

※パスカルはバーナード・ホプキンスと
 12/18にダイアモンドベルトをかけて対戦


クルーザー級
王者:クリストフ・ウォルダルジック
挑戦者:フランシスコ・パラシオス

ハービー・ハイドが8名による
ワンナイトトーナメント出場がどーのこーの・・・


ヘビー級
王者:ビタリ・クリチコ
挑戦者:レイ・オースチン
      ×
    オーダニエル・ソリス

続きを読む "WBC今年度の指名戦・・・なんだけど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芹江、ツニャカオ防衛戦結果 他ニュース

昨日はかなり長距離で車を運転したもので
ちと腰が痛い今日この頃

まあ、それはさておき
今日の話題になります


続きを読む "芹江、ツニャカオ防衛戦結果 他ニュース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IBFランキング(2010年10月発表分)

IBFランキング最新分になります。 2010年10/26発表分

続きを読む "IBFランキング(2010年10月発表分)"

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »